中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


隅田川周遊舟運ツアー

[サム] 2014年3月19日 09:00

         <朝潮運河船着場&SSⅢ>         <SSⅢデッキから清洲橋&東京スカイツリー>   

      R0027975LLS.JPG   R0028013LLS.JPG

 

 3月15日(土)、中央区 水とみどりの課河川係主催の「隅田川周遊舟運ツアー」に参加しました。

"区内親水公園や隅田川の景色を船上から体験しよう" との企画で、朝潮運河船着場(晴海3‐1先)を起点に東京スカイツリーの周辺まで約2時間をかけての隅田川の周遊。

9:15に東京湾クルージング:エスエス3世号(定員60名)に乗船(第一便)し、朝潮運河船着場を出発。

コースは朝潮小橋~(仮称)朝潮運河橋梁~勝鬨橋~佃大橋~中央大橋~永代橋~隅田川大橋~清洲橋~新大橋~首都高速6・7号線~両国橋~JR総武線~蔵前橋~厩橋~駒形橋~吾妻橋~言問橋(折り返し)~相生橋~朝潮大橋~朝潮橋~晴月橋~トリトンブリッジ/黎明橋。

舟運の衰退や治水、高度成長期の機能優先の整備等々により、街と水辺が分断された時期もありましたが、近年水辺の持つ自然環境や親水空間としての機能が改めて見直され、テラス整備による快適な水辺空間の再生が手掛けられてきました。

現在その水辺テラスには、テラス花壇・ドッグラン・テラスギャラリー・防災船着場等が附設され、幕府の米蔵があった蔵前一帯には "なまこ壁風防潮堤" が、隅田公園の絶景のビューポイントには改正された "河川敷地占用許可準則" を適用した洒落たオープンカフェも散見されます。

周辺地域に点在する史跡に思いを巡らすと、いまだ漂う下町情緒の面影が脳裏に浮かぶ一方、新旧が交錯し刻々と変貌を遂げるいきいきとした街の様子にしばし目を奪われます。

また船上からならではの、女性的と形容される優美な形状の吊橋「清洲橋」の丁度真中の背後に東京スカイツリーが収まる佳景や、橋桁の低い朝潮橋・晴月橋通過の際、2階デッキ上の乗船客は 『頭を屈めて下さい』 と注意喚起されるスリリングな場面も体験しました。

残念ながらソメイヨシノの開花時期とは重なりませんでしたが、多様な型式・色の橋梁や、沿川風景の変化を、普段とは違った目線から楽しむことができ、充実した週末のひとときを過ごせました。

関係者の皆さん、ありがとうございました。

 

       <レインボーブリッジ>    <浜離宮恩賜庭園&東京タワー>  <勝鬨橋&東京スカイツリー>

    R0027984RS.JPG   R0027993RS.JPG   R0027989RS.JPG

   <中央大橋&東京スカイツリー>      <佃リバーシティ21>       <永代橋&東京スカイツリー>

    R0027998RS.JPG   R0028068RS.JPG   R0028004CRS.JPG 

    <清洲橋&東京スカイツリー>        <新大橋>        <厩橋&水上バス"道灌">

    R0028011RS.JPG   R0028019RS.JPG   R0028095RS.JPG

     <吾妻橋&水上バス"さくら">       <東京スカイツリー>       <ビルの壁面に映る東京スカイツリー>

    R0028096RS.JPG   R0028092RS.JPG   R0028094RS.JPG

 

 

 

 

築地川 春が訪れ 隅田川 かたばみが咲き 水ぬるみ

[銀造] 2014年3月18日 18:00

 今日のブログの題名は、ちょっと気取って短歌調にしました。

春の気分を表していると、ほめて頂ければ嬉しいです。

 

 さて、聖路加看護大学のお隣の、築地川公園の さくらんぼの花が咲きました。 

この同じ庭では、沢山のソメイヨシノが3月末から開花します。

 

20140316 045.JPG

 

