中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


隅田川テラスで春のお散歩、フォトスポット攻略マップ。

[柴犬] 2018年3月 7日 09:00


東京都心部を流れる隅田川。この川沿いを、親水公園やテラスとして整備し始めて数年が経ちました。流域全ては完成していませんが、すでに地域の人や観光客、ランナーさん達の憩いの場として定着しています。東京湾岸から浅草方向までほぼノンストップで歩けるとってもオススメの散歩コースです。歩行者のみで車両(自転車含む)は入れませんので安全です。


公式HP 集まれ!隅田川


今回はこの隅田川テラスの中央区部分、両国橋から永代橋の手前までを、画像たっぷりで解説します。歩いてみたいけどよく知らないからめんどくさい...という方に是非!撮影にぴったりの場所や、穴場の桜鑑賞スポットもありますよ。


IMG_1877.jpgこのような感じで、スカイツリーや国技館などの観光地を眺めながら広ーいテラスを歩いてゆきます。


IMG_1885.jpg画像が見辛いかもしれませんが、今回ご紹介するのはこの流域です。


まず、入り口は両国橋から。


IMG_1872.jpg


一つ目の入り口です。反対側は、今まさに工事中。


IMG_1871.jpg

あと一ヶ月ほどで完成予定です。ちなみに、親水テラスを1㎡工事するのに、約33万円かかります。この場所の総工事費は、約116400千円!花壇に何が植えられるのか楽しみですね。


IMG_1874.jpg2分ほど歩くと、すぐに二つ目の出入り口があります。

ディズニーランドかと思うような階段。中々の撮影スポットです!ここを上がると「東日本橋一丁目歩道橋」。周囲には日本橋中学校があります。かつて矢ノ倉と呼ばれていた地域です。川沿いのテラスも素敵ですが、上に上がると、


IMG_1875.jpgこのように道路よりだいぶ高くなっていて、柳がたなびく趣ある散歩道となっています。ここを走っているランナーさんも多いです。


さて、テラスに戻って歩きます。


IMG_1876.jpgここもまた、中々の撮影スポットです。


2分ほど歩くと三つ目の出入り口が。


IMG_1878.jpgここも素敵ですね。上に上がると、様々なテレビ番組が撮影されていることで有名な「浜町スタジオ」があります。

また、この場所は「東京水辺ライン」の発着場にもなっています。


IMG_1880.jpg

水路を利用して都内を移動したい方、船の観光を楽しみたい方は是非!



テラスの壁側には、江戸時代のこの辺りの景色が描かれた浮世絵のパネルがたくさんはめ込んであり、気分を盛り上げてくれます。


IMG_1881.jpgまた、水辺にもギリギリまで寄れる箇所があり、楽しいです。


IMG_1882.jpg

2分ほど歩くと、4つ目の出入り口が現れます。


IMG_1883.jpg今までよりことさら大きいこの出入り口はどこに繋がるかというと...


IMG_1884.jpg一部の方には「ポケモンの巣」でお馴染み、「中央区総合スポーツセンター」です。都営地下鉄浜町駅もすぐそばです。そこそこ広い公園ですので、お祭りやイベントも度々行われており、早朝や夕方にはたくさんの可愛らしいお犬様たちがお散歩なさってます。動物好きな方には眼福な場所です。

テラスに戻ります。


IMG_1887.jpg穏やかな早春の隅田川です。見えているのは新大橋です。大正12年に起きた関東大震災で、この橋の上に避難した多くの人が救われたため、「人助け橋」とも呼ばれました。現在の橋は昭和51年に架けられたものです。区民有形文化財指定。


そこから3分ほど歩くと、五つ目の出入り口があります。


IMG_1888.jpg

ここを上がると直接新大橋に繋がっているので便利です。


このあたりに、なんとドッグランがあります!


