中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


春の足音<浜離宮恩賜庭園>

[サム] 2011年1月28日 14:30

RIMG2108S.JPG RIMG2175CRS.JPG大寒が過ぎ、立春も間近。

浜離宮恩賜庭園にも着実に春の訪れの気配が感じられます。

菜の花畑はネットに覆われ準備中ですが、菜の花の背丈はまだ低いものの既に花を付け始めています。

梅林の開花の便りはまだですが、大手門口付近の枝垂梅(「白滝枝垂」「藤牡丹枝垂」「満月枝垂」)、お花畑脇の「八重寒紅」「甲州最小」「八重野梅」(ヤエヤバイ)、花木園の「冬至」「紅千鳥」等早咲きの梅の開花が始まっています。

冬の日差しを受け、凛として咲く蝋梅(ロウバイ:花木園内)、素心蝋梅(ソシンロウバイ:松の御茶屋近くの手洗い脇)の仄かな香りも奥ゆかしい。

サービスセンター脇の寄せ植えの福寿草も開花直前です。

この他、水仙・山茶花・冬牡丹等の季節の花も楽しめます。

      <シラタキシダレ>           <ヤエヤバイ>          <コウシュウサイショウ>

  RIMG2185RS.JPG   RIMG2181RS.JPG   RIMG2102RS.JPG

      <ヤエカンコウ>           <シラタキシダレ>         <フジボタンシダレ>

  RIMG2105RS.JPG   ウメ(白滝枝垂)RS.JPG   ウメ(藤牡丹枝垂)RS.JPG

     <マンゲツシダレ>           <ヤエヤバイ>           <ヤエカンコウ>

  ウメ(満月枝垂)RS.JPG   ウメ(八重野梅)RS.JPG   ウメ(八重寒紅)RS.JPG

    <コウシュウサイショウ>           <トウジ>            <ベニチドリ>

  ウメ(甲州最小)RS.JPG   ウメ(冬至)RS.JPG   ウメ(紅千鳥)RS.JPG

      <ロウバイ>            <ソシンロウバイ>          <フクジュソウ>   RIMG2130RS.JPG   RIMG2146RS.JPG   RIMG2200RS.JPG

       <スイセン>            <サザンカ>            <フユボタン>

  RIMG2149RS.JPG   RIMG2169RS.JPG   RIMG2161RS.JPG

 

pencil  園には将軍の別邸であった頃、1万本の梅の木があり、馥郁たる香りが満ちたと云われている。現在は、梅林に80本、園全体で134本の梅。種類は10数種類と聞く。

 

 

 

新橋演舞場 沢田正二郎 曾我廼家五郎 歌碑

[銀造] 2011年1月27日 08:30

 東銀座の交差点で、今日は何処へ行こうかと考えて、案内板の地図を見たところ、

新橋演舞場には、「沢田正二郎歌碑」、「曾我廼家五郎歌碑」があるとの案内板。

 えっ!知らなかった! で、早速探しに行くことにしました。

案内板の性ではありませんが、正面入り口の前を何度も行き来して、演舞場の方に尋ねると

 「奥に演舞場稲荷大明神と石碑がありますから、ご覧下さい」との親切な応対。

鳥居を見ると何故か自然に手を合わせお参りしています。

カラオケが上手くなりますように paper 。

CIMG7306.jpg

 

 沢田正二郎さんは、新国劇を起こし、国定忠次や殺陣師団平などで有名で、新橋演舞場で

大当たりをとったそうです。

私は誰方の映画で正二郎さんの事を知ったのか、不明です。きっと、島田正吾さんか辰己柳太郎さんのお芝居か映画で拝見したのだと思います。 お二方とも格好良かったですね。

 

 歌碑には、 「芸即魂」、「何処かで 囃子の声す 耳の患」と刻まれてあります。

お耳を患われて、お亡くなりになったのですね。

CIMG7304.jpg

 

 さて、曾我廼家五郎さんは、難波から出てきなはった時の決意が、歌碑に刻まれていました。

 

帝都進出三十周年記念 ・・・・・「むさし野や 三十年は 泣き笑ひ」 とあります。 

CIMG7305.jpg 

 歌舞伎、お芝居の前後に是非、お立ち寄り下さい。

 

 

 

若松屋ギャラリー 「ふたりの古布遊び展」

[銀造] 2011年1月25日 08:45

 おなじみの築地6丁目の若松屋ギャラリーさん。 ご主人の佐藤昌弘さんが、一押しの

「ふたりの古布遊び展」が1月29日(土)まで開催されています。 ちょっと、拝見しますと、

 和服を上手に再生して、今年の干支の兎さんのお人形とか、お手玉を創作されています。

CIMG7410.jpg

 粋だと感じたのは、いくつか展示即売の、役者絵の火消し姿。 よっ!江戸の華!

