中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京で最も長い歴史を持つ劇場  ~ 明治座 ~

[rosemary sea] 2017年12月17日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』のストーリーテラーとして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC03091a.jpg

明治座さん、創業は明治6年(1873年)、東京で最も長い歴史を持つ劇場です。

明治座さんは関東大震災、東京大空襲など過去5回の災害・焼失を経験されています。

幾たびの災厄に見舞われながらも、その都度再建され復興を遂げてこられた"困難克服の雄"、明治座さん。

座名にも変遷がありました。

明治6年、喜昇座(きしょうざ)として開場された後、久松座(ひさまつざ)、千歳座(ちとせざ)と名前を変えてこられました。

そして明治29年(1896年)、初代市川左團次丈が座主となり、ここで明治座と改称されました。

明治座さんの現在の建物は平成5年(1993年)に建てられたもの。

歌舞伎からミュージカルまで上演できる設備を持った多彩な劇場でありますとともに、日本初の純鉄骨造の本格的な劇場とされております。

屋上にはヘリポート、1階の防災センターには、消防との連絡用特別無線装置が設置されています。

どのような非常災害にも対応可能な、とても安全な劇場です。

 

また、エピソードとしまして明治29年(1896年)、初代市川左團次丈と市川團十郎丈が25日間の大入り満員を祝ってそば札を大入り袋に入れて配ったのが今日の大入り袋の始まりとされています。

DSC03148a.jpg 明治座さま140周年施工画像_edited-1a.jpg

140数年の歴史は、ご来場のお客様や浜町・人形町界隈の皆様のご支援の賜物、と明治座さんはおっしゃいます。

お時間がございましたらぜひ明治座さん2階のギャラリーへお立ち寄りください。

「感動をつないで 明治座140年展」のパネルが展示されております。

明治座さま客席 Epro-01a.jpg明治座さんの幕の内弁当a.jpg

株式会社明治座 宣伝部 林菜穂子さんにお話を伺いました。

「明治座は下町の老舗劇場として、時代劇や歌舞伎はもちろん、テレビでおなじみの歌手公演やミュージカルなど、バラエティにとんだお芝居を上演しています。

幕間に食べる幕の内弁当や、劇場売店でのお土産選びも、明治座観劇の魅力のひとつです!」

 

・・・だから楽しい舞台・演目となる訳ですね、納得しました。

 

【お知らせ1】

明治座さんの公演のご紹介です。

2018年1月6日(土)から2月11日(日)まで、『コロッケ特別公演』が催されます。

コロッケさん2018ポスター ブログ掲載用.jpg

第一部は「初笑い 水戸黄門漫遊記 特別出演ウルトラマン」。痛快時代劇です。

泥棒のスケさんカクさん、変な爺さんをご隠居に仕立て、荒稼ぎの珍道中を展開・・・。

ウルトラマンの特別出演、奇抜ですね。どう絡んでくるか楽しみです。

第二部は「ものまねオンステージ」。

多彩な芸をお持ちのコロッケさん、真骨頂です。

日替わりショーゲストも多士済々。

 

 チケットご予約や詳しい内容は下段の電話・公式サイトにてご確認ください。

 

・・・新春初笑いの決定版、どうかお見逃しなく。

 

 

【お知らせ2】

来年1月27日公開予定の東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケが今年6~7月に全国各地で行われました。

原作と同様、中央区日本橋がお話のメインとなっています関係上、当然日本橋においても数々のロケ地が存在します。

そしてそして実は明治座さん、そのとても重要なロケ地の1つです。

7月12日・22日・25日のロケでしたが、明治座制作部 三田部長より後日詳しくお話を伺う予定です。

このお話はとにかく後日、乞うご期待、です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

明治座さま外観建物正面からa.jpg明治座

 

日本橋浜町2-31-1

明治座チケットセンター

03-3666-6666

受付時間  10:00~17:00

 

明治座さんの公式サイトはこちら

⇒ http://www.meijiza.co.jp/

 

 

映画「祈りの幕が下りる時」 ロケ地めぐり ①

[rosemary sea] 2017年12月13日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をユーティリティーソフトとして取材します、 rosemary sea です。

 

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」のレッドカーペットが12日に日本橋室町の福徳神社前で行われました。

併せてコレド室町のTOHOシネマズ日本橋にて試写会が催されました。

ロズマリ、またその周りも東野圭吾さん・新参者のファンばかりです。

皆さんも恐らくそうでいらっしゃるでしょう。

7年前のテレビドラマ「新参者」、続く映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」、もちろんその原作やその他の東野圭吾さんの小説がそうでありますように、この映画「祈りの幕が下りる時」も日本橋全体や日本橋人形町と密接な関わりがあります。

