中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区硬式テニス教室のご案内

[お江戸太郎] 2014年11月28日 18:00

中央区は、春と秋に年2回実施されます。

 

1 事業名:硬式テニス教室

 

日程はちなみに平成26年の春は4月11日から5月20日、秋は9月9日から10月17日の火曜日と金曜日

 

平成27年は未定です。

 

2 回数:全10回     原則   火曜日と金曜日

 

3 時間:午後6時30分~8時30分

 

4 会場:京橋・築地小学校の校庭

 

5 レッスン料:全10回 2500円

 

6 対象  :18才以上

 

7 定員 :60人

 

詳細は区のお知らせ[中央]3月1号、8月1号に掲載されます。

 

私も初めて硬式テニス教室に参加されてもらいました。

最初にクラス分けがあり、全くのテニスをしたことの無い人のためのAクラス、少しテニスをやったことがある人、Aクラスを卒業した人のためのBクラス、試合に出る位の上級者向けのCクラスがあります。

各クラスとも3~5人のコーチが親切丁寧に教えて頂けるので初心者にとっては安心です。

時々、硬式テニス教室が終了後には懇親会もあり、仲間つくりができ、とても楽しい教室です。

テニスを始めようとする方は是非参加してはいかがですか?

 

 

東京駅開業100周年記念イベント

[小江戸板橋] 2014年11月26日 09:00

ゆったりと伏せた、ライオンのブロンズ像。

見覚えのある、その姿。

三越デパートの入口にいるライオン像です。

どうして、東京駅の待ち合わせスポット、「銀の鈴」に座っているの?

回り込んでみると・・。

高島屋の「ローズちゃん」。大丸の「さくらパンダ」。

あらららら・・。

ゆるキャラブームの中で、あちこちに着ぐるみが出現している昨今ですが。

でも、百貨店のキャラクターが集まる機会は、なかなかありません。

しかも、東京駅八重洲口地下中央口改札内の「銀の鈴」に。

説明書を読めば、東京駅開業100周年と八重洲口駅前広場のリニュアルを記念してのイベントとの事。

キャラクターは、11月30日まで集合しています。

東京駅は、1914年(大正3年)12月20日に営業を開始しました。

首都東京の玄関口として、交通の要衝として

日本の経済・文化の発信基地として、重要な役割を果たしてきました。

大正12年の関東大震災に耐え、

大戦の空襲で一部焼失。

そして、平成24年の丸の内赤レンガ駅舎の復原工事完成。

平成25年の八重洲口グランルーフ完成。

私も丸の内に通勤していた時期があり、ほぼ毎日のように駅を利用していました。

100年間の変化や成長過程の一時期を、身近に目にしてきたことに、

何とも言えぬ感慨が湧きます。

さて、八重洲中央のみどりの窓口内に「東京駅100周年おもてなしカウンター」が設けられています。

そこで、「あるこう!東京駅~日本橋 百年散策」マップを手に入れます。

このマップが、魅力的。

今年10月に社殿が再建された日本橋室町の福徳神社も描かれた、

平成26年の東京駅八重洲から日本橋周辺の最新地図です。

これと対比できるように、

100年前の大正3年代の地図と、江戸・幕末萬延元年の地図も載っています。

ながめれば、

時を経て残っている建物。消えていった川や掘の流れ。

そんな変化が発見できます。

先ほどの「おもてなしカウンター」で、記念レプリカ硬券と赤レンガ駅舎形の台紙をいただきました。

硬券切符の日付は、「14.12.20.」

これがなかなか良く出来ているのです。

マップを手に、大丸東京店、日本橋高島屋、日本橋三越本店、コレド室町。

それぞれの案内所やインフォメーションを巡り、手に入れた硬券を台紙に差し込んでいきます。

幼少のみぎり、日本国有鉄道の硬券を収集していたころのドキドキ感が、よみがえってきます。

デパートのショーウィンドウもすっかりクリスマスバージョン、おせちの案内に替わっていました。

いつもと少し趣向の変わった、日本橋めぐりになりました。

 

 

2014年11月・変わりつつある中央通り(銀座~日本橋)【定点観測】

[江戸旅太郎] 2014年11月25日 09:00

■今年5月に中央通りに起きている変化を、「5月・変わりつつある中央通り(銀座~日本橋)」と題してご案内しました。→この記事はこちら

6ヶ月たちましたので、その後の変化を確認してきましたので、ご覧ください。なお、今回初めて撮影した所は、(今回新規)としています。

 

