中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


藪伊豆総本店さん「落語とそばの会」予約事情

[柳 さつき] 2010年5月25日 09:00

以前、「藪伊豆総本店」さんで開催されている「藪伊豆土曜寄席」にうかがったときのpencil記事をご紹介いたしました。

藪伊豆土曜寄席

そのとき、こちらの「藪伊豆総本店」さんでは、柳家花禄師匠による「落語とそばの会」も奇数月に開催されていますよ!

と、ご紹介いたしました。

そこで、また、そろそろ「落語とそばの会」も、レポートさせていただきたいなぁ・・・・・!

と、前もって、日程、予約方法などを「藪伊豆総本店」さんのpcHP:http://www.yabuizu-souhonten.com/honten/rakugo.htmlで確認いたし・・・・・・・、準備万端。

予約開始日の9:00にtelephone電話をいたしました・・・・・・・・・。

「話し中」が続き・・・・・・・・何度もかけ直し・・・・・・20分過ぎたころにようやくつながりましたflair

すると、「もう満席」とのお返事でした・・・・・・・・。

なにがなんでも早すぎでは?と、思いました。

以下、会話形式で(敬称略にさせていただきます)!

柳:「常連さんのご予約が優先だったり、ということがあるのでしょうか?」

藪: 「はい、会が終わったその時に、次の予約を受け付けています。」

柳:「では、それだけでかなり埋まってしまうのでは?」

藪:「そのようなこともあります。でも、今日は、電話予約の最初の2組は、予約をいただきました。」

柳:「えっ?二組だけですか・・・・・・・。」

藪:「たまぁ~には、20名さまぐらい予約可能なときもあるんですが・・・・。」

柳:「キャンセル待ちは・・・・?」

藪:「ただでさえ、ぎゅうぎゅうの状態で予約を受け付けているので、むしろキャンセルが出たほうがいいのです。」

柳:「では、キャンセル待ちも受け付けてはいただけないのですね?」

藪:「はい」

という顛末でございました。

こう書きますと「藪伊豆総本店」さんが冷たくお感じになる方がいらっしゃるかもしれませんので、あえて・・・・・

柳家花禄師匠の「落語とそばの会」の人気が絶大で、「藪伊豆総本店」さんも、どうすれば、常連さんにも、新規でいらっしゃりたいお客様にも、楽しんでもらえるのか、とお悩みでいらっしゃるようでした。

 

もしも、これから先、「藪伊豆総本店」さんに予約をしようかな!と、お考えのみなさまのご参考になるかもしれない・・・・・・と、思い、ご報告させていただきました。

私も、大変な'狭き門'ですが、'万が一'、'奇跡的'に予約が取れましたら、ぜひともご紹介いたしたいと存じます。

 

 

 

「中州餃子」さんOPEN

[柳 さつき] 2010年5月21日 09:50

八重洲の「すずらん通り」に面して、「ちび餃子の発祥の地」、福岡から「中州餃子」さんがOPENなさっていました!

住所:東京都中央区八丁堀 3-14-6

電話:03-3553-1299

OPEN:17:00~24:00

定休:日曜日

201004291706000.jpg

201004291704001.jpg

・・・・「なさっていました」と、申し上げましたのは・・・・・・実は発見したのはG.W.でございました。

まだ開店準備中でいらしたので、特派員ブログへの掲載とcamera撮影の許可をいただくだけになったままでした。

もちろん、店長さんをはじめお野菜の箱をかかえたスタッフさんも、写真にうまく映るように、暖簾を下ろしてくださったり、喜んでご協力くださいましたheart04

ご報告が遅くなり、申し訳ございませんcoldsweats02

201004291705001.jpg

こちらは、博多で人気の「もつ鍋一慶」本店さんをはじめ、10数軒の経営をなさっている方の餃子事業の一軒だそうです。

201004291705003.jpg

201004291705002.jpg

本場の味ですヨshine

「中州餃子」さんの名物は、もちろん「博多ちび餃子」ですsign01

「焼き餃子」「焼き餃子(味噌)」「揚げ餃子」などの種類があるそうです。

そして、是非お薦めなのが「中州餃子」さんといえば・・・・・・・「炊き餃子(たきぎょうざ)」ですsign03

お鍋(もつ鍋でお使いになるような鍋)の中で、お味噌ベースの濃厚なトンコツスープで炊いた餃子です。

締めに、残ったスープに「ちゃんぽん麺」、が、お決まりでそうですflair

お店の横の通路には、手軽に外でも楽しめるよう、カウンターと、赤いひさしが取り付けられていました。

これからの季節には嬉しいですネ!!

201004291704000.jpg

うーん、博多の味・・・・・・もう期待度がアップですup

「中州餃子」の店長さま、スタッフのみなさま、本当にご協力いただき、ありがとうございました!!!

 

 

 

ミカド珈琲の「モカソフト」

[みど] 2010年5月17日 09:00

 ジョン・レノンもハマっていたというミカド珈琲の「モカソフト」。
 1948年(昭和23年)の発売以来、60年以上も愛され続けている逸品でユー
 ミンの好物としても有名のようです。
 自家培煎したコーヒー豆と牛乳で作られており、あっさりとした中にほ
 ろ苦さが効いて、"大人のソフトクリーム"といったところです。
 軽井沢店では毎日、行列をつくるほどの人気のようですが、日本橋本店
 では並ぶことなく食べることができました。
 ちょうどマスコミの取材中で女優さん(←名前は知らないがTVで見か
 ける)が美味しそうに撮影していました。
 テイクアウトや1Fカウンター(スタンディング)で食べると300円ですが、
 2~3Fで席に座ると470円になります。まさに席料というやつですね。
 ちなみに「コーヒーゼリー」もたまらなく美味でした。

  ▼ ミカド珈琲  
     東京都中央区日本橋室町1-6-7  TEL 03-3241-0530
     営業時間:平日AM7:00-PM8:00 土曜日AM8:00~PM6:00
     http://mikado-coffee.com/
 moka1.jpg

 moka2.jpg


 

 
1