中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ドイツ料理店のおいしいカレー〔ピラミッド〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年12月16日 12:00

以前にもご紹介したドイツ料理店で、ランチタイムにおいしいカレーが食べられる「ピラミッド」です

saus201801.JPG

場所は、築地2丁目、JFA築地ビル地下1階です。

平成通り沿いの角のビルで、京橋築地小学校と道路を挟んで向かい合っています。

saus201802.JPG

当日は、11時30分過ぎに入ったので、問題なく座れましたが、人気店のため、12時を過ぎると並んで待つことが多いです

ソーセージカレーを注文。無料で1品選べるトッピングは、目玉焼にしました

ザワークラウトを選ぶ人も多いです

saus201803.JPG

大きなソーセージが1本、カレーのカップの中に収まっていました

ライスの上に目玉焼が乗っており、ライスと目玉焼の間にマッシュドポテトが挟まっています

こちらのお店の特長、ビールで煮込んだカレーは、こくと苦みがあって独特おいしいです

saus201804.JPG

また、来ます

ビーフカレーご紹介時のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/10/post-5677.html

アジアンシュリンプカレーご紹介時のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/09/post-5563.html

 

 

白椿 控え目な美しさ

[あすなろ] 2018年12月16日 09:00

築地場外市場にある圓正寺の門前で

白椿が咲いています。白侘助でしょうか。

 白侘助.jpg

利休七選花に数えられ、茶の湯の席に用いられています。

霜に当たると花にしみができるので、

蕾の枝を切って室内で咲かせるようにします。

侘助の名のごとく他の椿に比べて、美しさを主張せず

半開の花姿に風情を感じさせますね。

 円正寺.jpg

気取らない控えめな美しさ、花言葉も「控え目」です。

市場の喧騒の中で、静かな雰囲気のある一角です。

◆天護山 圓正寺
 東京都中央区築地4-12-9

 

 

メタセコイアの紅葉

[サム] 2018年12月14日 14:00

DSC08077ELS'.jpgDSC08024RS'G.jpg 朝日新聞社東京本社(築地5)前の新大橋通りに植栽されているメタセコイアが色づき、樹幹が直立し、樹冠は円錐形の、端正な樹形群が目を引きます。

メタセコイアは、スギ科の外来種で、落葉性の針葉樹の高木。現生種は1属1種です。

和名のアケボノスギは、英名の "dawn redwood" を訳したものとされ、秋に橙赤褐色に紅葉します。

枝に小枝が対生し、その小枝に扁平な線形の小葉が密に対生し、鳥の羽根のような形状で、一見羽状複葉のように見えます。

雌雄同株で、この時期、長い柄がついた小さなマツボックリのような球果を付けます。

新緑、紅葉、冬枯れと四季を通じて楽しめます。

 

 

築地本願寺

[さとけん] 2018年12月14日 12:00

20181211_114810.jpgのサムネイル画像 20181211_114830.jpgのサムネイル画像

休みを取った平日に、築地近辺に行ってきました。平日でもやはり場外市場は観光客などがたくさんいて、市場の移転でも影響はないようです。帰りに築地本願寺に寄りました。「中央区ものしり百科」に載っていない記念碑もありました。正直いままで気づきませんでした。

 

「親鸞上人像」「陸上交通殉難者追悼之碑」を写真に収めました。

「親鸞上人」は築地本願寺の宗派である浄土真宗の宗祖として、像が建てられています。「陸上交通殉難者追悼之碑」は昭和44年に三笠宮様を名誉総裁とした陸上交通殉難者追悼建設会が交通事故の犠牲者を悼み、交通事故の絶滅を願って建てられたものです。

ゆっくりと見て回ると意外な発見があるかもしれません。

20181211_114901.jpgのサムネイル画像

 

 

 

ズーラシアンブラスのコンサート「音楽の絵本 ブラスサンタ」@銀座ブロッサム(12月8日開催)

[えだまめ] 2018年12月14日 09:00

子連れ特派員のえだまめです

いつも楽しい時間を過ごさせていただいております

ズーラシアンブラスのコンサート「音楽の絵本」が12月8日に銀座ブロッサムにて開催されました!

