中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋 熈代祭

[saru] 2017年11月16日 14:00

10月20日から11月7日まで日本橋のコレド室町、福富の森周辺で「熈代祭」を開催していました。今年で2回目だそうです。ちなみに字が難しいですが、「きだいまつり」と読みます。東京メトロ三越前駅に行くとみられる江戸期の日本橋の繁栄を描いた絵巻「熈代勝覧」から名付けたのでしょうね。「熈代勝覧」の意味は「熈(かがや)ける御代の勝(すぐ)れたる景観」という意味だそうで、現代にその賑わいを再現したということでしょうか。

DSC_1902z.jpg

 

会場では日本橋にある各地のアンテナショップの出店や日本酒の呑み比べ、また和楽器演奏やけん玉など伝統パフォーマンス、華道や水引き、わら細工などの伝統技術の青空教室も開かれ、たくさんの子供たちが喜んで参加していました。

DSC_1900.JPG

 

 

そんななか、SARUは特設ステージでの三遊亭遊馬師匠の落語「百川」を見てきました。「百川」は日本橋浮世小路にあった料理屋の名で、奉公人の百兵衛のお国訛りを客の魚河岸の衆が聞き違えて起こる大騒動を面白おかしく噺す古典落語です。日本橋と人形町が舞台なんですが、そういえばここが復活した新浮世小路ですね。少々肌寒い陽気でしたが、芸と笑いが堪能できて良い時を過ごしました。

DSC_1920.JPG

 

 

ちょっと蛇足ですが、百川ついでに。

百兵衛さんが使いに行くのが三光新道。今も人形町にあるそこの三光稲荷神社は失せ猫祈願でも有名です。(下の写真)江戸時代はペット時代の幕開けでもあったようで、猫侍ではないですが、迷子猫も多かったんでしょうね。

DSC_1754.JPG

 

 

 

昨年、ゴジラと戦った場所でございます。

[小江戸板橋] 2017年11月16日 09:00

「進行左手に見えてきましたのは、東京駅東口でございます。

2016年、鎌倉の由比ヶ浜から上陸したゴジラが、凍結作戦により動きを止めたのが、この周辺でした。

本日は雨のため、グランルーフの上空が見えにくいのですが、その体長118.5m。

第4形態に進化したゴジラの、なんと恐ろしい姿でしょうか。」

 

10月29日、「中央区まるごとミュージアム2017」の巡回バスのガイドを担当させていただきました。

バスは銀座六丁目バス停から外堀通りを北上、呉服橋交差点を右折して日本橋バス停へ向かいます。

今走っている外堀通りが、千代田区との区境界です。

東京駅西側には赤レンガ造りの丸の内駅舎があり、100年前の辰野金吾博士による設計当時の姿が復元されています。

東側八重洲口には、帆船の帆をイメージした大屋根、グランルーフがあるのですが、雨のためにくもるバスの窓越しには、全体像がはっきりと見えにくくなっています。

見えないならば、見えない話をしましょう。

(シン・ゴジラは、すでに地上波でも放送されましたが、ネタバレ注意です。)

 

東京湾から現れ、各地に甚大な被害を与えてきたゴジラ。

口から吐き出す熱線で、銀座四丁目の和光ビルを、一瞬で斜めに切り裂いてしまった。

首都圏に壊滅的な被害を与え、巨大化、狂暴化する、破壊神ゴジラ。

自衛隊、警察、消防、技術者、様々な部署で人々の決死の行動が続く。

ゴジラ凍結作戦。ヤシオリ作戦だ。総力戦となる。

「宇宙大戦争マーチ」に乗り、品川で待機していた東海道新幹線N700系2編成が、ゴジラの足元に突入する。無人新幹線爆弾だ。

八重洲通りから、または鍛冶橋通りから接近を試みたのが、特殊建築重機群第1部隊。

コンクリートポンプ車、タンクローリー群が、ゴジラの口中に血液凝固剤を投入する。

そして、荒れるゴジラを押さえるために、一気に全速力で突入する、山手線、京浜東北線、東海道本線、中央線快速の各列車。E231系及びE233系からなる無人在来線爆弾である。

