中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地川公園 July 2012 タイサンボク、キウイ、リンゴ

[銀造] 2012年7月24日 08:30

銀座キャピタルホテル新館の裏、ガソリンスタンドの方から築地川公園に入ると、タイサンボク(泰山木)の巨木に白い花が咲き、甘く上品な香りを放っています。

P1000086.jpg

すぐ近くに、キウイの棚があり、こちらは実が成育中です。(写真は5月に開花時)

CIMG0501.jpg 

聖路加看護大学の所の信号を渡り、南側に移動しましょう。リンゴの実が100個以上なっています。

P1000088.jpg

子供さんによる観察、お絵かきの題材に如何でしょうか? 子供達が自然と触れ合うことの出来る貴重な空間です。 大事にして行きたいと思います。 銀造

 

 

 

 

つきじTASSギャラリー若松屋 岩沼妣左恵展

[銀造] 2012年7月18日 08:30

つきじTASS若松屋ギャラリーで,岩沼妣左恵さんのORB写真展が7月21日まで開催されています。

ORBとはオーブと読み、ラテン語で円、円盤、球などを意味するそうです。

今回の写真展は近くに光源が無いのに、写真に写される光の帯は、なぜ発生するのか、そして何故写真に表れるのかを考えると言うよりも、オーブの撮影が楽しい lovely 事をお伝えしたい との事です。

P1000096.jpg 

期間中は作家さんとのトークをお楽しみ下さい。尚、展示のみで、即売は無いので、残念ですが、お気楽に。

 

詳細は、こちらをご覧下さい。http://www.g-wakamatsuya.com/gallery.html


 

 

8年ぶり「猿翁」の舞台復帰ー7月の新橋演舞場

[滅紫] 2012年7月 9日 13:16

6月に引き続き澤瀉屋一門の襲名公演が行われている新橋演舞場の7月の話題は何といっても3代目猿之助改め2代目猿翁の舞台復帰だ。6月は襲名口上で登場しただけだったがいよいよ舞台での復帰とあって芝居好きの挨拶は「いつ行くの?」である。平成16年2月(2004年)に病に倒れてから8年と4ヶ月ぶりの舞台。開幕3日目の演舞場に出かけました。

100_0650.JPG 100_0651.JPG

入り口には澤瀉屋の半纏を着た劇場の方が。 100_0652.JPG

場内満員の盛況です。一幕目「将軍江戸を去る」の後は口上、

先月の舞台一杯の勢ぞろいと変わり襲名の3人と成田屋さんのお二人だけというすっきりした口上です。成田屋さんのお二人のユーモアたっぷりのご挨拶に場内大爆笑。

新猿之助さんの「黒塚」が終わるといよいよ「楼門五三桐」「楼門」の場です。浅黄幕が切って落とされると桜満開の南禅寺の楼門、海老蔵さん扮する石川五右衛門の名せりふが終わるとせり上がってきたのは真柴久吉役の猿翁さんです。場内割れんばかりの大拍手!!黒子がついて合引に腰掛けての登場です。超人的な活躍だった元気な猿之助さんを見ている身にはまだまだ不自由そうなお姿には胸が詰まる思いがします。でも舞台でもう一度元気な姿を見ることができるのはやはり嬉しいのひとことです。ついうるうるしてしまいました。まだ完全な回復とはいえない状態で舞台に立つことについては賛否両論があるとは思いますが、お客さまの大多数にとってはやはり嬉しいことだと思います。幕末期に脱疽のため両足切断のあとも舞台に立ち続けたという美貌の女形、三代目沢村田之助の話を思い出しました。幕が閉まっても拍手が止みません。カーテンコールで海老蔵さんと握手、そして現れた黒子は中車さん!舞台上でさらにもう一つの親子のお芝居が進行中だったのです。初日から連日のカーテンコールとか。観客に嬉しそうに手を振っている猿翁さんを見ると役者魂、役者の執念を感じさせられます。話題の舞台へ皆様もどうぞ。

29日千穐楽 お問い合わせはチケットホン松竹:0570-000-489(10:00~18:00)

昼の部はスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」です。

 

