中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


お江戸日本橋亭

[佐平次] 2015年1月31日 09:00

 かつて、日本橋人形町三丁目には江戸末期から昭和の時代まで『人形町末広(廣)』という寄席がありました。 客席がすべて畳敷きの落語定席として人気が高かったのです。
 観客は入口に履物を預けて入場し座布団に座るのですが、夕方の前座の頃は入場者も少なく座布団を枕にして寝ころびながら高座を見ている観客や、出前の鮨を食べながら落語を聴いているような観客も居たように記憶している。
しかし、志ん生や文楽、圓生など真打の登場の時間ともなると場内は満席になりテレビカメラも入りすごい熱気が溢れていました。 ところが土地の高騰、テレビなどの娯楽の多様化や住民の減少などで1970年(昭和45年)1月もって閉場してしまったのです。
 その後、中央区などの地価の高い場所では寄席の経営は困難で新たに出来ることもないだろうと思っていましたが、平成6年演芸・邦楽等、伝統芸能の公演、稽古を主眼とした初の本格的演芸場として「お江戸日本橋亭」がオープンしたのです。
 経営は不動産の賃貸・仲介・管理などの業務の永谷商事で、日本の伝統芸能である、落語・講談・新内・義太夫などの公演の場である演芸場として永谷ホールを運営しています。

 お江戸日本橋亭.JPG

P1270221.JPG

落語たっぷり会.JPG

 お江戸日本橋亭は東京メトロ「三越前駅」から数分、「日本橋駅」からでも6、7分という便利な場所にあります。

 

map[1].jpg 

 公益社団法人落語芸術協会の「定席」(毎月21日~27日までの平日夜開催)をはじめ、講談・浪曲、新内・小唄・長唄・義太夫などの伝統芸能を体感できます。

場内は舞台の前が畳敷きで後が椅子席で満席でも100人ほどの小さな小屋ですが、若手落語家の熱演で久しぶりのライブを楽しむことができました。

 木戸銭は公演によりますが大体2000円くらい、でも年会費5000円を払って「お江戸演芸倶楽部」の会員になれば「お江戸日本橋亭」の他、お江戸上野広小路亭・新宿永谷ホール・お江戸両国亭等で開催される演芸会公演の招待が20回以上、他の公演もほとんど半額になる優待割引の特典が得られる利用券がもらえるので絶対お得です。
 その他、講釈師の案内による街歩きと寄席鑑賞がセットになった「講釈師と歩く歴史と文化の散歩ラリー」や落語・講談・浪曲・マジックから義太夫・端唄・お座敷舞踊まで余興で披露したい方からプロを目指して本格的に学んでみたい方までの「お江戸演芸邦楽スクール」や大相撲ファンのための「お江戸相撲同好会」もあります。

 入会の申込みは入口のすぐ左手の永谷商事のオフィスで受け付けています。 入会後、即利用権での入場も可能です。

  

永谷ビル.JPG

 お江戸日本橋亭 http://ntgp.co.jp/engei/nihonbasi/index.html

 

 

 

「記紀と聖地」講座〔三重テラス〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年1月29日 09:00

「記紀」とは、古事記と日本書紀のことですが、日本橋室町二丁目にある三重テラスで、三重・奈良連携講座「記紀と聖地-伊勢・大和の知られざる魅力-」が開催されました。場所は、三重テラス2階の多目的ホールでした

miet2.JPG

まず、基調講演として、「記紀と聖地-伊勢・大和の知られざる魅力-」(約40分)が、宗教人類学者である植島啓司氏によって行われ、そのあと、植島氏と萩美香氏による対談、「伊勢と大和の聖地を旅する」(約1時間)が行われました。萩美香氏は女優で、みえの国観光大使を務めています

植島氏のお話は、非常に気付かされることが多く、ためになりました

miet4.JPG

今回の講座は、もともと、神話が根付く三重、奈良、島根の3県の連携講座の第2弾として行われたものです。是非、第3弾、第4弾と私たちに関心のあるテーマで続けてもらいたいものです

miet1.jpg

ちなみに、このように、3県のアンテナショップ(三重テラス、にほんばし島根館、奈良まほろば館)は、すべて中央通りに面して(日本橋三越や日本橋三井タワーの向かい側です)、日本橋室町一、二丁目に集まっています

miet3.JPG

上の写真は、三重テラスの1階物販コーナーで、ネーミングに惹かれて買った「伊賀忍者ビーフカレー」と「忍ジャエール」です

伊賀牛100%使用と伊賀流生姜炭酸飲料、どちらもおいしかったです

三重テラスのHPはこちら ⇒ http://www.mieterrace.jp/

 

 

深イイ奈良講座〔奈良まほろば館〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年1月27日 09:00

