中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ふくしまの逸品、まだまだあります ③  ~日本橋ふくしま館「MIDETTE」~

[rosemary sea] 2018年12月31日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をガイドラインとして取材します、rosemary sea です。

  

福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんはふくしまの「今」と「魅力・元気・活力」を発信しています。

9月・10月にご紹介できなかったお品、また新たに加わったお品を今回ご紹介させていただきます。3部構成の、今回は最終回になります。

  

公益財団法人 福島県観光物産交流協会 日本橋ふくしま館「MIDETTE」小林誠副館長にお世話になりました。

それではお品のご紹介です。価格は全て税込金額です。

 画像は全てクリック拡大できます。

 

IMG_20181206_131507_1 (2)a.jpg

にしんの山椒漬 3本  864円  (名)高砂屋商店

会津伝統の郷土料理。

おいしい召し上がり方

・ そのまま・・・

 にしんを一口大に切ってお召し上がりください。

・ 軽くあぶって・・・

 にしんを軽く火であぶり、一口大に切ってお召し上がりください。

 また、七味唐辛子や粉山椒をかけても一味変わった味わいが楽しめます。

 『お酒にも合います。お酒好きにはたまらない一品ですね。』

 

IMG_20181206_131651 (2)a.jpg

左:生もと(きもと)純米大吟醸 酒粕  550g  756円  大七酒造(株)

中央:弥右衛門 酒粕  500g  378円  (資)大和川酒造店

右:大七特選 酒粕  300g  257円  大七酒造(株)

 

IMG_20181206_131600 (2)a.jpg

大七(だいしち) とろける酒粕  300g  大七酒造(株)

左:純米大吟醸  540円  右:純米  360円

「大七 とろける酒粕」は良質な酒粕を特製石臼で溶けやすいなめらかなペースト状にすり上げました。

しかも冷蔵庫の扉に収まる、キャップ付きのスタンドパックに詰めてあります。

これならお料理へのひとさじ使用ができ、風味は最後まで落ちません。

もちろん甘酒にもできます。お湯で溶いて砂糖を加えてください。

とろける酒粕 純米大吟醸は酒米の王「山田錦」100%の純米大吟醸の酒粕です。贅沢な一品です。

『鍋料理にも使えます。チューブ状になっているので楽なんです。溶かす必要がありません。使う分だけ入れてあとは冷蔵庫に入れて・・・。結構重宝です。

この2つは使っている酒粕が純米酒のものか、純米大吟醸のものか、の違いです。それで変わってきます。純米大吟醸はちょっとさらっとした感じで、味もマイルドです。』

 

IMG_20181206_132334 (2)a.jpg

浜鶏(はまど~り)ラーメン 1食入  390円

"鶏"と"浜通り(福島県東部:太平洋側沿岸地域)"に想いを込めた、至福の一杯。

双葉郡富岡町のお店の味が、ご自宅でも味わえます。

鶏の旨みをぎゅっと凝縮し、魚介をちょっとしたアクセントにしたダブルスープのラーメンです。

『浜鶏らーめんは話題になっています。お店は福島にありますが、それを気軽に食べられるかたちです。』

 

IMG_20181206_132433_1 (2)a.jpg

左:とまとらーめん 2食入  540円

あっさり、ですがコク旨の、トマトを使ったラーメンです。

『いわき市のワンダーファームという、トマトを作っているところがあるんですが、そこのトマトを使ったラーメンです。』

 

右:親父の小言みそらーめん 2食入  540円

「親父の小言」という日本酒があります。その酒粕を使っているラーメンです。

クリーミースープがクセになります。

『鈴木酒造店酒粕を使ってスープを作っているというコラボ商品なんです。』

 

IMG_20181206_132701_1 (2)a.jpg

会津山塩ラーメン  800円

イートインコーナーで人気のラーメンです。

取材日当日(12月6日)は中華そば「うえんで食堂」さんが来ていました。イベント最終日です。

イートインコーナーの月間予定はホームページの月ごとのイベントカレンダーをご覧ください。

『うえんでさんは老舗で、地元では人気のあるところなんです。食べやすいラーメンです。』

 