 

(1)銀座6丁目10地区第一種市街地再開発事業 [松坂屋銀座店跡地など]

      ①地上13階(高さ66m)・地下6階。平成28年11月30日完了予定。

      ②銀座エリア最大級の商業施設。観世能楽堂も入居する。

      ■5月の工事区域内には建物の解体残材がありましたが、今回は撤去され

    整然とした工事現場になっています。

ブログ11月特派員.jpg

DSC07273.JPG

(2)銀座5丁目再開発計画 [銀座4丁目交差点角地に於いて建替え] 

   ①地上12階(高さ56m)・地下2階。平成28年5月15日完了予定。

      ②ビヤホールライオン銀座五丁目店・日産銀座ギャラリー・つゞれ屋は、

         新ビル竣工後に営業再開予定。

   ■既存のビルは解体され、以前から見慣れた銀座4丁目交差点とは違う光景

    になって います。

特派員11月ウログ.jpg

 

 (3)大倉本館建替工事  [銀座2丁目交差点角地に於いて建替え]

   ①地上12階(高さ56m)・地下3階。平成28年8月31日完了予定。

   ■既存のビルは解体され、背後にあったぐにゃりと曲がった斬新なファ

         サードが話題となった複合商業施設「デビアス銀座ビル」(11階 2

         007年竣工)が目につくようになっています。

特派員11月ブログ1.jpg

 

 4)伊東屋本店建替計画  [銀座2丁目]

      ①地上13階(高さ66m)・地下2階。平成27年3月15日完了予 定。

      ②物販店舗に加え、上層階にはレストランとカンファレンスルーム、地下に

    多目的ホールを予定。

   ■建設中の建物には、シートの覆いがかかっています。

特派員11月ブログ2.jpg


 
(5)銀座1丁目A街区新築工事(オープンしました) 

      ①地上12階(高さ66m)・地下3階。

   ■商業施設KIRARITO GINZA(キラリト ギンザ)」として、10

         月30日にオープンしました。

特派員11月ブログ3.jpg

 特派員11月ブログ4.jpg

 特派員11月ブログ5.jpg

 

★(今回新規)銀座テアトルビル(「ホテル西洋銀座」「銀座テアトルシネマ」

    が入居していたビル)が解体工事。[銀座通り口交差点角地に於いて

    建替]

   ①建替え後は「コナミクリエイティブセンター銀座(仮称)」として、 スマートフォン

    向けゲームの開発拠点や顧客とのコミュニケーショ ンの場となる施設が検討

    されているそうです。

  ■現在、覆いをかけ解体工事進行中です。

特派員11月ブログ6.jpg

 特派員11月ブログ7.jpg

 

 

★(今回新規)東京スクエアガーデン(既存ビル)

  □京橋の丘

 

      心地良い緑の京橋の丘です。

      低層部に高さ約30m、広さ約3、000㎡の京橋の丘は、都心のク

        ールダウンや「風の道」の形成に寄与する目的でつくられ、東京都

   が取 り組むグリーンロードネットワークの一端をになっています。

 特派員11月ブログ9.jpg

 

    □地下1階には、中央FM本社があります。

      われらが中央区のFMラジオ局。中央区唯一の地域コミュニティFMラジオ局として

   頑張っています。なお、送信所は、GINZA KABUKIZA 屋上にあります。

DSC07184.JPG

 

     □6階には、中央区立環境情報センターがあります。

    『中央区立環境情報センターは、地球温暖化など、さまざまな環境問題

    をわかりやすく学ぶとともに区民・事業者・区が連携して環境活動の輪

    を広げるために区が設置した施設です。

    環境情報センターでは、"環境"に関する情報をデジタルコンテンツや

    展示等を通してどなたでも学ぶことができます。また、  「環境について

    学んでみたい」、「環境活動に参加してみたい」、「より充実した環境

    活動をしたい」という皆さんの前向きな気持ちを応援します。一人の力

    ではできなかったことも、仲間ができ、仲間が 増え、環境活動の環を広

    げていくことで実現できるかもしれません。地域が一体となって環境活

    動を実践する拠点として、さまざまな情報を集約・発信し、多くの方々に

    ご利用いただける施設を目指しています。どうぞお気軽にご利用・お問

    い合わせください。』(中央区立環境情報センターHPより)

特派員11月ブログ11.jpg

 

 