IMG_1889.jpg

IMG_1890.jpg十分走れるドッグランです。その名も「わんわん広場」。利用は、平日は午前7時から午後8時30分、土日祝日は午後3時30分までです。利用料はもちろん無料、飲食や喫煙、犬の訓練やブラッシングは禁止です。


ここからすぐに、六つ目の出入り口があります。


IMG_1892.jpgここを上がると箱崎で、アパホテルなどビジネスホテルがあります。かつては中洲と呼ばれていました。ここは夜になると暗くて人通りもなくなるので、一人で出歩くのはあまりおすすめしません。明るいうちは楽しいです!


ここから3分ほどで、7つ目の出入り口があります。


IMG_1893.jpgここは日本橋消防署浜町出張所に直結している階段なので、時々、訓練している消防士さんが見られます。


IMG_1894.jpgかっこいいですね。

さて、スタート地点の両国橋から大分歩いてきました。ついに、隅田川が誇る美女・清洲橋が見えてきました!


IMG_1895.jpg3分ほどで、八つ目の出入り口があります。


IMG_1896.jpgここを上がると清洲橋、イオンなどがあります。


IMG_1900.jpg

清洲橋は国の重要文化財指定を受けています。関東大震災後の昭和3年に、復興事業として新しく架け替えられました。ドイツのライン川に架かる吊り橋を元にデザインされたのですが、元となったライン川の橋はなくなってしまったそうで、ここにあの橋がある!と、ドイツの方が見にこられたりしています。



清洲橋を対岸に渡ると、今やイーストトウキョウの代名詞となったおしゃれエリア、清澄白河です。

今、隅田川の中央区側をずっと歩いているわけですが、対岸は江東区。平賀源内や松尾芭蕉ゆかりの地です。こちらもとっても楽しくて美味しいところ。


IMG_1899.jpg

隅田川テラスには椅子もたくさん置いてあるので、疲れた時や荷物整理をしたい時にもに安心です。清洲橋付近にはテーブル付きのお休み処もあるので、お弁当を食べるにもいいかもしれません。


IMG_1898.jpg

IMG_1901.jpgポイントは、水面から最大限離れていることです!水面のすぐ近くに椅子やテーブルがセッティングしてある親水公園は結構多いのですが、酔う恐れが高いです...。



5分ほど歩くと、九つ目の出入り口。


IMG_1902.jpgダイワハウスリバーゲートです!近くには水天宮などがあります。

建物が大きなゲートにようになっていて、街側を歩く人も川辺の景色を楽しめるように、風が通るように設計されています。さすがダイワハウス。



そして、すぐ近くには10個目の出入り口。


IMG_1903.jpg箱崎IBMです。

ご覧の通り、この辺りは桜がたくさんに植えてあり、春になるととても美しいです!いわゆる観光地ではなくビジネス街のため、あまり知られていないようで、穴場のお花見スポットです。橋がライトアップされるので、夜桜を見るには絶好のロケーションです。



ほどなく11個目の出入り口があり、隅田川テラスは一旦終了です。


IMG_1905.jpg

日本橋川を隔てて向こう岸は新川エリア。永代橋とリバーシティ21が見えています。

豊海橋を渡ったあちら側にも隅田川テラスは続いています。地続きで行けるのは永代橋の手前までです。


長らくお付き合いいただきましたが、両国橋からここまでで、スタスタ歩いたら30分もかかりません。ちょうど良いお散歩コースかと思います。テラスの途中にもこのような


IMG_1897.jpg地図があちこちにありますので、どこから街側に上がるか、あるいは水路を行くのかも迷わずに済むかと思います。



暖かくなると、隅田川テラスではたくさんのお花が咲きいてとっても華やかになります。間も無く工事が完了する隅田川テラス、どうぞ、お花見がてらお散歩しにきてください。浅草・墨堤まで隅田川を歩くのも楽しいですよ!一時間ほどです。

 

 

箱崎川、浜町川&龍閑川を歩く!