IMG_20181206_133250a.jpg

カレー(レトルト)のコーナー

『カレーの種類も結構あります。いろいろなかたちが味わえるオプションがあったり。』

 

IMG_20181206_133314 (2)a.jpg IMG_20181206_133325 (2)a.jpg

左:会津地鶏カレー 中辛(左)  566円  激辛(右)  566円

『どちらも売れ筋です。』

右:フラガールカレー ココナッツチキン味  500円  ファイヤービーフ味  500円

『いわき市のスパリゾートハワイアンズさんとのコラボ商品です。』

 

IMG_20181206_133239 (2)a.jpg

鬼瓦カレー 会津酒粕仕込 1人前  700円

会津のお酒「末廣」の酒粕と会津地鶏で美味しい酒粕カレーに仕上げられています。

『新商品です。』

 

IMG_20181206_133444a.jpg

シルクのコーナー

 画像 右から 川俣シルク ストール  5,400円  斎脩絹織物(有)

        川俣シルク ストール(大)  8,640円  斎脩絹織物(有)

        絹の産着「天使の肌着」長肌着  5,400円

        シルキーUBUコーポレーション(株)

        絹のパックシート「絹kinu-mote面」 1個  1,080円

        シルキーUBUコーポレーション(株)

 

IMG_20181206_133430 (2)a.jpg川俣シルクについて・・・

伊達郡川俣町を中心とした地域。ここは奥羽山脈に囲まれ、蚕(かいこ)の餌である桑の育成に最も適した気候風土。約1400年前からの絹の里です。

川俣シルク、純白な輝きと光沢を持つ軽い絹、それは「東洋一のシルク」とも「妖精の羽」とも云われています。

小手姫(おてひめ)伝説・・・

第32代崇峻天皇の妃、小手姫(小手子とも言います)。

京を逃れた息子を探し求めて、故郷の大和に似た川俣の地にたどり着きました。

桑を植え、養蚕や機織りを伝授した、と伝えられています。

ストールや産着、ベビードレスやフェイスパックまで、幅の広い商品ラインナップです。

『こちらのドレスなどは受注生産になります。セレモニードレスですね。

こちらはサンプルです。サイズを合わせて作ります、というかたちです。』

 

IMG_20181206_132814_1a.jpg IMG_20181206_132635 (2)a.jpg

日本酒などのお酒のコーナー

『500種類近くあると思います。酒屋さんでもなかなか買えないものをうちへ来てお求めになるケースもあります。』

『焼酎も需要があります。リキュールもございます。』

 

IMG_20181206_132733 (2)a.jpg

ゆず酒・梅酒などのコーナー

IMG_20181206_163700_1 (2).jpg

VRチラシ

取材日当日の12月6日に1日限りで行われていましたイベントです。

磐梯町の榮川(えいせん)酒造さんの日本酒の製造工程をライブで見ることができるそうです。

普段は公開されていない酒蔵を体験できます。

『こういった試みは初めてなんです。』

 

IMG_20181206_130722 (2)a.jpg IMG_20181206_133944 (2)a.jpg

VR風景

多くの方がVR(バーチャルリアリティー)のゴーグルをつけて体験されていました。

『酒蔵のイメージを体験してもらっています。試飲コーナーもございます。』

 

IMG_20181206_134436 (2)a.jpg

榮川酒造(株)の最高級清酒「榮川」 はっぴを着た皆さん。

因みに榮川 純米大吟醸は、 720ml  2,700円です。

 

IMG_20181206_125926 (2)a.jpg

日本橋ふくしま館「MIDETTE」

日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1階

東京メトロ三越前駅より徒歩3分、JR新日本橋駅より徒歩1分

03-6262-3977

 

営業時間 平日 10:30~20:00

     土日祝日 11:00~18:00

 2019年1月2日(水)、1月3日(木) 10:30~17:30

休館日 2018年12月31日(月)・2019年1月1日(火)

