中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


漱石の足あと in 中央区

[与太朗] 2012年10月31日 12:00

 今年の夏を彩ったロンドン五輪。閉幕後の英国代表選手のパレードには、大成功に沸く100万人の市民が沿道を埋めたそうです。日本メダリストの銀座パレードは50万人でしたから、さすがご当地ですね。このロンドンに留学した日本人といえば真っ先に名が挙げられるのが夏目漱石(1867-1916)。今回はこの文豪と中央区のかかわりを訪ねてみました。


 漱石は生れも住まいも中央区(日本橋区+京橋区)と縁はありませんが、記念碑の類いが区内三か所にあります。いずれも生誕の地早稲田に近い早稲田大学の関係者が建てたもので、漱石作品ゆかりの場所にあります。


IMG_0573.JPG①「漱石『猫』上演の地真砂座跡」碑
  (平成15年 日本橋中洲5-1)


  明治38年1月から39年8月まで10回にわたり「ホトトギス」誌に掲載された『吾輩は猫である』は大人気となり、伊井蓉峰一派により明治39年11月3日から30日まで、真砂座で上演されました。(漱石はこの舞台を見ていないようですが。)



IMG_0578.JPG②「漱石名作の舞台」碑
 (平成17年 日本橋1-4コレド日本橋アネックス広場)


 このあたり狭い横丁に震災前、木原店という寄席があり、『三四郎』『こころ』に登場します。漱石自身も落語好きで、若いころしばしば訪れたところ。



IMG_0582.JPG③「漱石の越後屋」碑
 (平成18年 日本橋室町1-4-1三越本店屋上)


 越後屋呉服店(三越)は『道草』『趣味の遺伝』などに登場します。また「虞美人草浴衣地」を売り出し大評判となります。


 江戸生れ・東京人の漱石。都心の日本橋・銀座には大いに関心があったはずで、その作品には、竹葉亭、天賞堂、資生堂、明治屋、丸善等々、今に続く名店・老舗が多く登場します。ご本人も何度も足を運んだことでしょう。


 漱石の日記を見ると、一時連日のように銀座を散歩した記述があります。明治43年、いわゆる「修善寺の大患」の直前6月18日から7月31日まで日比谷公園近くの長與胃腸病院(長與善郎の兄が院長)に入院しますが、退院前の一週間は毎夜のごとく銀座を歩いたようです。7月28日には天賞堂の屋根に上り、脚下を見て身のすくむような気がした、とあります。(この入院中の日記には・・・・・胃潰瘍治療のため熱した蒟蒻で腹部を温めるという珍妙なる療法を二週間続け、皮膚が火ぶくれになってしまいますが、蒟蒻代に一週間15丁で25銭支払ったとあります。また、瀧山町(銀座六丁目)にあった朝日新聞社に勤務していた石川啄木が、7月1日と5日の2回、見舞を兼ね社用で訪れた・・・・・などの興味深い記述があります。)


 漱石の出世作『吾輩は猫である』の単行本を刊行した大倉書店、服部書店はそれぞれ日本橋区、京橋区内にあり、おそらく何度か行き来したのではないでしょうか。加えて入社した朝日新聞社も瀧山町にあったわけで、漱石と中央区のご縁は案外深いものがあるようです。これからも区内に記念碑ができるかもしれませんね。

 

 

 

晴海ライナーに乗りました!

[ukiuki] 2012年10月31日 08:30

10月中旬より運行開始した、中央区の新しい足、晴海ライナーbus


列車における湘南ライナーや、おはようライナーから推測するに、何やら『すいすいっと速い』イメージが。

----


日本橋高島屋の次は、何と晴海トリトンスクエアですか。。

中央区マニアの皆様方ならば、わかっていただけましょう、この衝撃flair


衝撃を受けているうちにバスが近づいてきました。

日立自動車交通、ということは、我らが江戸バスと同じみたいです。


ピカピカshineの白いバスは、たった15分でトリトンスクエア迄連れて行ってくれました。


快適この上なく、見慣れた風景が新鮮に見えました。

今回私が乗ったのは東京駅八重洲口発~日本橋高島屋~トリトンスクエアの系統晴海01。

系統晴海02はトリトンスクエア~有楽町~八重洲口だそうです。

便数も充実しています、オススメです。

ck1107_1210301.jpg  ck1107_1210302.jpg


 

 

にんべん「かつお角煮まん」

[みど] 2012年10月30日 08:22

コレド室町ビルにある老舗「にんべん」本店で売っている
『かつお角煮まん』がお薦めです。
外見は中華まんですが、中身の具材は「かつおの角煮」と
和風でさっぱり味の食べ物。
甘辛醤油味の鰹と玉葱がたっぷりと詰まっており、鰹出汁
の香りと味が絶妙に美味しいです。隠し味は生姜のようですね。
さすが老舗「にんべん」の歴史を感じる一品だと思います。
1個200円と値段もリーゾナブル。最近の私のランチはこの
『かつお角煮まん』2個と鰹節のだし汁(100円)でワンコイン
の500円コース。

お土産用に冷凍したものも販売していました。(4個入り800円)
温める際は、電子レンジでも出来ないことはありませんが、
蒸し器で蒸かした方が美味しいこと間違いありません。

『かつお角煮まん』は季節限定とのことですが、お店の方に
聞いてみたところ、来年のゴールデンウィークあたりまで
提供しているとのことです。
近くにお立ち寄りの際には召しあがってみてはいかがでしょうか。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

 

 

11月4日(日)は「中央区まるごとミュージアム」

[杏葉牡丹] 2012年10月24日 08:30

ck1203_1210241.jpg
毎年とても楽しみにしている、このイベント。

 

何しろそのタイトルどおり、中央区の様々な場所で文化的なイベントが行われて、まさに区全体がまるごと、ミュージアムになってしまうのです!