[株式会社 彦晴] 2018年3月 6日 12:00

今回は、今は埋め立てられてしまった箱崎川、浜町川&龍閑川を歩いてみようという企画です。

コースとしては、隅田川の箱崎ポンプ所をスタートして箱崎川、浜町川&龍閑川を通って

外堀通りの龍閑橋を目指します。

IMG_1037.JPG IMG_1039.JPG

まず、左の写真は清洲橋から見た箱崎ポンプ所です。隅田川と箱崎川支流の

合流地点からのスタートとなります。その先の箱崎川支流の跡地には

首都高速道路株式会社東京東局があります。

IMG_1044.JPG IMG_1045.JPG

そして、東京シティエアーターミナルを過ぎると右手に有馬小学校が見えてきます。

ここから浜町緑道へと入っていきます。ここが箱崎川と浜町川の合流地点となり、

浜町川のスタートとなります。

IMG_1042.JPG IMG_1046.JPG

浜町緑道は新大橋通を渡って続きます。

IMG_1047.JPG IMG_1048.JPG

浜町緑道ではかわいらしい花が迎えてくれます。

IMG_1050.JPG IMG_1051.JPG

そして、甘酒横丁との交差点では弁慶も私たちを歓迎してくれています。

IMG_1053.JPG IMG_1056.JPG

左の写真は日本橋消防署人形町出張所となります。

そして久松警察署前の交差点を過ぎると浜町緑道も終わりとなります。

IMG_1058.JPG IMG_1063.JPG IMG_1136.JPG

久松町区民館を過ぎると戦後すぐに建てられた連鎖式の店舗が今でも残っています。

東京都は戦後のがれきの処理対策として昭和23年に龍閑川を昭和25年に浜町川を

埋め立てています。

IMG_1074.JPG IMG_1073.JPG

そして鞍掛橋を過ぎると竹森神社が見えてきます。

IMG_1081.JPG IMG_1072.JPG IMG_1080.JPG

そして中央区側から入ると龍閑児童遊園で千代田区側から入ると龍閑児童公園のこの地点で

浜町川と龍閑川は合流していました。真中の写真は直角に交差する龍閑川をあらわしている

と思われる。

IMG_1085.JPG IMG_1087.JPG

そしてここを左折します。こんな細い路地が中央区と千代田区の境界線となっていました。

隣にあるもっと交通量の多い道路でもと思いますが、昭和22年までは龍閑川があったから

なんですね。

IMG_1092.JPG IMG_1094.JPG IMG_1097.JPG

真中の写真は福田稲荷神社です。創建711年と非常に古い神社です。

IMG_1099.JPG IMG_1103.JPG IMG_1105.JPG

昭和通りを越えると龍閑川の埋め立て記念碑がありました。

真中の写真は両社稲荷神社です。

そして今川橋跡の記念碑です。

IMG_1110.JPG IMG_1131.JPG IMG_1113.JPG

店の看板が道路中央まで出てきています。大型車は通行できないでしょう。

そしてJRの高架下を抜けていきます。

IMG_1128.JPG IMG_1125.JPG IMG_1123.JPG

龍閑橋の親柱(日本最初の鉄筋コンクリート橋)が残されていました。

真中の写真は日本橋川と龍閑川の合流地点ゴールとなります。

東京にはいくつもの〇〇橋という地名が残っていますが、実際には川も橋も

ありませんが、今でも地名となって私たちに歴史を伝えてくれているのだなと感じた

今回の街歩きでした。

 

 

 

【八重洲】 話題もホットなチーズタッカルビ 韓国料理「土火土火(どかどか)」

[いのちゃん] 2018年3月 5日 09:00

 

鶏肉と野菜を甘辛く炒めた韓国料理「タッカルビ」を熱々のチーズにからめて食べる

チーズタッカルビ

 

若い世代から人気に火がつき、料理レシピ検索サイトのトレンド大賞となるなど、

2017年に最も流行した料理と言われています。

 

今年に入ると大手牛丼チェーンの定食メニューとして登場し、話題となりました。

最近ではスーパーやコンビニでも見かけるようになり、一大ブームになっています。

 

_DSC3089.JPG

韓国の首都ソウル随一の繁華街、明洞(ミョンドン)の一角。

この界隈も今はチーズタッカルビを提供するお店がたくさんあります。

 

いま話題チーズタッカルビを中央区で食べたい!

