中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


聖路加辺り、秋色に染まっています。E' museo!

[銀造] 2009年11月26日 08:30

 新富町駅から、あるいは築地駅より築地本願寺を経由して築地川公園、聖路加看護大学

辺りを散歩してみましょう。 まさに、自然が織り成した芸術の世界です。

 築地川公園の紅葉した「ハナノキ」と黄葉の「ケヤキ」、後ろの緑の「クヌギ」が綺麗です。

CIMG3418.jpg

 播州赤穂藩浅野邸跡、芥川龍之介の碑を通って、聖路加の前を通ります。

CIMG3416.jpg

 「ユリノキ」、英名「チューリップ・ツリー」が黄葉しています。

CIMG3419.jpg

 ちょっと文化的な、「慶応義塾発祥の地」、「解体新書」などの碑を見て、周辺の居留地跡に

創設された大学の碑を巡るのも楽しいですよ。 そして、

CIMG3420.jpg

 「タイム・ドーム明石」の裏手にある、あかつき公園へ入ってみると、

日本の近代化に多大な功績と、物議をかもした著名な方の胸像が。 シーボルトさんです。

 この人によって、日本の桜草とかの植物は、ラテン名にて学名登録されたのですね。

ちなみに、「サクラソウ」は、Primura sieboldii で、このsieboldii と付いた植物名は幾つ?

CIMG3422.jpg

 聖路加タワーも素敵ですね。この裏手の隅田川テラスにも米国公使館の石碑モニュメントが。

CIMG3423.jpg

 あかつき公園を出ると、黄金に色づきつつある「モミジバフウ」(楓)です。

残りの緑との調和は、絵の具を塗った油絵が輝いている様です。

CIMG3424.jpg

この<まるごとミュージアム!>の賞味期限は、12月2日ぐらいまででしょうか。

お早めに。

銀造

 

 

新三浦でお食事

[銀造] 2009年11月13日 08:45

 今日は伝統ある料亭でのランチをご紹介。 「新三浦」さんは、明治時代からの料亭。

築地1-8-1の築地警察署の斜め向かいにあります。 

CIMG3224.jpg

 正面の入り口は、厳かでちょっと入りにくい感じがしましたが、

CIMG3225.jpg

 さてと、何を頼もうかな。う~ん、お値打ち。 正面から2階へ上がろうっと。ガーデンは裏手に。

CIMG3226.jpg

ご主人が「どうぞ、どうぞ」と中へ招き入れてくれ、写真を撮るのにドアが半開きになりました。

CIMG3228.jpg

 2階の椅子で食べられる部屋。良い絵と生花が生けられています。

CIMG3229.jpg

 親子丼を注文しました。手揚げ田舎風の油揚げの味噌汁。spa 温まりました。

鶏肉が小さくカットされていて、食べやすく、味も滲みてて happy01 大変美味しかったです。

CIMG3231.jpg

裏手には、モダンな造りの「SHIN MIURA GARDEN」、 あなたはどなたと?

CIMG3232.jpg

 ちなみに、夜は水だきコース¥8,500からとか。 夜も来たいなhappy01

新三浦 築地店の電話番号は、03-3541-0811 です。 

お値打ちの美味を巡る彷徨は、まだまだ続きます。 

銀造

 

 

桂川甫周の光栄 『桂川甫周屋敷跡』

[海舟] 2009年11月 9日 09:00

 

 寛政5年(1793年)9月、11代将軍・家斉、前老中首座・将軍補佐・松平定信以下

幕閣が列座するなか、鎖国下、遭難・漂流のすえ10年に亘りロシアに逗留、

首都ペテルブルグにおいてエカテリーナⅡ世に謁見、かの地の国情を見聞し

奇跡的に帰国した2人の伊勢漂流民・大黒屋光太夫と磯吉は、江戸城内吹上御所にて

尋問を受けました。

 

 様ざまな尋問の結果、南下政策をとるロシアは、日本の社会、文化、地理等

各種広範囲に渉る情報を収集していることが判明、更にロシアにおいて周知されている

日本人として桂川甫周、中川淳庵の名が挙げられます。

 

