中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


もりもりフェスティバル2017〔中央区立環境情報センター〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年7月19日 12:00

京橋3丁目、東京スクエアガーデン6階にある中央区立環境情報センターで、恒例の「もりもりフェスティバル2017」が開催されます

morimori02.JPG

期間は、7月23日)~7月30日)です

時間は9:00~21:00です

morimori03.JPG

開催内容は、毎日開催されるものと日替わりのワークショップがあります

morimori04.JPG

毎日開催されるのは、(1)中央区の森クイズ(展示)、(2)間伐材ワークショップ、(3)間伐材おもちゃプレイルーム、(4)もりもり図書コーナーです

morimori05.JPG

日替わりのワークショップは、

23日「バードコール&メモスタンドづくり

23日「森の紙芝居読み聞かせ・自然素材のクラフト体験

24日「森と人とオオカミと。(※)

24日「バードコール&メモスタンドづくり

25日「電気のフシギ体験教室(※)

25日「森の香り(ひのき)エアーフレッシュナーづくり

26日「自然界モビールをつくろう(※)

26日「丸太切り体験

26日「檜の間伐材で、いい香りのお箸づくり

27日「森林教室(※)

27日「竹紙ポップアップカードづくり

27日「牛乳パックで大根づくり

28日「森のフレームづくり

29日「セミの羽化観察会(※)

29日「間伐材ワークショップ

30日「多肉植物の寄せ植え体験

で、ワークショップの中には、事前に電話やHPでの申し込みが必要なものがあります(印のもの)。申し込み期間終了しているものもありますから、注意してください

その他ワークショップは、申し込み不要無料ですよ

詳しくは、当センターのHPで確認してください

morimori06.JPG

大人から子どもまで楽しめる、夏休みご家族向けイベントです

是非、ご参加ご検討ください

morimori01.JPG

センター内での写真撮影については、ご了解をいただきました。ありがとうございます

morimori07.JPG

中央区立環境情報センターのHPはこちら ⇒

https://eic-chuo.jp/event/

 

 

京橋ランチのお楽しみ

[下町トム] 2017年7月19日 09:00

京橋スクエアガーデンは地下鉄銀座線・京橋駅直結の近代的都市ビルです。

京橋地区再開発計画の一環として2013年に竣工して以来、すっかり住民やビジネスパーソンに親しまれています。


IMG_4622_R.jpgこのビルには中央区のエコ拠点である〔京橋環境ステーション〕が入っているほか、地下1階には地域のローカル放送として愛されている〔中央エフエム〕のスタジオも入居しています。中央区観光特派員の出演する番組もありますので、是非お聴きになってみてください。

IMG_4630_R.jpgさて、このビルには飲食店も多く入っており、夜にゆっくり食事をいただくだけではなく、ランチスポットとしても重宝します。銀座にも歩いて行ける至便の場所にありながら、リーズナブルかつ多彩な内容のお昼ご飯を楽しむことができます。

IMG_4633_R.jpgこの日ぼくは、お好み焼きにしました。本場・大阪で修業を積んだという店長自らが焼き上げてくれたふっくら、もちもちのお好み焼きに喉が鳴ります。ちなみに「お好み焼き定食」はサラダではなく白飯を選ぶこともできます。実は大阪ではむしろお好み焼きとご飯のセットというのが普通なんですよ。東京の人にとってはちょっとびっくりでしょうか。でも一度是非お試しあれ。

 

 

「高島屋日本橋店」 重要文化財見学ツアー

[橘] 2017年7月18日 18:00

"高島屋日本橋店重要文化財見学ツアー"に参加し、見所を案内して頂きました。案内して下さったのは、コンシェルジュの小谷さんでした。

 

昭和8年に建設された店舗(高橋貞太郎)を昭和27年から40年にかけて増築(村野藤吾)しながら当初のデザインを継承し、一体不可分の建築作品としての完成度が高く百貨店建築を代表するということで平成21年に国の重要文化財に指定された建物です。

t20.jpg 

昨年(平成28年)日本橋三越も国の重要文化財に指定されましたが、こちらの指定理由は「我が国における百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い」ということで、高島屋日本橋店が純粋に建物を評価されているのとは若干違ったニュアンスになっています。

 

では、高島屋日本橋店の特徴は何でしょうか。

「東洋趣味を基調とする現代建築」というコンセプトでの図案競技に1等で当選したのが、高橋貞太郎案でした。

t8.jpg

 

皆さん良くご存じの外観ですが、1-2階(赤いテントの部分)は花崗岩、3-7階はタイル貼りの洋風建築です。タイル貼りは地震等に弱いと思われがちですが、東北大震災でのタイルの痛みは2%以下だったそうで、当時の丁寧な造りが偲ばれます。

 

そして"東洋趣味"は至る所に見られます。

 

t6.jpg

 