 

そこで今回は八重洲にある韓国料理店 土火土火(どかどか)に行ってきました。

お店の名前には「お客さんがどかどかとやってくるように」という願いがこめられて

いるそうです。

 

東京駅から3分。飲食店が集まるにぎやかなエリアにありました。

 

IMG_3284.JPG

 

案内された2階のテーブルはすべて掘りごたつ式。仲間どうしで寛げる空間です。

 

IMG_3314.JPG

 

それではチーズタッカルビのご紹介です。

 

IMG_3302.JPG

チーズタッカルビ 一人前 1,380円(二人前よりオーダーできます。写真は二人前)

手前からモッツァレラチーズチェダーチーズの2色がけ。

 

IMG_3310.JPG

具材には火が通っているので、チーズがこんな感じになったら、いっただきま~す!

 

辛めにしてもらった味付けがとろ~りとろけたチーズと相性抜群。

本日の主役の登場に箸が止まらず、あっという間に完食しました。

 

この日は隣のテーブルも、そのまた隣のテーブルもチーズタッカルビを注文されて

いて、皆さんおいしそうに召し上がっている様子がわかりました。

 

チーズタッカルビのほかにサラダナムル、〆(シメ)にはクッパを注文し、

東京の真ん中でおなかいっぱい韓国料理を楽しみました。

 

IMG_3285.JPG

 

食楽屋 土火土火(しょくらくや どかどか)
中央区八重洲1-4-9
03-3272-5475
東京駅・日本橋駅
日曜祝日定休

 

 

 

「千社札スタンプラリー」開催中!!

[えだまめ] 2018年3月 4日 14:00

子連れ特派員のえだまめです

あまのじゃくな2歳児・娘あずきに今日も振り回されているのですが・・・

そんなあずきでも食いついてくるようなイベントが3月1日から始まりました。

「千社札スタンプラリー」です。

DSC_2743-1.jpg

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213328


中央区の各所にある観光案内所スポットに用意されているスタンプを集めてみよう!

という期間限定イベントです。

あずき「はんこぺったんしにいきたい?」と聞くと

一瞬「しない・・・(※とりあえず一度は全否定)」といった後に「する。」と。

どうやら2歳8か月にとっては「はんこぺったん」は魅力のようです。


というわけで。午後2時手前に自宅を出発!

※ほんとは午前中に出たかったのですが・・・

 出る直前にイヤイヤを再びこじらせたあずきに阻止され、

 えだまめは疲れてやる気を失いかけたという事情があります。

 子育て世代の皆様、察してくださいませ(涙)。

徒歩10分強(ベビーカー利用)で、第一のスタンプスポット。

人形町 大観音寺下(人形町商店街協同組合事務所前) に到着です。
DSC_2742-1.jpg

で・・・実は子連れにとっての重大事件(!?)。

ベビーカーに乗ったままだと、高さが合わなくて

あずきはスタンプを自分で押せないのです。

靴を履かせて、ベビーカーから降りて。

階段を踏み台にして、なんとかぺったん。

・・・ふう。

(ここは表に係の人がいるわけではなかったので、母ががんばるしかありません。)

