中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


循環 水上都市、中央区

[あすなろ] 2017年7月31日 16:00


8月1日は水の日。8月1日から7日は水の週間。

 

江戸時代以来、川や水路は交通の中心的な役割を担い
舟運による物流拠点から街の賑わいを形成しました。

 1_日本橋.jpg

 日本橋、舟巡り>

 

近年、水辺空間に恵まれた中央区は、立地を活かした
まちづくりを進めています。

 2_勝鬨橋.jpg

 勝鬨橋、水上バス>

 

かつて、運搬の手段としてだけではなく、暮らしの
楽しみや風情を謳歌しながら活用されていた水辺で
あったように。

 3_永代橋.jpg

 永代橋、屋形船>

 

緑道やテラス、水上バスが整備され、休憩、散策や
クルージングを楽しめます。当時の風景を想像しながら
水の恵について考えてみては如何でしょうか。

お出かけの際、日差し対策は万全に、水分補給も
心掛けてくださいね。

 

 

 

アブラゼミ初鳴

[サム] 2017年7月29日 16:00

DSC_0687ELS'.jpg 

DSC_0505RSG.jpg 7月23日の「ミンミンゼミ」に続き、7月28日、気象庁生物季節観測情報のひとつ「東京地方 アブラゼミ初鳴」が報じられました。

平年より4日遅く、昨年より15日遅いとの由。

鳴き声は、「ジー・・・」と鳴き始めた後、「ジジジジジ・・・」とも「ジリジリジリ・・・」とも聞こえ、「ジジジジジ・・・」と尻すぼみで鳴き終えます。

名前の由来については、翅が油紙を連想させるとか、鳴き声が油を熱した時の撥ねる音に似ているからとか、諸説あるようです。

体は黒褐色、背部に白帯、四肢と複眼は褐色、翅はセミの仲間には珍しい不透明の褐色。

佃公園のアブラゼミ、暑さを増幅させるような響きの鳴き声ですが、梅雨明けを告げるニイニイゼミ、晩夏のツクツクボウシと並び、盛夏を代表するミンミンゼミとアブラゼミの '蝉時雨' もまた季節の風物詩です。

 

 

何気ない風景  Just an Ordinary Scene

[HK] 2017年7月28日 16:00

 

石川島公園を隅田川沿いに歩いていると様々な船の往来を見ることができます。

その中でも一番好きな舟が目の前を通りました。 

 

You can easily encounter varieties of boats when you walk around Ishikawajima Park along Sumida River.  

One of my favorite boat just came along. 

 

⑨シーバス.JPG 

 

調べてみると船名は「竜馬」でした。 船内はアーリーアメリカン調の落ち着いた雰囲気で、屋上デッキからも景観を楽しむ事ができるようです。

一度浜離宮から乗船したことがあります。

何気ない風景ですが、素敵です。

 

The name of the boat was "Ryoma".  The inboard interior has a taste of eary American style and passengers can go up on the roof deck to enjoy wonderful scenery. 

I myself once boarded on this boat. 

Just an ordinary scene is just fine for me. 

 

 

 

晴海でバーベキュー(kisaku食堂)

[kimitaku] 2017年7月27日 09:00

 7月 暑い日の夕方 バーベキューを企画しました。

 ところは「ほっとプラザ晴海」二階の

    「KISAKU食堂」

 ck1110_20170725 (1).JPG

 

 テラスの席に座り さあ開始です。

 生ビールは「premiumモルツ」

 ck1110_20170725 (2).JPG ck1110_20170725 (4).JPG

 乾杯と同時にみんなのグラスは、すでにカラ・・・

 肉や野菜を店員さんが笑顔で運んできます。

 アルコールドリンクも豊富、もちろんノンアルも。

  

 時が流れ、しばし夜のとばりが。

 遠くレインボウブリッジ 東京タワー 汐留 お台場 

 そして眼下では、オリンピック選手村の建設の真っ最中。

 ck1110_20170725 (6).JPG

 制限時間二時間では食べきれないほどの肉の量。

 夕暮れのそよ風 肉の焼ける香ばしいにおい

 にぎやかな友人たちの会話も加わり、

 満足感にたっぷり浸りました。(1人5,000円です)

・・温浴プラザで 岩盤浴いろいろ楽しんでからも 

 

 場所 中央区晴海5-2-3 ほっとプラザ晴海(中央区温浴プラザ)二階

    KISAKU食堂

 電話 03-6225-0677

 都営バス(都03 05 錦13)で「ほっとプラザ晴海前」下車徒歩1分 

 勝どき駅から徒歩15分 

 ck1110_20170725 (5).JPG ck1110_20170725 (3).JPG

 

 

 

ミンミンゼミ初鳴

[サム] 2017年7月25日 16:00

DSC00419ELS'.jpg 

DSC00413SQRS'G.jpg

 7月23日、気象庁生物季節情報のひとつ「東京地方 ミンミンゼミ初鳴」が報じられました。

平年より2日遅く、昨年より3日遅いとの由。

名前通り、「ミーンミンミンミンミンミー・・・」という、体のサイズの割には力強い鳴き声で知られ、「夏の日中の効果音」としてもよく耳にします。

透明な翅に一連の暗色紋、黒い体色に青緑色の斑紋が特徴。

鳴くのは専ら雄ですが、個体の雌雄は、腹面の構造の違いで識別できます。

雌は先端に細長い産卵管があること、雄は鳴き声のリズムや抑揚を付ける役割を担うとされる、発音器の一部の腹弁が発達しています。

佃公園でもミンミンゼミの「蝉時雨」が夏本番を告げています。

鳴き終わると、間を空けずに他の木(枝)に飛び移る「鳴き移り」習性も、顕著に見られます。

 

 

佃島の盆踊り

[TAKK...] 2017年7月21日 16:00

01.jpg

佃島1丁目付近の広場中央にやぐらが組まれ、周囲を踊りながらまわる店頭的な盆踊りです。古くは踊り手が行列を組み、多くの人の志を受けながら、日本橋や京橋を回るのが習わしだったそうです。現在では東京都指定無形民俗文化財に指定されています。

02.jpg

帰りに隅田川を渡りましたが、橋の上から見る船の灯りがきれいでした。

03.jpg