中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「環境活動フェス2015」〔環境団体紹介展〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年10月29日 14:00

square11.JPG

東京スクエアガーデン(京橋3-1-1)の6階にある中央区立環境情報センターで、中央区の環境団体が紹介されています

square12.JPG 

期間は、10月25日(から11月3日(火・までで、時間は、9:00から21:00)までです。最終日は、15:00までとなります

午後9時まで開館しているので、会社帰りに立ち寄ることも可能ですよ

square13.JPG

環境情報センターの入り口や展示場のいたるところに、中央区の森の間伐材が使われています

square17.JPG 

ここでは、中央区を中心に都市環境自然環境生活環境などさまざまな分野で活躍している団体の日々の活動などが紹介されています

square14.JPG 

中央区まるごとミュージアム2015の当日である11月1日(には、里山の保全に取り組んでいる団体による竹紙トンボ作りや、銀座のビルの屋上で養蜂を行っている団体によるミツバチのお話しなど、無料で参加できるワークショップも実施されるとのこと

square15.JPG 

こちら、今週土曜日に開催される「子どもとためす環境まつり」も今年で12回目だそうです

中央区立環境情報センターのHPはこちら ⇒

https://eic-chuo.jp/event/2978

square16.JPG 

なお、展示会場での写真撮影については、了解をいただきましたm(__)m

 

 

マニアさんではありませんが。

[小江戸板橋] 2015年10月28日 14:00

「あれ。なんだ。」

「変なのが走っている。・・・バス?」

子供たちが指差す先に停車していたのは、黄色地に赤のラインが引かれた

電車っぽいカラーリングのラッピングバスでした。

僕たちはトロリー線が張り巡らされた街中を走る都電に乗ったことはないよね。

道路の中央付近に、敷石で固められた区域に線路が延びていて、架線から

長いトロリーポールを使い電気を取り入れて走行するんだ。

えっ!都電に乗ったことあるの。

ああ、荒川線だね。

東京で一路線だけ活躍している路面電車。

北区王子付近で、線路が道路の中を通ります。

ググッとカーブした飛鳥坂を、轟々とエンジン音を立てて登る姿は、

力強いものがあります。

 

都電風ラッピングバスは、10月24日の特派員ブログで、サムさんが紹介して

くださった「東京駅~日本橋 昭和レトロめぐり」のイベントのひとつです。

これからの運行予定は、10月31日(土)、11月1日(日)、11月3日(祝日)の3日間。

運行時間は11時から19時まで。乗車料金は無料です。

東京駅コース・人形町コースがあり、コレド室町前と人形町甘酒横丁入口が

乗客の入れ替え箇所になります。

 

ラッピングバスは、都電6000形がモデルといいます。

ん! 私、都電マニアさんではありませんが、前面ちょうど鼻の位置に、1か所

大きな前照灯のレプリカを付けてもらえたならば、リアル感が倍増したかも。

確か、6000形は「一球さん」の愛称。

前照灯の電球の球が一個であることからきていました。

11月3日まで行われるイベントの散策マップや記念レプリカ硬券を入れる台紙も、

絵がレトロ感覚いっぱいで、とてもかわいらしいものです。

昔の鉄道乗車券を模したレプリカ硬券は、6か所で手に入れることができ1枚ずつ、

計6種類あります。

硬券の日付が、建物などと関わりの深い日になっています。

日本橋高島屋であれば、開店した昭和8年3月20日にちなみ「8.-3.20.」。

日本橋三越本店であれば、1階に舞い降りた天女像(まごころ像)の除幕式が

行われた昭和35年4月19日にちなみ「35.-4.19.」。

これはなかなか凝った仕掛けです。 お見事。

硬券の大きさは、縦2.5cm、横5.75cmのB型券です。

できれば、縦3cmのA型エドモンソン券だったら、もっと手になじむのでしょう。

あっ、私、切符マニアさんではないので、あまりこだわりはありませんから。

レプリカ硬券を各案内所のお姉さんから受け取っていたのは、子供たちばかり

ではなく、幅広い年齢層の方々。

台紙に6枚はめ込めば、東京観光の楽しい記念になるでしょう。

 

 

