中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


アンテナショップラリーといわて銀河プラザ

[saru] 2018年10月27日 14:00

中央区内には25の県・道・市のアンテナショップが銀座、日本橋周辺にあります。10月4日から23日までその区内アンテナショップが参加して「第13回中央区内アンテナショップスタンプラリー」が行われました。このスタンプラリーを見つけたのが20日の土曜日の午後。では、ということで土曜は銀座、日曜は日本橋のアンテナショップを回ろうと予定を立てました。(たまたま日曜お休みのところがあり、最終日、火曜日の会社帰りにぎりぎりセーフでしたが)あとはプレゼントに当たることを祈るだけです。

DSC_3575z.jpg

もう少し早く気づいていれば余裕をもってショッピングも楽しめたかと思うのですが、時間がなく超特急だったので、あまり買い物が出来ず残念でした。そんななかで、東銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」が20周年ということで、イベントや抽選会を28日日曜日まで開催しています。

DSC_3557z.jpg

ちょうどこの春に盛岡に仕事で行ったときに、買いそびれた「いちご煮」と「福田パン」をセールで買いました。店先ではさんさ踊りのパフォーマンス。

区内アンテナショップの場所もわりと集中していて全部を歩いて回っても1日で回ることもできると思います。私は日本橋周辺を回る無料バスのメトロリンクや江戸バスも使いました。みなさんも散歩がてらにまわってみてはいかがでしょうか。

 

 

1st Anniversary 1周年大感謝祭です  ~ここ滋賀-COCOSHIGA-~

[rosemary sea] 2018年10月27日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアップグレードして取材します、rosemary sea です。

IMG_20181024_133652_1a.jpg

IMG_20181024_134027 (2)a.jpg

滋賀県のアンテナショップ、ここ滋賀-COCOSHIGA-さんは10月29日で1st Anniversary 1周年を迎えます。

「ここ」に滋賀があり、「ここ」で滋賀に触れ、「ここ」へ来れば滋賀に行きたくなる・・・。

まさに滋賀の玄関口です。

ロズマリの職場から一番近いアンテナショップ、改めてご紹介させていただきます。

「ここ滋賀」の矢崎さんに今回もお世話になりました。

それでは1st Anniversary 大感謝祭のご紹介から・・・

 画像は全てクリック拡大できます。拡大してご覧ください。

IMG_20181024_155300 (2)a.jpg

1st Anniversary 大感謝祭

10月29日(月)~11月4日(日)

「キャンペーン」はこちらです。

 「各日先着〇名様」、「無くなり次第終了」の内容も含まれております。

 内容が変更になる可能性がございます。

IMG_20181024_163259_1 (2)a.jpg

そして「イベントスケジュール」は以下のとおりです。

 事前申込が必要なイベントもございます。

  申込先や詳細は文末のホームページで検索願います。

IMG_20181024_163326 (2)a.jpg

更に11月3日(土)は「SHIGA´s感謝祭」、4日(日)は「ここ滋賀マルシェ」のメインイベントがございます。

会場はここ滋賀 隣接スペース、時間は11:00~16:00です。

 内容が変更になる可能性がございます。

IMG_20181024_155534_1 (2)a.jpg

IMG_20181024_155558 (2)a.jpg

・・・お得情報もイベントも盛りだくさんの1週間です。

   どうぞ「ここ滋賀」さんへお越しください。

 

・・・お伺い当日は「1周年」の入り口スペースには『日本酒・ワイン&おつまみ』のおすすめ品が並べられておりました。

 お値段は全て税込価格です。

IMG_20181024_132709 (2)a.jpg

お酒カテゴリーの「第1位」は、前回もご紹介させていただいたお品です。

七本槍 純米大吟醸 渡船(わたりぶね) 2,160円

冨田酒造(有) (長浜市) 無農薬の酒米からのお酒です。

「渡船」は幻の酒米の名。今人気の「山田錦」の父親にあたります。

戦後途絶えていた栽培を復活させ、ここに至ります。

落ち着いた香りです。

「第2位」はこちら。

松の司 純米大吟醸 2,484円

松瀬酒造(株) (竜王町)

地下120mの水を仕込み水としています。

「第3位」はこちらになります。

不老泉(ふろうせん) 参年熟成 1,829円

上原酒造 (高島市)