気になりますそのロケ地、全国各地にございますが、原作になぞられるように、日本橋にはそのロケ地が集中しておりました。

今年の6月から7月にかけて行われたロケにつきまして、ロズマリはその中央区内のロケ地めぐりを敢行しました。

今回はまずその中央区内のロケ地がどのようなところであったか、お店や場所をご紹介させていただきます。

 

FILE NO.  ロケ日   ロケ地

 1  6月10日  常盤橋(ときわばし)

 2  6月13日  霊岸橋(れいがんばし)

 3    〃     日本橋人形町2-22付近の道路

 4    〃     人形町通り からくり櫓(やぐら)(7/7にも前道路撮影)

 5  7月1日   柳橋(やなぎばし)

 6  7月2日   室町砂場さん

 7  7月7日   玄冶店 濱田家(げんやだな はまだや)さん

 8    〃     玉英堂(ぎょくえいどう)さん

 9    〃     日本橋人形町某所

10    〃     人形町今半さんの前の通り

11    〃     重盛永信堂(しげもりえいしんどう)さん

12    〃     きく家(きくや)さん

13    〃     鳥近(とりちか)さん

14    〃     三井本館前

15    〃     福徳神社前

16    〃     大観音寺(おおがんのんじ)前

17    〃     からくり櫓前

18    〃     甘酒横丁交差点

19  7月12日  明治座さん       (7/22、25にも撮影)

20  7月13日  日本橋蛎殻町某所

21  7月19日  にんぎょう町草加屋(そうかや)さん

22  7月23日  日本橋

23  7月28日  東横INN東京駅新大橋前さん

 

※ FILE NO. はロズマリがご紹介の便宜上振りましたものです。

※ 掲載のご了解を得られた先を実名表示しております。

※ ご存知のとおり、全てのロケ地が本編に登場するとは限りません。

 

ロケ先にて詳しくお話を伺っておりますところもございます。

ご紹介画像とともに、順不同でこれよりご紹介させていただきます。

ご期待ください。

なお、映画「祈りの幕が下りる時」は来年1月27日公開予定です。

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

 

 

100年の歴史 ゼイタク煎餅 七福神の人形焼  ~ 重盛永信堂 ~

[rosemary sea] 2017年12月12日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』を食リポ隊とスクラムを組んで取材します、 rosemary sea です。

DSC03195a.jpg

水天宮信号角の重盛永信堂(しげもりえいしんどう)さん、大正6年(1917年)の創業、今年ちょうど100年の老舗・人気人形焼屋さんです。

 

株式会社重盛永信堂 重盛永一郎専務にお話を伺いました。画像の、お店の前に立つ人物が重盛専務です。

DSC03198a.jpg

重盛永信堂さんの初代は重盛永治(えいじ)社長。

明治38年信州伊那から上京、東京・大阪で修行ののち独立。

その間「ゼイタク煎餅」を思い続けました。そして商品化。

 

ゼイタク煎餅とは・・・

当時貴重でしたお砂糖、卵をふんだんに使ったので、このネーミング。

水天宮のお参りのあとのお土産として人気に火がついたそうです。

ネーミングからして奇抜ですよね。考案者は初代・重盛永治社長です。

出身の信州の『信』の字、加えて商売上は信用・信頼が第一、というところでの『信』の字を店名につけたのも初代。

そしてネーミングの他にも初代はアイデアマンでした。

昭和初年、店舗を現在の人形町の交差点角に移した際、当時まだ珍しかった飛行機を広告に活かそうと考えました。

そこで飛行機に宣伝チラシを積んで空から撒きました。

前例のないことに東京中が驚き、ゼイタク煎餅は一躍有名になったそうです。

 

・・・それでは商品のご紹介です。ロズマリ食リポ隊のコメントを付けました。

DSC03201a.jpg

人形焼(こしあん入り)  1個130円(税込)

画像の左の4個です。

めでたい七福神の顔を模した、人気の定番商品。

極薄の皮にたっぷりのこし餡が入っています。

「薄皮のなかに『こし餡』がたっぷり入っていて美味でした。」F雄さん。

「しっかりとした甘さで、まさにおいしいという食感です。」T山さん2号。

「適度な、まろやかな甘さの餡がおいしい!」Oさん。

「こしあんが上品な甘さで美味でした!」T山さん3号。

 

