中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


新米特派員のちょっとだけ長い一日。~中央区まるごとミュージアム2017 その3~

[えだまめ] 2017年11月11日 14:00

子連れ特派員のえだまめです

前々回 → http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4725.html

前回 → http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4730.html


さて、別の特派員さんがガイドする無料巡回バスに乗って一路日本橋へ。

他の方のご案内を聞くのも自分との違いを発見するので、勉強になりますね。

そして、私が乗っていた午前中の便よりも少しバスの乗客の方も増えていて

雨の中でもイベントを楽しむ方が多いのを実感しました。

そして日本橋に到着。

私のお目当ては・・・

DSC_2193-1.jpg

こちら。

日本橋観光案内所です。

http://nihonbashi-info.tokyo/tourism/

以前先輩特派員さんが紹介されていた施設ですが

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4644.html

ここでやっていたイベントがこちら。

DSC_2195-1.jpg

スマホ・タブレット端末を利用したイベント

「謎解き日本橋めぐり」です。


・・・なのですが。

本来は「当日中に謎解きをして答えを見つけた人には抽選でプレゼントが・・・」

だったのですが、悪天候のため、抽選会は中止。

そのかわり、ですが

謎解きそのものは11月末まで楽しんでいただけるように

謎解き用の「情報端末」を街中に残してくださるそうです。

というわけで、えだまめは謎解き用のパンフレットを持って帰って、

後日晴れた日に街歩きをしようと心に決めたのでした。

※パンフレットは現在も日本橋観光案内所にて配布中です。



そしてそして。

まるごとミュージアムの企画としては

「イベントスタンプラリー」がありました。

DSC_2229-1.jpg

イベント会場の中にスタンプ設置場所がいくつかありまして

3つ以上集めると空くじなしの抽選会に参加できる、という仕組みです。

えだまめはここまでの間に

浜町防災船着場

朝潮運河船着場

日本橋観光案内所

の3か所でスタンプをゲットしていましたので

DSC_2230-1.jpg

コレド日本橋1Fの抽選会場に向かいます。

・・・その結果・・・。

「C賞」でした。

はずれ無し、とはいえ一番下の賞。

何が貰えるのかしら・・・?と思っていたら

こんなものがありました。

DSC_2194-1.jpg

フリクション色鉛筆!

こすると消える、フリクションのボールペンは知っていましたが

まさかそれが色鉛筆になっているとは!!

京橋に本社のあるPILOTの商品なのですね。

おうちでパパと一緒にずっとお留守番をしてくれている娘あずき(2歳)への

いいお土産になりそうです。


ちょっと雨がひどくなってきたのでこの辺りで帰宅。

また来年も楽しいイベントに関わり、そして楽しめるといいなと思った一日なのでした。

・・・来年はいいお天気になりますように!!!

★おしまい★

 

 

コレド室町2 地下1階 DELI FLOOR ~by Today

[銀造] 2017年11月10日 16:00

コレド室町2の地下1階には、~DELI FLOOR ~by Today~と言って、沢山の飲食店が営業しています。

1509684047935.jpg

今日は独りなので、気安く入れて、しかも美味しくて、それなりの値段のお店、「純鶏名古屋コーチン 鶏三和 コレド室町店」に決めました。

1509684692840.jpg

 注文は、勿論、「名古屋コーチンの親子丼」、消費税込み¥1296 です。期待通り、コリコリした天然のかしわ、鶏の食感でした。大満足です。

1509684701048.jpg

 2Fのレストラン街もお勧めですが、気安く一人で食事に入るのは、地下1階の「~DELI FLOOR ~by Today~」がよろしいかと思います。

 

 

「日本橋 滋之味」-滋賀県アンテナショップ「ここ滋賀」内レストラン

[滅紫] 2017年11月10日 09:00

100_2556.JPG

中央区内アンテナショップ27番目の店舗として滋賀県の情報発信基地「ここ滋賀」が10月29日日本橋交差点角にオープンしました。屋上テラスのある二階建てです。少し落ち着いてからと1週間目にやってきました。お目当ては2階にあるレストラン「滋之味」(じのみ)です。滋賀県と滋養の「滋」の意味を重ねたものだそうです。

 