日本橋室町一丁目にある奈良まほろば館で、奈良の魅力を紹介する講座が開かれましたので、日曜日に行ってきました

kojik1.JPG演題は、「文学で知る!奈良の魅力~古事記から、鹿男あをによしまで~」で、講師は、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」で専務理事を務められる鉃田憲男氏です。会場は奈良まほろば館の2階で、満席の盛況でした

今回は、鉃田氏が、奈良にゆかりのある物語や小説10冊を取り上げて、奈良の魅力を紹介してくれました。取り上げられた作品は、『古事記』、『日本霊異記』、『天平の甍』、『天河伝説殺人事件』、『鹿男あをによし』などなど

鉃田氏のお話は大変おもしろく、読んだことのない本については、是非読んでみようと思い、昔読んだことのある本でも、もう一度読み返してみようかと思わせるものでした

奈良まほろば館では、このような講座・イベントを常時開催しており、はがき、FAX、インターネット等で参加の申し込みができます

kojik3.JPG当日、1階奥のスペースでは、「大神神社(おおみわじんじゃ)~太古から続く神と人の変わらぬ姿~」と題して、三輪山を御神体とし本殿を持たない大神神社を紹介するパネル、映像、模型が展示されていました。ちなみに、このイベントは、1月27日までです

奈良まほろば館のHPはこちら ⇒ http://www.mahoroba-kan.jp/index.html

 

 

「フェルメール光の王国展2015」@日本橋室町

[之乎者也] 2015年1月20日 12:00

土曜日の午後、日本橋室町で開かれている「フェルメール光の王国展2015」に行ってきました。この展覧会では日本でも人気の高い17世紀のオランダの画家ヨハネス・フェルメール(J. Vermeer16321675)の作品を鑑賞できますが、以前オランダ旅行の際にマウリッツハイス美術館(デン・ハーグ)やアムステルダム国立美術館で見たフェルメールの作品をもう一度じっくり見たいと思い、出かけて来ました。

                       

【マウリッツハイス美術館】     

ハーグB.jpgこの展覧会は青山学院大学教授(分子生物学)で自らも世界中のフェルメールのオリジナルを見てきた福岡伸一氏が2012年に企画し、20121月~7月に銀座6丁目の「フェルメール・センター銀座」で、その後全国(名古屋、松山、広島、長野ほか)を回っていた展覧会が3年ぶりに中央区に戻ってきたものです(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2012/04/post-1177.htmlhttp://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2012/07/post-1307.html)。

 

【絵画芸術】 

絵画芸術B.jpgこの展覧会はフェルメールのオリジナル絵画の来日引越展覧会ではなく「リ・クリエイト作品」を鑑賞するものです。展覧会の解説によれば「リ・クリエイト」とは、フェルメールの故郷であるオランダ・デルフト市の「フェルメール・センター」提供のオリジナルの画像データをデジタル的に解析して、デジタル印刷技術を使って再生したものです。写真による複製と異なり、特殊なキャンバスに最先端のデジタル印刷を施したものなので、ことによってはハーグやアムステルダムの美術館にあるオリジナルよりも、当時フェルメールが描いた当時の色彩や質感を忠実に再現できるとのことです。「リ・クリエイト」と馬鹿にするなかれ、日本橋室町の展覧会では、フェルメールの37の作品全てを一度に見ることができるのです。

 

【ヴァージナルの前に座る女】

バージナルLDN.JPGフェルメールファンの私も、過去にデン・ハーグ、アムステルダム、ロンドン、ワシントン、ニューヨークの美術館にある一部の作品には直接対面したのですが、実際に福岡氏や『フェルメール全点踏破の旅(集英社新書)』の著者である朽木ゆり子氏のように全点を見ようと思っても、オランダ(デン・ハーグ、アムステルダム)、欧州(ロンドン、エジンバラ、ベルリン、ドレスデン、パリ、ウィーン等)、米国(ニューヨーク、ワシントン)と全世界に分散しており、よっぽど時間が無ければ見ることが出来ません。

 

【真珠の耳飾りの少女】

真珠の耳飾りの少女B.jpg

更にはフェルメールの作品には個人が所有しており一般公開されていないもの、そしてボストンの美術館から盗難されて未だ行方知らずの作品もあるのですがこの展覧会では全て見ることができます。

また、現在では別々の美術館に展示されているため、なかなか比較して見ることができない同時期や同テーマの絵画を比較して見ることで見えてくる絵画のモデルの共通性や、人物の脇役として用いられている世界地図や楽器などの小道具について新たな発見など贅沢な鑑賞の機会を楽しんできました。なお、展覧会の後には、近隣のCOREDO(室町13、日本橋)、日本橋三井タワーの飲食店で展覧会の入場券を提示することで割引などのサービスが受けられます。私も展覧会のあとお腹が空いたのでCOREDO室町2のお店で夕食を取りましたが、その話は別途皆さんにご報告できればと思います。

 