中央区 まるごとミュージアム2015

[之乎者也] 2015年10月28日 09:00

2015年も残すところあと2か月、11月といえば文化の日(祝日)を始めとして学校の文化祭等のイベントが目白押しの季節ですが、中央区でも今週末の日曜日(11月1日)、年に1度の中央区まるごとミュージアムが開かれます。既に区内の掲示板にポスターの案内が出ています。marugotoM1.jpg

まるごとミュージアムは今年で8回目の開催ですが、区内各地で開かれる公認イベントを中心に、その名の通り中央区の持つさまざまな魅力を楽しめる博物館のような1日です。江戸開府以来400年の歴史・伝統を伝えるイベントはもちろんのこと、現代・未来型のイベント、アート(展示、パフォーマンス)、環境活動、バリアフリーなど東京、そして日本をリードする中央区ならではのテーマの催しが目白押しです(イベントの詳細は、文末「まるごとミュージアムホームページ」の情報をご参照下さい)。marugotoM3.jpg

(昨年の「中央区民文化祭」ロビーコンサートの様子。築地社会教育会館会場)

 

区内全域の広い地域が会場となりますが、当日は通常の公共交通機関に加え、無料の巡回バス(左廻り、右廻り)、船ルート(4ルート、周遊ルートも含む)、江戸バス(当日は無料!)があるので移動も心配ありません。スタンプラリーに参加してイベント会場でスタンプを3つ以上集めてアンケート記入をすれば、景品が当たる抽選会にも参加できます。

 

marugotoM2.jpg

(昨年の巡回バス乗り場(築地)の様子。オレンジ色のウェアを着たスタッフがご案内します)

 

最後に一つお知らせです。巡回バスは都バスなどの公共交通機関があまり通らないルートを廻りますので、車窓から新しい中央区を発見するチャンスです。さらにはバスには中央区観光協会特派員が同乗してご案内しますので、とっておきの観光情報を聞くことができるかも。。。

お楽しみに!

 

【中央区まるごとミュージアム】

日時:11月1日(日)午前9:00~午後5:00

場所:区内全域。詳しくはHPをご覧下さい。

まるごとミュージアムホームページ: http://marugoto-chuo.jimdo.com/

 

 

オープン間近!「Concept LABI TOKYO(コンセプト ラビ トウキョウ)」

[ジミニー☆クリケット] 2015年10月27日 09:00

10月30日(金)、東京駅・八重洲口にヤマダ電機の「Concept LABI TOKYOコンセプト ラビ トウキョウ」(八重洲1-5-22)がオープンします

yamad11.JPG 

ヤマダ電機は、郊外型店舗「テックランド」を中心に、都市型店舗LABI」を展開し、池袋、新宿、渋谷、新橋と、山手線上に次々と店舗をオープンしてきましたが、ついに日本の表玄関 東京駅・八重洲口に出現って感じです。

yamad12.JPG 

コンセプト ラビ トウキョウは、一流メーカー各社の最新製品やサービスを、ライフスタイルとともに提案する新しいコンセプトのお店だそうです。

yamad13.JPG 

地下1階から10階までの各フロア(店舗面積約2,000坪)のコンセプトを、それぞれ「Stage(ステージ)」で表現し、最先端の商品や多彩なサービスソリューション、TAX FREE に加え、企業・法人・官公庁専用窓口を設置し、各Stage でのイベントを通じて、絶えず最新の情報発信を行っていくそうです。

yamad14.JPG 

周辺では、他のビルも建て替えが進行中で、八重洲もどんどん変わってるんですね

なお、写真は10月22日に撮影したものです。

ヤマダ電機のHPはこちら ⇒

http://www.yamada-denki.jp/

 

 

 

第43回 大江戸活粋パレード 日本橋・京橋まつり 2015

[銀造] 2015年10月26日 09:00

 「第43回 大江戸活粋パレード 日本橋・京橋まつり」は、平成27年10月25日に盛大に行われ、正に出演者の皆さん、そしてパレードを支える裏方の皆さんの熱意と元気が伝わってきたお祭でした。

東京スクエアガーデン前に大江戸活粋広場が設けられ、そこから明治屋、京橋トラストタワーの前を通って、日本橋へと元気よく、また優雅にパレードが進みました。

 

パレードは、東京消防庁のブラスバンド、日本橋消防署の少年団員、中央警察署生活安全課と区民の皆様による「振り込み詐欺撲滅キャンペーン」の啓蒙行進、

DSC08131 (250x141).jpgDSC08137 (250x141).jpg

 

