中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


薬研堀不動尊の講談会

[saru] 2018年1月31日 09:00

DSC_2222x.jpg毎月28日のお不動様のご縁日に、東日本橋の薬研堀不動尊では無料の講談の会を行っています。この地は講談発祥の地ということで記念碑も建っており、その縁で永年この会が催されています。1月はちょうど28日が日曜日で初不動でもあったので行ってきました。

 

2階にある本堂が会場でしたが、あいにくの寒波襲来で少々寒い中での講談となりました。今回の講談師は神田すみれ師匠、演目は「南部坂雪の別れ」でした。zzx.jpg

DSC_2223x.jpg演目を見てもわからなかったのですが、これは忠臣蔵の話でした。

討ち入りの前に大石内蔵助が亡き内匠頭の奥方に暇乞いにいく話で、映画などでもよくあるシーンですが、講談で聞くと、また違った趣があって、大変良かったです。
そういえば、浅野内匠頭の屋敷は明石町だったんですよね。
吉良邸がこの両国橋を渡ってすぐの本所。
討ち入りの後、義士たちは、永代橋を渡って中央区内を歩いて高輪の泉岳寺に向かいました。
また、講談に入る前のつかみというか、解説というか、そんな話も面白いものでした。

さて、今回は1時間ほどの会でしたが2月16(金),17日(土)には有料ですが、より本格的な「第三回やげん堀講談会」も開催されるということです。

 

 

 

日本橋

[銀狸] 2018年1月30日 18:00

自分にとっての日本橋は、高速道路が通って視界の良くない光景である。

 

石川五右衛門が山門に上り、「絶景かな」と感嘆の声を発し、

広重が遠く富士山が見える図を描き

眺望の良さを感じとれたが、

現在の日本橋はかつての良さを全く感じ取ることが不可で、誠に残念に思っていた。

 

しかし、高速道路の撤去が実現されるかもしれない。

 

川面に映る古きビルの姿、

遮断のないビル群の姿が見え、

展望のある風景がみえる初夢を見た。

 

一日も早く活き活きした風景を見たいものである。

 

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#19:子供用の「すごい箸」(日本橋三越本店)

[お染] 2018年1月29日 16:00

2018年、冬大将軍が容赦ないですね

我が家のチビさん(4歳)はうどんが好きなのですが、最近はお箸で食べたいようでしばしばチャレンジ魂をみせています。

    
先日、日本橋三越の本館5階をうろついていましたら、ちょうど偶然なのですが、子供用のお箸が販売されていました。

     

s49_07.jpg s49_02.jpg

三越のライオンがオシャレしてます。こちらが本館5階のお箸売り場。

    

      

「すごい箸」って書いてある。。。

     

     

店頭にこんにゃくが置いてあって、「普通の箸」と「すごい箸」を実際に使い比べられるようになっています。

s49_03.jpg

   
最近うどんをつかむのに苦戦している我が家のチビさんが試したところ、なんと「すごい箸」でこんにゃくを楽勝でつかんだではありませんか!!!
(ちなみに「普通の箸」では全くつかめず、いつもの姿でしたので、子供が急に成長したとかではないです。)

      

        

s49_05.jpg s49_04.jpg


その場で無料で名入れをしてくださるので、プレゼントにもよさそうですね。
しかもお値段も手ごろです。

         

      
こちらのお店 「にーず」 は百貨店を回って販売されているそうで、日本橋三越には三か月に一回ほどいらっしゃているとのことです。
今回は月30日(火)まで次回は月11日(水)~の予定だそうです。

        

これなら子供の成長に合わせて買い替えることもできます

         

       
ちなみに私は、子供とおそろいのお箸と、菜箸を買いました。

いつも使っている菜箸は麺類等がすべってイライラしていたのですが、この菜箸は先端が四角くくてつかみやすい!ストレスから解放されました~(´▽`*)

      

s49_06.jpg
必要ないのに勢いで私も名前を入れてもらってしまった(笑)

    

    
チビさんは自分の名前が入ったMy箸をいたく気に入って、その日の夕飯のカレーはお箸で食べました(笑)
もちろんうどんも今まで苦戦していたのがウソのように、お箸で上手に食べられました。

    

      

お箸トレーニングはやっぱり良い箸でないとな、と実感です。

今回の販売はもうすぐ期間終了してしまいますが、時々日本橋三越をのぞいてみてください。

    

     

◆日本橋三越本店

HP:http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/index.html

住所:中央区日本橋室町1-4-1

     

s49_08.jpg

会計時に「普段使いで」とお伝えしたのですが、チビさんがあまりに喜んでいたからか、レジの方が子供用箸だけギフト包装してくださいました。三越のホスピタリティはさすがです。ありがとうございます。

     

 

 

雪の日に、日本橋周辺で写真を撮るなら?