 ちょっと、築地市場の方へ向かえば、

下の写真の「れんぎょう」、白い小玉の可憐な「ゆきやなぎ」 も咲き始めています。

嬉しい  春の訪れです

20140316 046.JPG
  聖路加タワーから隅田川テラスへ下りれば、クローバーの様な葉をしている、

「カタバミ」が、黄色い可憐な花を咲かせています。
聖路加通りの散策や築地のお買い物、美食処の途中には、是非お立ち寄りください。

 

 

思いの儘 <浜離宮恩賜庭園>

[サム] 2014年3月18日 14:00

      RIMG2450LLS.JPG   RIMG2454CCLLS.JPG

 

 先の記録的な大雪で、都内の公園でも倒木・枝折れの被害が広範囲に発生しました。浜離宮恩賜庭園も例外ではなく、一時期、倒れた木や落下した枝葉で園路が塞がり、頭上枝折れ箇所も多数あり、安全確保のため一部通行が不能となりましたが、漸う梅園周辺に関しては撤去作業も終了し、遅咲きの梅も咲き揃い、仄かな甘い香りを漂わせています。

今回取り上げるのは「思いの儘」。

古典的な漢字の名前が多い梅の中にあって珍しい命名で、"変わり種" とされる野梅系の八重咲きの中輪。

一本の木に紅・淡紅・斑・白の4色の花が混じり合って咲きます。

年によって、どこに、どういう混じり具合で咲くか、特定されず、毎年様相を異にすると云われています。

梅自身 "思いの儘" に咲き分けているのかも知れませんが、ここにも自然の神秘性を感じざるを得ません。

年替わりの色彩パターンを楽しみにしているファンも多いとも聞きます。

 

R0028110RRS.JPG   R0028118RRS.JPG   R0028129RRS.JPG   RIMG2525RRS.JPG

 

 

 

築地はじめ鮮魚店

[杏葉牡丹] 2014年3月16日 09:00

築地・明石町エリアのランドマークと言えば、市場と本願寺と聖路加国際病院。

狭い中に全く違うものがあるので、ちょっと道一本隔てただけで、雰囲気が全く変わってしまいます。

特に6・7丁目辺りは、かつては小田原町と呼ばれていた場所で、昭和の初期に建てられた木造の民家や看板建築がたくさん残っていて、隠れ家的なお店の多いエリアです。

一部の築地マニアには「裏築地」などと呼ばれることもあります。


ck1203_20140314 (5).jpg 

そんな中で、前を通る度に気になっていたのが、この「築地はじめ鮮魚店」。


鮮魚の販売もしていますが、お昼にはランチがあって、夜にはお酒も飲めるとのこと。

ランチのメニューには、美味しそうな旬の鮮魚が常に並んでいます。


たまたま最近、築地を紹介した本の中では1番だと私が思っている、おざわゆきさんの「築地はらぺこ回游記」の中に、ご主人は場外市場にあった「魚河岸野郎」の店長の渡邊一(わたなべはじめ)さんだったと書いてありました。

そのお店でしたら、確かな目利きで、本当に良い鮮魚があるので、何度も行っていたお店。

ここなら間違いない!と早速ランチに行ってみました。

 

ck1203_20140314 (4).jpgすると、その日のメニューはただ一品「海鮮カレー」とだけ書かれといました。

 

中に入って、渡邊さんに伺って分かったのですが、以前に出した海鮮カレーがとても評判が良かったので『金曜日はカレーの日』ということにしたのだそうです。

ck1203_20140314 (2).jpg勿論、ただのカレーではなくて、ぷりぷりの海老にイカ、ホタテ、つぶ貝がたっぷり入って、しっかりとだしも効いている、これこそまさに、海鮮カレーという逸品!

限定30食なので、日によっては早めに完売してしまうこともあるとか。

私の後から来店した方は、「今日はまだある?ラッキー!」とおっしゃっていました。

 

ランチ時も夜も、1階は椅子が無くて立食スタイルですが、2階には座敷もあるそうです。(事前にご予約下さいとのこと)

 

ck1203_20140314 (3).jpgそして、後日やっぱり海鮮丼も食べたい~!ということで、金曜日以外の日に行ってきました。

メニューは日替りで、この日は、生ほたてとイクラ丼、天然生まぐろ中とろ漬け丼、上しらすに生うに丼の三種類で、いずれも小鉢(この日は山長の玉子焼き)、漬物、あら汁つき。

こんな豪華なメニューなのに、なんと千円!

