中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


◆ 東京中央区 隅田川からの 初日の出

[隅田の花火] 2014年12月26日 14:00

今年もあと数日となりました。また新しい年が始まりますが、そのスタートイベントとして「初日の出」に新たな決意を託される方もいらっしゃるかと思います。

 

東京都心からの初日の出は、高いビルやタワーの上からが定番になっていると思いますが、地上近くから見られないわけでもありません。

 

隅田川は中央区の東・南側を流れており、対岸までの距離がわずかながらもあるため、対岸にビルがなければ日の出が見られる場所がいくつかあります。

 

今回は過去の写真も参考にし、あえて中央区の隅田川から初日の出を見ることができそうな場所を探してみました。隅田川の下流から上流にさかのぼる形でのご紹介です。

 

 

【1】

まずは「勝鬨橋」。

築地から対岸の勝どき方面を見る形になりますが、ビルとビルの間から日が出てくる何とも東京らしい日の出です。

s_hanabi13-1.jpg

※2014/12/17撮影

 

 

【2】

「相生橋」付近の「石川島公園」から豊洲方面を見た日の出風景。

「石川島公園」は初日の出を見るには良い場所と思います。

s_hanabi13-2.jpg

 

相生橋上からみると、トラス橋の三角形たちが何とも不思議な光景を作り出します。

s_hanabi13-3.jpg

 

相生橋の下にある「中の島」からも見られます。釣りをしながら日の出を見る・・・贅沢ですね。

s_hanabi13-4.jpg※2014/12/6撮影

 

 

【3】

「中央大橋」上からも日の出が見られます。

写真は昨年(2013年元旦)のもので、少し雲がかかりましたが隅田川を見守る「メッセンジャー像」越しに見た初日の出です。

s_hanabi13-5.jpg

 

 

【4】

「清洲橋」からも見られます。

写真は今年(2014年元旦)のもので、なかなかの感動的な光景。重要文化財の橋ですが初日の出も重要文化財級と言えるのではないでしょうか。

s_hanabi13-6.jpg※半歩、道に出ないと見られませんので交通に注意。

 

 

【5】

最後に「新大橋」。

橋の上から見られますが、写真は隅田川テラス上から橋の下を通して日の出を見たところです。

s_hanabi13-7.jpg※2014/12/13撮影

 

 

 

以上、隅田川からの初日の出スポットのご紹介でした。

 

日の出時刻は6:50頃。問題は当日の天気になりますが晴れてくれることを祈ります。

電車の終夜運転もあるようです。初日の出のあとはそのまま初詣に行くのも良いかもしれませんね。

ぜひ新しい年の最高のスタートをきっていただけたらと思います。

 

(注:写真は元旦当日のものでないものもあり、日の出の位置が異なることにより見られない場所もあるかもしれません)

 

<最寄り駅>

【1】勝鬨橋 ・・・ 大江戸線勝どき駅

【2】相生橋 ・・・ 有楽町線・大江戸線月島駅

【3】中央大橋・・・ 有楽町線・大江戸線月島駅

【4】清洲橋 ・・・ 半蔵門線水天宮前駅・清澄白河駅 /大江戸線清澄白河駅

【5】新大橋 ・・・ 都営新宿線浜町駅・森下駅 /大江戸線森下駅

 

 

 

プラネタリウムを観ませんか?

[お江戸太郎] 2014年12月25日 14:00

冬の星座が明石タイムドームで観らます。

ムード満点でデートに最適ですよ。

1 期間 3月8日(日曜日)まで

2 場所 明石タイムドーム

3 内容 [1日3回上映]

 

1回目 ふゆのほしぞら(字幕付)
名探偵 コナン 星空の魔術師(マジシャン)
TVや映画でおなじみの名探偵コナンがついにプラネタリウムに登場。
満天の星空の下で繰り広げられるキッドとコナンの対決。乞うご期待。

◉火~金曜日 午後3時
◉土、日曜日、祝日 午前11時30分

 

2回目 星空生解説
[HAYABUSA BACK TO THE EARTH]

2003年5月に打ち上げられ、2010年に数々の困難を克服した小惑星探査機「はやぶさ」。太陽系誕生の謎をさぐる「はやぶさ」の波乱と感動に満ちた探検の旅に、地球帰還シーンの映像を加えた臨場感あふれる作品。

◉火~金曜日 午後4時30
◉土、日曜日、祭日 午後2時30分

 

3回目 冬の星空
「銀河鉄道の夜」

ビジュアル化は困難といわれた宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し、鮮明に再現。これまで目にしたことのない感動の風景に包まれて、本当の銀河鉄道に乗っているかのような夢の時間を体験して下さい。

◉火〜金曜日 午後6時
◉土、日曜日、祝日 午後4時

 

4 鑑賞料
300円(未就学児•区内小中学生は無料)

5 問合せ
郷土天文館「 明石タイムドーム」
TEL:03ー3546ー5537

ck1413_20141225.jpg

 

 

 