「フェルメール光の王国展2015日本橋室町B.jpg

場所:〒103-0022 中央区日本橋室町3-2-15 日本橋室町センタービル1F(地下鉄三越前駅A8出口)

会期:1/53/10(休館:月曜日)

開館時間;1000-1900

入館料:大人1,000円、小中学生500円。

音声ガイド500円。

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#06: ハワイアンリトミック教室(日本橋浜町)

[お染] 2015年1月19日 14:00

今回は、中央区の総合スポーツセンターで開催されている 『親子ハワイアンリトミック』 を紹介します。

 

総合スポーツセンターでは、大人向けや子供向け、小さな子連れで参加できるママ向けのものなど、様々なスポーツ教室が開催されています。

年に3回程度募集があり、希望者は往復ハガキで申込みます。(区内在住でなくとも誰でも申込みできます

s11_01.jpg s11_02.jpg

スポーツセンターは浜町公園内にあります。駅近!

 

そんなスポーツ教室のひとつである 、親子ハワイアンリトミック

人気があって抽選のことが多いようですが、運良く通えることになりました。

s11_03.jpg s11_04.jpg

浜町のスポーツセンターの武道場でやってます。中に授乳スペースあり。

 

こちらでは、子供にハワイアンの衣装を貸してくださり、ウクレレに合わせて歌ったり踊ったり、ハワイ感たっぷりにリズム遊びができます。

 s11_05.jpg s11_06.jpg

 

他にも、たくさんの葉っぱ(おもちゃ)をヒラヒラと撒いてくださったり、大きいカラフルなシートをみんなで持ってフワフワさせたり、家ではできないダイナミックな遊びができるのも魅力です。

普段は場所見知り&人見知りをしがちな我が子ですが、この時はキィーヤーッと叫びながら楽しそうに遊んでいました。

 s11_07.jpg s11_08.jpg

 

また、ママもフラダンスをします。

しなやかな動きとは裏腹に、思いのほか足腰がビシビシ鍛えられてエクササイズ効果も大です◎

 

私は人見知りがちなので馴染めるか心配だったのですが、先生方が明るく親切に目を配ってくださっているので、安心して楽しくすごせました。

s11_09.jpg

最後にステキな手作りの記念品いただきました

 

都内広しといえども、このような体験ができるところはなかなかないと思います。やっぱり中央区はいいですね~

次回募集は春頃かと思いますが、ぜひチェックしてみてください

 

それでは、最後はリトミックのお別れのフレーズで。

  フラ フラダンスを 一緒に踊ろう♪

  パ パパン♪ パ パンパンパン♪ スマイル^ ^

 

◆中央区総合スポーツセンター

   http://www.chuo-sports.jp

◆スポーツ教室一覧

   http://www.chuo-sports.jp/fleely.html

   s11_10.jpg

 

 

 
  

 

 

志ん朝さんの「百川」

[小江戸板橋] 2015年1月18日 15:00

冬晴れの穏やかな日差しに誘われて、ふらりと日本橋界隈を歩いてみました。

室町二丁目。「福徳神社」。今、何かと話題のスポットですよね。

白い髪と髭の、神様っぽい人が杖をついて出現する。

名前が福々しいですし、「芽吹神社」という別名も、新春らしいふくらみを感じさせます。

平安時代から、千数百年の由緒を持ちながら、昨年10月新しく社殿が建て替えられました。

清々しさが一層きわだちます。

社殿正面から左の小さな広場。

その北西隅に、浮世小路の碑があります。

「うきよしょうじ」。色気のある名前ですが、食べ物屋さんが集中していた通りだったといいます。

料亭「百川(ももかわ)」の跡という記載もありました。

江戸期を代表する料亭で、明治初年まで存在しました。

落語にある「百川」の舞台でしょうか?

「百川」は、六代目三遊亭圓生の十八番といわれた演目です。

私はCDの選集で、古今亭志ん朝を先に聞きました。

志ん朝さんが語る、田舎から出てきた百兵衛さん。

うまいもんですね。

泥臭さはないけれど、誠実なおやじさん。

江戸の五本指に数えられた料亭で勤まるかな。

やっぱり、そうはいかないのが落語の常です。

なまり言葉と江戸っ子の早飲み込みで・・・。

志ん朝師匠といえば、粋な江戸っ子、育ちの良い若旦那、気風のいい職人さん、色っぽい年増の姉さんなど、演じたら目の前に江戸の景色が浮かび上がる、落語家さん。

タッ、タッ、タッ、ターと流れるような啖呵など聞くと、胸がスッとします。

「百川」は、料亭のピーアール戦略から生まれた噺ともいいますが、そうだとしたら、名プロデューサーがいたのですね。

お話の季節は、神田祭のころですから、夏に区分されるのですが、

まあ、古典落語の陽気さに乗って、一席聞き返してみたくなりました。