中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2011「まち歩き」ツアー日本橋老舗コース② 日本橋貝新(その2)

[ゆりかもめ] 2011年7月30日 08:31

 7月27日(水)産業コースとして日本橋老舗コース②が開催されました。

木屋→日本橋貝新→山本海苔店を回るコースに同行しました。

日本橋貝新の訪問のブログ記事を(その2)とさせて頂きます。

日本橋貝新さんは伊勢桑名が発祥の地です。

江戸に出て来て120年だそうです。

          2011_0726日本橋貝新店舗 0028.JPG

    暖簾の絵が素敵ですね・・・・・

    伺う度にそう思います。

2011_0726  日本橋貝新暖簾 0032.JPG  店舗の後側が工場になっています。

  室温40℃前後の中で手作業で貝を煮詰めていらっしゃいました。

  半分、出来上がっている浅蜊を1粒、2粒頂きました。

  濃く味がついて居るはずなのになぜか「あっさり味」に感じました。さすがに美味しいでした。

  職人の方の真心が味を深くしているように思えました。

  2011_0727  日本橋貝新の現場 写真0018.JPG

 御店にはいろいろな種類の佃煮が小綺麗に並べられていました。

参加者全員は「小あみ」の佃煮を御土産に頂きました。

又、ツアー参加者全員にはこの時だけ御好意により特別価格の商品の他は2割引きにして下さいました。

私は5種類入って¥1000.のお徳用の他に「たらこ」と「小柱紅梅煮」を買いました。

この二品(たらこ・小柱紅梅煮)は私がいつも買う大好きな佃煮です。

2011_0726 日本橋貝新の商品 0031.JPG      

             日本橋貝新  

             東京都中央区室町1-13-5

               電話 03-3241-5741

 

この日本橋老舗コース②のツアーは9月28日(水)にもう一度、行こなわれます。

是非、応募なさって下さいませ。        中央区観光協会 03-3546-6525

 

           

 

 

2011 「まち歩き」ツアー 日本橋老舗コース② 木屋(その1)

[ゆりかもめ] 2011年7月30日 08:30

7月27日(水)「まち歩き」ツアー産業コースの日本橋老舗コース②開催されました。

木屋→山本海苔店→日本橋貝新を巡りました。

(その1)では「日本橋木屋」を御紹介いたします。  

       

2011_0727木屋正面玄関 0013.JPG

 昨年秋頃までは中央通りを挟んで三越本店の向かい側にありましたが「コレド室町」の1階に入り三井本館の向かい側になりました。

メトロリンク(無料)「日本橋室町1丁目」バス停の前が「木屋」です。        

       

2011_0727  木屋ぎだいしょうらん 0026.JPG

熈代勝覧(ぎだいしょうらん)・・・・・輝かしい時代の素晴らしい景色

絵に描かれているのは当時、普請中の木屋幸七店(本店)を含め四件の木屋が並んでいます。 

一番右寄りの木屋の暖簾は現在の刃物の木屋で使用している商標と全く同じ井筒木(いづつき)

井筒の枠の中に屋号の木屋の字が入っている)の紋入りです。(絵の中に小さな→を書きました)

文化2年(1805)頃の江戸の今川橋から日本橋までの大通りを東側から俯瞰し、通りの西側の町並が約12mの長さで描かれている大作です。

      

2011_0726 木屋の商品 0007.JPG屋号「木屋」発祥の由来

豊臣家の薬種商として御用商人だった九兵衛は徳川家康公の招きにより当主の弟が別家して江戸に下って本町に店を持ちました。

大阪の本店と分かれたので姓の林を二つに分け「木」と用いて「木屋」と称したと伝えられています。

刃物の木屋創業

伊勢桑名より出て木屋本店に精励した初代「伊助・加藤伊助」に暖簾分けを許され寛永4年4月(1792)日本橋室町に打物問屋「木屋伊助商店」を興しました。

当時は大工道具を主に刃物類を扱っていましたが幕末には洋刃物も輸入するようになりました。 

 

丁度7月末までセールをなさっています。

素晴らしい包丁や鋏の数々の他、砥石や爪きり・・台所で使用する小物も数多く並んでいました。

包丁の砥ぎ方を教わったり・・・・・よく切れる包丁で切った刺身の味は美味しいとの事・・・・・

又、度々自分で包丁を砥ぐ必要がある事を教わりました。

ハンドル材は天然材でホウとケヤキは和包丁に・・・・・

              紫檀と黒檀は洋包丁に・・・・・使うそうです。

商品の中にとてもよく切れる「爪切り」を見つけたのですがやはり人気商品だそうです。

爪も飛ばずにとても良い切れ味でした。 

「コレド室町」の中にある老舗は私達には敷居が高いようですが決してそんな事は無く気さくな御店です。まだいらしてない方も一度 訪ねてみて下さいね・・・・・楽しいですよ・・・・