DSC_4587-1.jpg


以前にも銀座ブロッサムで行われたコンサートにはお邪魔しているのですが

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/03/post-5066.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/07/post-4508.html

今までと違うのは「クリスマス時期の開催である」ということ。

今回のタイトルにも「ブラスサンタ」という一言が添えられています。

なので、曲目もクリスマスを意識した選曲となっており

いつもとは違った雰囲気となっております。


今回の出演はいつものズーラシアンブラス(金管五重奏)メンバー

15323-1.jpg

そして、いつも一緒に来てくれている

弦楽四重奏の「弦(つる)うさぎ」さんたちではなくて

クラリネット四重奏のネコさんたち「クラリキャット」のみなさんがやってきてくれました。

15324-1.jpg

メリッサ・ローズマリー・ベルガモット・ペパーミントの4人組です。

(みんなハーブの名前ですね)

https://www.superkids.co.jp/ehon/cc/oe_cc.html

たぶん、銀座ブロッサムでは初登場?になるのかな、と思います。


さてさて、13時の開場時間になりました。

みんなわかってます。

DSC_4585-1.jpg

開場のファンファーレをズーラシアンブラスのメンバーが演奏してくれるのです。

DSC_4589-1.jpg

今回は2階席しか取れなかったので、こんなに間近でメンバーを見ることができるのは

とてもうれしいことなのです。

DSC_4588-1.jpg


そして「2階席しか」・・・と言ってしまいましたが。

すみません。2階席、かなり見晴らしがいいです。

DSC_4594-1.jpg

確かに客席降りがあるときに動物さんたちとハイタッチして・・・というのは難しいですが、全体を見通すことができる、音響としてはちょうどよく聞こえる、という点においては

前方席よりはいい部分もあるかもしれないな、と。

そして何より、今回から「3歳以上」なので席をひとつ、きちんと買うことになった娘あずき。

2階席のほうが前の席ときちんと段差をつけてあるので、

背の低いあずきでもステージをちゃんと見える状態になっていたように思います。


いよいよ開演。

コンサート中の写真撮影はNGなのですけれど・・・

かっこいい金管の演奏に加え、なかなか聞けない「クラリネット四重奏」の演奏は

優しい音色で癒されるものでした。

もちろん曲も耳なじみのあるクリスマス曲が多いので

小さい子でもきいたことあるかも!と思えるものが多かったように思います。

そして・・・後半戦で子どもたちの集中力が持たなくなってきそうなころに

大人も子どももおなかを抱えて笑ってしまうような「コント風味(?)」の演奏も。

 ・・・ベルちゃん(3rdクラリネットのベルガモットの愛称)って、あんな子だったのね・・・(汗)。

 彼女はひたすらボケ倒してました、とだけお伝えします。

 以前別会場でやっていたニューイヤーコンサートで

 ベルちゃんはお笑い担当キャラのスマトラトラさんと一緒に行動していた

 ってあたりで気づくべきだったのかもしれないけれども。

そうそう。お衣装もそれぞれクリスマス仕様になっていて。

インドライオンさんの軍服姿、かっこよかった~!

本当に「クリスマスならでは」をたくさん楽しませていただきました。

・・・銀座ブロッサムの担当者さん、「クリスマス時期のズーラシアンブラス」を

定例化してくださるといいんだけどなぁ・・・(小声)。


というわけで、今回もたっぷり楽しませていただきました。

銀座ブロッサムでの次回コンサートは2019年3月16日(土)。

チケット前売りはもう始まっております。

・・・そしてえだまめ、すでにチケット確保しております(笑)。

3月にも楽しく演奏が聴けることを、心から楽しみにしています!!