登り鮎(白こしあん入り)  1個130円(税込)

画像の上の1個です。

鮎をかたどった皮に相性の良い白餡が入っています。

上品な甘さが口いっぱいに広がる逸品です。

「程良い甘さの白あんが、しっとりした皮に包まれて絶妙。」I倉さん。

 

つぼ焼(つぶあん入り) 1個160円(税込)

画像の右の3個です。

大きめの壺焼の中にどっしりとした粒餡がぎっしり詰まっています。

食べ応えあり、満足の一品です。こちらも人気商品。

「つぶ餡と皮のマッチングがほどよく、美味しかったです。」K子さん。

「つぶあんがぎっしり、あずきの甘さが絶品!」S井さん。

「薄皮につぶあんが端までぎっしりつまっていて食べ応えがありました。」F川さん。

 

カステラ焼(あんなし)  1個30円(税込)

画像右下の1個です。

餡の入っていない人形焼バージョン。

ほんのり甘いカステラの風味があとから口に広がり、1つ食べたらとまらない美味しさです。

あんこの苦手の方、ぜひどうぞ。

「生地がとってももっちりしていて、砂糖の香ばしい甘さが口の中に広がって美味しかった。」S山さん。

 

 

DSC03196a.jpg DSC03197a.jpg

ゼイタク煎餅

たまご風味たっぷりのやさしい味のお菓子・おせんべい。

ビンズ格子小判型パピロ生姜のりパピロ蛇篭一の字味噌・・・

味もかたちも硬さまでもバラエティに富んだ、好みが満たされるおせんべい。

詰め合わせがすばらしい逸品です。ギフトにも最適かと。

 

 

【お知らせ】

来年1月27日公開予定の東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケが今年6~7月に全国各地で行われました。

原作と同様、中央区日本橋がお話のメインとなっています関係上、当然日本橋においても数々のロケ地が存在します。

そしてそして実は重盛永信堂さん、そのロケ地の1つです。

7月7日のロケでしたが、重盛永一郎専務より詳しくお話を伺っております。

このお話はとにかく後日、乞うご期待、です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

重盛永信堂

日本橋人形町2-1-1

03-3666-5885

営業時間  平日 9:00~20:00

     土曜・祝日 9:00~18:00

定休日  日曜(戌の日・大安の日は営業いたします。その分、翌月曜が代休となります。)

重盛永信堂さんのホームページはこちら

⇒ http://www.shigemori-eishindo.co.jp/

 

 

素敵なハンカチ クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ 日本橋人形町店

[銀造] 2017年12月11日 12:00

 富塚で有名な"椙森神社"から、日本橋小学校への道を散歩すると、静かな通りには、商社や商店が並んでいます。 春、そして最近もこのお店のウインドウ・ディスプレイに目 を奪われました。

こちらは、「世界で初めてのハンカチーフ専門店」だそうです。

1512691748055.jpg

 素敵なハンカチが、沢山飾られています。 2回目の訪問なのでご縁があるかと、ちょっとお洒落なハンカチを買おうと、ウオーキングの合間に訪問しました。

 

 店内に入り、 "ポケットチーフが欲しいなぁ"と思い、ちらっと右手を見ると、親切な店員さんが相談に乗ってくれました。

1512691811035.jpg

 教えてくれたのは、「オペラの魔笛」のストーリーをデザインしたハンカチです。 これは、さりげなく胸に飾ろうかなとか思いました。

 ハンカチに、まつわるストーリーでは、落としたハンカチで、拾ってあげたハンカチでが結ばれた話が沢山ありますね。 クリスマス・プレゼントに最適と思います。

 

 お店の名前は、「クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ日本橋人形町店」。

住所は、〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-5-1

 

お店のHPはこちらです。https://www.classics-the-small-luxury.com/
「シャンパン・パーティ」という名前のハンカチも素敵でした。
 

 

千代田神社 小伝馬町の鎮守様

[銀造] 2017年12月 8日 12:00

 東京メトロ小伝馬町駅から直ぐ近くに千代田神社があるのは、全然知りませんでした。

「日本橋北 内神田 両国濱町 明細絵図」を入手して、小伝馬町から江戸通り、郡代屋敷跡への道筋を見ていると、「千代田イナリ」の字が見えました。「中央区 観光ガイドマップ」を片手に歩いてみました。 千代田とあるのだから、千代田区の神社かと思っていましたが、東京メトロ小伝馬町の駅から江戸通りを歩いて3分、住所は日本橋小伝馬町9-1。小伝馬町郵便局の近くです。

