中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


レバーフライを食べたことがありますか?

[ようちゃん] 2018年8月 8日 18:00

1 はじめに

   月島と言えば「もんじゃ焼き」が有名ですが、月島で独自に考案され、月島の住民によってのみ愛好されている食べ物として、レバーフライ(またはレバカツ昔は肉フライ)があります。戦後の物資が不足していた食糧難の時代、安価で栄養価の高い食べ物として、牛や豚のレバーを薄くスライスしてパン粉を付けフライにし、秘伝のタレにくぐらせたものです。2010年7月のテレビ東京の「アド街ック天国」佃編では「ひさご屋阿部」が15位、2012年1月放送の月島編ではレバーフライとして4位にランクされています。持ち帰り用として200円以内というリーズナブルな価格です。10年くらい前だと4~5軒あったのですが、今は「ひさご屋阿部」と「持ち帰りの王道」の2軒だけになってしまいました。この2軒のお店を紹介します。

2 お店の紹介

 (1) ひさごや阿部

   中央区佃3丁目1-12の相生橋のたもとにある、昭和24年創業の元祖レバーフライです。四角く5cm四方ほどにスライスした豚レバーの片側に竹串をさして油で揚げ、秘伝のタレにくぐらせていただきます。1本150円、営業時間は11時~13時/15時~18時30分、定休日は:日曜、祝日、第1月曜日

p-ひさご屋阿部3 (2).jpgp-ひさご家阿部1.jpgp-レバーフライ.jpg

 「ひさご屋阿部」店舗           レバーフライ

(2) 味の王道

   中央区月島1丁目16-5の王道流の新レバーフライです。豚レバーをペースト状にしてパン粉を付け、串に刺さないで、揚げソースに浸していただきます。持ち帰りは一枚180円(店内で注文すると220円)、営業時間は平日は18時~/土日祝日は15時~

p-味の王道.jpg   p-味の王道レバーフライ.jpg

 「味の王道」店舗      レバーフライ

3 その他

月島近辺の居酒屋等でもレバーフライを出す店があります。月島の裏名物レバーフライ。月島に立ち寄った際には是非ともご賞味ください。

  

  

 

 

住吉神社例祭(佃祭)

[メニイブックス] 2018年8月 7日 18:00

佃の住吉神社例祭(佃祭)を見に行ってきました。今年は本祭りで8月3日から6日まで開催されています。住吉神社の灯篭は神輿の宮入りのため保護されていました。IMG_0379.JPG IMG_0372.JPG

 

八角神輿を近くで見ることができました。

IMG_0383.JPG

 

IMG_0375.JPG IMG_0396.JPG

 

獅子頭も飾られていました。その後天安さんに寄って佃煮を買いました。

左がウナギ右がアサリの佃煮。今晩アツアツのご飯で頂く予定。

IMG_0380.JPG 

 

IMG_0382.JPG IMG_0397.JPG

   

久しぶりに佃祭と佃の街を見ました。路地にはまだまだ古き良き時代の名残がありました。暑い一日の祭見物でした。 

 

 

 

住吉神社例大祭「大幟旗揚げ」

[サム] 2018年8月 7日 09:00

DSC06946ELS'.jpgDSC06948RS'G.jpg 住吉神社本祭りの約1ヶ月前の7月1日に、佃小橋下の舟入堀の泥中から掘り出され組み上げられた、一部(上町)・二部(下町)・三部(東町)各2本ずつ計6本の柱と台座の抱木に、8月3日夕刻、佃住吉講講元の合図により、一斉に五反の幟布が掲揚。歓声が沸き起こります。