日本橋ふくしま館「MIDETTE」さんのホームページはこちら

⇒ http://midette.com/

 

 

 

『江戸の出島、再びご紹介』②  ~ 日本橋長崎館 ~

[rosemary sea] 2018年12月29日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をコンポジションして取材します、rosemary sea です。

 

長崎県のアンテナショップ、日本橋長崎館さん、江戸時代より縁の深い日本橋にて"長崎カルチャーの情報発信基地"の役割を担っています。まさに"江戸の出島"です。

昨年7月にご紹介して以来、店内もリニューアルされご紹介したいお品満載です。

 

日本橋長崎館 副店長の下田有利(しもだ ゆり)さんにお世話になりました。

『』の言葉は下田さんのコメントです。

それではご紹介スタートです。価格は全て税込です。画像は全てクリック拡大できます。

 

IMG_20181127_130110 (2)a.jpg

バラエティー雑貨コーナー

ほとんど鉄道関係のコーナーとなっております。

『ご当地乗り物などが多いですね。バスのミニカーとか乗り物の大好きな仕入担当スタッフがおりまして。』

 

IMG_20181127_130112_1 (2)a.jpg

長崎電気軌道 電停キーホルダー

「長崎電気軌道」とは長崎市内を走る路面電車のことですが、長崎電鉄とも呼ばれています。

キーホルダーは8月に変更になった駅名のものもございます。レアです。

『電停って路面電車の駅なのですけど、8月に13駅の名称が変わりましたが、昔懐かしい名前のものもございます。』

 

IMG_20181127_130304 (2)a.jpg IMG_20181127_130330 (2)a.jpg

上画像左:幸せへの記念入場券 幸駅入場券・愛野から吾妻ゆき

島原鉄道 300円~

島原鉄道は現在諫早駅ー島原外港駅間の43.2km、24駅の路線。

幸(さいわい)駅、愛野(あいの)駅、吾妻(あずま)駅を含みます。

幸い、そして「愛しの(いとしの、と読みましょう)」から「わが妻(ここも読み方を強引に変えます)」。

ストレートな想いの詰まった駅名群、ツボにはまります。

 

IMG_20181127_130404 (2)a.jpg上画像右及び右:島原鉄道 愛の記念きっぷ付最愛認定証 250円

「いとしのわがつま」・・・口に出すのはとても恥ずかしいでしょうから、敢えてこの切符の力を借りて告白、というのはいかがでしょう?

そう、ほんの少しの勇気です。

10年前に愛野駅に「日本ロマンチスト協会」の名誉本部が設置されました。

そこからの「いとしのわがつま」です。

ちなみに 愛野 ⇒ 吾妻 は片道切符が良いようです。

『本当にここからここまで乗ると「欲しいです」って言ったらこの切符、もらえるんです。』

 

IMG_20181127_130430 (2)a.jpg

つばきねこ フェイスポーチ  2,484円

五島市の花木「ヤブツバキ」。五島市と言えば椿と猫、となるそうです。

そこでできたイメージキャラクター「つばきねこ」。

赤い椿の花を頭に乗せて、とてもキュートです。

好きな食べ物は「五島うどん」と「かんころ餅」とか。

他に、 マスコット 小 1,296円  大 2,160円  キーホルダー 648円もございます。

『定番のゆるキャラです。』

 

IMG_20181127_130521a.jpg IMG_20181127_130532 (2)a.jpg

左:軍艦島 てぬぐい

「軍艦島」で通用していますが、実際の名称は「端島(はしま)」です。

明治から昭和にかけて、海底炭鉱で栄えた島です。世界遺産に登録されています。

 

右:長崎凧番付 てぬぐい

長崎では凧のことを「ハタ」と言います。

競って相手のハタを切る、ハタ合戦、長崎の三大行事の1つと云われています。

あとの2つは長崎くんちと精霊(しょうろう)流し。

 

