中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


花祭 お釈迦様の誕生日

[あすなろ] 2017年4月 4日 09:00

4月8日は、お釈迦様の誕生日。

 鰐口.jpg

各地のお寺では、「花御堂」と呼ばれる
小さなお堂をつくり、時節の花々で飾ります。

 

参拝者は、お堂の中の立像に甘茶を灌いでお祝いします。

 

この甘茶で硯に墨をすり
「千早振る卯月八日は吉日よ かみさげ虫を成敗ぞする」
と書いて家の柱に張ると、虫よけの呪いになるとされ、

また砂糖が高価な時代、子供たちをはじめ多くの人たちが

参拝しました。

 

人形町大観音寺では、甘茶とお菓子が振る舞われる予定です。

 大観音寺.jpg

人形町大観音寺 花まつり
東京都中央区日本橋人形町1-18-9

 

 

咄の噺(はなしのはなし) [2017年3月19日(日)午後 浜町公園]

[GPP] 2017年4月 1日 09:00

浜町公園の一角で、「咄の噺」という野外イベントが催されました。

地元は、江戸時代に庶民に親しまれた「講談」とゆかりがあります。・・・ということで、咄(はなし)の噺(はなし)。 話芸文化を畳の上で気軽に楽しむイベントでした。

 

参照: https://www.koudan.jp/

 

当日参加できる茶会、書道、折紙、工芸、苔玉のワークショップも開かれていました。

picture01.JPG

 

 

続きを読む: 咄の噺(はなしのはなし) [2017年3月19日(日)午後 浜町公園]

 

ニホンバシ宝探し  幻の桜~人をつなぐ懸守り~ [2017年3月16日~4月9日 日本橋エリア]

[GPP] 2017年3月30日 14:00

先日、ピンク色の綺麗な冊子を手に持ち、日本橋周辺を街歩きされている方々をお見かけしました。私も気になり、その冊子を手に取りました。どうやら、街回遊型リアル宝探しイベント「ニホンバシ宝探し 幻の桜~人をつなぐ懸守り~」に参加している方々だ、ということがわかりました。

最近、「街歩き」と「謎解き」を合体させたイベントが様々開催されているようですね。

picture.JPG

 

続きを読む: ニホンバシ宝探し  幻の桜~人をつなぐ懸守り~ [2017年3月16日~4月9日 日本橋エリア]

 

人形町 グルメのお店 近代建築物探訪

[銀造] 2017年3月29日 12:00

 人形町は、いつ来ても心の故郷の様で、

今日は、甘酒横丁を歩き、亀井堂さんで新しいキャラクターのお煎餅を発見。 いつ、訪れても笑顔でお迎えしてくれる女将さんです。

コピー ~ 20170312 007.JPG

 昼食は、レストラン芳味亭さんで頂こうと出かけましたが、ご家族連れのお客様がお待ちになっていたので、次回とすることに。 人形町今半さんは、団体客で一杯!

20170312 011.JPG

それではと、ぶらぶら歩いて行くうちに、「そうだ 昭和初期に建てられた看板建築などを訪ねてみようというインスピレーションが

人形町1丁目の高柳豆腐店さん。 銅板の緑青が歴史を語っています。 次は、箸、鰹節と生姜を持って、作りたての豆腐を買いに来ようっと。

20170312 015.JPG

 小網町では、鰻の名店、喜代川さん。 日曜日は休みでした。今度、来ようと、心に誓いました。

20170312 024.JPG

喫茶・軽食の桃乳舎さん、上部に桃のオブジェ。 平日に鰻を食べた後に、来ることにします。

20170312 025.JPG

 三軒長屋の立派な建物を拝見。 夕方は、ここの焼き鳥で一杯ですね。

20170312 026.JPG

 この後、小網神社で、厄除け、金運を願って、参拝。 楽しい近代建築物探検ツアーでした。

 

 

東京マラソン

[銀狸] 2017年3月23日 16:00

東京マラソンはお祭りである。

ほんの一部の人を除き、この大会に参加することに意義を見出している人が大多数と思われる。 

スパイダーマン、チャップリン等、思い思いの衣裳で自己主張している。

 

今回、あの日のことは忘れえない。

12時20分頃、日本橋の高島屋前を、なんと!和服の女性が走り抜けて行きではないか!!!!

40kmもの距離を走ってきたのだろうか?! ありえへん!

信じがたいが、この眼でしっかりと見た。

そばのワンちゃんも、

「ワンダフルと云う 東京マラソン」

 

 

隅田川周遊ツアー

[サム] 2017年3月22日 16:00

DSC03920ELS.jpg 

DSC03918RS'G.jpg 3月20日、東京周辺の水域を屋形船から見学し、東京の発展の様子と伝統ある街並みを2時間の行程で、ガイドの説明と共に周遊する「隅田川周遊ツアー」が開催されました。

運営窓口は「朝潮運河水辺の浄化と活性化有効利用を考える会」で、中央区商工観光課とのコラボ企画。

9:30、応募者600名の中から、当選者100名が、A便・B便各50名ずつに分かれ、朝潮運河船着場より屋形船「千羽丸」に乗船。

コースは、黎明橋・トリトンブリッジ~晴月橋~朝潮橋~朝潮大橋~相生橋~永代橋~隅田川大橋~清洲橋~新大橋~首都高速6・7号線~両国橋~JR総武線~蔵前橋~厩橋~駒形橋~吾妻橋~言問橋(折り返し)--- ~中央大橋~佃大橋~勝鬨橋~築地大橋~朝潮小橋~黎明大橋。

A便のガイドは咄家の柳亭芝楽師匠。

軽妙な語り口の説明を聞きながら、普段とは違った船上からの目線で、新旧が交錯し、日々変貌する、歴史ある下町の情景を、麗らかな春の陽射しのもと満喫。

中央区の水辺資産の有難味に改めて気付かされます。

 

 
<<前のページへ 1234567891011