お地蔵さんが出られた蔵内の自噴井戸よりのネーミングです。

IMG_20181024_132735 (2)a.jpg

中央:戦国大名 高虎 純米大吟醸 2,679円

高良の地酒です。高良出身の戦国大名、藤堂高虎からのネーミング。

手前にはおつまみの逸品「びわますの水煮」と「小あゆ」がございます。

IMG_20181024_132743 (2)a.jpg

他にも滋賀の日本酒、多種多彩です。好みの逸品、見つかります。

IMG_20181024_132754 (2)a.jpg

滋賀のワインもご紹介。

Doux Blanc (ドゥー ブラン)2017 白 1,728円

ヒトミワイナリー (東近江市)

日本産葡萄を100%使用した「日本ワイン」を、濾過をしない「にごりワイン」のスタイルで作られています。

葡萄を食べた時のフレッシュな果実感と、自然な甘味を感じさせる甘口ワインです。

「赤」もございます。

 

・・・おつまみももう1品ご紹介させていただきます。

IMG_20181024_132716 (2)a.jpg

ビワコッターテ 648円

(有)鮒味 (竜王町)

滋賀県特産の「ふなずし」を使ったラスクです。

チーズのような風味が特徴で、お酒にもよく合います。

 

・・・2階レストラン 日本橋 滋乃味(じのみ)のメニューもお知らせです。

※ランチメニューは週替わりとなっております。

 掲載メニューのご用意がない場合がございます。

IMG_20181024_133745 (2)a.jpg

IMG_20181024_133929a.jpg

・・・秋の夜長、滋賀のお酒とおつまみをぜひご堪能下さい。

IMG_20181024_133536 (2)a.jpg

 

ここ滋賀-COCOSHIGA-

日本橋2-7-1

東京メトロ・都営浅草線 日本橋駅至近、COREDO日本橋のななめ前です。

営業時間 1階マーケット 10:00~20:00

     地酒バー「SHIGA's BAR」 10:00~23:00

     総合案内 10:00~20:00

     2階レストラン 日本橋 滋乃味(じのみ)

     昼:11:30~14:00(ラストオーダー13:30)

     夜:18:00~23:00(ラストオーダー22:00)

ここ滋賀-COCOSHIGA-さんのホームページはこちら

⇒ https://cocoshiga.jp/

 

 

蕎麦に関するトークイベントのご紹介〔おもてなしフェア〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月26日 14:00

dannatalk004.jpg

10月1日)からスタートしている第66回「中央区観光商業まつり」の一環として、日本橋北詰商店会主催で行われる「おもてなしフェア 日本橋北詰2018」の中で、「蕎麦に関するトークショー」が開催されます

dannatalk003.jpg

開催日時は、10月28日)、12時半から13時半1時間

日本橋老舗の旦那トークショー」で、テーマは「そば

トークされるのは、日本橋の老舗「利久庵」の三代目店主水谷 弘さん江戸ソバリエ協会理事長ほし ひかるさん、司会は昨年に引き続き、月刊日本橋編集長堺 美貴さんです

dannatalk201805.jpg

観覧は無料ですよ

トーク会場は、江戸桜通り地下歩道 特設ステージ三越前駅出てすぐ、コレド室町1コレド室町3の間のスペース)で、日本橋老舗蕎麦屋店主江戸ソバリエ協会理事長の間でどのようなトークが繰り広げられるのか、蕎麦好きならずとも興味津々です

dannatalk001.jpg

(昨年のトークショーの模様)

日本橋北詰商店会主催で行われるこちらのトークショー、昨年は、書画材料専門店「有便堂」三代目石川 雅敏さんと、割烹「日本橋とよだ」五代目橋本 亨さんで行われ、日本橋老舗の店主ならではのお話の内容に、深く感動したのを覚えています(上と下の写真

dannatalk002.jpg

今月最後の日曜日に開催される、蕎麦に関するトークショー、乞うご期待です

今回のご紹介に関しましては、日本橋北詰商店会事務局でタロー書房の永藤さんにご協力いただきました

ありがとうございます

日本橋老舗蕎麦処利久庵」のHPはこちら ⇒

http://www.rikyu-an.com/

昨年10月に開催された福徳まつりでのトークイベントを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4696.html

 

 

「おもてなしフェア」の新企画!〔日本橋北詰商店会〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月26日 11:00

