中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


風呂敷の専門店 「唐草屋」

[えだまめ] 2017年4月18日 18:00

先日、特派員ブログで紹介のあった

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4179.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/03/-31649-nihonbashi-sakura-gate.html

日本橋桜フェスティバル」の中のイベント「日本橋桜メニューウォーク」。

(4月9日までのイベントでした)


私もパンフレットを見ながら素敵なメニューがたくさん並んでいるのを

にまにましながら眺めていました。

IMG_2521-1.jpg

目線としては、1歳児の娘・あずきが行っても大丈夫な

お買い物・お食事スポットってないかしら・・・というところで。


そこで見つけたのが「風呂敷専門店 唐草屋」の文字。

IMG_2520-1.jpg

桜柄の風呂敷などの写真も華やかで素敵!

しかも我が家からそんなに遠くない!!


というわけで、行ってみることにしました。

IMG_2486-1.jpg

人形町交差点から少し入ったところにお店はあります。

お店に入ると・・・

IMG_2483-1.jpg

風呂敷でおめかししたペットボトルさんがお出迎え。

こんなにかわいく包めることが驚きです。


そして、

IMG_2484-1.jpg

中央区観光検定の合格者にプレゼントされた

「中央区千社札ふろしき」も置かれていました。

旧町名と、それにまつわる事柄が千社札風のイラストになっていて

見ているだけでも楽しいんですよね。

この3月に合格通知をいただいたときに初めて手にして

ちょっと感動したのを思い出しました。


パンフレットに載っていた「桜柄の風呂敷」はこちら。

IMG_2485-1.jpg

一口に桜、といっても色々な柄・色があって迷います。

ピンクもかわいいけど、涼しげな色もこれからの季節に合うし・・・。

そんなこんなでお買い物したのはこちら。

IMG_2499-1.jpg

桜柄の風呂敷(綿100%)

風呂敷を使ったご祝儀袋です。

ご祝儀袋として使った後は風呂敷として長く使ってもらえる、というわけです。

地球環境にも優しい商品ですよね。

もうすぐ結婚する友人のお式の時に使おうと思ってます。


実は、この「唐草屋」さん。

日本風呂敷協会の協賛のもと、包み方教室も開催しておられます。

http://www.japan-furoshiki.jp/culture.html#kantou

不器用な私はとりあえず

IMG_2501-1.jpg

購入時に入れてくださった包み方解説パンフレットで

ちょっと練習しておこうと思っています。



風呂敷専門店 唐草屋

住所:〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町7-2 森本ビル1階

東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町駅A4出口より徒歩3分

Tel:03-3661-3938
Fax:03-5640-6284

http://www.karakusaya.co.jp/index.html

営業時間 11:00~18:00
定休日:火・日曜日・祝日・年末年始・夏期休暇

 

 

 

【東日本橋】 おすすめタイ料理 「バンコック ラララ食堂」

[いのちゃん] 2017年4月18日 09:00

楽しそうな名前のお店を見つけてやってきました。その名は バンコック ラララ食堂

東日本橋にあるタイ料理屋さんです。

"ラララ"という言葉はタイでは「のんび~り」「ラク~に」という意味を持つそうです。

IMG_7279.JPG

お店は2階なので階段を上ります。店員さんが笑顔で迎えてくれました。

店内は懐かしさを感じる雰囲気でとても居心地がよかったです。

IMG_0085.jpg

IMG_7271.JPG

 

さて、ランチメニューから選んだのは...

人気ナンバーワンの「カオマンガイ=蒸し鶏と炊き込みご飯(スープ付)」

生姜の効いたソースがおいしかったです。

IMG_0080.jpg

 

「ガイガパオ=鶏挽肉とホーリーバジル炒めご飯(目玉焼き付)」

おなかいっぱいになりました。

IMG_0084.jpg

「トムヤムクンミニ米麺」

スープは辛さと酸味のバランスが絶妙でした。また食べたい!

ちょこっと飲みたいときにうれしい「ミニミニ生ビール」もありました。

IMG_0076.jpg

 

ミニサイズのサイドメニューが充実していて、いろいろな組み合わせを楽しめます。

この日のランチタイムはお客さんが途切れることがありませんでした。

おひとりの方も多かったです。人気の高さがうかがえました。

ラララ食堂、「のんび~り」「ラク~に」おすすめです!

