中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ヤマアジサイ開花

[サム] 2018年5月15日 14:00

DSC06358ELS'.jpgDSC06351RS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園の水上バス発着場付近で群生している「ヤマアジサイ」が早くも咲き始めました。

「ヤマアジサイ」は日本自生種のアジサイのひとつ。

基準品種は、アジサイの母種とされる「ガクアジサイ」を小型にした印象から、「コガク」、湿り気のある林内や沢沿いに生える傾向があることから、「サワアジサイ」とも呼ばれます。

小さめの長楕円形の葉は、薄手で、光沢に乏しく、枝も細く、山草の趣があります。

花色や花形は地域により変異が多いとされ、人気の高い花木です。

園内では、コバルトブルー、淡いブルー、純白の花色を楽しめます。

 

 

浜離宮恩賜庭園 「水辺のいきもの観察会」

[サム] 2018年5月14日 09:00

DSC06369ELS'.jpgDSC06372RS'G.jpg 5月13日(日)、浜離宮恩賜庭園にて、「水辺のいきもの観察会」が開催されました。(主催:公益財団法人 東京都公園協会 協力:NPO水辺と生物環境保全推進機構)

10:00~12:00

江戸の庭園では都内で唯一現存する、海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、東京湾の水位の干満に従って水門を開閉し、池の水の出入りを調整しており、ボラやハゼ等の海水魚が棲息し、岸辺の岩にはベンケイガ二やフナムシが這い回っています。

(左の画像は巣穴から顔を覗かせるベンケイガ二)

前半は、「潮入の池」「水門」「庚申堂鴨場」を中心に園内を巡りながら生物観察。後半は花木園休憩所にて、スタッフが採取したビリンゴ / ユビナガスジエビ / チチュウカイミドリガニ等の水生生物、並びに外来生物等生態系に関わるレクチャー拝聴。生態系や水環境を通して、当園の歴史や特性を改めて再認識した観察会でした。

 

 

靴が蘇る〔靴専科 銀座築地店〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月12日 14:00

お気に入りの茶色靴のつま先、いわゆる「焦がし仕上げ」部分をこすってしまい、色が落ちているのが気になっていました

kutusenk201804.JPG

そこで、靴専科さんへ

kutusenk201801.JPG

築地2丁目にある靴の修理をやってくれるお店です

地下鉄日比谷線築地駅4番出口に近く、新大橋通りからすぐのところです

下の地図赤〇の場所です

kutusenk201800.jpg

こちらでは、靴の修理サイズ調整クリーニングからバッグの修理クリーニング皮革衣類のクリーニングをやってくれます

を預けて戻ってきたのがこれ

kutusenk201805.JPG

すばらしい仕上がりです

感謝

お店のスタッフの応対も気持ちよく説明も丁寧で、安心して預けられました

今後は、もっと気軽に利用したいです

kutusenk201802.JPG

お店の営業時間は、10時から19時までで、日曜日お休みです。

中央区には、この銀座築地店さんの他、3店舗水天宮前店月島店八丁堀店)があるそうです

kutusenk201803.JPG

靴専科 銀座築地店のHPはこちら ⇒

https://www.kutsusenka.com/shop/detail/TSUKIJI/

 

 

中央区の歩道っておもしろい!2 【花咲くまち角編】

[湊っ子ちゃん] 2018年5月10日 12:00

こんにちは、湊っ子ちゃんです。「中央区の歩道っておもしろい!」第2弾は、「花咲くまち角」を特集いたします。

♪ 花のある街づくり

中央区の歩道には、「花咲くまち角」と名付けられた花壇やプランターが、区全体で90ヶ所ほど設置されており、区内在住または在勤のボランティアの皆さんによって管理されています。季節の花は、年4回植替えを予定しており、それぞれ2種類ごと用意されています。

kyou89m.JPG

こちらは、聖ルカ通り、暁橋上に設置されたプランターです。「中央区環境土木部 水とみどりの課」の職員さんに、お話を伺いましたので、ボランティア活動の流れをご紹介します。


 中央区ホームページ「花咲くまち角花壇案内図」にて、花壇の場所をご確認いただけます。

 http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/borantia/katsudosuishin/hanasaku.html

 ご自宅の近くなど、好きな花壇を希望できるそうです(既にボランティアの方がいる場合は、他の場所を選びます)。やってみたい花壇がありましたら、「水とみどりの課」のほうにお問い合わせいただくのが良いと思います。