限定20食です。

 

私が頼んだのは、生ほたてとイクラ丼。

本当に新鮮でほのかな甘味を感じる生のほたてが、丼にたっぷりのっています。

しかも、イクラがのっている大葉の下にまで、キッチリ、とほたてがあるのです。

もう幸せ~っ!と顔が綻んでしまいます。

あら汁は、お椀を近づけると、とても良い匂いが!

魚のあらのだしが本当によく出ていて、さすがにです。

小鉢は、築地市場の山長さんの玉子焼きで、こちらに漬物が付きます。

ck1203_20140314 (1).jpg 

やっぱり魚の目利きのお店、本当に大満足でした!

 

夜には、刺身や焼き魚、煮魚等、渡邊さんがその日仕入れた新鮮な魚のメニューが並びます。

本当に美味しい魚を食べたいっ!と思ったら、絶対にオススメのお店です。

 

 

築地はじめ鮮魚店

築地7-16-14

電話(6264)0873

 

 

菜の花と梅の咲く 浜離宮恩賜庭園

[kimitaku] 2014年3月13日 13:00

 浜離宮恩賜庭園では、今菜の花が見ごろです。

 園内を散歩しました。

 大手口から入ると紅白梅が満開です。

P1000756-hakubai.jpg P1000755-koubai.jpg

P1000760-nanohanamiti.jpg

 更にまっすぐ進むと,大雪のあとにも関わらず、菜の花が咲き誇っていました。


 多くの花房をのぞくと、やはり雪で花弁が痛めつけられています。小道を散策。汐留のホテル群が日に輝いています。

P1000761-otin.jpg
「御亭山」(おちんやま)まで、足を伸ばしました。まだまだ冬の風情です。


山のふもとに,スイセンが咲いています。
ここは北風のあたらない場所の様です。

P1000767-isi.jpg

P1000764-nekoko.jpgニャンコもこのすぐそば「松のお茶屋」でお昼寝タイム。

菜の花は中旬には、満開の表示がありましたが、これから暖かくなるにつれ、多くのお客様の眼を楽しませてくれるでしょう。

 

 

 

海からの中央区

[kimitaku] 2014年3月12日 18:00

  3月6日の午後、中央区主催「船上ガイド研修会」が開催されました。

  江東区高橋乗船上から船に乗り、江東区の小名木川をでて隅田川を下流に。中央大橋を右に見て相生橋をくぐり、豊洲貯木場へ。

P1000769-1.jpgP1000771-1.jpg

P1000775-sinonome.jpg 豊洲運河から船は東進し、砂町運河、南進して曙運河から東京湾へ。

 このあたり、多くのオリンピック施設が建設されます。

その後、西進北上して東雲運河から晴海埠頭へ行きました。

 左手にレインボウブリッジが美しいです。このあたり波も高く大きく揺れ、船の醍醐味を。

 晴海客船ターミナルの左手がオリンピック選手村になるとのこと。

P1000781-rein.jpgP1000787-olin.jpg

 船は朝潮運河を右に見て隅田川へ、月島埠頭の冷蔵施設が圧巻です。

P1000789-toyomi.jpgP1000790-kaiyou.jpg

 新橋方面に抜ける環状2号線(俗称マッカーサー道路:近年開通予定)橋梁工事現場、そして築地市場から勝鬨橋へ。

P1000793-makka.jpg P1000797-kati.jpg

P1000800-tukuda.jpgP1000799-ruka.jpg
聖路加(せいるか)病院から右手に佃島。
海からの佃の家並はとても素敵です。 海からの景観が大切に造られて居ます。

P1000803-isikawa.jpg

 中央大橋をくぐると、後方に石川島マンション群が逆光に美しいです。

そして、日本橋川から豊海橋。繋留中のて釣り船がアクセントに。湊橋では帆かけ舟のエンブレムを発見。

P1000804-toyomihasi.jpgP1000807-minato.jpg

P1000811-fune.jpg
無粋な首都高を屋根にさらに船は西進。
日本橋双十郎河岸に着岸。

これから、中央区は海への門戸を拡大するそうです。