 

IMG_7280.JPG

バンコック ラララ食堂

中央区東日本橋34 2階

都営浅草線東日本橋駅・都営新宿線馬喰横山駅・JR馬喰町駅より徒歩2分

日曜定休

 

 

隅田川右岸を自転車散歩!(柳橋~豊海橋編)

[株式会社 彦晴] 2017年4月17日 16:00

とりあえず、両国付近より隅田川右岸(中央区側)を南下してみた。リバーサイドを走るので面白くないので、リバーサイドより一歩入った路地を中心に史跡・神社・建物などを回りたいと思った。気が付くと柳橋に向かってペダルをこいでいた。柳橋は今でも情緒ある景色が残っており好きな橋の一つだ。橋の欄干にはかんざしのレリーフが花を添えています。

IMG_0166.JPG IMG_0170.JPG IMG_0172.JPG

そして靖国通りに出れば、そこは両国広小路跡です。現在でもかなり道幅が広く江戸時代は火除地であったことが感じられる。また靖国通り沿いには国登録有形文化財でもあるレトロな「玉置文治郎ビル」が立っている。

 

IMG_0182.JPG IMG_0189.JPG IMG_0193.JPG

そして、少し隅田川沿いに戻れば川上稲荷神社、日本橋中学校裏にあった「矢ノ倉」の石碑、そして日本橋2丁目付近からのスカイツリーです。

 

IMG_0194.JPG IMG_0196.JPG IMG_0199.JPG

まだ、頑張って咲いていた浜町公園のしだれ桜です。一方通行一車線のトンネルです。この写真だけを見ると、ここは東京ですか?と思う人もいると思います。(浜町隧道)浜町公園の下を通ってます。ただし一方通行です。そして3枚目の写真は有名な箱崎ジャンクションを下から写してみました。

 

IMG_0201.JPG IMG_0202.JPG IMG_0204.JPG

箱崎ジャンクションの下にあった永久稲荷神社、場所がわかりにくいです。何も案内板がなかったので少し調べてみました。『永久稲荷:箱崎町河岸永久橋にあり、徳川氏入国後この地が埋築されたときに創立され、爾来付近の産土神として栄えた。稲荷のほかに金比羅と庚申が合祀されていた。中央区史より』永久橋のほとりに立っていたのですね。そして3枚目の写真は有名な高尾稲荷神社です。逸話の真偽は別として高尾稲荷の祭神として実物の頭蓋骨が社の中に安置しているそうです。少しびっくりしました。

 

IMG_0207.JPG IMG_0208.JPG

そして、高尾稲荷神社のすぐ近くには日本銀行創業の地の記念碑があります。そして目の前には豊海橋が目に入ってきます。今日はたった1時間15分の自転車散歩であったが改めて中央区の魅力を再認識することとなった。今後も自転車散歩のブログを続けていきたいと思う。

 

 

 

花まつりー大観音寺

[クラさん] 2017年4月10日 18:00

4月8日は、御釈迦さま誕生の聖日です。

人形町の大観音寺では、毎年「花まつり」のイベントが開催されてきました。

ck1522-201704081.jpg

今年は、御釈迦さま誕生の聖日が土曜日となり、大勢の人々がお参りをしました。

 

境内に花々で飾られた「花御堂」をつくりお堂の中の立像に甘茶をそそぎ、お祝いをします。また、御本尊の特別開扉もありました。

ck1522-201704082.jpg ck1522-201704083.jpg 

当日は、参拝者に甘茶と和菓子のサービス、人形町の名品が当たるお楽しみ抽選会も行われました。

 

お参り後、小判型煎餅を頂戴しスピ-ド籤を引き、当たれば人形町の名店から色々な賞品が頂けます。籤が外れても階段下のテントで甘茶と和菓子を頂けます。

ck1522-201704084.jpg ck1522-201704085.jpg

小さなお盆に載せられた甘茶と和菓子が振舞われ、赤い毛氈を敷いた縁台に座り食べました。その傍らでは、人形町のキャラクター「人之助」も愛嬌を振りまいていました。

ck1522-201704086.jpg ck1522-201704087.jpg

時々小雨の降る日でしたが、参拝して清々しい気分になりました。

 

 

 