IMG_20181127_130539_1a.jpg

九十九島 Tシャツ  2,500円

九十九島(くじゅうくしま)は佐世保港の北23kmにわたる、島々が点在する海域。

島の密度は日本一と云われています。

全域が西海国立公園に指定されており、とても美しい自然景観が広がっています。

九十九とは「いっぱい・たくさん」という意味。実際、島の数は208個もあるそうです。

人の住んでいるのはたった4島。自然がまるのまま保全されています。とにかく美しい景色。

ですから、トム・クルーズさん主演「ラスト・サムライ」の冒頭シーンはここで撮影されました。

遊覧船クルージング、シーカヤックや瀬渡し船で楽園めぐりが楽しめます。

お問い合わせはお店に入って右の「観光コーナー」へどうぞ。

 

IMG_20181127_130557 (2)a.jpg

てぬぐい 各種  600円~

『長崎特有のてぬぐいです。巻いたり、バンダナとして使うこともできます。』

 

IMG_20181127_130609 (2)a.jpg

プラモデル 大浦天主堂 グラバー邸  1,080円

どちらも有名な観光地の建物。組み立てて想いに耽るのもいかが、かと。

 

IMG_20181127_130619 (2)a.jpg IMG_20181127_130640 (2)a.jpg

左:島原鉄道 バッグ

 

右:カステラ畳「ミニセット」プレーン  2,700円  (株)勝手

奥はティッシュケース  3,240円

勝手さんは大村市の老舗畳店。カステラカラーのプレーン・抹茶・チョコの三色のミニ畳が可愛い置物となっております。

実際この3色の畳を販売されているそうです。

 

IMG_20181127_133408 (2)a.jpg IMG_20181127_133528 (2)a.jpg

仲里依紗さんのサイン色紙

今年4月にご来店です。東彼杵(ひがしそのぎ)郡東彼杵町のご出身です。

 

右:サイン色紙 左から さだまさしさん(長崎市のご出身)

            さだ玲子さん(さだまさしさんの妹:長崎市)

            福山雅治さん(長崎市)

            THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 浦川翔平さん

            (長崎県内、どちらでしょう?)

ちなみにこの夏、THE RAMPAGE 川村壱馬さんの書かれた絵馬を、箱根神社で拝見しました。

 

・・・日本橋長崎館さんのご紹介は、あと1回続きます。

 

IMG_20181127_125242_1a.jpg

 

日本橋長崎館

日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1階

東京メトロ日本橋駅が至近です。

B7出口より徒歩1分、出口かお店の看板が見えます。

ショップ 03-6262-5352

観光案内 03-3241-1777

営業時間 10:00~20:00

年中無休(ビル施設点検日等を除きます)

日本橋長崎館さんのホームページはこちら

⇒  https://www.nagasakikan.jp/

 

 

【中央区観光検定対策】歌・キャッチフレーズ編

[Hanes] 2018年12月29日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今回は歌・キャッチフレーズ等に焦点を当て、中央区観光検定対策に役立つ情報をご紹介します!

まずは歌ですが、全部覚えてくださいとは言いません
少なくとも、作詞、作曲、歌手(代表的な人がいる場合)、歌い出しの歌詞はおさえておきましょう!
(余裕があるようでしたら、作詞者・作曲者の業績やその他の部分の歌詞もおさえておくとよいかもしれません。)

■銀座の柳
作詞:西條八十、作曲:中山晋平
「♪)植えてうれしい 銀座の柳 江戸の名残の うすみどり」

銀座の柳.jpg

【関連記事】【遠足シリーズ第4弾】銀座の柳二世がとりもつ縁

■これがお江戸の盆ダンス
作詞:荒木とよひさ、作曲:市川昭介
「♪)ハ~ This is Tokyoのまんまん中で ちょいと踊ろよ 盆ダンス」

これがお江戸の盆ダンス.jpg

【関連記事】中央区の魅力を再発見!八丁堀と京橋の盆踊り

■銀座の恋の物語
作詞:大高ひさを、作曲:鏑木創、歌:石原裕次郎、牧村旬子
「♪)(女)心の底まで しびれる様な (男)吐息が切ない 囁きだから」

IMG_3642.JPG

IMG_3644.JPG

【関連記事】ジミニ―☆クリケットさん「銀座の歌碑めぐり」

■佃島の盆踊り唄
単調なリズムの櫓太鼓念仏のような口説き唄が特徴のこの盆踊りでは、
哀愁と無常観漂う「秋の野分けは無常の風よ、散れば残らず皆土となる、悟り開けば草木も国土、仏頼めよ南無阿弥陀仏」と唄われます。