一年の振り返りと来年の幸せを祈って・・・

[下町トム] 2014年12月22日 13:00

今年もまもなくおしまいですね。一年の流れは早いものです。中央区は商業の町ですので、この季節は各商店やデパートなど、まさに書き入れ時。お正月の準備のために買い物客であふれています。

住吉神社 正面_R.JPG一方、区内の多くの神社では大晦日に"大祓"という神事が行われます。一年の穢れを祓い、来る年の安寧を祈る重要な行事として古来から営まれてきました。特に信仰ということではなくても、一年の自身の失敗や不十分な出来事を反省し、嫌なことは忘れて新しい年に思いを馳せるという意味でも、ひとときの心の安らぎになるのではないでしょうか。

鉄砲洲稲荷 (2).JPGそれぞれ地元の神社にお参りされるのもよし、買い物の行き帰りに気になるお社を訪ねてみるのものいいでしょう。

中央区には「日本橋七福神」や「銀座八社めぐり」などの文化・歴史とウォーキングを同時に楽しめるルートもありますから、年末年始の休日に散策を兼ねて参拝されるのもおすすめです。

20090628築地波除稲荷.jpgそれから、築地市場にお正月料理の材料の買い出しに来られる方は、是非〔波除稲荷神社〕にお立ち寄り下さい。今月半ばから1月10日まで本殿の前に"茅の輪"が設置されています。この輪をくぐって厄落としすることができます。あわせて新年の誓いをされてはいかがでしょうか。

日頃神社にあまり行かない方でもお正月には"初詣"に出向く方も多いと思います。ある方にうかがったのですが、本来神様に現実的なことをいろいろ頼むのはよくないのだそうです。むしろ、自らの誓いや反省、感謝の気持ちを神前でおごそかに振り返ることに意味があるそうです。その姿勢次第で神様のご加護もあるとか・・・。だから歳末まだそう混雑していない境内で静かに一年を振り返るのはけっこういいんじゃないでしょうか。

皆様にとって来年が一層よい年になることをお祈りします。

本年もお世話になりありがとうございました。

 

 

カトリック築地教会聖堂

[銀造] 2014年12月22日 09:00

 年の瀬になると、聞こえてくるのが、Santa Clause is coming to town.

 

築地外国人居留地は、明治元年(1868)、現在の明石町地域に設けられました。

以来、居留地には西洋建築による学校や病院、教会、住居などが立てられ、この地は西洋文化の窓口となりました
明治32年(1899)の条約改正に伴い、他の居留地と同様に築地の居留地も廃止されました。跡地には、由来を記した説明版がある。・・・これは、聖路加タワーの前にある説明版の事と思いますが、   

 以上のご説明は、中央区観光検定の一部を参照しました。

 
明石町には、沢山のミッションスクール発祥の地があります。
今日は、ジングルベルのメロデイが耳に聞こえてきたので、カトリック築地教会聖堂を訪れました。
カトリック築地教会聖堂は、長崎、横浜に次ぐキリスト教会として、明治7年(1874)に築地外国人居留地内に建設されました。
聖堂は明治11年に創建されましたが、関東大震災で焼失したため、この建物は、大正大震災後の昭和2年(1927)に建設されました。

 

DSC06466 (300x169).jpg

 

東京都生活文化財の紹介板によれば、
この建物は、ジロジアス神父、石川音次郎伝道師による設計で、優美で美しい建物です。
ドーリア式の柱が6本並び、屋根正面の切妻壁にはバラとチューリップの彫刻があります。

DSC06471 (300x169).jpg

  

また、中央区教育委員会の説明版によれば、また詳細が分かります。

DSC06472 (300x169).jpg

 以前、教会の内部を拝見したときには、フランスで鋳造された銅製洋鐘があり、これは中央区民有形文化財に指定されています。
年末の慌ただしい合間には、心の安らぐ教会を訪れてみるのは如何でしょうか? 
Wishing you a Merry Christmas and a Happy New Year.

Feliz Natal e prospero ano novo. 恭祝生誕 並賀新年。 

 

 

 

築地にある吉野家1号店

[Mr.Chuo-ku] 2014年12月19日 15:00

 創業明治32年(1899年)、牛丼チェーン最大手として国内・海外に約1800店舗を展開する吉野家の創業店(1号店)は中央区築地の中央卸売市場フード内にあります。

 

※↓の各写真、画像はクリックすると拡大

1.jpg


①社名は、株式会社吉野家 (英文名:YOSHINOYA CO.,LTD.)
※吉の字は、正しくは「土(つち)」に「口(くち)」


②中央区日本橋魚河岸にて創業

2.jpg

 
③1号店のメニューは牛丼と牛皿に、みそ汁や玉子といったおなじみのサイドメニューのみ

3.jpg

 

(①社名、②写真、③メニューは公式ホームページからの抜粋)

