中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ふくらハト〔築地川銀座公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月13日 14:00

築地川銀座公園は、かつての築地川、今は首都高速道路都心環状線が下を走る晴海通り沿いの万年橋両側に作られた中央区立の公園です

ハト憩いの場としても、今年の9月に、このブログでも紹介しました

tukihato001.JPG

12月に入って、急に寒さも増した朝、ここを通りかかると、ハトの様子がいつもとちょっと違いました

tukihato002.JPG

公園にいるハト首をすくめて丸くなっており、じっとして微動だにせず目をとじているよう

tukihato005.jpg

これは、まるで「ふくら雀寒中に全身の羽毛を脹らませているスズメ)」で、冬の季語にもなっています

tukihato003.JPG

ものの本によると、スズメに限らず、冬の寒い時期になると、羽毛を膨らませるように逆立てる事で、中に空気の層を作り体温の低下を防いでいるそうです

鳥の中でも、私たちになじみの深いスズメの膨らんだ姿が、古くから一般によく知られており、「福来雀」という字があてられ大変縁起が良いともされているそうです

ふくら雀」は、帯の結び方にもありますよね

まさに、今朝見た光景は「ふくらハト」でした

tukihato004.JPG

今年9月の「ハトのメジロ押し」のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/09/post-4616.html

 

 

ズーラシアンブラスのコンサート「音楽の絵本 3月17日@銀座ブロッサム」前売り開始です!

[えだまめ] 2017年12月12日 18:00

子連れ特派員のえだまめです

今日はコンサートチケットの前売り情報をお届けします。

何のかというと・・・

以前7月に書いた記事を参照していただきたいのですが

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/07/post-4508.html

動物さんたちの楽団「ズーラシアンブラス」が小さな子ども達のために

楽しくクラシック音楽を届けてくれるコンサート・「音楽の絵本」。

また来年の3月17日(土)に銀座ブロッサムにて開催されるのです。

DSC_2523.jpg



そのチケット前売り開始日は・・・12月5日(火)。

チケット販売はインターネットでもできるのですが、

(運営会社「スーパーキッズ」のチケットセンターHPはこちら http://superkids.co.jp/ticket/ )

中央区在住または在勤の場合、チケットが割引価格で購入できるのです。

(一般価格2300円→割引価格2000円です)

なお、在住・在勤割引での取り扱いは銀座ブロッサムの窓口のみとなっています。

なので・・・

12月5日(火)、朝。

2歳半になった娘あずきの朝ごはんを食べさせたら、

この日だけはすべての家事を放棄して

銀座ブロッサムへ向かいました。

IMG_2833-1.jpg

玄関があくのは8:45とのことでしたが8:40に私たち親子が到着した時点で3番目。

もっと早く来ている人がいる・・・!ということに驚きを隠せません。

9時時点で7人くらいはいたかしら?


そこから1時間くらいの待ち時間ですが、ロビーには椅子を用意してくださっていましたし

壁にはプロジェクターで過去のコンサート映像のDVDを投影してくださっていたので

あずきも飽きずに待つことができていたように思います。

DSC_2483.jpg

映像が切り替わるたび

「とらさん!」「らいおんさん!」「おかぴさん!」

・・・すっかりズーラシアンブラスの愛好家です。


そして、10時。前売り開始です。

座席表を見ながら希望の席を伝えて、購入完了です。

そうそう。区内在住在勤割引で購入する場合

証明できるもの(保険証・免許証など)を持っていきましょうね。



え、なんでこんなに必死に買いに行くかって??

前回記事にも書きましたが、アンコールの際などに

動物さんたちは「客席降り」をしてくれるんですよね。

上手くいくとハイタッチなんかできたりして。

そのためにはどうにかして「前方ブロック・通路側」の席を確保したい!