なお、人形町のスタンプは平日のみ設置です。ご注意ください。


一度靴を履いてしまったら、しばらくは自分で歩きたいタイプのあずき

なので、2番目のスポットである日本橋まではがんばって2人で歩きます。

日本橋メトロリンクEライン(我が家の通称:黄色いバス)に乗る、というのも手だったのですが、

なんとも微妙な待ち時間だったので。

2歳児ペースの歩きで徒歩約20分。

ちょうどいいお散歩になったかと思います。


2番目のスタンプスポット

日本橋南詰にある日本橋観光案内所に到着です。

DSC_2745-1.jpg

実はこちらのスタンプ台・・・

「大人が立ってスタンプを押すのにはちょうどいい高さ」

でした。

DSC_2744-1.jpg

なので・・・案内所のスタッフの方に背の高めの椅子を貸していただいて

あずきはそれに座ってスタンプを押させてもらいました。

ご対応に感謝です。


ここからは地下鉄利用です。

東京メトロ・日本橋駅から銀座線で2駅。

あずきは電車も大好きなので、電車に乗るよ~というと

ほいほいついてきて「きいろいでんしゃ!きいろいでんしゃ!!」と。

階段もゆっくりですが自分で降りていきました。

※大変ゆっくりなので、母の忍耐力が試されます。

そして、第3のスタンプスポット・東急プラザ銀座です。

1階の数寄屋橋公園に面したところに

DSC_2746-1.jpg

「G Info」(銀座観光案内所)があります。

写真左側のオレンジ色の看板が目印です。

実はここも「スタンプ台は大人が押すのにちょうどいい高さ」でしたので・・・

母えだまめ→あずきを抱っこ(体重13キロ)

案内所のお姉さま→あずきの手を取って一緒にハンコを押す

という離れ業(!?)でした。

・・・いやはや。



ここを出た後、あずき「ベビーカーのる」と言ったので

ここから先は母えだまめ、ベビーカーを押しながらガシガシ歩いて最終目的地へ。

※京橋駅まで1駅銀座線に乗る、という選択肢もあるのかもしれませんが

 京橋駅のホーム→改札はエレベーターがないのであまり使いたくなかったのです。


そうそう。

スタンプポイントは全部で6つなのですが、4つ集めれば参加賞はいただけるそうなので

今回は「築地(ぷらっと築地)」と「月島」はパスしちゃいました。すみません。

期間中に余裕があれば、スタンプ台の状況を覗きにいければとは思っていますが・・・。


徒歩15分くらいで最終目的地の「京橋エドグラン」地下1階の中央区観光情報センターに到着です。

DSC_2748-1.jpg

こちらはベビーカーに乗りながらでもスタンプが押せる高さの机でした。

ほっ。


最後に観光情報センターのスタッフの方に集めたスタンプをお見せしたら

アンケートに答えて・・・

DSC_2749-1.jpg

その場で結果がわかる抽選くじにチャレンジ!!

あずきが引いたのですが・・・

2人分とも、ハズレでした。残念。

それでも、参加賞に千社札シール(先着2000名)を頂けたので満足です。

何よりあずき本人が「ぺったんする」ことそのものが楽しかったようなので。

line_1519970609956-1.jpg

(まあ、京橋千疋屋のロイヤルマスクメロンが当たればすごくうれしかったんですけどね


「スタンプ台の高さ」という子連れにとっての乗り越えるべきハードルは若干ありますが

子連れでも十分楽しめるイベントだと思います。

もちろん、中央区内の各所をのんびりお散歩しながら・・・という大人の皆様にも楽しんでいただけると思いますよ。


中央区観光協会のHPには

「モデルコースのご紹介」もありますので

参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213477

3月31日までの期間限定ですので、是非一度チャレンジしてみてくださいね。


 

 

オカメザクラ開花

[メニイブックス] 2018年3月 4日 12:00

3月3日中央区観光協会特派員の意見交換会の終了後、テレビで紹介されていました日本橋室町1丁目と日本橋本町1丁目の間の通りに植えられている「オカメザクラ」を見に行ってきました。場所によっては5分、場所によっては8分咲きでした。

