中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


さようなら『ふじ丸』 晴海から最後のクルーズへ

[与太朗] 2013年6月28日 17:00

IMG_0750.JPG 晴海客船ターミナルではおなじみの客船『ふじ丸』が、6月末のクルーズを最後に引退することになりました。『ふじ丸』は商船三井の所有、日本チャータークルーズが運航する日本初の本格的豪華客船で、就航した1989年(平成元年)はクルーズ元年とも呼ばれました。25年間で地球70周を超える距離を航海、50万人に利用されたそうです。純白の船体にオレンジ一色のファンネルマーク、シックで美しい姿が見られなくなるのは寂しいかぎりですね。

 『ふじ丸』は商船三井が1987年、三菱重工神戸造船所に発注、翌年9月10日に進水式が行われました。船名は公募されたものから、当時の石原慎太郎運輸大臣が命名、石原夫人が金色の斧で支綱を切ってシャンペンを割り、『ふIMG_0762.JPGじ丸』が誕生しました。1989年に入り、試運転を経たのち、4月から日本初の大型クルーズ客船として活躍が始まります。総トン数は23,235トン、全長167m、幅24m、航海速力18ノット、乗客定員600名。8層のデッキにホール、シアター、プール、大浴場などがあり、船級は国際遠洋、船籍港は東京です。最近では主にチャータークルーズで活躍していました。

 『ふじ丸』は6月30日夕刻、晴海客船ターミナルで「ありがとう! ふじ丸」セレモニーののち、初島へ最後のクルーズに出港、7月1日に帰港したのちはドックに入り、おそらくは外国に売却されるといわれています。名前が変わっても、いつの日かまた晴海に寄港して、美しい姿を見せてほしいものですね。

 

 

 

東京湾大華火祭 晴海主会場

[Mr.Chuo-ku] 2013年6月28日 09:00

 ご存じの方も多いと思いますが、東京湾大華火祭の主会場は中央区晴海にあります。

↓の地図(Google map)の中央付近のコンクリート部分の大きな敷地が、主会場(入場整理券が必要(↓URL参照))になります。

 Harumi.jpg

 

 

ちなみに、2020年に日本でオリンピック・パラリンピックが開催される場合は、この場所は、選手村の候補地になっているようです。

(この敷地内に建てられている選手村イメージ図の看板↓)

 DSC01029.JPG

 

 
東京湾大華火祭に関する中央区ホームページによるお知らせ↓

 

晴海主会場

http://www.city.chuo.lg.jp/ivent/harumitoyomikaijouannnaizu/index.html

 

東京湾大華火祭 入場整理券の応募

http://www.city.chuo.lg.jp/ivent/toukyouwanndaihanabisaimeinn/index.html

 

 

 

 
1