続いては、キャッチフレーズ等です

■三越日本橋本店
日本初の西洋式劇場「帝国劇場」のチラシに掲載され、話題を呼んだ広告のコピーがこちら!
「今日は帝劇明日は三越」バッグ

三越.jpg

■髙島屋日本橋店
昭和8年(1993年)に新築した店舗(地下2階、地上8階)は、高橋貞太郎の設計。
全館冷暖房を完備し、話題を呼んだ宣伝コピーがこちら!
「東京で暑いところ、髙島屋を出たところ」

IMG_1839.JPG
(開店直前の髙島屋の様子)

■日本橋魚河岸
昼の芝居小屋、夜の吉原と並び、「一日で千両がおちるところ」と称されました

日本橋魚河岸発祥の地.jpg

【関連記事】「中央区×スペイン(2)~ロドリゴの見た日本橋~」「【遠足シリーズ第9弾】漁民が結んだ縁の島」

■水天宮
江戸時代において、塀越しに賽銭を投げ込む人が絶えなかった水天宮...
そこで5の日に限り一般江戸っ子に有馬家の屋敷を開放し、参拝可能にしたことから、
こう呼ばれ親しまれるようになりました
「情けありまの水天宮」

【関連記事】サムさん「2018 水天宮 節分祭」、えだまめさん「娘あずきの七五三 その3:水天宮でお参りを。(半分、反省文)」

■木造家屋が密集する江戸のまち
明暦の大火(明暦3年(1657年)1月18日)に代表されるように、江戸のまちでは非常に火事が多く、
「火事と喧嘩は江戸の華」と言われていました

1544866329009.JPEG
(親切な送水口博物館の館長さんのお計らいにより、港区でも中央区観光検定のチラシを貼ってPRしていただいています!ありがとうございます

【関連記事】「消防の歴史に見る中央区(前編)」「消防の歴史に見る中央区(後編)」

■ガス灯
明治7年(1874年)、銀座に灯された85基のガス灯の明るさはこう表現されました。
「夜を昼に変えた」

ガス灯.jpg

■燈臺
関東大震災10周年の記念塔として数寄屋橋公園に設置された北村西望の作品。
兜を身に着けた青年がたいまつを持ち、獅子をしたがえている像で、
小さいながらも力強さが伝わってきます
その台座のブロンズ製鋳造銘板に書かれているのが、「不意の地震に不断の用意」

【関連記事】与太郎さん「震災復興記念塔 北村西望『燈臺』をめぐって」、GPPさん「北村西望作品を訪ねました(燈臺&平和記念像)」

■江戸っ子気質(山東京伝)
「江戸城の鯱をみて水道の水を産湯とした」「宵越しの銭は持たない」
「食べ物や遊び道具がぜいたく」「生粋の江戸のはえぬき」
「いきとはりを本領とする」も合わせてチェックしておきましょう

■日本橋
幕府が編纂した地誌『御府内備考』には、「この橋、江戸の中央にして、諸国の行程もここより定められるゆえ、日本橋の名ありといふ」と記されています。

8.jpg

以上、いかがでしたでしょうか?
中央区にまつわる歌やキャッチフレーズはこれらがすべてではありませんが、
前回の俳句・川柳同様、印象的なものが多いのではないでしょうか
まち歩きの際には、これらもぜひぜひチェックしてみてくださいね

※本記事は、個人的な検定対策の一部をご紹介するものです。
 ここに書かれた内容を覚えると合格できるというものではございません。
 予めお含みおきくださいませ。

 

 