IMG_5492.JPGIMG_5494.JPG

IMG_5493.JPG

日本橋の交番の前の桜はまだまだでした。(当たり前かあ。。。)でももうすぐ春ですネ。

IMG_5490.JPG

 

 

百花繚乱、東京マラソン2018

[小江戸板橋] 2018年3月 3日 18:00

東京の春の一大イベント、2月25日の東京マラソンについて、次のブログに書こう。

そう思いながらも、固まってしまったまま、時間を過ごしていました。

連日報道される冬季オリンピックの激情、その高揚した波の中から、自分の現実の活動としての東京マラソンボランティアに身を移し、思い切り声を出して応援しました。

3万6千の人の流れに声をかけ、走りすぎるランナーの姿を目で追い続けていると、焦点をずらしたときに街角のビルが揺れて見えました。

眼振(がんしん)。眼球の不随意的往復運動です。

あっやばい。興奮しすぎたかな。

 

その酔ったような興奮状態が継続していたのでしょうか。

「東京マラソンの感動を、早く伝えたい」と思いながら、文字に表すことが手つかずでいたのです。

次々に伝わるオリンピックの関連情報に心惹かれ、選手たちの技術、芸術性、精神力と、その背景や道のりを表現した映像や言葉に触れるだけで、そのたびに涙があふれてきました。お腹がいっぱいになるくらい。

選手一人ひとりの姿を繰り返す必要はないでしょう。

ただ、日本選手団の主将を務めた小平奈緒選手の、圧倒的なオトコマエの姿は強く胸を打ちました。

彼女の言葉にあった「百花繚乱」。

相手に敬意を払い、フェアに戦う選手たちは、きれいな花をたくさん咲かせた。

ああ。東京の街を走るマラソンランナーの流れは、「百花繚乱」という言葉に合っていたな。

各々が全力で競い合い、かつ、カラフルな衣装だけでなく、ランを楽しむ姿。沿道の応援の人たちとの掛け合い、ボランティアの献身的な活動。

とても華やかだった。

 

今回のボランティアは、日本橋周辺で行ってみたい。

絵になるシーンで、ということで「神田・日本橋ブロック」を第一希望に登録しました。

担当の割振りなどは、VOLUNTAINER事務局が行います。

当日は神田駿河台下交差点での給水担当。

六差路の交差点で、青のボランティアウエアです。

警備車両が、ガードストーンのように道路を封鎖します。

リーダーが「交差点の真ん中の位置なんですが、『そだねー』精神で明るく頑張りましょう。」と挨拶。

すかさずメンバーからも「そだねー」の反応。

メンバーの半数以上が経験者で、作業はサクサクと進みます。

使用する水は、フランスのミネラルウォターなのです。

将来、名水「東京水」が使われるようになると面白いな。

高度浄水処理された世界に誇る水道水。

これは、東京都水道局がスポンサーにならないと叶わないことなのかな。

 

タイムアウトになったランナーを運ぶ、収容バス2台が通り過ぎると、撤収作業はピークを迎えます。

ゴミ回収車、備品回収車にみんなで素早く運び込みます。

大会前よりももっときれいにします。

担当していた班が解散すると、ランナーの後を追って、日本橋へ移動。

コースは、浅草や門前仲町を巡ってきますから、まだまだ市民ランナーの応援ができる地点なのです。

「マラソン応援は日本橋で」が、私の定番です。

そのころには、スマホニュースなどで、日本新記録が更新されたことを知っていましたので、盛り上がりも一層華やかになっていました。

 

前日、東京ビックサイト国際会議場でのボランティア説明会時に手首に巻いたセキュリティバンド。

その役目も無事終わりました。

同じ会議場で行われていたエキスポの中央区ブース。観光協会の皆さんの元気な笑顔にもお会いできました。

2019年3月3日に行われる第13回東京マラソンでは、私は何をしているでしょう。

応援しているかな。

それとも、声援に応えながら、走っているかな。