格天井です。又、漆喰彫刻も当時の儘残っています。

t1.jpg

t3.jpg

t13.jpg



日本家屋に見られる釘隠しを模しています。



t4.jpg



シャンデリアは第2次世界大戦で金属を供出した為に、当初の物ではありませんが、和風デザインの照明になっています。



t2.jpg



第1期の建物の階段は大理石造りでアンモナイトがはっきり見られます(2-3階の途中が一番はっきり見えます)夏休みにはお子さんが沢山見に来られるそうです



t15.jpg



エレベーター周りも大理石ですが、階段とは異なり木目調の大理石が使われています。エレベーター自体も当初から使用されているオーティス製の手動の物を使い続けています。



t16.jpg



又、正面玄関左手には水飲み場の名残があります。下のデザインは

蓮弁です。



t5.jpg



正面玄関の鉄扉には和洋のデザインが施されています。



t7.jpg



外装は洋風と申し上げましたが、その中にも和風が取り入れられています。正面入り口の上にバルコニーが作られていますが、ここには擬宝珠がデザインされています。



t9.jpg



現在屋上は改修中で見ることは出来ませんでしたが、昭和25年から4年間屋上に居た子象の"高子"に因んで、塔屋が象をモチーフに作られていました。

当時のデパートの屋上は小さな遊園地になっている所が多かったですが、高島屋日本橋店の屋上には子象もいたのですね。この子象、どうやって屋上に上げたかですが、何とクレーンで外から釣り上げたそうです。象はとっても怖かったでしょうね。当時は500kgだったそうです。

ところが、毎日36㎏の餌を食べ、4年後には何と1,500kgになってしまったので、上野動物園に移したそうです。どうやって象を降ろしたかですが、この時は階段を歩いて降りたそうです。

又、デパートで最初に屋上に駐車場を作ったのは高島屋日本橋店でしたが、改修で屋上駐車場は無くなってしまいました。



高島屋日本橋店では重要文化財見学ツアーを毎月第二金曜日の11時と15時に行っています。毎回10名で予約制です。

ご興味のある方は、下記に申し込んで下さい。

高島屋日本橋店: 03-3211-4111


 

 

小網町 昭和の味の 桃乳舎

[銀造] 2017年7月14日 16:00

今日は、友達と小網町に来ました。昭和初期に建築された建物を巡るだけでなく、そのお店の昭和の味を楽しもうという魂胆です。

やってきたのは、耐火目的で昭和初期に建築された看板建築の、「桃乳舎」のビルです。

DSC04516 (225x400).jpg

外壁は、耐火用に赤タイル、2階に伸びる円柱、正面上の左右に装飾された桃の飾りなど、たいへん素敵なデザインです。

 

 さて、今日のお目当ては、こちら、桃乳舎のランチです。私と前に座った友は、スコッチエッグ定食、ポークカツ定食を頼みました。

1499245947274.jpg1499245956811.jpg

 

熱々のスコッチエッグ、ポークカツは絶品でした。サラダとスパゲッティも大盛りで、大変美味しかったです。

 別のテーブルに座った仲間は、この季節のお勧めの、茄子にハムを挟んで揚げた「はさみ揚」を注文していました。

お料理のお値段については、昭和のままのお値段だとしか申し上げられません。わざわざ食べに行く価値があります。

もっとも、ミルクホールとして開業されたお店ということで、アルコール類はメニューには表示されていませんでした。大変健全なお店です。

 

お店の住所は、中央区日本橋小網町13-13 、電話03-3666-3645

 

 

日本橋にオープンした"家具職人のカフェ"

[みど] 2017年7月13日 14:00

今年5月に日本橋本町にオープンした"家具職人のカフェ"、The 1/3rd Kichen&Furniture (ザ・ワンサード キッチン アンド ファーニチャー) 。 落ち着いたウッディな雰囲気が漂う木製家具のショールームでコーヒーや ソフトドリンクを飲みながらリラックスできるスペースです。

 

場所はJR「新日本橋駅」2分、「神田駅」4分、銀座線「三越前駅」4分と アクセスはとても便利な立地にあります。

店内は「CAFEテリアスペース」と「木(MOKU)SPACE」があります。 「CAFEテリアスペース」はCAFEとインテリアが融合したスペースで、存在感の ある大きな一枚板が特徴的です。 ドリップコーヒー450円、オーガニックティー500円  軽食は今のところ用意していないようです。

「木(MOKU)SPACE」は 多目的に使える自由なスペースになっています。 このイベントスペースでは、例えば 会議、研修、勉強会、パーティー、 ワークショップ、料理教室、個展などに使えるとのことです。値段は1時間、3700円~

 

木のあたたかさを感じつつ、のんびりとコーヒーで日頃のストレスを解消。 温もりのある木の香りがする居心地の良い空間だと思います。

 

The 1/3rd Kichen&Furniture

https://www.facebook.com/onethirdkafe/

電話:03-6262-7861

東京都中央区日本橋本町4-3-4

 

 s-001.jpg

 s-002.jpg

 s-003.jpg

 

 

 

Menu at Nihonbashi Information , Today's Menu

[銀造] 2017年7月12日 18:00

Visiting Nihonbashi information at COREDO Muromachi NO.1 Bldg,

1499645658304.jpg

You could get much information for tourisum and gifts, etc.

And you can choose Menu from Today's language (not today's special)

1499645667359.jpg

In order to get more information , please click here.

http://www.nihonbashi-tokyo.jp/information_center/

 

 
<<前のページへ 1234567891011