中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


食の楽しさ・豊かさ・意外さの提供  ~ 北海道フーディスト 八重洲店 ~

[rosemary sea] 2017年5月20日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』につき、アビリティー発揮を拠り所として取材します、 rosemary sea です。

 

DSC02367a.jpg北海道フーディスト 八重洲店さん、前回は移転前の4月上旬のお伺いでした。

ロズマリ食リポ隊、T山さん2号(北海道出身)のオファーでした。

 

4月26日、八重洲地下街にリニューアルオープンされました。

お店の広さは以前の約3分の2になりましたが、東京駅にはより近くなり、雨にも濡れずに駅に直結。これは八重洲地下街のメリットですね。

 

水産物や農産品、畜産加工品、乳製品、お菓子など、北海道ならではの本物の味が1,000品目以上。

北海道の大地、大自然で育まれた真の美味しさが味わえます。

品質や安全性にも留意し、こだわりを持って生産された商品を取り揃えておられるとのこと。

今回はその商品のごく一部をご紹介させていただきます。

 

今回も北海道フロンティア株式会社 北海道フーディスト八重洲店 渡邉店長にお話を伺いました。

DSC02354a.jpg DSC02352a.jpg

最初におみやげもののコーナー。

中央の、少しだけ階段を上がったところ、そこがロズマリ得意とするギフト商品の置かれたコーナー。

ここでのダントツ一番人気はとうきびチョコ。チョコとホワイトチョコの2種あります。

北海道の定番商品ですからもう皆さんはご存知ですよね。

渡邉店長と一緒に撮らせてもらいました。

 

DSC02357a.jpg

次は水産加工品のコーナー。中央の階段下です。

 

DSC02358b.jpgおうちで食べるおかず・おつまみの類い、と言ったらよいでしょうか。

商品によっては「売り切れ中」の札に替わっているものも。人気です。

ここではいかめしさんま煮物が2トップ。

いかめしは左から函館(1尾)、カレー(3尾)函館(2尾)、森町(2尾)。

DSC02359a.jpg

さんまは左から黒酢煮、生姜煮、味噌煮、旨辛煮、旨煮、ゆず塩煮。

バラエティー感満載です。ロズマリの撮影の前後にもお客様、買い求められていました。

DSC02360b.jpg DSC02361a.jpg

そして、冷凍のジンギスカン。向かって右側の位置。

ここでは「松尾ジンギスカン 特上ラム(もも)」がおすすめです。

 

DSC02362a.jpg DSC02364a.jpg

ラーメンのコーナー。ジンギスカンの裏の位置。

西山ラーメンの味噌、売れています。

 

DSC02365a.jpg DSC02366a.jpg

スイーツのコーナー。向かって左側、ソフトクリームコーナーの手前。

こちらではいろいろな商品がまんべんなく売れているとのこと。

でもトップはこの「ふらの雪どけチーズケーキ」。美味しそうです。

 

DSC02368a.jpg

最後にソフトクリーム。3種あります。お店レジの左。

オホーツク海に面した北海道北東部、紋別のとなり、興部町(おこっぺちょう)、ノースプレインファームの生乳を使った「北海道ミルクソフト」。味は濃厚、一番人気です。

牛の牧草の生育に、無化学肥料・無農薬を8年以上実施、有機JAS認定農場です。

素材にこだわった安心で美味しいソフトクリーム、350円。

それと「夕張メロンソフト」。

北海道ミルクソフトと夕張メロンソフトを合わせた「ミックス」。

どれも350円です。

 

今回画像はご紹介しておりませんが、お店の中央にはマスコットの熊の「きたっくま」。

ちゃんとお引越ししてきています。名前はネットで募集してお客様につけてもらったものです。

きたっくまの載っている移転前の記事はこちら 

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4203.html

  

北海道フーディスト 八重洲店

八重洲2-1 八重洲地下街 中2ブロック

詳しくは八重洲地下街に入り、店舗配置図にて「八重洲地下街1番通り」、「八重洲地下街2番通り」をご覧ください。

03-3275-0770

営業時間  10:00~20:00

年中無休 (元日のみ店休)

