中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「追悼山崎豊子展」〔日本橋高島屋〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年9月30日 08:00

日本橋高島屋の8階ホールで、9月25日(金)から10月5日(月)まで、「追悼山崎豊子展~不屈の取材、情熱の作家人生~」が開催されています

yamaz11.JPG 

山崎豊子さんと言えば、「白い巨塔」、「華麗なる一族」、「不毛地帯」、「二つの祖国」、「大地の子」、「沈まぬ太陽」・・・と、膨大な取材を背景に、読み始めたら止まらない数々の話題作、問題作が記憶によみがえってきます

まさに今回のサブタイトルにあるように、生涯不屈の取材を貫いて、情熱の作家人生を送られた方です

個人的には、生家である大阪船場の昆布屋をモデルした「暖簾」、大阪物の「花のれん」、「ぼんち」、「女の勲章」なんかも大好きです

yamaz12.JPG 

展示されているものは、山崎さんが執筆に先立って行った取材の内容、精緻に作り上げられた小説の進行表、生原稿、映画化・テレビドラマ化された映像や愛用された身の回りの品々です

戦時下の青春を綴った貴重な日記」も初めて公開されています

書き込まれた取材ノート、積み上げられたカセットテープ、中国、シベリアやヨーロッパを取材旅行された時の写真を見て、改めてこの作家の偉大さを実感しました

yamaz13.JPG 

入場時間は、午前10時から午後7時30分まで。最終日は午後5時30分までとなります

山崎豊子展」のHPはこちら ⇒

http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/yamasaki.html

 

 

 

東京駅~日本橋 昭和レトロめぐり

[みど] 2015年9月29日 15:37

今年は、昭和の元号で言えば「昭和90年」。そこで昭和にちなんだ
イベントを紹介させていただきます。
10月10日(土)~11月3日(火・祝)の25日間、「東京駅~日本橋 
昭和レトロめぐり」という散策イベントが開催されます。
昭和時代に走っていた都電を彷彿とさせるラッピングバスを見ながら
このイベント限定の記念レプリカ硬券を持って、昭和と現在を散策して
みませんか。このエリアには歴史やグルメや文化など、たくさんの
見どころも満載です。

 

【イベント概要】
1.散策マップ・記念レプリカ硬券配布
  平成27年10月10日(土)~11月3日(火・祝)
2.元駅員による入鋏実演イベント
 平成27年10月10日(土)~10月12日(月・祝)、31日(土)、
 11月1日(日)、3日(火・祝)
 懐かしい「カンカンカッカン」という音をお楽しみください。
3.昭和レトロなスポットが東京駅に登場
  平成27年10月9日(金)~11月3日(火・祝)
 ※グランルーフ2階デッキ上に特設会場ができます。
 昭和の改札と懐かしい駄菓子屋も登場します。
4.【関連イベント】都電ラッピングトロリーバス運行(予定)
  平成27年10月10日(土)~11月3日(火・祝)の土日祝
 ※中央通りなど、実際に都電が走っていた道も運行します。
 往年の懐かしい風景がよみがえります。

 

 a01.jpg  

 

 a03.jpg

 

 

 

蔵王権現像特別展示〔奈良まほろば館〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年9月29日 12:53

日本橋室町1丁目の奈良まほろば館で、役行者(えんのぎょうじゃ)が創建したと伝えられる金峯山寺蔵王権現像が展示されています

期間は、9月25日(金)から9月30日(水)までです

zaogon11.JPG 

これは、三井記念美術館で、特別展「蔵王権現と修験の秘宝」が開催されているのを記念したものです

蔵王権現というのは、日本独自の修験道の本尊で、権現とは「(かり)の姿でれた神仏」の意味です

zaogon12.JPG 

1階の展示スペースには、吉野山金峯山寺と鳥取県にある三佛寺の風景の写真なども展示されています

本展開催期間中、金峯山寺のお坊様による法話会を開催されます(要予約)

 zaogon14.JPG

また、奈良県吉野郡吉野町にある金峯山寺では、10月31日(土)から12月6日(日)まで、「国宝仁王門大修理勧進 蔵王堂秘仏ご本尊特別ご開帳」が行われます。

zaogon15.JPG 

奈良まほろば館のHPはこちら ⇒

http://www.mahoroba-kan.jp/

 