 (6-1)京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建築物(再開発棟)

   地上32階(高さ170.25m)・地下3階。平成28年8月31

          日完了予定。

(6-2)京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建築物(史的建築

            物棟)改修工事  [明治屋京橋ビル免震化工事]  

       ①地上8階(高さ30.32m)・地下2階。平成27年7月31日完

          了予定。

       ②明治屋京橋ストアーは、免震工事完了後営業再開。

        ■明治屋のビル全体に覆いがかかった状態は、5月の時と同じです。

    背後の背 の高いビルは、今年竣工のオフィスビル京橋トラストタワー

    (コート ヤード・バイ・マリオット 東京ステーションホテル入居)。

特派員11月ブログ12.jpg

 

★(今回新規)京橋1丁目ホテル計画

   ①地上15階(高さ55m)・地下0階。平成28年10月31日完成予定。

   ■建物解体。建築計画のお知らせには地下0階、最近のビルでは珍しく

        地階の無いビルのようです。

特派員11月ブログ13.jpg

DSC07166.JPG
 

(7)Nプロジェクト  [日本橋3丁目]

      ①地上12階・搭屋2階(高さ68m)・地下4階。平成27年4月末

          日完了予定。

      ②DIC株式会社本社ビルの建替え。

      ■ビルの全容が分かるようになりました。

特派員11月ブログ15.jpg

 

(8)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)

      ①地上31階・搭屋1階(高さ180m)・地下5階。平成30年12

         月下旬完了予定。

      ②低層階に高島屋が入る複合の超高層オフィスビル。隣の日本橋タカシ

          マヤとは空中廊下で繋がる予定。

   ■解体作業が進行中です。

特派員11月ブログ16.jpg

 特派員11月ブログ17.jpg


 
(9)日本橋二丁目地区北地区新築工事  [日本橋交差点角地]

      ①地上35階(高さ180m)・地下4階。平成29年11月下旬完了

         予定。

      ②開発とあわせ、地下鉄日本橋駅との接続、駅前広場・観光案内所等の

         整備を予定。

   ■ビルの現況と交差点角の解体されるビル1階のお店のビラ。

特派員11月ブログ18.jpg

DSC07146.JPG
 特派員11月ブログ26.jpg

 

(10)日本橋1丁目プロジェクト  [日本橋交差点角地]

      ①地上13階(高さ55.98m)・地下2階。平成27年2月末日完了予定。

     ②地下鉄と直結のオフィスビル。

       ■現在のビル全容です。

特派員11月ブログ20.jpg

 

★(今回新規)福徳神社とその隣接地区

  ①福徳神社の新社殿が完成し、10月24日から一般参拝が始まりました。

  □福徳神社の鳥居

特派員11月ブログ21.jpg

 

  □福徳神社御由緒

DSC07023.JPG

 

  

  □「(仮称)福徳の森」完成予想図

特派員11月ブログ22.jpg

 

★(福徳神社北側)(仮称)新東京武田ビル

  ①地上24階(123.15m 最高123.65m)・地下4階。 平成29年10月末

    完了予定。

  ■解体工事が進行しています。 

特派員11月ブログ24.jpg  

 

  ★(今回新規)日本橋室町3丁目地区第一種市街地再開発事業 

  ①解体工事 (除去工事期間 平成26年11月14日から平成27年

   7月30日)

  ■現在は、解体工事のお知らせの用紙が掲出されています。

  □室町3丁目交差点角地の再開発事業地区の現況

特派員11月ブログ25.jpg

 

  □再開発事業範囲

DSC08564.JPG

 

■街の景観上、周囲の建物との高さの不揃いが気になりました。また、防災上、ガラス面が広い建物の場合、想定した以上の地震があった時のガラス破片落下の危険性も気になりました。

統一性のとれた都市景観、都市防災など、事業者と行政との密接な意見交流の継続を期待したいと思いました。

                                                                               以 上

 

 

日比谷線の発展と魅力

[下町トム] 2014年11月20日 09:00

日比谷線03系.jpg中央区は交通網が発達した便利な地域です。公共交通も、JR、地下鉄、都バス、コミュニティバスなどが縦横に走っています。なじみが深いのは銀座や日本橋を通っている「銀座線」かもしれませんが、もうひとつ地下鉄路線で忘れてならないのは「日比谷線」です。区内に銀座線を上回る7つの駅を配し、区民だけではなく多くの利用客にとって重要な路線です。