警視庁鼓隊、中央交通少年団、久松交通少年団、江戸消防の皆さんの木遣りを歌いながらの行進、

DSC08140 (250x141).jpgDSC08147 (250x141).jpg

 

阿波踊りの連、中央区民踊連盟の皆さん、

DSC08153 (250x141).jpgDSC08171 (250x141).jpg

 

そして私が毎年楽しみにしている、「櫻川流江戸芸かっぽれ」の皆さん、琉球國祭り太鼓の皆さん、

DSC08178 (250x141).jpgDSC08196 (250x141).jpg

さんさ踊り、渋谷・鹿児島おはら祭りの皆さん。思わず歌ってしまいました。"花は霧島、煙草は国分 燃えて上がるは、おはらはぁ 桜島""

 

日本南京玉すだれ協会の皆様の絶妙な演技! 東京メトロの若人たちの活粋あるダンス!

DSC08216 (250x141).jpg

 

"ミス加賀友禅"が手を振ってくれました。 この前の、アンテナショップスタンプラリーでも、お写真を頂きました。

ちなみに、今日知ったのですが、いしかわ百万石物語のマスコット・キャラクターは、「ひゃくまんさん」と言うのだそうです。マスコットのおひげは輪島塗りですって。

DSC08238 (300x169).jpg

 

高島屋前では、威勢の良い能登魂の神輿。元気をもらいました。演歌の、"能登はいらんかいね" という唄が浮かんできました。

DSC08242 (250x141).jpg

 

日本橋では、"TOKYO KIMONO WEEK 2015" 着物大集合写真の撮影会。中央区観光大使・ミス中央も美しく優雅に参列していました。

DSC08252 (350x197).jpgDSC08254 (350x197).jpg

 

華麗で、優美なあっという間の3時間でした。明日からの活力を頂きました。 皆さん、有難うございました。

 

 

東京駅~日本橋 "昭和レトロめぐり"

[サム] 2015年10月24日 12:00

R0035641ELSR.jpg    R0035634CAAJ.jpg

 

 10月10日(土)~11月3日(火・祝)、東京駅~日本橋エリアでは、「東京駅~日本橋 "昭和レトロめぐり"」が開催中。

東京ステーションシティ運営協議会、大丸東京店、日本橋高島屋、日本橋三越本店、三井不動産、八重洲地下街の6者共同のイベント。

昨年は、東京駅開業100周年を記念した「あるこう!東京駅~日本橋 "百年散歩"」が開催されましたが、2015年は仮に昭和の元号に直すと "90年" の節目に当たり、界隈は歴史が息づき "昭和" にまつわるスポットも数多く点在することから、"昭和" をテーマに、過去と現在が交錯する東京駅~日本橋エリアを散策し、街の魅力を再発見して貰おうとの趣旨で企画されたもの。

昭和に建てられた建築など、各々エピソードが添えられた同エリアの「散策マップ」*を見ながら各ポイントを巡ると、かつて鉄道の切符として広く使われていた厚紙の乗車券の「記念レプリカ硬券」*が貰えます。

 *「散策マップ」「記念レプリカ硬券」配布場所

      東京駅八重洲口グランルーフ2階特設会場、大丸東京店1階案内所、

      日本橋高島屋1階正面案内所、日本橋三越本店1階ライオン口案内所、

      コレド室町1地下1階日本橋案内所、八重洲地下街案内所 

元駅員による入鋏実演イベントも期日限定で開催。

東京駅八重洲口グランルーフ2階デッキ上には昭和レトロな特設会場が出現。

昔懐かしい駄菓子屋、畳敷きに卓袱台が設えられ、6種の硬券が収納できるオリジナル台紙はこちらで手に入ります。フォトスポットも設置され、懐かしい改札と一緒に写真が撮れます。

期間中、期日限定(10月10日・12日・17日・18日・24日・31日、11月1日・3日、11:00~19:00)にて、都電全盛期の昭和30年代の "黄色に赤帯" の形式6000形、車号6012をモチーフにしたデザインの "都電ラッピングバス" がエリア内を巡回。

実際に都電が走っていた中央通りに懐かしい風景が甦ります。

「散策マップ」に掲載の昭和当時の写真と見比べ、街の景観の移り変わりに思いを馳せ、"昭和レトロ" に暫し浸ってみるのも一興です。

 

R0035659R'.jpg

R0035663RAJ'.jpg