すげーッ。

チェーンのように巻き付き、ゴジラの動きを制御する。

きっときっと、次の作戦に備え、地下を走る総武線や横須賀線、東京メトロの各車両も攻撃態勢を整えていたに違いない。

ゴジラは、東京駅八重洲側寄りの線路上で、その活動を停止させた。

 

「今では、東京駅でゴジラを見ることはできません。

もし、その姿をご覧になりたいのなら、そうですね。新宿歌舞伎町に行ってみてください。

新宿東宝ビルの上から、先代のゴジラが顔をのぞかせていますよ。

ちなみに、新宿区からは特別住民票が交付され、新宿観光特使に任じられているとか。

すごいですね。」

こんなこと言って、はしゃいでいました。

 

 

山中翔之郎作品展〔アートギャラリー メゾンドネコ〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月15日 14:00

maineko001.JPG

京橋1丁目、佐伯ビルの2階にあるアートギャラリー、「メゾンドネコで、山中翔之郎さん作品展2018カレンダー&クリスマスが開催されており、行ってきました

maineko002.JPG

路地裏看板が目印です

ギャラリーの隠れ家的な雰囲気が、のイメージと重なって、いい雰囲気を醸し出しています

maineko003.JPG

開催期間は、11月10日)から14日)まででした。

maineko004.JPG

山中翔之郎さんの作品展は、今年7月に聖路加第一画廊で開催されたのを、このブログでも紹介させてもらいました

maineko005.JPG

今回展示されている山中さんの作品は、クリスマスを意識したものが多く、サンタクロースの組み合わせが絶妙です

maineko008.JPG

また、山中さん愛情あふれるタッチのパステル画(しかも、超細密)と、メゾンドネコの何とも言えないレトロ感が相まって、とても気持ちのいい癒しの空間が生まれていました

maineko007.JPG

アートギャラリーメゾンドネコ」の住所は、東京都中央区京橋1-6-14 佐伯ビル2階です

maineko009.JPG

山中翔之郎さん個展は、中央区では、来年1月29日)から2月3日)まで、聖路加第一画廊にて開催予定です

maineko010.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、山中さんご本人にご了解いただき、取材にもご協力いただきました

ありがとうございます

メゾンドネコのHPはこちら ⇒

http://www.office-taira.jp/m-neko/

今年7月に紹介した山中さん作品展聖路加第一画廊〕のブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/07/post-4504.html

 

 

きっと見つかる、お気に入りの美味しさ  ~ ロイスダール ~

[rosemary sea] 2017年11月14日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をナチュラルに取材します、 rosemary sea です。

 

日本橋三越本店 本館地下1階の食品フロア、洋菓子エリアのロイスダールさんに半年ぶりにお伺いしました。

前回の記事はこちらです。

⇒  http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4186.html

季節も移り変わり、ショーケースの商品も趣きに変化がありましたようですので、改めてご紹介させていただきます。

以前にも申し上げましたが、こちらロイスダールさんはロズマリ食リポ隊リーダー、S井さんのお気に入りスイーツのお店です。

素材の美味しさを大切にしながら、手づくりの風味を生かして作る洋菓子の数々。

"どこにもない美味しさ"の洋菓子を追求されています。

今回も株式会社ロイスダール 三越日本橋本店 高田店長にお世話になりました。

 

お待たせしました、商品のご紹介です。

DSC03039a.jpg

アンジェ   チョコレート10個入 1,080円(税込)

他に15個入、20個入、30個入がございます。

フルーツやナッツを使用したバラエティ豊かなチョコレートの詰合せ。

11月上旬から3月下旬までの冬季限定でご用意されています。

(天候により販売時期が前後することはあるそうです。)

ナッツを中心に、フルーツやコーヒー、ラムレーズンのお味が入っています。

大変口どけの良いチョコレートです。

 

 

DSC03038a.jpg

エクセレントギフト   3,240円(下画像の下部)・4,320円(下)・5,400円(上)(税込)

冬季はチョコレートと焼菓子の詰合せとなっております。

夏季はチョコレートの代わりにゼリーが組み合わせされています。

定番で毎年お歳暮の時期の販売となっています。

三越ギフトセンターも始まりまして、こちらが送料無料でご対応できます。

毎年人気のお品です。

 