約20mの長い棹の先に、丸く束ねた榊の葉に檜の皮を薄く削ったものをつけ、白布に住吉神社(大明神・大神)と染めた幟で、神霊を迎える依代とされます。

江戸時代後期、寛政10(1798)年の大祭の時、江戸幕府から建立を許され、掲揚されたと伝わる伝統を継承するもので、祭りの目印。

1ヶ月に亘る支度を経て、いよいよ本祭りスタートです。夕日に映える幟が悠然と翻る様は、背後の景色は変わっても、江戸時代の歌川広重の名所江戸百景「佃しま住吉乃祭」のまま。

改めて歴史を感じる一コマです。

 

 

夏だ!佃島住吉神社「佃祭り」

[達磨] 2018年8月 6日 12:00

猛暑日が続く平成最後の夏...8月3日~8月6日の4日間、佃島の住吉神社「佃祭り」例祭(本祭り)が行なわれました。耐震工事が完了した佃大橋の新富町側の橋の上から寛永年間より繋がる佃島の景色を眺めました。高さ18メートルの大幟(五反幟)が6本翻っています。

住吉神社佃橋上.JPG

江戸期に寄り道です。夏の祭礼で賑わうここ佃島を舞台にした落語「佃祭り」の噺です・・・『神田お玉が池の小間物屋の次郎兵衛さん、洒落た涼しいなりで佃祭りに出かけた。六つ時、満員の終い船に乗ろうとすると、女に袖を引っ張られ引き留められる。"3年前に3両の金をなくしてしまい本所一つ目の橋から身投げする処を郎兵衛さん助けられた"と言う、そんなことあったなぁ女の家に招かれて、今夜は泊まることにする。 ~亭主の船頭...終い船が転覆して全員おぼれて死んだという。一方、家では大騒ぎ。船が転覆の報を受け、悔やみ客がぞろぞろ。そんな事は知らない次郎兵衛さんは翌朝、船頭に送ってもらいご機嫌で、帰ってきた。次郎兵衛さんの話を聞いて皆で大喜び..』"情けは人の為ならず"...奇談、人情噺のあらすじです。

さあ~佃島伝統のお囃子が隅田川に乗って聞こえてきました。今日(84日)は『獅子頭宮出し』(中央区無形民族文化財)です。

住吉獅子頭雌a.jpg

「わぁ~」若衆が本殿前の雌雄一対の獅子頭を目掛けて、つかむと縁起がいい鼻に殺到...、境内を暴れまわります。ビックリ!の光景です。

地元の方が教えてくれました「粋な着流しで尻端折」...揃衣です。世話人、大若衆、若衆という年齢階級で色やデザインが違います。一番手の宮出しは二の部ですよ...三部の内でも一番大きくて重い。これを持ち上げることから絵や写真になります。「三部とは?」宮元の佃島一丁目を一部、二部、三部に分けられて祭りを仕切る佃住吉講です。町内は埋め立てで、月島・勝どき・豊洲・晴海と広域になりました。

住吉獅子頭ok1.jpg

次の宮出し、二の部の若衆が走り込んできました。軽いからでしょうか地表近くで獅子頭を奪い合います。

住吉3の部ok.jpg3の部荒々しく235.jpg

5日(日)始発電車で、月島駅に降り立ちました。620分です。神社から「おりゃ おりゃ」と威勢のよい掛声が聞こえてきました。

今日は区民無形民俗文化財に指定されている『八角神輿』の宮出し、『船渡御』が行われます。地面すれすれから差し上げられる八角神輿...若衆に"頑張れ"声が掛かります。木遣りが響き渡り、扁額が上にある石鳥居をぎりぎり通り抜けました。

境内神輿2あ.jpg

木遣りあ.JPG鳥居あ.jpg

船渡御出船の隅田川テラスに神輿は進みます。7時、神輿は船上、出船準備完了です。*昭和37年(1962)までは海中渡御か行なわれていたそうです。

渡御あ.jpg

渡御船はタグボートに引かれて随行船を伴って、晴海沖での海上祭に出航しました。

渡御正あ.jpg

 

 