【中央区観光検定対策】俳句・川柳編

[Hanes] 2018年12月28日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
中央区観光検定受験日が近づいてきましたが、勉強は順調に進んでいますか?
今回は俳句・川柳対策を兼ねて、中央区の史跡を巡ってみたのでご紹介します。

■九条武子夫人歌碑
彼女は西本願寺門主の次女として京都に生まれ、21歳で男爵九条良致と結婚
夫の英国留学・勤務により別居生活が10年近くにおよびましたが、
その間、和歌(佐佐木信綱)、絵画(上村松園)、生け花(西川一草亭)を学び、才能に磨きをかけました。

IMG_3622.JPG

彼女が残した歌集には『金鈴』『薫染』、随筆には『無憂華』があり、
築地本願寺にある歌碑に刻まれた「おおいなる もののちからに ひかれゆく わがあしあとの おぼつかなしや」はおさえておきたいですね

IMG_3621.JPG

■五世川柳・水谷緑亭句碑
佃島の風紀を心配し、自宅で忠孝節義の話をした彼の句は、住吉神社の境内で見ることができます。
「和らかで かたく持ちたし 人ごころ」

■銅鐘 石町時の鐘
この鐘は二代将軍徳川秀忠の時代に本石町に設置され、江戸城下の人々に時刻を知らせていました
近くに長崎屋(オランダ商館長の宿所)があったことから、詠まれた川柳が...
「石町の鐘はオランダまで聞こえ」

■石川啄木歌碑
彼は京橋区滝山町(現・銀座6丁目)の朝日新聞社に入社し、
肺結核等で26歳の若さで亡くなるまでの約3年間、校正係の仕事をしながら創作活動を行いました。
「京橋の 滝山町の 新聞社 灯ともる頃の いそがしさかな」

IMG_3635.JPG

また、彼の第一歌集『一握の砂』が、「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」で始まることもおさえておいて損はありません

■越後屋
蕉門十哲のひとりで、江戸座(江戸っ子気質を反映した派手な句風が特徴)と呼ばれる一派の代表である榎本(宝井)其角は、越後屋についてこんな句を詠んでいます。
「越後屋に きぬさく音や 衣更」
情景がふと目に浮かぶようですね

IMG_3647.JPG

せっかくなので、其角のその他の句も合わせて覚えておきましょう
(ここでは詳しく解説はしませんが、それぞれの句が詠まれた背景も合わせて確認しておくことをオススメします!)

「日の春を さすがに鶴の 歩み哉」
「鐘ひとつ 売れぬ日はなし 江戸の春」
「この人数 舟なればこそ 涼みかな」

■海水館跡
明治38年に開業した「海水館」は、仙台市から移築した木造2階建ての割烹旅館。
当時このあたりは東京湾が一望できる風光明媚で閑静な場所であったため、名だたる文化人が滞在しました。
海水館に関する一首は以下の通り
「冬の海 見ればかなしや 新佃 海水館は わび住みにして」
(吉井勇の歌集『毒うつぎ』より)

■十返舎一九墓
『東海道中膝栗毛』の作者である彼の墓(真円山東陽院)の左側面には、
有名な辞世の句が刻まれています。
「此の世をは とりやお暇に 線香の 煙とともに 灰さようなら」

東陽院.jpg

■吉田松陰終焉之地
幕末の志士の多くを育てた優秀な人物でありながら、小伝馬町牢屋敷内で処刑された彼の辞世の句が、小伝馬町に設置されています。
「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留置まし 大和魂」

■寿司
すしを握る職人の手つきが忍術使いの呪文を唱える様子に似ていることから、こんな句が詠まれました。
「妖術と いう身で握る 酢の飯」(川柳句集『誹風柳多留』)

ここまで俳句や川柳をピックアップしてみましたが、
どれも記憶に残るような印象的なものばかりですよね
知らない句があった方、検定前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

※本記事は、個人的な検定対策の一部をご紹介するものです。
 ここに書かれた内容を覚えると合格できるというものではございません。
 予めお含みおきくださいませ。

 

 