 

              東京都中央区室町2-2-1

               コレド室町1階   電話 03-3241-0110

 

上記コースは9月28日(水)にもう一度、予定されております。

皆様どうぞお申し込み下さい。     中央区観光協会「まち歩きツアー係」まで

 

                 

 

 

 

 

中央区観光協会加盟店紹介11 人形町 初音 Hatsune

[銀造] 2011年7月27日 08:30

 人形町にある「初音」は、創業が天保八年(1837年)の甘味処です。 

天保といえば、大飢饉、天保の改革などと社会科の歴史の時間に習ったことがあるけど、170年以上も前の創業なのですねsign03 今日は、暑いので、ここで冷たい物を頂こうとやってきました。 

CIMG8844.jpg 

1階は、お汁粉、いそべ巻、フルーツあんみつ、抹茶アイス、小倉クリーム、みつ豆、くずきり等に加え、夏にはかき氷も。銀造もTCATからの帰り道などデートで来たことを思い出しました。喝采sign02

CIMG8837.jpg 

2階は17時からで、お好み焼き、もんじゃ、鉄板焼きなどを美味しく頂けます。

 女将さんから、伺った話によると、初音(Hatsune)という名前は歌舞伎の演目から名付けたとか、江戸時代には、砂糖が高価で甘味には使えず、サツマイモの持つ甘みに着目して芋菓子を作り売りしたとのこと。「初音」がお汁粉を売り出すようになったのは、砂糖が普及した明治時代以降になってからのことだそうです。

 このお店が永く続いているのは、原料の小豆にこだわっていること、お客様へのおもてなし、誠実一途だからと思いました。 

頂いた名刺には、Hatsune, since 1837 Japanese Traditional Sweets とあり、住所は日本橋人形町1-15-6、アクセスは地下鉄日比谷線人形町駅A2出口より水天宮方面へ向かい100m、地下鉄半蔵門線の水天宮駅からは30mほどです。It's very near from TCAT and Royal Park Hotel . Enjoy Japanese Traditional Sweets at Hatsune. Phone:03-3666-3082

 

CIMG8842.jpg 

どうぞ、下町の伝統ある甘味をお楽しみ下さい。 Don't miss it ! 

 

 

 

ECO EDO 日本橋2011 日本橋 川めぐり 橋めぐり

[銀造] 2011年7月18日 16:39

 日本橋にて、日本橋架橋100周年記念の一環として、「ECO EDO日本橋2011」が開催されています。 その中のイベントとして、ボートによる「日本橋 川めぐり、 橋めぐり」が7月15日から7月29日まで開催されています。コースは : 日本橋船着場~豊海橋~隅田川~清洲橋(東京スカイツリー®遠望)~永代橋~亀島川~日本橋船着場 です。 料金はたったの500円で、11:30から18:30の毎時半に出発します。 楽しかったですよ。  まずは、船着場での乗船風景から。 

110715_171215.jpg

 川からの景色は、いつもと違って楽しいし、こんな歴史的建造物もご覧になれます。

写真は、都選定歴史的建造物の「三菱倉庫江戸橋倉庫ビル」です。

110715_172237.jpg

東京証券取引所などの建物を見て、かやばばしなどを通って、豊海橋へ。すぐ目の前が隅田川

110715_172910.jpg

隅田川へ出ると、清洲橋と東京スカイツリーがご覧になれます。

110715_173325.jpg

 詳しい案内は、こちらです。http://www.nihonbashi-tokyo.jp/event/20110715.html

 

 

特派員の商店街訪問(第19回)◎歴史と文化が香る街/日本橋三丁目西町会・商店街連合会

[ケン] 2011年7月13日 09:30

商業の中心地・ 中央区 には元気な、にぎわい商店街が数多くあります。


 

地元から愛され、住民とともに栄え、親しみのある商店街を、特派員が訪ねて、見て、聞いた商店街の"今日そして明日"。そのイキイキとした魅力と活力、とっておきの情報などをお伝えしている、 中央区 の商店会・商店街を紹介する「特派員の商店街訪問」第19弾です。

****************************************************

◎特派員の商店街訪問(第19回)◎

歴史と文化が香る街/ 日本橋三丁目西町会・商店街連合会



日本橋三丁目西町会・商店街連合会の会長・野永喜一郎さんにお話をうかがいました。場所は老舗日本料理店「日本橋ゆかり」。野永さんが社長を務めていらっしゃるお店です。


ck0918_1.jpg 

Q)商店街はどのくらいの歴史があるんですか?