CIMG7412.jpg

 

 役者絵の左には、今年の干支の鞄(鞄という漢字は、何方が考案されたのでしたっけ?)

CIMG7414.jpg

 女性お二人による作品展。是非、おみ足をお運び下さい。

色んな小物を充実していますよ。

CIMG7415.jpg

 携帯用の用品も結構揃っていました。 Repeat  1月29日(土)までです。

 

 

隅田川テラス 美しい花を育てる人に感謝 カタバミ メトロレンガ

[銀造] 2011年1月19日 22:00

 勝鬨橋から佃大橋までの間は、いつも美しいお花が咲いています。

それは、心優しいお姉さん達が、早朝から水遣りや除草をして、お世話をしてくれているからです。

CIMG7384.jpg

 

 どういう方々がお世話をして下さっているのか、花壇のプレートを拝見しますと、

明石小学校の有志、中央区福祉センターの有志、中央区さつき会などの皆様方です。

 東京水辺ラインの乗下船場所の向かいの花壇には黄色いお花が咲いていました。

「かたばみ」です。 参考文献で調べると、「かたばみ」は、カタバミ科に属し

よく似た「シロツメグサ(クローバー)」、「アカツメグサ」などのマメ科の植物とは異種であるとの事。 同じ3枚の葉っぱだけど・・・。  可憐な感じが大好きです。 

CIMG7389.jpg

 テラスを進みます。 壁のレンガはザラザラしていますが、これは表面がテラテラしています。

植込みの中の説明板によると、「メトロレンガ」と命名されているとの事。

 「この歩道のレンガは、下水汚泥を焼却した灰を100%原料として、圧縮、焼成したもので、

リサイクル時代にマッチした製品です」 との説明です。 ゴミを役立てる技術は凄いflair

 

CIMG7393.jpg

 

 聖路加タワーとの間の歩道には、十月桜が咲いています。 

花の少ない時期に小雪の様な花です。 もう、春はそこまで。 (気が早いかな?)

CIMG7395.jpg

 隅田川テラス、これからも感謝しながら、楽しく散歩をしようっと run

 

 

聖路加 女子学院発祥の地  神の贈り物

[銀造] 2011年1月18日 09:00

 築地川公園から、聖路加看護大学の前にある、「女子学院発祥の地碑」の石の上に、

「松ぼっくり」と思しきものが落ちていました。 ちょうど、お隣に咲いていた椿の花と同じ様でした。

CIMG7302.jpg

 これは、きっと「神の思し召し」だろうと、上を見上げると

ヒマラヤスギの精霊を通じて、「皆さんにお伝えしなさい」という御声が聞こえたので

ご報告します。 

それにしても、自然の造形美って、すごいですね。 (椿花さん、ごめんね。)

 

 

新春の浜離宮庭園

[メニイブックス・オサ] 2011年1月 3日 07:50

正月2日に浜離宮庭園へ行ってきました。天気がよくて人出も多かった。梅の花それとなんと桜(十月桜?)もきれいに咲いていました。

01梅.JPG

03梅.JPG

IMG_0957.JPG

庭では放鷹術が披露されていて11時からの開始にちょっと遅れていったら人が一杯で人の後ろからやっとみられたような状況でした。

IMG_0955.JPG

昨年完成した松の茶屋もお茶席ができていて中に入れるようでしたが外から観賞しました。建築当時はかなり大きな建物のような感じがしましたが出来上がってみるとそれほど大きな感じがしませんでした。でも潮入りの池にぴったりの景観でした。

IMG_0964.JPG

 

円窓も外からよく見えました。

IMG_0961.JPG

天気もよくてよい正月の散歩でした。今度また松の茶屋が公開されたら中に入ってお茶を飲みながら将軍の感じを味わってみたいと思いました。