北海道フーディストさんのホームページはこちら ⇒ http://www.foodist.co.jp/

八重洲地下街さんのホームページはこちら ⇒ http://www.yaechika.com/

なお、この記事掲載につきまして八重洲地下街株式会社 小澤様にご了解をいただきました。

 

 

◆ 信玄公から家康公へ

[隅田の花火] 2017年5月19日 09:00

日本橋の三越前駅のすぐ近くにある「貨幣博物館」。先日、初めて行って参りました。日本銀行本店の隣にあるビルにあって、無料で見学することができます。

s_hanabi47-1.jpg 

今の日本銀行本店の建物がある場所は、かつて江戸時代に「金座」という、金の貨幣を作る施設があった場所です。

s_hanabi47-2.jpg

 

また、今の中央区「銀座」の名前は江戸時代に銀貨を作る「銀座役所」があったことに由来します。中央区には、こういった江戸時代の貨幣のゆかりの場所があります。

s_hanabi47-3.jpg


(銀座中央通り・銀座2丁目)

 

貨幣博物館に行ってみようと思った理由というのが、4月の山梨県に花見に行った際に下部温泉の「湯之奥金山博物館」に立ち寄り、戦国時代の頃に甲斐の国で流通した「甲州金」という貨幣を知って、興味をもったからです。

 

確か、バブルの頃にやっていた大河ドラマ「武田信玄」を見て以来、何かと信玄公や山梨県が好きな私。「甲州金」については少し難しかったのですが、せっかくなのでまとめてみることにしました。

s_hanabi47-4.jpg

(下部温泉にある湯之奥金山博物館あたり) 

 

 

どちらの博物館に行ってみてもわかるのですが、江戸時代の貨幣制度の歴史のはじめには、まず、その前の戦国時代に始まったとされる『甲州金』の説明が出てきます。

 

今の山梨県、当時の甲斐の国は信玄公でおなじみの武田家の領国でしたが、技術の進歩で金がたくさん取れるようになっていた時代で、当初は碁石金というような、領国内で通用する金の粒々の塊の甲州金が作られていました。

 

取引の際に金の重さを重要視していた戦国時代。それは『秤量貨幣』と分類される貨幣でしたが、重さががまちまちだったため、その都度重さを量る必要がありました。

 

 

そこで、重さを量らなくても良いように重さが統一された貨幣に甲州金は変化していきます。それは「1両金・1分金・1朱金・糸目金」といったような貨幣。

 

 1両金(15g)×1枚

=1分金(3.75g)×4枚

=1朱金(0.9375g)×16枚

=糸目金(0.234g)×64枚

(参考資料:湯之奥金山博物館展示解説シート「甲州金」)

と、

金銭の単位を『1両=4分=16朱=64糸目』の4進法としたことにより、枚数を数えるだけでその価値がわかり、また貨幣同士の交換ができるようになりました。

 

これは、価値が重さで決まる「秤量貨幣」の側面があるものの、貨幣の表面に額面が表示された斬新的な金貨で、『計数貨幣』に分類されるものです。

 

 

また、戦国時代は金の「重さ」が重要視されたということですので、糸目金のような小さい貨幣を作る際にも、その重さを量る精密な秤(はかり)が必要でした。

そこで武田家は、秤を製造販売する独占権を「守随家」に与え、精密な秤を作らせました。こうして甲斐の国では秤の技術も進歩していきます。

 

 

 
その後、天下人・徳川家康公の江戸幕府の時代となり、全国の統一的な貨幣制度を整備することになります。

金に関しては甲州金の4進法の単位を採用、『1両=4分=16朱』の貨幣制度としました。銀に関しては「秤量貨幣」の制度が残ったのですが、金については優れた甲州金の「計数貨幣」の考え方が取り入れられたわけです。

 

 

また秤に関しては、徳川家は守随家を擁護し、江戸幕府の「江戸秤座」を守随家に任せました。東国33国の共通の規格の秤としてこの甲斐の優れた秤の技術が採用されたのです。

 

その秤座があったとされる場所は、中央区にあり、今はビルの合間にひっそりと石碑が建っています。

s_hanabi47-5.jpg

(日本橋3丁目7・日本橋髙島屋から少し京橋寄り)

