中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「長崎館」でのお薦め

[ジミニー☆クリケット] 2016年5月31日 18:00

nagas01.JPG

今年3月にオープンした長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」です

nagas02.JPG

日本橋2丁目のアーバンネット日本橋二丁目ビルの1階にあります。

ショップの中は、「物販ゾーン」「軽飲食ゾーン」「観光案内ゾーン」「イベントゾーン」の4つのゾーンで構成されています。

nagas04.JPG

五島産ワイン)がお薦めです

説明には、「果実感のある心地の良いやわらかな口あたり」とありましたが、しっかりとしたです

nagas05.JPG

ワインに合います」と説明されて買った「あごんちょび」です

あごんちょび」とは、「あご」のアンチョビからの命名だそうです

上五島産の「あご」(トビウオ)を、上五島産の「椿油」と「海塩ごとう」で漬け込んだものです

これもすばらしい

現地の特産物ベストマッチさせた逸品です

nagas06.JPG

6月1日)から7日)までは、「五島フェア」が開催されます

nagas03.JPG

日本橋 長崎館のHPはこちら ⇒

http://www.nagasakikan.jp/

 

 

アジサイが見頃〔東京スクエアガーデン〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年5月30日 18:00

ajisa01.JPG

東京スクエアガーデンにあふれたビルで、中央通り側を中心に、「京橋の丘」と名付けられた重層的緑地空間があり、植栽が四季折々、私たちの目を楽しませてくれています

現在、鍛冶橋通り側ビル北側)のアジサイが見頃です

ajisa02.JPG

アジサイは梅雨の時期を代表する花ですね。

ajisa03.JPG

上の写真の手前にあるのは、旧「片倉館」 正面玄関メダリオン(楕円形の装飾物)です

ajisa04.JPG

なぜメダリオンがあるかというと、京スクエアガーデンができる前、ここには片倉製糸紡績株式会社現片倉工業)の本社ビル「片倉館」があったからです

片倉館」は基壇部に花崗岩が用いられ、基壇上部や上層部に装飾を施した西洋建築だったそうで、東京スクエアガーデンを開発するにあたり、片倉館は解体され、正面玄関付近の壁面装飾であるメダリオンが、歴史ある意匠としてここに設置保存されることになったとのことです

ajisa06.JPG

東京スクエアガーデンのHPはこちら ⇒

http://tokyo-sg.com/

ajisa05.JPG

 

 

写真展「ネコライオン」〔日本橋三越本店〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年5月30日 12:00

ネコは小さなライオンだ。ライオンは大きなネコだ。

nekol01.JPG

まさに、この写真展にぴったりのキャッチフレーズで、動物写真家岩合光昭氏の写真展「ネコライオン」が開催されています

nekol02.JPG

場所は、日本橋三越本店本館・新館7階ギャラリーです

nekol03.JPG

期間は、5月25日)から6月6日)までです

nekol04.JPG

ネコは、私たち人間の生活に溶け込んで暮らし、ライオンは、百獣の王と呼ばれ、人間と無縁のように野生の世界に生きている

彼らは同じネコ科でありながら、大きさも、生活も異なっているが、どこか似ている

岩合氏は、「どこか似ている」一瞬をみごとに切り取って、私たちに見せてくれています

どこか似ている」一瞬を、ネコライオン、1枚ずつ2枚並べて見せてくれる展示方法がすばらしいです

nekol05.JPG

今回の写真展「ネコライオン」では、岩合氏が捉えた人間と共生するネコ、野生に生きるライオン約200点)の作品として展示されています

nekol06.JPG

日本橋三越本店、写真展「ネコライオン」のHPはこちら ⇒

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/iwago/index.html

 

 

直火釜で炊き上げた佃煮とオーガニック食品「遠忠商店」

[JRTフェルト] 2016年5月28日 09:00

日本橋公会堂の隣にある佃煮とオーガニック食品の「遠忠商店」を紹介します。

こちらの名物は、なんと言っても、伝統の直火釜で炊き上げた佃煮やお惣菜!

大正二年の創業以来、職人さんの確かな腕で炊かれた佃煮は、江戸前の一級品!

佃煮①.jpg

今年4月に放送された「出没!アド街ック天国」水天宮特集では11位にランクイン、

http://www.tv-tokyo.co.jp/travel/adomachi/20160409.html

こちらの「しょうがおかかふりかけ」(60g 430円)が取り上げられたそうです。

佃煮.jpg

他にも、揚げごぼう甘辛味、ピーナッツみそ、美味しそうな品々が並んでいます。

オーガニック食品にも力を入れておられ、有機野菜・果物、国産米、調味料など様々な商品が販売されています。

野菜.jpg

お米

お米.jpg

調味料

調味料.jpg

甘酒

甘酒.jpg

おそば&おだし

おそば.jpg

美味しくて安心できる、毎日使える食品系が盛りだくさん、とっても嬉しいお店です。

お 店 : 遠忠商店

WEB : http://enchu-food.com/

場 所 : 中央区日本橋蛎殻町1-30-10 宮島ビル1F 水天宮駅 6番出口より徒歩2分

電 話 : 03-3661-6021

営 業 : 11:00~19:00

定休日 : 日曜・祝日

 

 

5/27-28は、小網神社例大祭!10年ぶりの宮神輿渡御

[柴犬] 2016年5月27日 17:00


日本橋と人形町の間にある「小網(こあみ)神社」が、今日明日と例大祭を迎えます。



2016052701.jpg


今日はあいにくの悪天候でしたが、朝9時からたくさんの参拝客が訪れ、特別授品の干支絵馬を頂いていました。



2016052702.jpg


二種類、お一人様一つまで。数に限りがあります。



DSC_6421.jpg


横なぐりの雨の中、神楽殿でも演奏が。



そしてそして!今年の例大祭、明日は10年ぶりに宮神輿が町内を駆け巡ります!!