 

 

八重洲とヤン・ヨーステン

[ジミニー☆クリケット] 2015年9月26日 09:00

八重洲地下街の外堀地下1番通りに「ヤン・ヨーステン記念像」があります

yaes11.JPG

八重洲」が「ヤン・ヨーステン」に由来することはご存知の方も多いかと思います。

オランダ船リーフデ号に乗っていた航海士のヤン・ヨーステンが、日本に漂着したのが1600年(慶長5年)徳川家康の国際情勢顧問や通訳となり、与えられた屋敷の周辺が、彼の日本名「耶楊子(やようす)」から「八代洲(やよす)」と呼ばれ、やがて「八重洲」になりました

yaes12.JPG 

ちなみに、「ヤン・ヨーステン」は名で、姓は「ファン・ローデンスタイン」だそうです。

また、リーフデ号の航海長がイングランド人ウィリアム・アダムス(三浦按針)です。

記念像の隣にはリーフデ号がたどった航路やオランダ船の絵、江戸時代の東京駅付近の地図がパネル展示されています

yaes13.JPG

また、地下街から地上に出て、日本橋三丁目交差点の中央分離帯には、「ヤン・ヨーステン記念碑」があります(下の写真の右下方)。

yaes14.JPG

二つの羅針盤の輪が天球儀の形に組み合わされた形

左がヤン・ヨーステン、右がリーフデ号です。

中央上部には当時のオランダの国策会社東インド会社のマークが描かれています。

yaes15.JPG

この記念碑は、1989年日蘭修好380周年記念として建てられました

 

 

 

移住・交流情報ガーデン(移住支援窓口)

[ジミニー☆クリケット] 2015年9月25日 14:00

ijukou11.JPG

八重洲を散策中、八重洲通りと中央通りの交差点の一角のビルに、「移住・交流情報ガーデン」なる看板を発見

ijukou12.JPG 

入ってみると、道府県別の説明資料がずらりと並んでいますが、観光情報ではなさそう

ijukou13.JPG

係の方にお聞きすると、地方への移住・交流について支援をしている場所で、今年の3月にできたそうです

ijukou14.JPG 

フロアーには、地方への移住・交流についての相談、問い合わせに対応してくれる「相談コーナー」や、各自治体が作成した移住・交流に関するパンフレットを見ることができる「地域資料閲覧コーナー、イベント・セミナースペース」、情報サイト「全国移住ナビ」を利用して、パソコンで地方への移住・交流に関する情報を検索できる「情報検索コーナー」があります

ijukou15.JPG 

イベント・セミナースペース」では、各自治体による移住相談会セミナーが開催されており、私が伺った日も、愛媛県内子町による相談会が行われていました

ijukou17.jpg 

移住・交流情報ガーデンの所在地は、中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル1階です。

開館時間は、平日が11:00~19:00、土日祝日が10:00~18:00。

休館日は月曜日です。

ijukou16.JPG 

移住・交流情報ガーデンのHPはこちら ⇒

https://www.iju-navi.soumu.go.jp/ijunavi/garden/

 

 

 

似顔絵グランプリ〔ギャラリー八重洲〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年9月23日 14:00

八重洲地下街にある「ギャラリー八重洲・東京」で、「清つねおの似顔絵グランプリ2015」が開催されています

nigao11.JPG 

この似顔絵展公募制で、今回で12回目の開催となります

nigao12.JPG 

出展作品は、自由課題があり、今年の課題はテニスの錦織圭選手でした。

nigao14.JPG 

全国の似顔絵愛好家の力作がたくさん集まっていました

nigao15.JPG 

会場では、似顔絵を描いてもらえるコーナーもあり、何人もの来場者が似顔絵を描いてもらっていました

また、会場の一角には、清先生ご自身の作品、石に似顔絵を描いた「有名人の石ころ」も

yaes16.JPG

開催期間は、9月21日(月)から27日(までです。

nigao13.JPG 

なお、会場での写真撮影は、特別に許可をいただきました。ありがとうございました。

ギャラリー八重洲・東京」のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php