江戸の昔から現在まで、常に日本の中心であり続け、伝統を大切に守りながらも、時代の最先端を担っている中央区だからこそ、できることなんですね。


当日は主なものだけでも、銀座・日本橋・築地などの街歩きツアー、日銀本店見学ツアー、銀座の画廊巡りツアー。
コンサートに人力車体験、晴海フラワーフェスティバルに区内の産業を紹介する「へそ展」、薬研堀講談の会などなど盛りだくさん。


おまけに中央区をたっぷり楽しんでもらおうと、この日は、無料のバスと船が運行、コミュニティバスの江戸バスも無料になります。
よっ中央区太っ腹!と思わず叫んでしまいそうです。
銀座や日本橋のイベントにも参加したいけど、晴海にも行きたいという人には、もってこいですね。


特にお勧めなのが、3コースある無料の船ship

明石町水辺ライン周遊ルートと箱崎・晴海ルートでは、レインボーブリッジやスカイツリーを絶好の場所から眺めることができ、お天気が良ければ最高!
日本橋周遊ルートでは、普段は歩いている道や橋を水の上から見ることのできる絶好のチャンス。
江戸時代には、実際に重要な水運として使われていたので、その時代に思いを馳せるのも良いかもしれません。


まだまだ沢山あるイベントは、そのほとんどは無料(一部有料のもの有り)ですが、事前に予約が必要なものもあり、バスや船などは運行の時間もありますので、「まるごとミュージアム2012」のホームページや10月21日付けの区のお知らせ、区の施設等で配布している詳細なパンフレットなどを是非ご覧下さい。


パンフレットを見ながら、どこに行こうか考えていると、今からワクワクしてしまいますね!happy02

 

 

 

べったら市

[織衣舞] 2012年10月23日 08:30

20121019べったら市 027.JPG 20121019べったら市 025.JPG

20121019べったら市 028.JPG 20121019べったら市 031.JPG

2012年10月19~20日 江戸中期から続く伝統行事「べったら市」が宝田恵比寿神社

とその周辺で開催されています。 10月20日の恵比寿講にお供えするため、前日19日

に市がたち 魚・野菜・神棚などが売られるようになったのがその起源とか。 浅漬の大根

のべったら漬けがよく売れたことから「べったら市」と呼ばれ、「べったりつくぞぉ~」 「べっ

たりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回して、参拝客の着物の袖につけて

からかったとか。アメと麹で大根を漬けこんでいるため、衣服にべったりとついてしまうため

"べったら漬け"といわれるようになったともいわれているらしい。十五代将軍徳川慶喜公

も大好物であったそうです。江戸時代から続く伝統あるお漬物です。

祭りの神輿もでて、屋台や露店も数多くでて、多くの人々で賑わっています。皆笑顔です。

またこの近くには江戸屋さんもあり、たくさんの方が買い物をされています。また「於竹大

日如来井戸跡」の碑が人ごみの中、ひっそりと佇んでいました。

20121019べったら市 030.JPG 20121019べったら市 029.JPG


 

 

宝探し~第60回中央区観光商業まつり~

[杏葉牡丹] 2012年10月18日 13:00

ck1203_1210181.jpg
いよいよ始まりました、中央区観光商業まつり!

10月1日(月)~11月20日(火)までの期間中に、パレードにライブにスタンプラリー、様々なイベントと、盛りだくさんの催しがたくさんあって、毎年この時期がくるのが待ち遠しくて堪らないくらい!


中でも私が楽しみにしているのが『宝探しゲーム』です。


ck1203_1210182.jpg
中央区の店舗や施設等で問題用紙が配布されていて、そこに書かれているヒントをもとに、宝箱の置かれている場所を探します。

いつも江戸にちなんだストーリーがあって、今回は、徳川家康が入手してヤン・ヨーステンを守護者とした「八徳の宝珠」を探す手掛かりが、東京駅八重洲口の改修工事中にみつかったので、それをもとに「宝珠」を探せ!というもので、中央区の歴史や名所・旧跡を知っていないと、なかなか隠し場所にたどり着けません。



昨年は、宝箱を探すだけでなく、そこに書いてあったキーワードをもとに暗号を解き、さらにはブラフや偽の宝箱があったりして、途中で諦めようかと思ったくらい難しかったのですが、ヒント提供店をしらみ潰しに探して区内の地理に詳しくなったり、目星をつけた場所で同じように探している人たちと出会って仲良くなったりして、何とか正解に辿り着くことができました。


今年もなんと賞金&賞品総額500万円!!という大盤振る舞いなので、さぞかし難しいだろうと思っていたら、単純にキーワードを8個探すだけでOK!
1日ではまわりきれないので、3回に分けて、ミッションは完了!

ck1203_1210183.jpg
どうせあちこち歩くのならと、ついでに各地のアンテナショップのスタンプラリーにも参加。

全部で17店舗あるうちの、12店舗分のスタンプで応募資格があるのですが、意地で17店舗全てクリア。
ちょうど新米の時期だったので、各地のお米のネーミングを見るのが楽しかったです。


アンテナショップのスタンプラリーは10月18日(木)で締切ですが、宝探しの方は11月4日(日)までやっています。

お時間と興味のある方、是非ご参加ください。