[柴犬] 2018年1月29日 14:00


1月22日夕方から深夜にかけて、東京では4年ぶりの大雪となりました。翌23日にはすっかり晴れて、日本橋周辺の雪化粧も数時間で終わりとなりましたが、当日は夜の雪が降りしきる都心の情景を求めて、多くの人がカメラを携えて歩き回っていました。


そこで、こういった天候の場合にオススメな、安全なフォトスポットをいくつかご紹介したいと思います!川瀬巴水の絵のような場所を求めて。



IMG_1097.jpg
まずは、中央区北端の柳橋周辺です。柳橋は戦前まで花街として大きく賑わった場所で、現在でも雅な面影があり、船宿もあります。


IMG_1098.jpg


ドラマのロケ地としてもよく使われています。



続いては、薬研堀不動尊。



IMG_1095.jpg

こちらは夜になると灯がともるので、周囲の景観と合わせて幻想的な光が楽しめます。


そして、東日本橋駅周辺です。



IMG_1102.jpg

都心の地下鉄駅前ながら、問屋街ならではの活気ある生活感が素敵です。



もちろん、両国橋から見る隅田川もムード満点です。雪をかき分けて定期的に船が通ります。


IMG_1238.jpg



日本橋中心部に移動します。



DSC_8083.jpg


中心部は安全確保のためあっという間に除雪されます。三井本館あたりを狙っても雪感は得られませんので、裏道を行きます。



DSC_8079.jpg
日本銀行は綺麗に雪が残っていました。どの角度から撮っても異国情緒たっぷりです。



そして、こちらは人気の福徳稲荷神社です。


DSC_8090.jpg


DSC_8097.jpg
雪の早朝でも参拝客は途絶えませんでした。



この辺りが、悪天候でも安全に面白い写真が取れるスポットです。日本橋は掘割の跡地がたくさんあるので、細く味のある裏道が多いです。そういった場所は雪も多く残っており雰囲気がありますが、悪天候の日に一人で行くのはおすすめしません...。



DSC_8100.jpg
DSC_8099.jpg


各お店が出している、趣向を凝らした雪だるまを見て歩くのも楽しいです!



せっかく日本橋に観光に来たのに雪が降っちゃった...と残念になる向きもあると思うのですが、江戸情緒と東京の最先端が並列している景色に雪が備わるのは中々素敵ですので、ぜひ見にいらして下さい。


 

 

日本橋かるた

[にゃんボク] 2018年1月29日 09:00

 今は「手のひらに世界を乗せて」などのコピーの通り、スマートフォンで何でもできる時代。
手のひらを思いきり畳に打ち付けて札をとるカルタが冬や正月の風物詩と言われる日も過去のものになりつつあるのかもしれません。

 

そのカルタは、ご案内の通り、いろは47文字に対応した「いろはかるた」が最も古典的と言われています。内容は江戸、京都、大坂、上方、尾張などで各々異なっており、地方の特色が表れて、「郷土かるた」も各地に存在するようですね。

 

なんとなく諳んじていた諺のようなものも、実はカルタ由来だったりして、新たな発見があったりします。

 

ちなみに、いろはの「い」に関して言うと、江戸は「犬も歩けば棒に当たる」、上方は「一寸先は闇」、尾張は「一を聞いて十を知る」だそうで、それぞれ全ての札を読むと馴染み深いものから、読み方の分からないようなものまであって面白いです。

 

郷土カルタで一番メジャーなのは個人的に「上毛カルタ」だと思っています。「つ」なら「鶴舞う形の群馬県」と謡われるアレです。郷土の特色を紹介するテレビ番組において、「群馬出身者はこのカルタを暗唱している」、「反射的に下の句が出る」などと聞くとまさに郷土カルタの鑑だと思う次第です。

 

さて、郷土カルタとして中央区民が押さえなければならないのは、

勿論!!「日本橋かるた」ですね。

 
い:いつの世も 道の起点は 日本橋
ろ:櫓がきしむ 浜町河岸から 花見船
は:初鰹 初物好きで 見栄っ張り

 

20180127_blog.jpg

いやぁ、いいですね、マニアックですね。このかるたにはいつくも素晴らしいところがあるのですが、まずなんと作画は六代目 歌川国政さん。
ん?この国政さんはどなたですかって?五代目ではなく六代目。作画にかの有名なメトロリンクの無料バスがあることを考えると、これはごく最近の状況も踏まえられているわけで、現存している方、なんですかね・・・。

 
そしてこの日本橋かるた、ちゃんと英訳版があるのです。グローバリゼーションを先取りしてます。子供たちもこれで英語の勉強もできちゃいます。 

 
い:いつの世も 道の起点は 日本橋
Hey you!
From centuries past,the place where all roads meet Nihonbashi.
ってなところです。

 

この日本橋かるた、勿論販売もしているのですが、建設中のビルの囲いに描かれたりしている(私はこれで知りました)ので、街歩きをしながら発見してみるのも良いですね。

 

 

お好み焼きのお店はハンバーグ定食もおいしい〔鶴橋きっちん〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年1月27日 14:00

京橋の東京スクエアガーデンに入っているお好み焼き・鉄板焼きのお店、「鶴橋きっちん」です

以前、このブログでお好み焼き定食を紹介しました

turuha201801.JPG

場所は、京橋3丁目、中央通り鍛冶橋通りの交差点の一角、東京スクエアガーデン地下1階です(下の地図赤〇の場所)。

turuha201800.jpg

本日は、ランチメニューの国産牛おろしハンバーグ定食をご紹介します

ご飯汁物季節のお惣菜サラダ漬物が付きます

turuha201802.JPG

お好み焼き・鉄板焼きのお店とは思えない充実感です

ハンバーグは表面はカリッと、中はジューシー

大根おろしで食べるハンバーグは重くなりすぎず、ランチメニューぴったりですね

私は大好きです

turuha201803.JPG

お店は、11時半開店です

ランチタイムの12時になると混みますので、早めの入店をお勧めします

昨年12月、ミックス玉定食を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4850.html

 

 
12345