<会長> 平成21年に商店街連合会を結成したので、今年で3年目です。しかし、近江商人の流れを汲む西川さんなど、"江戸"という街が出来たころからの400年の歴史を有する老舗もあります。


Q)お店の数と、どのようなジャンルのお店が多いのか教えてください。


<会長>およそ60店舗のお店があります。飲食店が多いですが、世界的に有名な骨董屋さんや画廊など芸術・文化関係のお店が多いのも、この商店街の特徴です。


Q)商店街のアピールポイントを教えてください。


<会長>芸術・文化関係のお店が多いこと、また高島屋で展覧会が開かれたり、間近にブリジストン美術館があるという土地柄を生かし、文化の香りを前面に押し出す街づくりを心掛けています。

周りの再開発がどんどん進み、高層ビルが次々と建設されるなか、東京都の景観条例のために、われわれの地区には高層の建物を建てることはできません。しかし、そこを逆に強みとして、街中に緑を増やしたり、低層の建物からなる憩いの空間を提供できれば、と思っています。


ck0918_2.jpg  ck0918_3.jpg

お万の方ゆかりの「養珠院通り」   街中の緑が美しい「さくら通り」



Q)今後のイベントの告知をお願いします。


「名橋・日本橋」保存会が中心となって、日本橋が石の橋になって100年の記念イベントが10月に行われます。アンテナショップや物販の店などが多数出店の予定です。江戸の中心・日本橋の歴史に思いを馳せながら、おおいに楽しんで頂けると思うので、皆さま、ぜひお越しください!



<取材後記>

はきはきと、いかにも江戸っ子っぽい いなせな調子でお答えいただいた野永さん。さすが日本橋生まれの日本橋育ちだなあ、と感じいってしまいました。

街の歴史と文化を大切にするこの商店街がますます繁栄していってほしいと思います。

 

 

 

 

「まち歩き」ツアー 日本橋老舗コース①行って来ました。

[キャサリン] 2011年7月13日 08:30

7月5日(火)10時~12時

日本橋老舗コース①

観光協会特派員のO傘さんと引率させていただき、ツアー参加の皆様と日本橋の老舗を訪ねました。


「にんべん」さん→「榮太樓總本鋪」さん→「山本山」さんの順に回りました。

 

「にんべん」さん

お店に入ると鰹節の柔らかい優しい香りに思いっきり鼻から息を吸った私です(笑)
鰹節やめんつゆで親しみがありますが、店内はたくさんの商品に最初からテンションが上がります。

0705004.jpg


「にんべん」つゆの素 ぬれおかきを購入しました。食感がモチモチしてつゆの素の味が美味しく、はまりました。
また、テレビで紹介された手巻きかつおが人気で、この日は品切れで購入することが出来ませんでした。んー残念crying


「榮太樓總本鋪」さん

小さい頃から「榮太樓總本鋪」さんの飴に親しみ、中でも梅ぼ志飴が好きです。私自身飴の印象が強かったのですが、
江戸日本橋の魚河岸で働く人の小腹を満たす「金鍔」が始まりと知りました。

涼しげな水羊羹と葛櫻を購入しました。美味しかったです。

0705007-1.jpg 0705026.jpg

                               飴はなめらかな口どけshine



 

「山本山」さん

落ち着いた喫茶室に案内頂き冷たい水出し煎茶、ほうじ茶(ペットボトル)、のりせんべい、スナック海苔(2種)を頂きました。


暑い日でしたので、まろやかで爽やかな水出し煎茶がしみました。 


のりせんべいは海苔が贅沢に使われていておせんべいが海苔で隠れてました。
海苔の風味を楽しみながらおせんべいを食べて頂きたいとのことで、山本山さんならではですね。


0705021.jpg   0705013.jpg


初対面の皆さんも
老舗の歴史や味に触れ、いつしか顔もほころび皆、
笑顔で楽しそうに会話をされていました。

私も楽しかったです。ありがとうございました。



日本橋はおしゃれな町であり、伝統を守る町でもある素敵な町だとこのツアーで一層感じました。

是非ツアーに参加してみては如何ですか。