凧、たこ、揚がれ

[小猿] 2018年12月28日 14:00

今年も残りわずかとなりました。子どもの頃は、お正月に近くの野原にたくさんの凧が揚がって、凧揚げは楽しみでもありました。隅田川の川べりでも、そんな光景が見られたでしょうか。全国の凧好きな人たちが集まって1969年に発足した「日本の凧の会」。発起人は日本橋の洋食の老舗たいめいけんの故・茂出木心護さんです。たいめいけんの5階には珍しい「凧の博物館」があって、さまざまな凧が展示されています。

写真 2018-06-19 14 47 09 (1).jpg

  

茂出木心護さんはたいめいけんの初代社長、子どもの頃から凧が大好きで、収集した凧は3,000点以上、館内は壁も天井も凧がいっぱいです。展示はオリジナルの江戸凧で、江戸凧は江戸時代に鎖国の元、庶民と武士の中から生まれました。

写真 2018-06-19 14 42 27 (1).jpg 写真 2018-06-19 14 38 35.jpg

 

12月29日(土曜日)には凧市も開かれます。今年はお気に入りの凧を買って、新春の空に揚げましょうか。こちらは昨年の凧市の様子です。

写真 2017-12-30 10 58 59.jpg 写真 2017-12-30 10 16 22.jpg 写真 2017-12-30 10 17 00.jpg

  

凧市は 2018年12月29日(土曜日) 10時~15時  

      東京ベルサール日本橋タワー広場にて開催。

凧の博物館  中央区日本橋1-12-10 たいめいけん5階

       11:00~17:00   日曜・祭日は休館

 

 

 

京橋川跡を歩く!

[株式会社 彦晴] 2018年12月28日 12:00

今回も中央区にかつて存在した河川の跡を歩いてみようという企画です。そして今回の対象は京橋川です。京橋川は外濠川と同じく慶長年間に開削された水路と言われています。外濠川より現在の八重洲二丁目と銀座一丁目の境界線を東に、向かい白魚橋先で楓川・桜川(八町堀)三十間堀と合流していました。白魚橋と言えば三つ橋のひとつとしても有名ですね。

     弾正橋⇒楓川 白魚橋⇒京橋川 真福寺橋⇒三十間堀

今回はこの白魚橋跡付近から外堀通り付近までを歩くことになります。

この京橋川には東(桜川)から 白魚橋、新京橋、炭谷橋、京橋、紺屋橋、城辺橋の橋がありました。そして川岸には竹河岸、大根河岸が続いていました。しかしながら昭和29年から昭和34年に埋め立てられ現在は東京高速道路の一部となっています。この高速道路は首都高速道路 都市環状線と八重洲線に接続しています。この東京高速道路は無料で高速道路を屋上部分とするビルの不動産賃貸業を行っている民間企業となっています。よくKK線などと記載されている地図などもあると思います。

 

IMG_1850.JPG IMG_1846.JPG

上の写真は銀座一丁目の駐車場の写真ですがこちらの管轄は首都高速道路株式会社となっていました。この先に東京高速道路の新京橋出口と東銀座出口がありましたのでこれより先の高速下の不動産賃貸業は東京高速道路株式会社の管轄だと思います。

そして、目の前の通りは「木挽町仲通り」となります。銀座の東側にかつてあった木挽町は三十間堀が埋め立てられた際に、西銀座に対して東銀座と改称したそうです。このようにかつての旧町名が通り名に残されているとなんだかホットしますね。そして京橋川跡を外堀通りに向かって進むと昭和通りに交差します。ちょうど新京橋跡付近となります。

IMG_1852.JPG IMG_1854.JPG

 

そして昭和通りから少し入ったところに銭湯「銀座湯」を発見しました。

IMG_1855.JPG

銀座一丁目に銭湯があることにびっくりしました。でも安心してください銀座にあっても入浴料金は都内共通大人460円だそうです。私は今回入浴はできませんでしたが男湯の壁画は銀座四丁目交差点 女湯の壁画は隅田川花火だそうです。一度は入浴してみたいですね!