日本橋北詰商店会主催の「おもてなしフェア 日本橋北詰2018」(昨年までは「福徳まつり」)が10月1日から始まっていますが、今年から始まる新しい企画があります

dannatalk004.jpg

その新しい企画とは、「クイズで知ろう日本橋北詰 まちあるき」です

sinkika201801.jpg

日本橋北詰商店会事務局で、「タロー書房」の永藤さんに、この新企画についてうかがいました。

この企画が行われるのは、

10月26日11:00~19:00

10月27日11:00~16:00

10月28日11:00~16:00

3日間

まず、コレド室町1地下にある日本橋案内所横で参加受付をして(クイズの台紙をもらい)、指定された5店舗のお店をまわります

各店舗前に掲げられた立札にあるクイズに答えて、全問正解すればすてきな景品がもらえるというものです

所要時間は30分ほどだそうですよ

景品をもらえるのは先着800名様

山本海苔店さんにんべんさん文明堂さんのいずれかの品物です

sinkika201803.jpg

クイズは、日本橋の歴史と文化にかかわるものだそうで、ショッピングがてら、日本橋の奥深さにふれることができます

なお、最終日(28日)、クイズの台紙配布は15:30までですので、ご注意を

sinkika201802.jpg

日本橋のお店をめぐりながら、景品をゲットしましょう

日本橋北詰商店会 店舗紹介のHPはこちら ⇒

https://nihombashi-tokyo.com/jp/shop/shop-category/kitazume

 

 

芸術の秋、社会教育会館に行こう!

[ジミニー☆クリケット] 2018年10月25日 12:00

sakuhi201801.JPG

恒例の「第70回中央区民文化祭作品展』」が社会教育会館で開催されます

sakuhi201803.JPG

この「作品展」は、社会教育会館を利用するサークルの皆さんや個人の方が、日頃の活動の成果として、作品を展示するもので、絵画芸術写真書道俳句いけばな手工芸品等展示されるものは幅広いです芸術

sakuhi201804.JPG

実演・体験コーナーもあり、ご自身の趣味生涯学習を始めるきっかけにもなりますよ

"芸術の秋"です

見て、体験して、自分の趣味を広げるいいチャンスです

作品展」の入場は無料ですよ

sakuhi201805.JPG

開催期間は、

築地社会教育会館が、 11月1日)~4日)、

午前10時午後8時

日本橋社会教育会館が、11月8日)~11日)、

午前10時午後6時

月島社会教育会館が、 11月15日)~18日)、

午前10時午後6時

すべて最終日午後4時までとなりますので、ご注意を

この作品展以外にも、社会教育会館に来れば、様々なサークルの活動情報を得ることができます

是非お近くの社会教育会館に足を運んでみてください

sakuhi201802.JPG

なお、会館内の写真撮影については、特別にご了解をいただきました

芸術芸術芸術

 

 

大中央区展 京はし満津金 初出店

[東京ダンボ] 2018年10月24日 12:00

「第8回 東京まん真ん中 味と匠の 大中央区展」が日本橋三越本店7階催物会場で開催され、行ってきました。

 

スキャン.jpeg

 

千疋屋総本店、木屋、黒江屋、東京凮月堂、松崎煎餅、つきぢ尾粂、白木屋傳兵衛、人形町今半等々、日本橋、銀座、築地、人形町、京橋の中央区ばかりでなく日本を代表する名だたる名店が大集合。

 

また、イートインでは築地寿司清、銀座ハゲ天本店、東京スタイル鶏ラーメン ど・みそ、ミカド珈琲店の味が楽しめます。

 

今回からは、東京ダンボが趣味の御朱印集めでお世話になっている京はし満津金さんも満を持しての登場です。いつも通り細田社長が洒脱なトークでお客様を迎えてくれます。

 

IMG_4553.JPG

東京ダンボが第9回中央区観光協会検定合格の際にいただいた風呂敷から誂えてもらった御朱印帳が、新商品として今回の大中央区展から販売されています。

 

中央区内の37ケ町の名前がその地域性を表す絵とともに表現された逸品です。

  

IMG_E4555.JPG

 

満津金さんではこれからも新しい企画が目白押しだそうです。

東京ダンボのアイデアが商品化されたことはとっても嬉しいことです。オリジナルは大判で作ってもらっていました。

   

IMG_1787.JPG

 

東京ダンボが御朱印帳を誂えた際のブログは以下を御参照ください。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/author/201711/index_4.html