 
以下は、聞いた話なのですが、

この1号店で使用している肉は和牛とのこと。玉葱も新鮮で柔らかく、ここ築地は「新鮮な素材」「食のプロ」が集う場所であり、牛丼についても拘りがあるということでしょうか。
また、注文時、「ねぎだく」「つゆだく」といったオプションはどの吉野家でもあるが、1号店では「ねぎだくだくだく」「つゆだくだく」といった、「だく」を何回言うかによって程度が変わるそうです。さらに、「つめしろ(冷ましたご飯)」や「とろだく(肉の脂身多め)」などもあるそうです。吉野家としても魚河岸を創業とした「築地店」は特別に思い入れがあるらしく他店とはスタンスを変えているそうです。

 
住所:東京都中央区築地5-2-1 中央卸売市場フードC

営業時間:5時~13時

定休日:築地市場に準じる

4.jpg

 

公式ホームページ
吉野家1号店:
http://www.yoshinoya.com/shop/tsukiji/index.html

吉野家の歴史:
http://www.yoshinoya.com/company/history.html

 

 

 

◆ 隅田川『 佃大橋 』50年

[隅田の花火] 2014年12月10日 09:00

今年は1964年の東京オリンピックからちょうど50年でした。
それを記念して各地でイベントが行われたり、テレビ番組で特集が組まれたりと、何かと話題になりました。

s_hanabi12-1.jpg(写真:2014/10/11 中央区勝どきから隅田川対岸・汐留の風景・1964TOKYOオリンピック50th)
 

このオリンピックに向けて、新幹線や高速道路・モノレールなどの各種交通インフラが整えられていったわけですが、
中央区ではやはり日本橋の上空に築かれた首都高速が思い浮かびます。

s_hanabi12-2.jpg(写真:2014/11/2 中央区まるごとミュージアムでの日本橋無料クルーズ)
 

他に挙げられるのは、戦後初めて隅田川に架橋された『 佃大橋 』があります。
あまり大きく取り上げられることはありませんでしたが、
オリンピックと同じ1964年に開通ということですので、こちらも今年で50周年になります。

s_hanabi12-3.jpg今回はこの橋について取り上げてみました。
 
この橋は、佃島・月島方面 と 明石町・都心方面を結ぶ橋ですが、姿・形としてはあまり大きな特徴があるとは言えません。

 
しかしオリンピックに間に合わせるために、当時の技術を結集して急ピッチで架橋作業が行われたということですので、
この橋が造られた頃の日本の高度経済成長期を象徴する姿と言えるでしょう。
 
 
この橋ができる前は、橋と同じ位置にあった「佃の渡し」の船が市民の足となっていましたが、
橋の開通と同じタイミングで、この渡し船が廃止になったのだそうです(1964年8月27日)。
 
 
中央区立図書館のHPでは昔の画像を検索できるのですが、検索してみたところ、当時の貴重な写真を見つけることができました。

  リンク⇒佃大橋開通

 
この佃島の渡船は、元をたどると佃島と江戸市中を結ぶ江戸時代初期の手漕ぎ渡し船にさかのぼりますので、
実に320年もの歴史に幕を下ろさせた出来事でした。

  リンク⇒佃島の渡船



オリンピックにより、いろいろな歴史が新しく作られていきまいたが、
その一方で失われるものもたくさんあった、ということになりましょうか。
 
 
この渡し船の面影を、この佃大橋あたりで探してみました。
1つ目は、渡し船があった隅田川両岸にある「佃島渡船の碑」です。

s_hanabi12-4.jpg渡船自体にもいろいろな変遷があるのですが、この石碑は昭和2年に当時の東京市が運営していた渡船の運賃が無料になった時に建てられたものです。

 

 

もう1つは、佃島・住吉神社の水盤舎(おみずや)の欄間に彫られた「石川島の灯台と佃の渡しの風景」です。

s_hanabi12-5.jpgもし住吉神社にお参りされる時に水盤舎でお手を清められた際には、チラッと上のほうをご覧になってください。

s_hanabi12-6.jpgこの建物の四方にはそれぞれ異なる佃島にちなんだ彫刻が施されていて、その1つが「石川島の灯台と佃の渡しの風景」になっています。
明治時代に彫られたものだそうです。

 

 

さて、この50年の間でこの橋の周りの環境や景観も変化、この橋からの風景も刻々と変わってきました。

この橋上は開放感抜群なので見晴らしが良く、なかなか良い風景を拝むことができます。

 

隅田川上流方面には中央大橋やスカイツリーの風景が見られます。

s_hanabi12-7.jpgもちろん佃の街並みやリバーシティのマンション群なども目に飛び込んできます。

 

 

そして下流方面には3連のアーチ橋?
ここ最近でまた新しい景色が加わりました。

s_hanabi12-8.jpg隅田川最下流にできた「築地大橋」のアーチ1つと手前の「勝鬨橋」のアーチ2つが、
同じような大きさで重ならないように見える場所が佃大橋上にあります。

 

1964年当時の人々は、50年後の今のような風景を想像できていたのでしょうか?
さらに50年後、どのような景色に変わっているのか全く想像ができませんが、日本の古き良き情景も残っていてほしいものです。