 

築地場外市場あつあつサマーセール 2012

[銀造] 2012年7月 5日 08:30

「築地場外あつあつサマーセール」が始まりました。

7月5日から7月31日の期間、「夏の還元セール」として、開催されます。

お得な商品、お値打ち品もあり、お中元、自家消費にお勧めです。

抽選であたる景品shineも大変魅力です。詳細は、こちらをご覧下さい。

http://www.tsukiji.or.jp/modules/info/details.php?bid=249

 

 

中央区が見渡せる聖路加ガーデンのホテル

[ジミニー☆クリケット] 2012年7月 2日 12:50

会社でパーティーがあり、聖路加ガーデン32階の東京新阪急ホテル築地の小パーティー用の個室を使わせてもらいました。いつもは見上げながら通り過ぎるだけのタワービルでしたが、上がってみて、あまりにも眺めがよく、思い出に残る時間をすごせたので、紹介しますhappy01

luca1.JPG

 

 

 

写真は、32階のパノラミックルーム「崋山」からの夕暮れ時の眺めですsign01

 

 

 

 

 

 

 

 

luca2.JPG

 

 

 

 

お台場、月島、晴海、隅田川、勝鬨橋、築地、浜離宮、汐留、それに東京タワーまで(!)ぐる~りと一望のもとに見渡せますshine

 

 

 

 

 

 

  

luca3.JPG

 

 

同じフロアのパーティールーム「すみれ」からの眺めもすばらしいです。佃島、石川島のリバーサイドマンション群から隅田川の佃大橋、斜張橋の中央大橋、永代橋、スカイツリーまで見渡せます。水上バス「竜馬」もここから見下ろすとおもちゃの船のようship

 

 

 

 

luca4.JPG

このホテルは、客室のフロアが33階から38階まで吹き抜けになっており、やさしい光がふりそそいでいました。落ち着いた感じで、ちょっと隠れ家チックなところもいいですよgood

luca5.JPG

 

 

 

 

 

 

luca6.JPG

 

 

 

 

パーティーは6時からスタートしたのですが、7時から8時へと時間がたつにつれて、中央区の夕暮れから夜景nightへと窓の外の景色が刻々と変わり、食事もおいしく、とてもいい雰囲気の中で、パーティーはお開きとなりましたshineshineshine

 

 

 

 

 

 

同じフロアにある和食レストラン、鉄板焼コーナーからは、また違った景色が楽しめるとのこと。個人的には、中央区に新たな癒しの空間発見sign01って感じですhappy01

 

東京新阪急ホテル築地のホームページは ⇒ こちら 

 

 

 

 

街角のパンダたち

[杏葉牡丹] 2012年7月 1日 08:30

日本だけでなく、世界中の子供から大人まで、万人に愛されているパンダ。

本物は動物園などに行かないと見られませんが、パンダにちなんだ品物なら、街角のあちこちで見る事ができますよね。


ck1203_1206292.jpgそんな中で、まずはビックリなのが、築地場外市場の海産物のお店に飾ってある『パンダの剥製』!

一瞬目を疑ってしまいましたが、お店の人に伺ったら、「ワシントン条約より、ずっと前のものだよ~」とおっしゃってました。

確かによく見ると、かなり古そう。
一応、値段はちゃんとついていましたので、単なる「看板パンダ」ではなく、ちゃんとした売り物なのでしょうか?



ck1203_1206291.jpgそして、これもビックリなのが、パンダの革靴!

昭和通りに面した、銀座の靴屋さんのウインドウに飾られていたのを発見!
受注生産ですが、男性用、女性用それぞれあるのだそうです。
『試しに履いてみて、記念写真をどうぞ』とPOPには書いてありましたが、さすがにそれは気がひけて、遠慮をいたしました。
よく考えてみたら、パンダのスリッパもありますので、革靴があっても良いはず。
ただ、この靴を履いた時は、どんな服を着たら良いのでしょうか?

やっぱり、白と黒のパンダカラーで統一すべきなのか、それとも、豹柄はどうなのかしら等と、つい考えてしまいました。

 

 
1