 

IMG_1859.JPG IMG_1860.JPG

 

そして、京橋川跡の左岸を外濠川跡に向かって進みます。「主婦と生活社」のビルそして、竹河岸ビルの看板が目に入ってきました。そうですこのあたりが"竹河岸"として栄えてあたりとなります。江戸時代、この地に竹商人が集まったことから「竹河岸」と呼ばれていたそうです。

さらに、その先には有名な、警察博物館があります。入館料は無料です。是非、皆さん足を運んでください。パトカーが出迎えてくれます。

IMG_1876.JPG IMG_1877.JPG

 

もう、目の前は京橋となります。京橋は日本橋と同年の1603年の架橋ととされています。その京橋周辺にはいくつもの名所旧跡が残されています。

IMG_1864.JPG IMG_1866.JPG

まず、煉瓦銀座の碑です。明治5年の銀座大火により、銀座煉瓦街がより推進されることとなり銀座通り沿い煉瓦街は明治6年に完成します。碑の後ろ側には煉瓦街を照らしたガス灯も復元されています。

また、京橋には現在3基の親柱が残されています。左下の写真が明治8年の石造アーチ橋の擬宝珠のある親柱が2基、そして煉瓦銀座の碑の隣に大正11年のアールデコ様式の橋の親柱が1基残されています。

IMG_1867.JPG IMG_1868.JPG

IMG_1870.JPG IMG_1875.JPG

京橋横の交番は大正11年のアールデコ調の橋の親柱が模倣されています。

交番写真の右側は京橋大根河岸青物市場跡の記念碑となります。

京橋には江戸時代より大根などを中心とする野菜の荷上場があり、大正12年の関東大震災前まで青物市場があったのです。そして1935年に旧築地市場へと移転することとなります。そして今年2018年に豊洲市場へと移転することとなるのです。

 

IMG_1874.JPG

こちらの記念碑は江戸歌舞伎発祥の地の記念碑です。

IMG_1924.JPG

そして、京橋大根河岸青物市場跡の記念碑の裏に「京橋川の護岸」が残っています。写真の銅板には次のように記載されていました。

『京橋川の護岸』

 「天正18(1590)年、徳川家康が江戸に入った後に開削された京橋川は、両岸に河岸があり城下町の物流に重要な河川でした。その後、現代に入りその役目を終え、昭和38年~40年に埋め立てられました。

 護岸の一部は近代以降に積み直されたもので、埋め立て当時の形状のまま地中に残されています。」    "中央区環境土木部水とみどりの課"

今回のテーマ京橋川の遺構も見ることができました。

このように京橋付近は名所旧跡の宝庫となっています。記念碑の文言にしっかり目を通していると小一時間などすぐに過ぎてしまいます。

IMG_1900.JPG IMG_1899.JPG

京橋を過ぎ外堀通り方面へ進むと柳通りと交差します。この付近が紺屋橋跡となります。左岸上流部には「紺屋橋」の名が残った紺屋橋児童遊園がありました。もちろん紺屋橋の橋詰広場跡を利用した公園となっていました。

IMG_1882.JPG IMG_1883.JPG

上の写真が東京高速道路の西銀座入口の写真なのだが首都高のような緑色の西銀座との案内板もないのでわかりにくいし入りにくいと感じるのは私だけでしょうか?みなさん運転の際は、くれぐれもお気をつけください。

IMG_1887.JPG

この先、京橋川跡右岸の銀座桜通りを外堀通り方面に進みます。京橋川跡地はたくさんの商業施設、飲食施設などで賑わっていました。

そして目の前には有楽町の信号がそうです外堀通りに到着です。

IMG_1896.JPG IMG_1895.JPG

今回の街歩きも終点に到着しました。京橋川は東京高速道路株式会社の自動車道路建設のために埋め立てられました。そしてその高速道路の下には駐車場、商業施設、飲料施設ができていました。かつてそこに河川が存在したことを実感させるものは京橋にあった「京橋川の護岸」だけでした。しかしながら、竹河岸ビルや紺屋橋児童遊園などの名前から京橋川の存在を推測した街歩きとなりました。

 

 
1234567