1512209985741.jpg

 記されたご由緒を読んでみますと、次の通りです。

千代田神社は 長禄年間神靈に依り 太田持資道灌が御靈を千代田の御城に祭り鎭守とす   

德川綱吉の時 太田の旧臣長野亦四郎氏詞を奉じて小傳馬町に遷座す

是後奉仕せる社人窮困して他に社地を讓る 時に屢々異變あり  

神慮なりと畏れ 天明年間旧地に建立し現在に至る 

大正十二年九月震災にて燒失す 昭和二年區劃整理に依り 當所に替地を得て安鎭す然るに

昭和二十年二月戦禍にて再度燒失す 漸次再建せしも 今度諸人の力を致し浄財を受け 更に新殿を造立せり

茲に沿革を記す

 昭和三十三年十一月吉日

 小傳馬町 二丁目町会

まだまだ奥が深い日本橋です。楽しい探検はまだまだ続きます。

 

 

お煎餅、1枚1枚手焼きです、大量生産ではありません。  ~ にんぎょう町草加屋 ~

[rosemary sea] 2017年12月 7日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をフォーカスして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC03138a.jpg

人形町甘酒横丁のお煎餅屋さん、にんぎょう町草加屋(そうかや)さん には1年半ぶりのお伺いです。

昔ながらの製法と味を守り続けています。

前回のご紹介記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/07/post-3477.html

 

今回もお店のご主人 石川順道(いしかわよしみち)さんとその娘さんにお世話になりました。

ご主人、今日も心を込めて1枚1枚丁寧にお煎餅を焼いておられます。

DSC03135a.jpg

前回はお店の沿革をご紹介していませんでした。・・・

埼玉県の草加と言えば「お煎餅」と、皆さん名産品として挙げられますね。

その草加から昭和3年(1928年)、先代の石川とくさんがここ人形町にお店を開きました。

手焼きにこだわり続けて90年近く、この人形町で今も1枚1枚手焼きでお煎餅を焼いておられます。

お煎餅の生地は草加のご親戚の工場から届くそうです。

それを1日200~500枚、備長炭の炭火で焼いておられます。

表を通られる方も、お煎餅を焼く作業をご覧いただけます。

 

DSC01199a.jpg

こちらのメインのお品『手焼きせんべい』 、前回同様ロズマリ食リポ隊の試食です。

前回の3名より増やして、今回は8名です。

「醤油の味が煎餅とマッチしていて美味。」F雄さん。

「何枚も食べられる、後を引く美味しさ。」K子さん。

「香ばしく、おいしいです。」F川さん。

「堅過ぎず、味が染みていて美味しかったです。」I倉さん。

「子供の頃食べていたおせんべいの味がしていてなつかしかった。」S枝さん。

「煎餅の味しょうゆで決まりです。このしょうゆの味は絶品!」Oさん。

「見た目、かた焼きかと思ったが、丁度良い歯ごたえと、おしょう油味がおいしい。」S井さん。

「醤油の香ばしさがらまらない!後を引く美味しさ。」S山さん。

 

DSC03137a.jpgまた、前回もご説明させていただきましたとおり、にんぎょう町草加屋さんは東野圭吾さんの小説・テレビドラマ「新参者」のお煎餅屋さん『あまから』としてのモデル、そしてロケ地となっております。

残念ながら映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」ではシーン撮影したものの本編ではカットされてしまったようですが、 「新参者」としては小説でもドラマでもその第1章を飾る重要なお話の元となっております。

手焼きのお煎餅の魅力と、ご主人・娘さんのお人柄が、お煎餅を求めるお客様だけでなく小説やドラマ・映画の重要なアイテムと結びつくのですね。

 

【お知らせ】

来年1月27日公開予定の東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケが今年6~7月に全国各地で行われました。

原作と同様、中央区日本橋がお話のメインとなっています関係上、当然日本橋においても数々のロケ地が存在します。

そしてそして実は今回もにんぎょう町草加屋さん、このロケ地の1つにもなっています。

7月19日のロケでしたが、ご主人と娘さんより詳しくお話を伺っております。

このお話はとにかく後日、乞うご期待、です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

 (C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

にんぎょう町草加屋

日本橋人形町2-20-5

甘酒横丁の交差点を明治座・浜町公園方面に数十メートル進んだ右手にあります。

03-3666-7378

営業時間  9:00~18:00

      土曜 10:00~17:00

定休日  日曜日、祝祭日

 

 
<<前のページへ 4567891011121314