 光太夫の口から発せられた「カツラガワホシュウ」の言葉を聞いたとき、

当の桂川家4代・甫周国端(くにあきら)の驚きと感慨はいかばかりであったでしょう。

 そして今、面前に陪席、尋問している人物こそが桂川甫周その人であると分かったとき、

光太夫もまた驚きを隠せなかったでしょう。

 

 将軍家斉に与えた感銘は深く、列席する幕閣周辺より賛辞を得ます。

その後、この訊問は引き続き場所を他所に移し詳密に実施され、幕府及び甫周に

多大な情報を提供しました。

 

 後日(寛政6年)、この研究成果は桂川甫周『北槎聞略』に結実します。

 

 桂川家はこれ以降も、将軍侍医(奥医師)として誠実に役割を勤めると共に

市井にあっては自由闊達で温厚な家風の下、徳川幕府崩壊まで、江戸蘭学の宗家として

オランダ流外科の学風を守り、江戸蘭学界において大きな役割を果たしました。

 

参考図書 : 戸沢行夫 『江戸がのぞいた<西洋>』 教育出版
         山下恒夫 『大黒屋光太夫』 岩波書店

ck0930-1109.jpg

 

 

 

まるごとミュージアム、明石町防災船着場で参加しました

[銀造] 2009年11月 4日 09:00

 11月1日、まるごとミュージアムに聖路加タワーの下の隅田川テラスにある「明石町防災船着場」にて、乗下船のお世話やタイムドーム明石へのご案内、若松屋さんでのペーパークラフト展、町へのご案内を、楽しくさせて頂きました。英語圏の方々、フランス語、スペイン語も聞こえてきました。

 さあ、いよいよ出航です。 楽しく Vサインでポーズを決めてくれました。後ろには、大川端が。

CIMG3033.jpg

 notes津軽古流三味線の大内清野(和巳)さん。notes早い時間から盛り上げてくれましたnotes

 

CIMG3035.jpg

 

 奇抜な衣装でのマジック。待ち時間を楽しく過ごさせてくれます。

 

CIMG3044.jpg

 小学生の坊ちゃんも参加。リングを投げますと、・・・・。無事、他のリングと一つになるかmobaq

 

CIMG3047.jpg

 

 

 他の男子も参加。盛り上がってきます。

 

CIMG3051.jpg

 

 ボートは、晴海の黎明橋の「朝潮小型船発着所」へ。ここからトリトンへ行くんだね。

 

CIMG3057.jpg

 昼休みに乗船。 お客様のお喜びの自然な笑顔。happy01  僕も嬉しくなりました。

 

CIMG3084.jpg

 

 リヴァガイドのお姉さん。「髪の乱れに手をやれば、・・」、。しっかり手すりを掴んでいます。

 

CIMG3085.jpg

 「楽しかったあ~」の声。 またまた、嬉しくなりました。

 

CIMG3102.jpg

 初めて会ったボランテイアの方々ともお話が出来、来年も参加しようと思います。

 銀造

 

 

中央区観光協会主催の「まち歩き産業コースのご案内」を体験して

[グッピー] 2009年11月 4日 08:45

 

皆さん、こんにちは、ぼく『グッピー』ですwink

しばらくぶりの投稿mailto です。

 

先日、中央区観光協会の要請で、中央区観光協会50周年記念事業の中の『まち歩き産業コース』の

「築地②コース(鳥藤・江戸一・つきぢ松露・幸修園)」

「築地・新富町コース(紀文食品総本店・つきじ味幸堂・北田水産・㈱山櫻)」

のガイドを行いましたので、報告を致します。

 

 両日ともに天気に恵まれ、応募者多数の中、各10名のお客様をお迎えし、各お店のお忙しい中、温かい歓迎confident をうけ、各種のお土産present などもいただき、参加者の皆様にも感謝されhappy01 、予定通り無事に終わりました。

 

 今後も機会があれば、近隣の観光・見学コースにも、ご案内を続けたいと思います。

 

 中央区は、江戸時代から商業・工芸の町として栄えた伝統の地域です。

 地域に住み、育った者の誇りでもあり、より多くの方々にも知っていただきたく思います。

 

 

 
1