 

 

こういったように徳川政権には、武田家の内政の優れた部分が引き継がれているところがあります。

 

甲斐の武田家というと、風林火山の旗印や、騎馬隊・赤備えの鎧の部隊など、精鋭武士軍団のイメージがあります。しかしこの甲州金の制度や、洪水対策で造った信玄堤などからもわかるように、国を治める上で優れた政治を行った領主だったようです。

 

大河ドラマ「武田信玄」では、ドラマ終盤で、信玄公が家康公を追い詰めて打ち破った「三方ヶ原の戦い」のシーンが描かれました。ですが一番印象的だったのは、家康公が戦いに敗れたあと、自らの失敗を反省し変わろうとしたことを、このドラマが紹介していたことです。

 

時は過ぎ、武田家は織田信長公に滅ぼされ、そして本能寺の変の後に、甲斐の国は家康公が治めるところとなりました。戦いに敗れたことのある思い出したくもない相手だったと思いますが、家康公は武田家の旧臣を尊敬の念をもって招き入れ、その武田家のやり方を参考にしたといいます。

 

過去にとらわれず、あえて相手の優れたところを前向きに吸収しようとした家康公。そういうところが、家康公から学ぶべきところ、見習うべきところのひとつだと感じています。

 

 

 

オランダ館と将軍への参府

[yaz] 2017年5月18日 09:00

前回もオランダ館を紹介しましたが、カピタン(オランダ商館長)のブロムホルツ(江戸時代後期の商館長)と娘たちの間の手紙が残っていますので、それを参考にオランダ館内部や将軍拝謁などについて想像してみましょう。(「長崎屋の娘」タイトルのミステリー仕立ての小説が出ています。興味のある方は読まれたらいかがでしょうか?)

 

長崎屋源右衛門は薬種問屋として、中央通りの角地には唐人参座(朝鮮ニンジンを中心とした薬の販売店)を持ちその隣に広大な土地を所有していました。長崎屋の屋敷の裏にオランダ館がありましたが、入り口は本石町三丁目新道側にあったと考えられます。現在本石町新道は「時の鐘通り」と名づけられています。オランダ館の隣に江戸最古の「時の鐘」があったためです。

長崎屋の区画.jpg  鐘撞新道(現在).jpg.jpg  石町鐘撞通り(現在の電信柱).jpg.jpg

 

長崎屋の敷地は広く、オランダ人以外の人々の宿舎と、献上品などを格納しておく土蔵、馬の厩舎も敷地内に備えていたと考えられます。敷地の大きさは千坪(3,300㎡)以上と考えられます。

 

一階の入り口のすぐ左わきには扉があって、そこを開けて2階に上ることができます。2階に上るには警備員の許可を受ける必要があったと考えられます。

オランダ館1F_レイアウト.jpg  オランダ館2F内部.jpg

 

竈の煙が2階のカピタンの執務室に流れ込み苦労したという著述が残っていることから、一階の左側に台所が配置され、その右には食堂、そして2階での面談に来た人々が待機する待合室がその右にあったと予想されます。竈のある台所の扉は長崎屋の屋敷と通じており、そこが長崎屋の人々との交流の窓口であったのでしょう。長崎屋側で調理した食事の提供などがあったかもしれません。寿司やてんぷらなどもオランダ人は食べたのでしょうか?

 

オランダ館の2階右の便所・浴室でh「おまる」や尿瓶を利用し、幕末近くには便座椅子や腰掛式の便器のようなものを使用していたのではないでしょうか。

長崎屋の便所.jpg

 

オランダ宿(館?)は寛永年間(1624~1644)に始まり1850年頃に終わりましたが、参府の合計回数は166回に上りました。家光の時代には毎年参府していましたが、後期になると4年に一度に変わりました。

 

長崎屋はカピタン一行が到着する2~3日前から非常に忙しい毎日を過ごします。2階の修繕を行い、在府の長崎奉行所役人の検分を受けます。到着の前夜から町奉行所の普請約2名、同心2名が長崎屋に詰めて警備に当たります。これらの人々がオランダ館の1Fの警備員室に詰めていたのでしょうか。