隅田川テラス_中央大橋

[皐月の鯉の吹き流し] 2018年7月28日 18:00

前回佃大橋で触れた佃島渡船場跡がこれです。説明にあるように隅田川の両岸、佃と湊に同じ碑があります。

 

00_佃渡説明板.JPG 

01_佃渡_佃.JPG

..................... <<<< これは佃側の碑 >>>>>

 

03_佃渡_湊.JPG

...................... <<<< これは湊側の碑 >>>>>

 

佃大橋をくぐり進みますと、対岸に霊岸島水位観測所があります。独特の形をしていますのですぐ分かります。 隅田川と亀島川の合流地点にあり写真の水門は亀島川水門です。これも今年の検定試験に出題されました。

 

04_霊岸島水位観測所_1.JPG

....... <<<<< 水門の右に独特の形の観測施設があります >>>> 

 

05_霊岸島水位観測所_2.JPG

 

さて中央大橋が近づいてきましたワイヤーで支える近代的な美しさが見られます。

 

 
06_中央大橋-03.JPG.................... <<<<< 柱の間からスカイツリー >>>>>>

 

07_中央大橋-05.JPG

 

09_中央大橋-08.JPG

 

橋を渡り新川方面へ向かいますが、ここは絶好の写真スポットで三脚を据え本格的にスカイツリーを背景に 永代橋を撮影する人が多くいます。

 

10_永代ツリ-_03.JPG

.... <<<< ここが写真スポットです >>>>>

 

 

もう一つ目を向けていただきたいのがメッセンジャー像です。隅田川とパリ・セーヌ川の友好河川を 記念し当時のパリ市長ジャック・シラクさんから贈られたものです。 東京からはそのお礼として屋形船を寄贈したとのことです。

.

11_メッセンジャー.JPG

........ <<<< 橋からだと見えるのは後姿 >>>>>

 

 

橋を渡り隅田川に沿って右に行くとすぐ近くに開花が早い桜があり毎年他より一ヶ月以上早く咲きます。 「カワヅザクラ」というそうで1月下旬から2月にかけて開花する種類だそうです。

 

14_カワヅザクラ_2.JPG

 

15_カワヅザクラ.JPG

...... <<<<< これは今年の2月だったと思います >>>>>

 

 

中央大橋~永代橋間の新川公園は桜の名所です。

次回はこの新川公園を通り永代橋へ向かいます。

 

 

今季4回目のカルガモの親子

[佃のうさこ] 2018年7月28日 09:00

佃・石川島公園で野鳥観察をしている うさこです。7月13日、今季4回目になるカルガモの親子に遭遇しました。3時間にわたる追跡となった今回、一部を紹介いたします。

 

雛は2羽です。隅田川テラスの柵の内側は、川の流れも船の波もゆるやかで安心ですね。

 

泳いでる.jpg 

ところが、突然現れた小型高速レジャーボートが高波を巻き上げると、雛はその波にもまれてしまいました。体はずぶ濡れ、雛の産毛は浮力を失ってしまいました。すると母親は、雛を隅田川テラスに誘導したのです。

 

陸へ.jpg  

全体.jpg 

青と.jpg

しばらく居心地の良い場所を探してウロウロしていましたが、遊歩道の真ん中に陣取りました。隅田川テラスの遊歩道は、太陽に温められて自然の岩盤浴ですね!賢いなぁ。母カルガモには、こんな知恵があったんですね。

 

相生橋と.jpg 

乾かして.jpg 

お母さんのお腹の下は、最高の安全地帯です。

 

ママのお腹の下.jpg 

ママと.jpg 

よーく乾いて来たのでしょう。雛の可愛い羽も見せてくれました。

 

羽見える?.jpg 

人間界も猛暑ですから、ちゃんと水分補給すると、

 

水飲み.jpg  

隅田川に帰って行きました。

 

帰る.jpg 

また来年、雛が親になり石川島公園の隅田川テラスに現れてくれるのが楽しみですね。

 

 

 

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011