 

DSC03035a.jpg

スイートアソート   3,240円(税込)

画像の上部です。

クリスマスのイラストの缶。

楽しい絵柄ですね。クリスマスには最適かと。

 

 

DSC03033a.jpg

アンリカ

4個入1,080円・8個入2,160円・12個入3,240円(税込)

バターの風味豊かな生地の中に、ほどよい甘みの渋皮栗を入れた「マロン」。

スポンジケーキでガナッシュクリームをサンドし、チョコレートでコーティングした「ミルク」「スイート」。

冬季は3種類のお味です。

マロン以外は季節によって種類が変わります。

冬季はこのようにチョコレートバージョン。

夏季は4種、マロンの他はオレンジ・白桃・フルーツミックス。

 

 

DSC03040a.jpg

朝顔狗子図杉戸(あさがおくしずすぎと)エクセレンスショコラ   5,400円(税込)

18世紀、江戸時代の丸山応挙の動物画「朝顔狗子図杉戸」のパッケージ。

愛くるしい子犬を描いた図の限定缶となっています。

来年の干支は戌(いぬ)、ですので年末年始の需要が見込まれるとのこと。

中には多彩な味わいのチョコレート。

大きめの粒チョコレート・エクセレンスショコラはナッツを中心に、つまりピスタチオ、ヘーゼルナッツ、あとはキャラメルのお味などが入った8種16枚の大変ボリュームのあるチョコレート。

中央には16枚の板チョコレート、精細な写生画で包んだカードチョコレートが入っています。

 

 

DSC03041a.jpg

リーフパイ・クッキー詰合せ  3,240円(税込)

三越さんの包装紙「華ひらく」のストーンモチーフをかたどった「フランボワーズクッキー」。

それと、同じくストーンモチーフをパッケージにあしらった「アマンドリーフ」と「ショコラリーフ」など、多彩な味わいの焼菓子を詰合せてあります。

アマンドリーフ、ショコラリーフ、各8枚とクッキー6種、計30枚入です。

缶も限定缶、「華ひらく」のストーンモチーフの赤・シルバー缶。

紅白をイメージしている、大変縁起の良い詰合せギフトです。

 

ここでロズマリ食リポ隊の登場です。

今回は2名欠席のもと、食リポ初登場3名を加えました。

・・・アマンドリーフ

「バター風味が口の中いっぱいに広がり、心地よいシュガーの甘さ、アーモンドの香ばしさがとてもマッチしていて美味しいです。」S山さん。

「アーモンドの量が多く、パリパリの食感が味わえる洋菓子。」Oさん。

「サクサクと軽い食感とアーモンドの香ばしい旨みがGOOD!」T山さん3号。

・・・ナッツの乗ったクッキー

「さっぱりした甘さでさくさくした食感を味わえます。」M恵さん(初)。

「ナッツの香ばしさが引き立ち、程よい甘さ。」T山さん2号。

「ひとくちサイズで食べやすい。ナッツがサクサクして美味しいです。」S枝さん。

「クッキーの甘さが程よくあり、ナッツの上品な香ばしい風味を邪魔しない。それでいてナッツの食感が楽しめる。」T代さん(初)。

・・・ラングドシャ・ラングサンド

「サクサク感とバターの味が美味でした。」F雄さん。

「クリームが柔らかめで味は濃厚、甘さは上品。コーヒーによく合うお味でした。」C春さん(初)。

・・・ラングドシャ・ショコラサンド

「程よい堅さのクッキーとチョコが楽しめました。」I倉さん。

「チョコの風味が口に広がります。」S井さん。

・・・"美味しさの森"ロイスダールさんの洋菓子、ぜひご賞味ください。

   お気に入りの美味しさ、きっと見つかります。

   そしてお世話になった方へのギフトにも最適かと。・・・

 

DSC02163a.jpgロイスダール 三越日本橋本店

日本橋1-4-1 日本橋三越本店 本館地下1階食品フロア

03-3241-3311(大代表)

営業時間   10:30~19:30

 