江戸バスで 花見に行きましょう

[銀造] 2017年4月 9日 18:00

 4月に入りやっと桜の花が開花しました。

「私は歩くのが苦手だから、花見は、ちょっと!」とか仰る方に、江戸バスでお花見に行かれることをお勧めします。

 中央区役所からの日本橋方面への北循環の運行コースで行ってきましたので、ご報告します。(4月6日、10:00発、約1時間の一周コース)

 中央区役所近辺の桜では、亀井橋公園、祝橋公園の桜が大ぶりの枝を広げて、満開です。4月9日ぐらいまでは、お花を楽しめると思います。

DSC04964.JPG

 そして、銀座キャピタルホテル本館前の首都高の脇の植栽では、「紅白のハナモモ」が満開です。こちらも4月9日ぐらいまでは、美しく華やかでいてくれるでしょう。

DSC04951.JPG

 さて、江戸バスで出発します。八丁堀駅前の新富区民館側、右手の桜川公園の桜が見えてきました。 満開に近い状態です。

東京駅北口では、日本橋桜通りの入り口、そしてホテル龍名館の前の桜並木が綺麗です。 私は、ホテル龍名館の和風ビュッフェランチが好きなのです。

DSC04938.JPG

江戸バスは、日本銀行前から始まり、三井本館と日本橋三越の間からコレド日本橋方面へ伸びる「江戸桜通り」も通ります。

新日本橋駅前から小伝馬町方面への道路、「江戸通り」には、清楚で真っ白な「コブシ」の街路樹が続いています。

DSC04944.JPG

 江戸バスは、コレド室町の横の桜を見せて、再度小伝馬町の交差点で「コブシ」の街路樹を見る事が出来ました。

 人形町方面にて、明治座前では、「八重紅枝垂れ」が未だ蕾のままでした。 その向こうの浜町公園では、きっと「ソメイヨシノ」が満開に近い状態だったことでしょう。

ここでいったん下車して、浜町公園でお花見をして、甘酒横丁で買い物をして、その後、水天宮前、ロイヤルパークホテル前の桜を愛でて、

DSC04948.JPG

日本橋区民センターで再度江戸バスに乗車しても良かったなと思いました。

 その後、通過した人形町駅前の桜並木、日本橋小学校前の桜並木も素敵でした。

こうして、1時間の江戸バスで花見を満喫してきました。今年の桜の開花は一旦温かくなり開花宣言をした後に、2日ほど寒い日が続きましたので、本来3月末に満開の筈の「枝垂れ桜が未だ蕾」とか、「大島桜、ソメイヨシノも個体差があるようです」。

と言うは、未だ蕾の八重紅枝垂れは、今週末に咲いても4月中旬までは楽しめるのかなと思います。(お花の状態は、4月6日現在と、近日中の予測です。)

 江戸バスの料金は1回100円です。乗り降り自由な一日乗車券は300円。車内では、「江戸バスMAP桜だより編」が入手出来ます。 

 

 

箱崎ジャンクション

[東京ダンボ] 2017年4月 9日 16:00

中央区は江戸時代から交通の要衝で、日本橋を起点とする五街道が放射状に延び、江戸の物流を担った水運の荷上場として多くの河岸(日本橋魚河岸、大根河岸等)もありました。

現在も地下鉄が網の目のように配置されている他、首都圏の自動車交通を担う首都高速道路も通り、交通の結節点となる数々のジャンクションが存在しています。

ck1711_201704073.jpg

その中から、今日は箱崎ジャンクションに着目してみたいと思います。

箱崎ジャンクションは6号向島線から9号深川線が分岐するジャンクションですが、その下層には時計回りに一方通行の箱崎ロータリーがあります。

ck1711_201704072.jpg

箱崎ロータリーには箱崎出入口、浜町出入口、清洲橋出口が分岐・合流していて、6号向島線、9号深川線のどちらとも接続しています。浜町入口とロータリーの合流部は信号機があって交通制御が行われています。また、ロータリーには小さいけれど箱崎PAもあり、トイレと自販機が設置されているので、いざというときには使えますね。

ck1711_201704071.jpg

ロータリーの中央にある東京シティエアターミナル(T-CAT)から東京空港交通のリムジンバスが発着し、地下には半蔵門線の水天宮駅もあり、まさに交通の結節点となっています。

飛行機

人形町、水天宮、浜町公園、清洲橋を渡って清澄公園へと出かけてみてはいかがですか?

 

資料参照:http://www.shutoko.jp/use/network/jct/hakozaki/