中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2月18日佃で野鳥観察会があります

[佃のうさこ] 2018年2月15日 12:00

2月18日に野鳥観察会が開催されます。今年で3年目、地域の愛好家から始まった観察会です。うさこも、この観察会がきっかけで、野鳥にぞっこんになり観察にハマって行きました。それは、中央区が都会の中の都会でありながら、自然を再生することで、自然と共存出来ていることを強くわからせてもらえたからです。

 

今、石川島公園付近で越冬している水鳥は、マガモ・ヒドリガモ・オオバン・ホシハジロ・キンクロハジロなどがいます。

 

オナガガモなど.jpg

観察会では、どんな鳥たちに出会えるでしょうか?早いもので、あと1か月もすると、10月にやって来た鳥たちも越冬を終えてシベリアへ帰って行きます。

是非、この機会に、越冬に中央区の隅田川を選んだ鳥たちに会いに来てみてください。うさこがご案内いたします。

 

野鳥観察会.jpg 

 

 

 

佃船入堀の水鳥

[サム] 2018年2月10日 16:00

DSC01833ELS'.jpgDSC01839RS'G.jpg 立春が過ぎても、残寒厳しい毎日が続きますが、日中柔らかに降り注ぐ陽射しには温もりを感じます。

佃公園(佃1)沿いの船入堀(佃川支川)にもこの時期、様々な水鳥たちが姿を見せます。

今日見かけたのは、チュウサギ、オオバン、コガモ、キンクロハジロ。

まず目に飛び込んでくるのは、純白でスリムな体を持つ美しいチュウサギ。因みに "シラサギ" とは固有名詞ではなく、白色のサギ科の鳥類の総称です。

次いで注目はオオバン。バンやクイナと同じツル目クイナ科の鳥類。全身黒色で、額から嘴にかけての白色(額杖)がよく目立ち、独特の風貌で、モノトーンの愛嬌のある容姿です。

水中に潜って水草や水中生物などを採餌しています。

そしてカモの仲間では最小のコガモ。茶色の頭に緑の帯、尻の横に黄色い三角模様。

日溜まりに佇む、各々個性ある姿に、改めて自然の生命の営みを感じます。

 

 

名橋のある風景1

[TAKK...] 2018年2月10日 12:00

01.jpg

佃大橋から勝鬨橋、明石町方面を眺めると東京タワーの先っぽが見えます。

遠くに高層ビル群があり、手前を屋形船が通り過ぎていきます。

 

03.jpg

勝鬨橋全景。

緑色の2つのアーチが美しい。

 

02.jpg

.

04.jpg

ライトアップしていないのでわかりにくいですが、佃大橋を臨みます。

シンプルで飾り気のない橋ですが、不思議な機能美があり、周囲の高層ビルの灯を引き立てます。

前回のオリンピックに備え、1964年に竣工しました。

.

 

 

2018 住吉神社 追儺祭・豆まき

[サム] 2018年2月 5日 12:00

P2030218ELS'.jpgP2030187RS''G.jpg 2月3日は節分。

住吉神社(佃1)では、追儺祭祭典斎行後、15:00より、恒例の「豆まき」が行なわれました。

節分とは、本来、季節の変わり目の、立春・立夏・立秋・立冬の前日という意味で、豆まきはこの日に行なう除災招福の神事儀礼のひとつ。

一般に節分というと、冬の節から春の節に移る立春の前日。一年の始まりとして、特に重んじられ、次第に節分と云えば春の節分を指すようになったとされます。

神楽殿より、豆とお菓子が撒かれる段になると、"福" を貰おうと、集まった子供たちが一斉に手を伸ばし、「こっち、こっちぃー」「おねがいしまぁーす」と喚声が上がります。

今年は土曜日ということもあり、境内は大勢の子供たちの熱気に包まれました。

 

 

バレンタイン特別ライティング「ラブリーショコラ」

[サム] 2018年2月 3日 09:00

P1310175'ELS'.jpgP1310163'RS'G.jpg 東京スカイツリーでは、映画「今夜、ロマンス劇場で」の公開を記念して、カラフルなチョコの組み合わせにより、元気さやポップさを表現したバレンタイン特別ライティング「ラブリーショコラ」を、1月29日~2月14日、期間限定で点灯中。

 1月29日 18:10~22:00

 1月30日~1月31日 17:00~22:00

 2月1日~2月14日 17:15~22:00

 22:00~24:00 通常ライティング(粋・雅・幟)

東京スカイツリータウンでは、映画とコラボレーションしたバレンタイン企画も併せて実施中です。

31日夜は「皆既月食」。中央大橋より永代橋越しに、カラフルな「ラブリーショコラ」が輝く一方、南東側の夜空では、「部分食」進行中です。

 

 

スーパー ブルー ブラッド ムーン

[サム] 2018年2月 2日 14:00

DSC01783''ELS (3).jpgP1310183'RS'G.jpg 1月31日は、月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食。

曇りがちの空模様との予報でしたが、好条件で3年ぶりの天体ショーが「River City 21」頭上でも展開されました。

今回は、月が地球に近づいた状態で満月となる「スーパームーン」、1か月に2度目の満月となる「ブルームーン」、そして皆既月食で月が赤く染まる「ブラッドムーン」の3つの現象が重なった「スーパー ブルー ブラッド ムーン」。

20:45頃から月の一部が欠ける部分食が始まり、21:51から皆既月食に。約1時間20分後の23:08から再び部分食となり、1日0:11に終了。

太陽光の中でも波長の長い赤い光が、大気で屈折・散乱され、微かに月面を照らすため、真っ暗にならず、鈍い「赤銅色」に見えるとされます。

次回皆既月食が見られるのは7月28日と聞きますが、明け方に皆既のまま沈むので観測条件は厳しいようです。

 

 
<<前のページへ 1234567891011