というのが母心、でして・・・。

ちなみに1年くらい前の回であずきがひたすらイヤイヤを炸裂させて

窓口到着が11時を回ってしまったときは

すっかり前方通路側は売り切れだったのでした。


もちろん、コンサートプログラムそのものがとっても楽しいですし、

前方ブロックの難点は舞台が近すぎて全体を見渡すのがちょっと大変かも?というところ。

なので中央ブロック以降の席でもコンサートは楽しく過ごせると思いますよ。

銀座ブロッサムの方に伺ったところ、現在は1階後方席と2階席でしたら

まだお席に余裕がありますよ、とのこと。

前回コンサートも完売だったようですので、興味がある方は

お早めにチケットを確保しておきましょう!

銀座ブロッサムのHP

http://ginza-blossom.jp/

ズーラシアンブラスのHP

http://www.superkids.co.jp/z-brass/index2.html

 

 

 

築地本願寺に行ってきました!(動物探しのツアー)

[株式会社 彦晴] 2017年12月 8日 14:00

築地本願寺に行ってきました!皆さんもご存じの通り、現在の築地本願寺の本堂は、1923年(大正12)の関東大震災で焼失した後に1934年(昭和9)に再建されたものです。設計は東京帝都大学名誉教授伊藤忠太博士によるものです。この秋には境内整備が終了し、本堂正面左側にあった石碑類が新大橋通り側に移設されて、その跡地にカフェ&ブックストアを併設したインフォメーションセンターが新設されました。

IMG_0928.JPG IMG_0929.JPG IMG_0927.JPG

本堂へ真っすぐ進むと、そこには羽根の生えてライオンが私たちを迎えてくれます。本堂の外見は「古代インド様式」

の石造りとなってます。

IMG_0890.JPG IMG_0892.JPG IMG_0891.JPG

エントランスには幾何学模様のタイルと大理石の柱、扉の上にはステンドグラスが目に入ってきます。これだけを見ているとここが「お寺」だったことを忘れてしまいます。

本堂内は、桃山様式と言われていますが、シャンデリアがあったり、パイプオルガンがあったりでお寺の荘厳な雰囲気だけではなかった。また本堂の片隅にはX JAPANのhideさんの祭壇が設けられていて今でも世界各国からファンの方がお見えになるそうです。(hideさんの葬儀は築地本願寺であったそうです)

IMG_0889.JPG IMG_0887.JPG IMG_0886.JPG

IMG_0913.JPG IMG_0888.JPG

また、本堂の4本の柱には四神の彫刻がありました。

左から青龍・朱雀・白虎・玄武です。

IMG_0910.JPG IMG_0911.JPG IMG_0909.JPG IMG_0908.JPG

本堂2階から1階に下がる階段付近には、たくさんの動物たちが私たちを楽しませてくれます。

左から、鳥、猿、像です。これは「物事は全体を見渡すことが重要」という仏教説話「三畜評樹」をあらわしていると言われています。

IMG_0885.JPG IMG_0880.JPG IMG_0879.JPG

IMG_0884.JPG IMG_0883.JPG IMG_0882.JPG

左から牛、獅子、馬です。このようにたくさんの動物の彫刻が私たちを楽しませてくれます。

IMG_0894.JPG IMG_0914.JPG IMG_0896.JPG

それから鐘をつるしている鳳凰、(この鐘はいつ鳴らすのだろう?使用しているのか?と考えていたら、法要が始まる前に実際に鳴らしていました。音は本堂のどこにいても聞こえるくらいに響いていました)そしてグロテスクと呼ばれる珍獣がいます。グロテスクからは舌が伸びて、階段の手すりとなっています。なんと伊藤忠太博士は「妖怪研究」という本も出版しているそうです。博士は遊び心があった人だなあと感じました。

IMG_0926.JPG

そして最後の1枚は像2匹が梁をささえている写真です。皆さんも築地本願寺で"動物探し"チャレンジしてみてください。

 

 

築地 風景入通信日付印

[あすなろ] 2017年12月 7日 09:00


中央築地郵便局の風景印です。

 風景印.jpg 

浜離宮庭園にある中島の御茶屋、築地市場と魚が

描かれています。

 