日比谷線は、都内交通の至便性を高めるために早い段階で計画され、当初から私鉄との相互直通を前提に建設されました。1961(昭和36)年に部分開業した後、前回の東京オリンピックに間に合わせるため工事を急いで進め、1964(昭和39)年に全線開業にこぎつけました。そして今年はその50周年の節目を迎えたのです。まさしく、戦後の日本や東京の発展の歴史とともに生まれ、育ってきた鉄道路線といえるでしょう。沿線の中でも、最も存在感があるのは中央区の駅群ではないでしょうか。小さな区域をこまめに走って、域内流動の足としても重宝されています。

img20141116-1016(2).jpg


日比谷線では長い間、3000系というユーモアあふれるフェースをした銀色の車両が親しまれました。東京メトロで配布した記念パンフレットの表紙も飾っています。何しろ、当時の営団地下鉄では初めて採用された"セミステンレス車両"だったのです。また安全向上のために初めてATC(自動列車制御装置)も搭載されました。そのデザインも含めて画期的な名車だったと思います。

東急(北千住行き).jpgその後、現在では03系という銀色の帯をまとった車両が走っています。他にも相互乗り入れしている東武鉄道からの車両もやってきます。昨年までは東急線とも相互乗り入れをしていたので、東急車両もときどき見られたのですが、それはなくなってしまって少々さびしい気もします。東京メトロと東武は、このたび、2016年度から新型車両を投入する計画を発表しました。現在の18m8両編成から、20m7両編成に2019年度までに統一し、あわせてホームドアも整備するそうです。進化する日比谷線にますます関心が高まります。


日比谷線は、当時道路を地上から掘削して鉄路を建設する工法が採用されたのであまり深いところを走っていません。そのせいもあって道路の下を基本的に走るためにあちらこちらで急カーブがあります。地上の通気口からそのカーブを通過する際の軋む音が漏れ聞こえることもあります。何だか親しみのある電車なんです。中央区内の仕事、買い物、散策の際に、是非日比谷線を愛用してください。いろんな町を訪れることができますよ。

 

 

WINTER ILLUMINATION 2014 -Twinkle Star Avenue-

[サム] 2014年11月18日 14:00

      R0031135CLLS.JPG   R0031138CLLS.JPG

 

illumination-20140-thumbRS.jpg 開業2年目の東京スクエアガーデン。

11月7日より、「WINTER ILLUMINATION 2014 ~Twinkle Star Avenue~」がスタート。

今回のコンセプトは「星あかり」。

路面街路樹から低層部の重畳緑化空間「京橋の丘」に植栽された木々に取り付けられたイルミネーションは立体的に構成され、洗練されたホワイト&シャンパンの上質な煌めきで彩られている。

球数は約17万球。

今年は地下広場にガゼボ(gazebo; 西洋風あずまや)型のシンボル装飾が登場。

中にはクリスマスツリーが飾られ、ベンチも据え付けられ、フォトスポットとして、また休憩場所として利用出来る。

点灯期間: 11月7日~2015年2月28日

点灯時間: 16:00~24:00

 

 

 

Modern EDO KIRIKO

[サム] 2014年11月17日 17:00

R0031071RELS.JPGR0031079RRSG.JPG 11月14日(金)、日本橋地区三井関連商業施設(コレド日本橋/コレド室町1/コレド室町2/コレド室町3/日本橋三井タワー)のウインターイルミネーションが点灯。

初めてのクリスマスを迎えるコレド室町2・3、リニューアルオープンの三井タワー地下1階の飲食ゾーン「コレド室町タワーダイニング」と新顔も登場。

今年のウインターイルミネーションのモチーフは日本の伝統「江戸切子」。

様々な幾何学模様で人々を魅了してきた江戸切子。

「籠目文(コレド室町1)」、「矢来文(コレド室町2」、「麻の葉文(コレド室町3)」などの伝統的模様が行燈にあしらわれ、日本橋の夜を演出。

題して「Modern EDO KIRIKO」。

点灯期間: 11月14日~2015年2月1日

点灯時間: 16:00~24:00

江戸時代から商業・文化の中心地として栄え、伝統と新しさが共存する街、日本橋。

伝統の江戸切子を更なる新しい表現で、和の芸術がクリスマスシーズンの日本橋を華麗に彩ります。

  

    R0031075RS.JPG   R0031067RS.JPG   R0031069RS.JPG

       コレド室町1            コレド室町2           コレド室町3