 

「旅館(オランダ館を指す)の門には二重の番所ありて、絶えず其の周囲を巡邏し、又通行人の立ち止まることを許さず」という文章が残っていますので、警備は非常に厳重であったと予想されます。北斎の浮世絵としてカピタン一行と江戸町民が窓を介して交流する姿が描かれ、現在も新日本橋駅入口に看板として掲げられていますが、これは北斎の脚色と考えられます。鎖国の時代ですから、オランダ館の1階に窓があったとはとても考えられません。

 

カピタン一行が滞在しているときには、オランダ東インド会社(Vereenigde Oostindische Compagnie=VOC)の幔幕を長崎屋の表玄関(本石町三丁目道路)に掲げていました。下のどちらの幔幕なのかは、不明です。江戸幕府は鎖国を政策として掲げていましたから、オランダ東インド会社という私企業との取引を行っていたという建前で動いていました。

 画本東都遊 長崎屋.jpg  東インド会社幔幕.jpg  

 

カピタンの衣装は下図のようなものでしたので、江戸の人々にとっては物珍しく興味を引いたに違いありません。

 オランダ人の洋服.jpg

 

オランダ使節団の構成は以下の通りです。

l カピタン・書記・医師などの隋員を含めて4人のオランダ人

l その他、長崎奉行所の検使、通弁、書記、料理人、献上物の運び人足など

総勢60人程度といわれています。これだけの人数が長崎から江戸まで移動するのですから、壮観ですね。

カピタン一行参府の様子.jpg.jpg

オランダ館の屋敷にすべての人を収容できませんでしたので、敷地内の随行員宿舎に一部を収容し残りは近隣の旅籠に収容したようです。カピタン滞在時には、多くの金銭が日本橋界隈に落ち非常に賑わったそうです。

 

文政5年(1823)当時の将軍(11代将軍 徳川家斉)への拝謁の段取りは次の通りです。

l 将軍への拝謁日: 4月6日

l 卯の刻(午前六時)長崎屋出立

l 駕籠を降り城内に入る

l 百人番所で茶を飲む

l 待機

l 御殿に到着

l 江戸在府の長崎奉行とカピタンが拝謁

拝謁終了後、幕閣の老中、若年寄、側用人、寺社奉行、北・南町奉行の屋敷を回り長崎屋に戻りますが、これで終わりません。蘭学好きの大名、幕府の医官、天文方から旗本、諸大名、民間の蘭学者などが阿蘭陀館で待っているのでこれらと面談し、やっと長~~~~~い一日が終了します。この後ほっとして、リキュールでも飲んだのでしょうか?

 

参考文献:

オランダ宿の娘 葉室 麟 ハヤカワ文庫

城内誠一: 江戸最初の時の鐘物語(流通経済大出版会)

城内誠一: 江戸のオランダ人定宿「長崎屋物語」(流通経済大出版会)

片桐一男: 江戸のオランダ人(中公新書)

片桐一男:それでも江戸は鎖国だったのか(吉川弘文館)

東京都中央区教育委員会: 中央区沿革図集(日本橋編)

 

 

結葉 瑞々しい緑の楓

[あすなろ] 2017年5月17日 16:00

中央区も木々が多く、四季折々に様々な姿がありますね。

 

雨上がりの散歩道、楓の若葉が目に鮮やかに写ります。
この時季の楓の若葉は、「青かえで」と呼ばれ、
初夏の季語にもあげらます。

 DSC_5222.jpg

夏に向かって日毎に青さを増し、葉を充実させます。

 

青葉が重なり合って結ばれたようになる様子を
「結葉(むすびば)」というそうです。

 DSC_5231.jpg

緑は目の疲れ癒すといわれます。
街の中の緑の彩を探してみませんか。

 

◆福徳神社(芽吹稲荷)
東京都中央区日本橋室町2-4-14

 

 

荒汐部屋と猫尽くし

[にゃんボク] 2017年5月16日 16:00

その昔、きのこなのか、タケノコなのかで天下を二分する争いが行われ・・・たことは ありませんが、それに勝るとも劣らないのが、「犬派」か「猫派」かではないでしょうか

 

犬派の私としてはどうにも最近は猫に対して分が悪いと感じているわけですが、先日は 「日本橋の猫大集合」のイベントがあると聞いて、敵情視察(?)に行ってまいりました。

 

ところは、日本橋三越本店。全館ねこづくし、で各地域の猫グッズを揃えた強力なラインナップ!

