中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【番外編】 旅先で見つけた中央区 in 香港

[いのちゃん] 2018年6月20日 18:00

今年のはじめに 香港 へ行ってきました。

 

体中にまとわりつくような湿った空気とそれをさらっていくぬるい風――。

独特の熱気と妖しさがくせになる、訪れる者を飽きさせない魅惑的な大都会です。

 

IMG_2946.jpg  

人口密度の高い香港らしい景観、通称モンスターマンション。

※私有地のため撮影には事前の許可が必要です。

 

その 香港 の街のなかで「築地」「月島」という文字を見つけました。

 

客を呼び込む "ギミック"(仕掛け)として前面に押し出されていることから、

この地で中央区の町名ブランドのような役割を果たしていることが窺えます。

 

IMG_3080.jpg

香港島側の湾仔(ワンチャイ)フェリーピア。

 

IMG_2909.jpg

こちらは九龍側の土瓜湾(トクワワン)エリア。

 

「メイド・イン・ジャパン」「日本製」という言葉がもてはやされた時代がありま

したが、近頃はもっとディープに細分化されているようですね。

 

英語と漢字文化をあわせ持つ 香港 では「築地」や「月島」という字面は訴求力も

高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

築地川亀井橋公園のアガパンサス

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月19日 18:00

agapa201801.JPG

今年も築地川亀井橋公園(築地1-6-1先)にあるペレニアルガーデンで、アガパンサスの花が咲き始めました

ペレニアルガーデンは、宿根草が植えられた花壇です

agapa201802.JPG

アガパンサス和名は、ムラサキクンシラン紫君子蘭)です

agapa201803.JPG

原産地は南アフリカ)だそうで、南アフリカ10~20種ほどの原種自生しており、交配などにより300以上園芸品種が育成されています

agapa201804.JPG

開花期は、5月下旬から8月上旬にかけてです

agapa201805.JPG

宿根草アガパンサスは、毎年この時期に美しい花を多数咲かせてくれ、立ち姿も優美で、梅雨鬱陶しさを和らげてくれる花です

agapa201806.JPG

花の色は、青紫が主ですが、公園には白い花の株もあります

agapa201807.JPG

昨年、同公園でのアガパンサス開花を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4433.html

 

 

ターレTシャツ Turret Truck T- Shirt

[HK] 2018年6月19日 09:00

 

築地場外を歩いていたらターレTシャツを発見! 外国からのお客様に人気があるそうです。

As walking through Tsukiji Outer Market, found Turret truck printed T-shirt!  Seems to be popular amoung foreign tourists.

IMG_0555.jpg 

 

ターレの、自動販売機もありました。  

Also found miniature toy Turret capsule machine.  

IMG_0556.jpg 

 

そして更に猫のかぶり物自動販売機までありました。 

Also, cat's costume capsule machine.  

IMG_0558.jpg

 

場所は晴海通りから築地西通りを入ってすぐのところ。   

築地はいつ行っても新たな発見がある楽しい場所ですね。  

 

The place is along Tsukiji Nishi Dori (street), just a few walk from Harumi Street.

Tsukiji is such an enjoyable place where you can always find something new.  

 

 

 

嘉祥 築地の和風スイーツ

[あすなろ] 2018年6月18日 12:00

旧暦6月16日。和菓子や餅を神さまに供え
病気にならないようにと願い、それをいただく嘉祥喰
という風習がありました。

江戸時代には、将軍から大名、旗本が菓子を賜るなど
贈答文化としても広まった行事です。

そして昭和54年、全国和菓子協会が「和菓子の日」
に制定しました。

 まぐろ_450.jpg

「和菓子の命はあん」といわれ、自分の店にふさわしい
独自のあんを工夫します。

築地にも、魚の形をした皮にこだわりのあんを包んだ
和風スイーツを提供しているお店があります

看板_450.jpg

小倉あんの「本マグロ」と、小倉あんに甘酸っぱい
あんずを包んだ「中トロ」の2種類。

ここでしか食べられない
「まぐろ焼き」をおやつや手土産にいかがでしょう。

◆築地 さのきや
 東京都中央区築地4-11-9 築地市場場外

 

 

中央区ゆかりの文人展〔タイムドーム明石〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月17日 18:00

明石町12-1、聖ルカ通りに面する中央区保健所等複合施設6階にある中央区立郷土天文館タイムドーム明石)の特別展示室で、企画展「再発見中央区ゆかりの文人展」が開催されています

bun201801.JPG

開催期間は、5月26日)から7月1日)までです。

bun201802.JPG

開館時間は、火曜日から金曜日までが午前10時から午後7時まで、

土曜日日曜日が、午前10時から午後5時までで、

入場は、閉館の30分前までです。

月曜日は、休館日です。

bun201807.JPG

取り上げられている文学者は、谷崎潤一郎長谷川時雨長谷川かな女九条武子長谷川春子で、日本橋蛎殻町にあった出版会社、六興出版のコーナーも設けられています

bun201803.JPG

谷崎潤一郎は、日本橋区蛎殻町2丁目(現在の中央区日本橋人形町1丁目)生まれ

bun201804.JPG

言わずと知れた、近代日本文学を代表する小説家の一人です

bun201805.JPG

長谷川時雨は、日本橋区通油町1丁目(現在の中央区日本橋大伝馬町3丁目)生まれ。

劇作家小説家

bun201806.JPG

雑誌や新聞を発行して、女性の地位向上に努めました

自身の回想録である「旧聞日本橋」が有名です

bun201808.JPG

九条武子は、教育者歌人

関東大震災で全壊した築地本願寺の再建や、震災による負傷者・孤児の救援活動に活躍しました

bun201809.JPG

長谷川春子は、長谷川時雨の妹で、洋画家です芸術

bun201810.JPG

六興出版のコーナーには、同社の雑誌に執筆していた林芙美子武者小路実篤室生犀星などの直筆原稿等が展示されていました

bun201811.JPG

直筆の原稿は、作家本人の推敲の跡とかがリアルで、最初はこういう表現だったのか、などということがわかり、おもしろかったです

bun201812.JPG

なお、会場は写真撮影禁止のところ、特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

bun201813.JPG

 

 

暁橋の朱色のユリ

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月14日 12:00

築地川公園暁橋のところに置かれたプランターに、朱色ユリが咲いていました

sukasi201802.JPG

場所は、下の地図赤〇のところです

sukasi201800.jpg

鮮やかな朱色です

sukasi201804.JPG

スカシユリと思われますが、残念ながら品種名はわかりません

sukasi201805.JPG

スカシユリの特徴である杯状を、上向きにつけて咲いている姿がいいですね

sukasi201803.JPG

梅雨の合間の晴天の日に、朱色がまわりのと美しく調和していました

 

 
1234567891011