席数は34、日本橋交差点を真下に見る眺めの良さ。ランチメニューは4種類、「鶏のじゅんじゅん玉子とじ丼」千円「旨酸っぱいスープ麺」千円、「近江一汁三菜定食」1200円、「近江牛定食」2800円です。「じゅんじゅん」というのは「すき焼風に味付けした鍋物を滋賀県ではじゅんじゅん」と呼ぶのだそうです。これにも魅かれたのですがやはり「近江」といえば「近江牛」でしょう!というわけで奮発して豪華ランチですが、同じことを考える人が多いらしく「近江牛終わりです」という声が聞こえました。江戸時代、肉は表向き禁食でしたが唯一牛肉生産が許されていたのが彦根藩、味噌漬けにした牛肉を将軍に献上、大石内蔵助が討ち入り時の最長老76歳の堀部弥兵衛に「御老体の滋養に」と味噌漬けを贈っていたのも有名ですね。「反本丸」(へんぽんがん)の名前で養生薬として大々的?に売り出していたそうです。「水戸藩がうちにも送ってほしい」と願ったのを井伊直弼が拒否したのが「桜田門外の変」の遠因だという珍説を読んだこともあります。「20分かかります」と云われて漸く登場しました。スライスした牛肉の周りはグリルした近江野菜が色鮮やかに並んでいます。赤カブと大根のグリルは初めてでしたが、今度試してみようと思うくらい美味です。お肉にはホースラディッシュとお塩、グレービーソースがついています。

100_2558.JPG 100_2557.JPG

 

席数が多いので土日を避ければあまり待たないで入れそうです。1階の物産販売スペースでは「鮒ずし」「近江野菜」など特産品約1000種、入り口傍には地酒バーもあり簡単なおつまみと一緒に各種の銘柄33種が楽しめます。また「近江米おむすびコンテスト」(11月12日―25日まで開催)などオープン記念のイベントもいろいろありますので日本橋にお出かけの際は是非のぞいてみてください。

 

OPEN 1Fマーケット 10:00-20:00 TEL6281-9871

    1F BAR   10:00-23:00

    2F日本橋滋之味 11:20-14:00 18:00-23:00 6281-9872

 

 

久安橋 工事中のパネルが興味深い お散歩の足休め

[銀造] 2017年11月 9日 12:00

 東京駅八重洲口から散歩。 八重津通りを300㍍も東進すると、おなじみのキリンさんの銅像、

横断歩道を南に渡って、よく目立つ "平和都市宣言一周年を記念して設置された「平和の鐘」、ヤン・ヨーステンの記念碑を見て、工事中のブリヂストン美術館前を進むと、ほどなく久安橋に至ります。

 

 久安橋は、江戸時代に松平越中守の屋敷前に架けられ「越中橋」と呼ばれていましたが、明治元年(1868)に江戸幕府の名残りである「越中」の名が取られ「久安橋」と改称されました。「久安橋」の名は、昔この付近に御坊主久安の拝領地があったことに因むといいます。 現在の橋は関東大震災の復興事業で建設は昭和53月に八重洲通りの造成とともに、架け替えられました。 

 「越中橋」の名前の基になった「松平越中守上屋敷」について説明します。 

松平越中守というのは、幕末の桑名藩松平家のことです。 桑名藩の最後の藩主は、松平定敬(さだあき)で、京都守護職会津藩主松平容保(かたもり)の実弟です。(高須四兄弟の一人) 

 

 さて、その久安橋の袂のビルが工事中ですが、その周囲を覆うパネルが中々秀逸だと感じ入りました。パネルは全部で12枚ほどありますが、江戸時代に日本橋、京橋地区は匠の生きる町でした。

1509672982894.jpg

 江戸時代、この地域には職人が多く住んでおり、職人の仕事から町名が付けられたとあります。現在の八重洲・京橋付近は建設資材を扱う大鋸町・本材木町・南大工町などの職人町から、武士や庶民の生活品を扱う桶町、畳町、具足町などまで多様なモノ造り職人が集う「匠の生きる町」であった。」との説明です。 ちなみに、現在の京橋エドグランのあるところは、江戸時代には、畳町だと、中央区観光情報センターの方に確認して頂きました。

 

ここから、八丁堀方面にお散歩する方には、八丁堀同心に関する説明のパネルが面白いでしょう。

1509672670659.jpg

 与力は「旦那様」、妻は「奥様」と称されていたとか。

旦那様、奥様とご一緒にお散歩は如何ですか? すずらん通りには、和菓子のお店が二軒あり、美味しいお土産もご購入できます。

京華スクエアの前では、八丁堀の与力・同心組屋敷に関する説明碑がご覧になれます。

 