ぐ、ぐむぅ・・恐るべし。だいたい、三越さんのライオン像はネコ科じゃないか。

magokoro.JPG

 

天女(まごころ)像のそびえ立つ本館1Fの中央ホールには、招き猫のおばけが・・! ではなく、これは猫の「壁ドン」だそうです。西郷どんもびっくりの破壊力。

kabedon.JPG

笑顔に騙されてはいけませんっ!左耳だけねじり鉢巻きという時点でタダ者ではない。P5030051.JPG

さて、この「猫づくし」に花を添えたのが、中央区の荒汐部屋の力士たち。何やら 荒汐部屋に住む「モルとムギ」なる猫ちゃんつながりだとか・・・。 こじつけか、こじつけじゃないのかっ!?

 

その荒汐部屋のエースは、蒼国来(そうこくらい)関。貫禄があります。 オーラがあります。座っていると大きくないのに立つと背が高いのは足が長い証拠。 『遠くの親戚より近くの他人』ならぬ、 「遠くの稀勢の里より近くの蒼国来」です。もうこれは応援するしかありません。

sumo.JPG

どうぞ、どうぞ、どうぞ!(私も写真撮ってもらいたかったなぁ)

 

荒汐部屋といえば、外国の方が「morning practice」なる朝げいこを見学に来ること も有名です。でも、外国の方がどうして「いつ練習をしているか」知るのだろうと 前から疑問だったのですが、ある日、ドイツの方が見学に向かう道案内をした 際に、あるTV番組を真似て聞いてみたのです。「you はどうして荒汐部屋へ?」 (How did you get to know morning practice?」 その方は、「ホテルのフロントで教えてくれたのよ」とのことでした。あ、 そういうことだったのね。多くの相撲部屋がありますが、窓枠が大きく見学自由の 部屋は少ないそうですぜ。これも一種のhospitality。中央区の荒汐部屋をお薦めします。

arasio.JPG

 

さて、中央区に数多あるアンテナショップ等でも販売される各地域のご当地猫グッズには、猫型の大人気食材(神奈川の大人気猫型ドーナツ、 福島の焼き菓子、島根のしまねっこ、長崎のにゃがさき猫等)もあるようです。 かわいい猫が知らぬ間に?無くなってしまったときは(この場合は美味しくて 食べただけですがね)三光稲荷神社へのご参拝をお薦めします。 猫を見失ったとき立願すれば霊験ありと言います。(人形町の三光稲荷)

sankou.JPGyurai.JPG

今回は猫のパワーに押されっぱなしでしたが、次は負けませんよ~。

 

 

和紙と綿棒が織りなす世界 in「小津和紙」

[達磨] 2017年5月12日 14:00

中央区まちかど展示館「小津和紙」の2階ギャラリーでは

和紙と綿棒が織りなす 百人一首 八センチの世界」が開催されている。

   会期:2017年05月02日~05月13日(土)

   時間:10:00~17:00(最終日:14:00迄)

 

↓ 百人一首 平安おりんぴっく

小津和紙綿棒①.JPG

 

小津和紙縦綿棒.jpg顔や体は綿棒で、衣装は色とりどりの和紙で作られた8センチの人形たち、一体一体にやさしさと美しさ、生命力を感じます。

 

つくり人の「伊藤壽子さん」は筋ジストロフィーの長男と次男との闘病生活の中で障害ある人形と出会ったことが、和紙人形作りの出発点だった。と、百人一首の歌の場面を8センチの和紙人形で再現した作品群には、伊藤さんの亡くなった二人のご子息への思いが込められています。

 

「和紙が織りなす日本」実行委員会代表のお話でした。

小津和紙綿棒15.jpg

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011