銀座ブロッサムのHP

http://ginza-blossom.jp/

ズーラシアンブラスのHP

http://www.superkids.co.jp/z-brass/index2.html

 

 

中央区の歩道っておもしろい!22【明石町緑道】

[湊っ子ちゃん] 2018年12月13日 12:00

green01m.jpgこんにちは、湊っ子ちゃんです。

今日は、聖路加ガーデン前の緑道を歩きたいと思います。

歩道内の植え込みは緑豊かで、小さな水路が走り、春には桜並木がきれいです。

明治時代、ここ明石町一帯に、築地外国人居留地があったことを物語る、貴重な遺構や記念碑を訪ねてみましょう。

greenmap.png

green02m.JPG♪ トイスラー記念館

昭和8年(1875)、隅田川畔に聖路加国際病院の宣教師館が建設されました。設計は、聖路加国際病院の設計にも携わった、J・バーガミニィ。鉄筋コンクリート造りの、一部木造を用いた2階建てで、ヨーロッパの山荘を思わせる、重厚な風格のある建物です。
外部に柱や梁を表現した、ハーフティンバー風の意匠を凝らしており、室内はチューダー・ゴシック風、玄関やリビングなどに、重厚な木の内装が施されています。平成10年に移築復元され、現在、聖路加国際病院の中庭に建っています。


green03m.jpg♪ アメリカ公使館

安政6年(1859)、初代アメリカ公使ハリスは、現在の港区善福寺に、アメリカ公使館を開設します。ついで翌年には、築地外国人居留地に公使館を新築し、ここに形容を整えました。木造2階建て、クリーム色の洋館だったといいます。

明治23年(1890)、現在のアメリカ大使館所在地、赤坂へ移ります。築地外国人居留地内の跡地には、小松石でできた5基の記念碑が残されていました。約1m四方の石材に、アメリカを象徴する文様が刻まれています。
この記念碑は、聖路加ガーデンの中庭に2基、聖路加国際病院の中庭、トイスラー記念館前に3基が保存されています。


green04m.jpg♪ ヘンリー・フォールズ住居跡

スコットランド一致長老教会の宣教医師ヘンリー・フォールズは、明治7年(1874)から同19年(1886)までの日本滞在の間、この地に居住しました。
日本で行われていた指印の習慣に興味を持ち、科学的な指紋の研究を行いました。明治13年(1880)、英国の雑誌「ネーチュア」に投稿した論文は、科学的指紋法に関する世界初の論文といわれ、その中で、犯罪者の個人識別の経験を発表し、指紋の遺伝関係にまで言及しました。のち明治44年(1911)、我が国の警察において、はじめて指紋法が採用されました。


♪ 隅田川畔にある記念碑

green55m.jpg


1.築地運上所跡の地碑
江戸幕府は慶応3年(1867)、築地鉄砲洲明石町一帯を、築地外国人居留地と定め、税関業務等を行う運上所を設けました。これが、東京税関の始まりです。

2.電信創業の地碑
明治2年(1869)、横浜裁判所と東京築地運上所内に設けられた伝信機役所を結ぶ、約32キロメートルの電信線架設工事が始まりました。同年12月に業務を開始。我が国最初の公衆電気通信であり、文明開化に大きな役割を果たしました。


♪ 学校の記念碑
green77m.jpg

1.青山学院記念の地碑 明治10年(1877)
2.明治学院発祥の地碑 明治10年(1877)
3.女子聖学院発祥の地碑 明治38年(1905)


green11m.jpg春になり、きらきらと光る水面に、桜の花びらの浮かぶ様子が、湊っ子は好きです。

水路には、小さな噴水があり、ほんの一歩でまたげるほどの、かわいらしい橋も架かっているんです。

ここは名もない道ですが、歩く人を楽しませてくれる、個性豊かな通りです。

中央区観光協会特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png
第29号 平成30年12月9日

 

 
1234567891011