ロイスダールさんのホームページはこちら

⇒ https://www.ruysdael.co.jp/

日本橋三越本店さんのホームページはこちら

⇒ http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/

 

この記事は株式会社三越伊勢丹 日本橋食品レストラン営業部 服部様のご了解をいただいております。

 

 

2017 東京スクエアガーデン ウインターイルミネーション

[サム] 2017年11月13日 18:00

DSC01133ELS'.jpg

DSC01129RS'G.jpg 今年で開業5年目を迎える東京スクエアガーデン(京橋3)。

11月10日、京橋エリアの先陣を切って、「ウインターイルミネーション2017」が点灯。

 (会期:11月10日~2018年2月28日 16:00~24:00)

初日は18:30から地下鉄京橋駅3番出口直結東京スクエアガーデンB1広場にて、点灯式が開催されました。

カウントダウンに合わせ、会場中央の4.7mのクリスマスツリーの、次いで、3階までの重畳的緑化空間、並びに路面街路樹に設えられたホワイト&シャンパンゴールドのLED電球が一斉に点灯。

ボリューム感のある上質な光の演出で、界隈でもトップクラスのスケールを誇ります。

今年のクリスマスツリーはゴールドをメインとした煌びやかで華麗な装い。

12月25日までの展示です。

 

DSC01147ELS'.jpg

 

 

新米特派員のちょっとだけ長い一日。~中央区まるごとミュージアム2017 その3~

[えだまめ] 2017年11月11日 14:00

子連れ特派員のえだまめです

前々回 → http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4725.html

前回 → http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4730.html


さて、別の特派員さんがガイドする無料巡回バスに乗って一路日本橋へ。

他の方のご案内を聞くのも自分との違いを発見するので、勉強になりますね。

そして、私が乗っていた午前中の便よりも少しバスの乗客の方も増えていて

雨の中でもイベントを楽しむ方が多いのを実感しました。

そして日本橋に到着。

私のお目当ては・・・

DSC_2193-1.jpg

こちら。

日本橋観光案内所です。

http://nihonbashi-info.tokyo/tourism/

以前先輩特派員さんが紹介されていた施設ですが

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4644.html

ここでやっていたイベントがこちら。

DSC_2195-1.jpg

スマホ・タブレット端末を利用したイベント

「謎解き日本橋めぐり」です。


・・・なのですが。

本来は「当日中に謎解きをして答えを見つけた人には抽選でプレゼントが・・・」

だったのですが、悪天候のため、抽選会は中止。

そのかわり、ですが

謎解きそのものは11月末まで楽しんでいただけるように

謎解き用の「情報端末」を街中に残してくださるそうです。

というわけで、えだまめは謎解き用のパンフレットを持って帰って、

後日晴れた日に街歩きをしようと心に決めたのでした。

※パンフレットは現在も日本橋観光案内所にて配布中です。



そしてそして。

まるごとミュージアムの企画としては

「イベントスタンプラリー」がありました。

DSC_2229-1.jpg

イベント会場の中にスタンプ設置場所がいくつかありまして

3つ以上集めると空くじなしの抽選会に参加できる、という仕組みです。

えだまめはここまでの間に

浜町防災船着場

朝潮運河船着場

日本橋観光案内所

の3か所でスタンプをゲットしていましたので

DSC_2230-1.jpg

コレド日本橋1Fの抽選会場に向かいます。

・・・その結果・・・。

「C賞」でした。

はずれ無し、とはいえ一番下の賞。

何が貰えるのかしら・・・?と思っていたら

こんなものがありました。

DSC_2194-1.jpg

フリクション色鉛筆!

こすると消える、フリクションのボールペンは知っていましたが

まさかそれが色鉛筆になっているとは!!

京橋に本社のあるPILOTの商品なのですね。

おうちでパパと一緒にずっとお留守番をしてくれている娘あずき(2歳)への

いいお土産になりそうです。


ちょっと雨がひどくなってきたのでこの辺りで帰宅。

また来年も楽しいイベントに関わり、そして楽しめるといいなと思った一日なのでした。

・・・来年はいいお天気になりますように!!!

★おしまい★

 

 
<<前のページへ 1234567891011