DSC_6435.jpg


明日の出番を待つお神輿。

本来は5年に一度の渡御なのですが、5年前は東日本大震災が起こったため、行いませんでした。ですので、10年越しの御目見得となるのです。現在被災されている方々へご無事の祈りを捧げるためにも、良い渡御になりますように。



DSC_6430.jpg



小網神社は今年で御鎮座550年を迎えます。創建時は南北朝末期!江戸の祖・太田道灌からの信仰も厚く、現在では日本橋七福神(福禄寿・弁財天)に数えられ、財運向上や強運厄除などのパワースポットとして若い人たちからも人気を集めています。

小網神社が厄除けで広く知られるようになったのは、戦時中です。この神社の御守りを持って出征した方々が、なんと全員無事に帰還できたこと。そして、大空襲でも戦災を免れたこと。これらから、強運厄除の神様として崇められるようになりました。また、それ以前の関東大震災でも、宮司がご神体を持って新大橋に避難したところ、同じ場所にいた多くの人が助かったため、小網神社の御神徳だと言われたそうです。



DSC_6428.jpg


境内には、関東大震災で焼け残った手水鉢が今も現役で置かれています。



さて、小網神社は授与品がユニークで素敵なことでも有名ですが、



DSC_6440.jpg


こちら「まゆ玉みくじ」。 ↓



sdv.jpg



本当のまゆの中におみくじが入っています。蚕の生命力にあやかった縁起物で、境内にもたくさん結ばれていて涼やかです。持ち帰って御守りにしても良いそうです。



DSC_6424.jpg

DSC_6423.jpg


境内には、東京銭洗弁天の名でお馴染みの「銭洗いの井」もあります。ぜひ、お持ちの硬貨やお札をお清め下さい。そのままお財布に入れておくと財運を授かれるそうです!



DSC_6416.jpg



小さな境内の中にたくさんの文化や歴史が詰まった小網神社。強運厄除を願いたい方は、明日の例大祭へどうぞ!10年ぶりの宮神輿渡御もご覧になってください。もちろん、社殿の「昇り龍」「降り龍」もお忘れなく!「強運」を司る龍です。



201605270103.jpg

DSC_6425.jpg

DSC_6426.jpg

 

 

榮太楼總本鋪 ① ~話題満載、もっと知りたい~

[rosemary sea] 2016年5月27日 12:00

eitaro 003a.jpg

『ギフト、そして自分も楽しむ』をトピックとして取材します、rosemary seaです。

eitaro 004a.jpg

中央区観光協会会員でもあります榮太樓總本鋪さんとその日本橋本店さんに伺い、お話をお聞きしました。

話題満載です。

まずはホットニュース2つ。

 

160524 eitaro.jpg

① 『G7伊勢志摩サミット2016』(5月26日~27日)に榮太樓総本舗さんの和菓子が展示されています。

農林水産省からの要望を受けた全国和菓子協会からの依頼により、榮太楼總本鋪さんととらやさんの2作品が展示となりました。日本の和菓子の代表として輝かしいアピールをされました。上の写真が榮太樓さんの展示です。上部中央の鋏菊、黄色と橙色のあざやかな作品が目を惹きます。鋏菊は上生菓子づくりの中でも最も難易度の高い業のひとつとのこと。

 

160428 eitaro.jpg

② 榮太楼總本鋪さんのあんみつが『日本ギフト大賞2016東京賞』を受賞しました。ギフトに絞って取材する私も嬉しくて堪りません。こちらのあんみつは「日本橋本店喫茶室にある作りたてのような味わいをご家庭でも」という思いで作られたそうです。

 

お店の商品、一挙紹介。

eitaro 007a.jpgeitaro 008a.jpg

↑ 左、季節の商品。右、右上は伊勢志摩サミットでも紹介されている和菓子です。右中央に赤いリボンの『甘名納糖』、下段には左から楼(たかどの)、玉だれ、金鍔(きんつば)。

eitaro 009a.jpgeitaro 011b.jpg

↑ 左は甘名納糖。右は左からあんみつ、黒みつゼリー、冷やしぜんざい、水羊羹、葛櫻、・・・。どれもとても美味しそうです。

eitaro 012a.jpgeitaro 014b.jpg

↑ 左、ご存知榮太樓飴(東京名所缶)。右同じく成田屋歌舞伎、名橋日本橋缶。右下にはオリジナルの有平糖(あるへいとう)3缶があります。

eitaro 013a.jpg

果汁飴(詰合せ)。イチオシです。是非ご賞味ください。

 

まだまだ歴史ある榮太楼總本鋪さんは紹介し切れません。

次回はその歴史といろいろ面白いお話について紹介したいと思います。

榮太楼總本鋪さんのホームページはこちら ⇒ http://www.eitaro.com/

 

 
12345