 さて、亀島橋まで行くと、芭蕉の句碑、伊能忠敬さん、東洲斎写楽さんに関する説明碑があります。 橋の向かい側には、堀部安兵衛が住んでいたという説明碑があります。

1509672856505.jpg

実物は、

DSC04600 (640x360) (400x225).jpg

これらの説明碑や石碑は是非、亀島橋でご覧下さい。

 

 また、おもてなしの作法についての説明が面白かったです。

1509672933996.jpg

 精進料理のタクアンは、一切れ(人切れ)しか出さず、三切れ(身切れ)、四切れ(世切れ)は出さず、おもてなしの心は、二切れが作法との説明がありました。 験を担ぐことと併せて、面白いですね。

 

 どうぞ、秋晴れの清々しい気候ですので、楽しくお散歩なさって下さい。

 

 

 

八坪屋『牛乳味噌らーめん』

[みど] 2017年11月 9日 09:00

新日本橋駅から昭和通りを江戸橋方面へ100m、オフィスビル の一角にひっそりと佇む「八坪屋((はちつぼや) )」という ラーメン店を紹介いたします。 人通りの少ない路地にあり、立地的に穴場というか、隠れ家的 といった感じです。文字通り8坪のスペースで営業しています。 (カウンター4席、2人掛けと4人掛けのテーブルが各2席)

 

メニューは「みそらーめん」「しょうゆらーめん」「しおらーめん」 各650円、「チャーシューめん」880円などがありますが、看板 メニューは『牛乳味噌らーめん(800円)』でこれのみ13時から 提供するというこだわりです。

スープはマイルドな味噌に更にマイルドな牛乳のコク、そして 中央にバターがトッピングされており、総じてクリーミィーな 印象です。一見すると白いスープなので豚骨ラーメン風ですが、 食べると確かに味噌味で、ほんのりと牛乳の甘みを感じます。 麺は少し柔めの茹で加減で、やや太めの縮れ麺。 具にはチャーシュー・モヤシ・メンマ・ワカメといった具合です。 牛乳と味噌。ミスマッチのようで意外と相性が良い取り合わせでした。

 

ちなみに、店長お薦めの食べ方を書いた紙が壁に貼られていました。 麺とスープを半分くらい食べ終えたところで一味唐辛子を投入し、 最後に酢を加えるというもの。試してみたところ確かに味わいの あるスープに変身したように思います。

 

 003.jpg

 004.jpg

 001.jpg

らーめん 八坪屋 (はちつぼや)

 電話:03-3272-1888

 最寄り駅:新日本橋駅 徒歩1分

 営業時間: [月~金]11:00~15:00、17:30~21:30

       [土]11:00~14:30

 

 

 

 

11月末まで楽しめる!「謎解き日本橋めぐり」@日本橋観光案内所

[えだまめ] 2017年11月 8日 18:00

子連れ特派員のえだまめです


前回、「中央区まるごとミュージアム」関連の記事でご紹介したイベント

「謎解き日本橋めぐり」ですが、

台風一過のある日、パンフレットを片手に早速お散歩を開始しました。

DSC_2195-1.jpg

改めてご紹介、ですが・・・

もともとは10月29日(日)実施の「中央区まるごとミュージアム」内のイベントでした。

当日はエリア内をめぐって謎解きをして、クイズに正解すると抽選でプレゼントが・・・という予定でしたが

台風接近中の悪天候もあって、プレゼント抽選会は中止

そのかわりに街中に置かれた情報発信器は11月末までそのままにしてくださるということで

謎解き・クイズは11月末まで楽しむことができる・・・というわけなのです。

やり方としてはこんな感じです。

1:日本橋観光案内所でパンフレットを入手する

  場所は日本橋南詰・花の広場のところです。

  http://nihonbashi-info.tokyo/tourism/

2:スマホ・タブレット端末に「google chrome」をインストールする

(Androidの端末だと、購入時点ですでにインストールされてるものも多いかもですが)


3:位置情報(GPS)機能とBluetoothの機能をどちらもONにする

※ここ、すごく大事です!