郵便局は、市場内の農林水産省調査室などが入る

かなり年季が入った建物の2階にあります。

 二階.jpg

 昨年の市場移転計画のタイミングでは、中央築地局

も新市場に移転し、「豊洲市場郵便局」と改称する

という「お知らせ」が局内に掲示されていました。

今後、移転改称となれば、この風景印は廃止となる

のでしょうか。

 郵便局入口.jpg

浜離宮庭園へのお散歩や年の瀬の買い出しなど

お近くの際には、立ち寄られてはいかがでしょう。

交通ルールなどにお気を付けください。

 


◆中央築地郵便局
〒104-0045
東京都中央区築地5-2-1
日本郵便Webサイトトップページ

 

 

江戸落語の舞台(富くじ興行編)

[達磨] 2017年12月 5日 12:00

富くじ(富突・突富・富)は文化文政期(1804~30)に大流行。中央区内では白旗稲荷(本石町)・福徳稲荷(室町)・椙森稲荷(堀留町)・薬研堀不動院(東日本橋)・茅場町薬師・新川大神宮などでも興行されたようです。(中央区内文化財HP、福徳神社富籤HP参照)。富札の値段は、1枚1分から2朱ほどだったとか。1両を10万円位に仮定すると、1枚は1~3万程度でかなりの高さです。人心や内部不正のため,天保の改革(1842)によって富くじ興行は禁止されましたが、落語の中では、「湯島天神」と「椙森神社」が主な舞台となって、富くじでの人々の動きが、平成の寄席、ホール...落語会の高座に引き継がれています。

 

↓〈知泉院茅場町薬師〉    ↓〈新川大神宮〉      ↓〈白幡神社〉

智泉院ok.jpg 新川大神宮ok.jpg 白旗ok.jpg

 

↓〈薬研堀不動院〉      ↓〈福徳神社〉家康公も参拝
薬研掘okok.jpg 福徳okokok.jpg

  

↓〈椙森神社-べったら市前日-〉  ↓富落語2席のあらすじです。

椙の森ok.jpg三代目小さん(1857-1930)が大阪から持ち帰りの落語「宿屋の富」・・・馬喰町の汚い旅籠に貧乏くさい男が泊まった。「副業でやっている椙森神社の富札が一枚売れ残っている。」「これ以上金を増やしたくはないが、まぁいいだろう。」千両富が当たった!・・・貧乏宿の主人が祝いをしようと客の布団をはぐと下駄を履いていた...と。(笑い)

初代圓朝(1839-1900)が実話から落語化したものと伝えられる落語「富久」・・・酒でしくじってばかりの幇間の久蔵、なけなしの一分で椙森神社の札を買って、大神宮さまの神棚にしまいこんだ。――中略―――火事で久蔵の家は丸焦げ。椙森神社を通ると「一番、鶴の1500番」の声。「あ、当たった!」久蔵、卒倒した。当たり札がなければダメだ!帰る途中、鳶の頭「さすがに芸人だ。立派な大神宮様のお宮だな。家にあるよ。」「ど、泥棒!と半狂乱」「運のいい男だな~。」「へえ~、これも大神宮様のおかげです。近所にお払いをいたします。」...人情味豊かな噺です。//幕

 

 

 

イロハカエデ紅葉 2017

[サム] 2017年12月 1日 18:00

DSC01363ELS'.jpgDSC01369RS'G.jpg 11月29日、東京管区気象台より、気象庁生物季節観測情報のひとつ、「イロハカエデ紅葉」が報じられました。

平年より2日遅く、昨年より1日早い由。

漸う紅葉の真打登場です。

浜離宮恩賜庭園でも、園内の樹木約6,000本の内、25本を数えると聞くイロハカエデが真っ赤に染まり、見頃を迎えています。

殊に逆光の、太陽の光を透かして見る真紅の葉は、鮮やかさが一層際立ちます。

芽吹きから初夏・秋にかけ、黄緑~緑~黄~赤と、多彩に移ろい、各々目を楽しませてくれますが、紅葉シーズンの色味は格別。

中島の御茶屋、松の御茶屋、燕の御茶屋を背景に、この時期ならではの大名庭園の色彩豊かな風情を醸し出しています。

 

 
1234567891011