 というのも・・・「謎解き日本橋めぐり」のパンフには位置情報(GPS)機能をONにする、ということが

 記載されていなかったので。

 いつも電池の減りが早くなるのが気になって、GPSをOFFにしているえだまめは

 いくら頑張っても情報入手ができなくて困ってしまっていたのでした。

 それで日本橋観光案内所の責任者のY様に多大なるご迷惑をおかけしたわけですが・・・。

 このイベントはgoogle Chromeのnearby というシステムを利用しています。

 これは位置情報(GPS)機能とBluetooth機能を両方ONにしないと利用できないものなのです。

 くれぐれもご注意くださいね。


4:地図に示されたポイントへ向かう

パンフ内の地図には「この近くに行くと情報がゲットできるよ」というマークがちりばめられています。

DSC_2236-1.jpg

お散歩がてら、歩いていきましょう。


5:ポイントに着いたら、スマホを一番上から下にスワイプして

「通知情報」をチェックしてみる。

・・・するとこんなのが出てくるはずです。

Screenmemo_2017-10-31-12-19-37.jpg

(↑写真は明治座の近くで出てきた画面です)

つまり、そのポイントに近づくと、無線で飛んできた情報をスマホがキャッチしてくれて

「ここにこんな情報があるよ!」とお知らせしてくれるのです。

で、この画面をタッチしてみると詳細が・・・


・・・おっと、ここまで!

謎解きイベント、この先に「秘密のキーワード」が表示されるのですが

それを言ってしまったらこのイベントの楽しさがほぼなくなってしまいますからね。

そうそう。キーワードを見つけたら、ちゃんとメモしておきましょう。

情報をキャッチできるエリアを離れてしまうと、分からなくなってしまいますから。

6:「キーワード」を集めていくと・・・そのエリアのクイズが完成します。

クイズはエリアごとに全部で7問できあがります。頑張って答えてみましょう!

7:答え合わせはスタート地点の「日本橋観光案内所」にて行います。

抽選会はなくっても、答えはちゃんとあってるか・・・気になりますよね?

全問正解目指して頑張ってくださいね



※もしも、情報通知画面に「謎解き日本橋めぐり」関連の情報がなかなか入ってこない、というときは

スマホの「設定」から

Screenmemo_2017-10-31-18-15-00.jpg

「google」のところを選んで

Screenmemo_2017-10-31-18-15-14.jpg

サービスの中からnearbyを選びます。

Screenmemo_2017-10-31-18-15-26.jpg

で、その画面を更新してみると、何か情報が入ってくるはずです。

もしそれでもうまくいかないときはポイントとなるはずの場所に

よりグッと近づいてみると良いかもしれません。

あとは↑の3、に書いた位置情報(GPS)とBluetoothがONになっているかの確認と

nearbyの情報が受信できる設定になっているかの確認ですね。

Screenmemo_2017-11-03-16-44-19.jpg

nearbyの画面の「設定(歯車みたいなマーク)」のところを押して

Screenmemo_2017-11-03-16-44-34.jpg

「付近のリンクが使用可能」がONの状態になっているかチェックしましょう。

おそらくこれでうまくいくはずです。

ただし、これはAndroidユーザーのえだまめの私見ですので・・・。

iPhoneユーザーの方、そしてAndroidユーザーの方でもやはりうまくいかない、という方は

日本橋観光案内所に相談に行ってみましょう。

DSC_2193-1.jpg

何か解決策を見つけてくださるかと思います。


そして、最後に出来上がる日本橋エリアに関するクイズ、ですが・・・

普通の人は何も調べずに答えるのはちょっと難しいものがあるかもしれません。

でも、手元にはスマホがあるわけですから・・・ね。

調べてみることも、この日本橋という地域をより深く知るための手段なのかな、と私は思っています。

それで少しでも「へぇ~っ!」っと思ってもらえたらいいのかなぁ、と。

特派員的には・・・知識の抜けがあるところに焦りを感じ、

勉強しなくっちゃ!と気を引き締めたりもするわけですが。


また、キーワードがないところにも情報端末は設置されていて

それぞれその場所に関する詳しい情報をゲットすることができるようになっています。

実は私・・・このイベントに接するまで、

Bluetoothという機能を使ったことがありませんでした。

スマホって、こんなこともできるんだなぁ~と感心するとともに

これからの時代の観光案内って、デジタル機器を駆使して

もっと様々な形で情報提供できるようになっていくのだろうな・・・ということも

実感させられました。

残念ながら抽選会はありませんけれども、

10月29日(日)だけに限らず楽しめる、という風になったので

日を分けて、今日は東日本橋、次は八重洲&日本橋、という風に楽しむこともできるイベントになりました。

ちょっとしたおさんぽ、のお供にこの謎解きパンフ、というのも楽しいと思います。

せっかくの機会ですので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 
<<前のページへ 4567891011121314