 担当する花壇(もしくはプランター)が決まったら、参加申請書などの様式を提出し、草花の植替えから水やり、施肥や除草など、日々のお世話をします。植える草花の種類は、一年を通して決まっており、区と契約している生花店が用意してくれます。

 植替え時期は、5月・9月・11月・2月を予定しています。生花店が花壇まで、直接お花を届けてくれます。その時、何時頃行きますよと、連絡をくれるそうです。また、ご自宅まで届けてもらうことも可能ですが、お花を持って花壇まで移動するのは大変ですので、皆さん、花壇まで届けてもらうそうです。

 水やりについては、近くに公園等がある場合は、水飲み場の蛇口または公衆トイレから水を引いて良いそうです。そういった施設のない場合、多くの方はご自宅から、ペットボトルに水をくんで、花壇まで運ばれるそうです。

 年に一度、ボランティア説明会を開催し、ボランティア同士の意見交換や、1年間のスケジュールなどの確認を行っているそうです。

 シャベル、軍手、肥料などが区から支給されます。
 ボランティア保険に加入します。


♪ 緑のアダプト制度

平成22年3月、中央区は「緑のアダプト制度」を作りました。これは、「花の都中央区宣言」(平成元年4月制定)の実現に向け、区民や区内在勤者の皆さんと一緒に取り組める仕組みづくりを目的としたものです。花と緑に包まれた美しい街、清潔な街を目指し、「花咲くまち角」はもちろん、公園内や緑地、道路などの清掃美化のために、ボランティアの皆さんが日々活動されています。

kyou68m.jpg

こちらは、居留地中央通り、明石町の花壇です。5月の植付けがもうすぐです!今年は、ブルーサルビアとインパチェンスが予定されているそうです。楽しみですね!ボランティアのお申し込みは、区役所7階「水とみどりの課」窓口にて、随時受付中とのことです。


中央区観光特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png

第6号 平成30年5月6日

 

 

鉄砲洲神社 神幸祭

[達磨] 2018年5月 8日 18:00

東京都心で最も早い夏祭り「鐵砲洲稲荷神社例大祭」が2018年 5月 1日(火)〜5日(土).斎行されました。【鳳輦神幸祭】が行なわれた3日の明け方は風雨が吹き荒れていましたが、御幸の始まったAm8:30には空が晴れて...各所で「よかったね!」でも「見物客少ないネ~」・・・隣の鉄砲洲児童公園の宮元では、大神輿と子供神輿の準備最中!!

神社境内「神楽殿」のお囃子・・・さあ~鳳輦を奉じて、猿田彦や平安の装束に身を包んだ氏子の方々の出御です。

鉄砲洲通り『南高橋』を渡って、新川通りから明石町へ・・・・・・お昼12:30、3丁目のホテルモントレ銀座の横で、神職の方から「ありがとうございました」「神幸祭は終了しました」...とご挨拶。・・・古式豊かな神幸祭の様子をお届けします。

鉄砲洲神輿1(1).jpg

鉄砲洲公園 ↑          ↓ 鉄砲洲神社境内 神幸祭準備 ↓

神行祭(3).JPGお囃子2(2).jpg

宮だし2(1).jpg

鉄砲洲通り、南高橋を神幸 

神幸祭3 (3-1).png神幸祭3-1(3).png

神幸祭南高橋4(4).jpg

神幸祭終5.jpg

初夏のかおり、銀座3丁目通りで、鉄砲洲神社神幸祭が終了しました

6月・・・「波除稲荷神社本祭」、「山王祭日枝神社(摂社)」でお会いしましょう!

 

 

心豊かに、健やかに。

[小江戸板橋] 2018年5月 8日 12:00

まるで五月人形のような、可憐さ。健気さ。

静御前と忠信が、扇をかざして舞を決めると、

すかさず、『ご両人!』

演じる子供役者も、気分が乗ってくるところです。

もう、かつらや衣装の重さなんて感じません。

振りやせりふの一つひとつを、一所懸命に稽古してきたのでしょう。

師匠や先輩たちからの、厳しい激励があったのでしょう。

所作の隅々に、そうした稽古の跡が表現されていました。

境内を埋め尽くした観客から、温かい拍手が止みませんでした。

時は、平成30年5月5日。

子供の日で、端午の節句。菖蒲の節句。

所は、中央区湊1丁目の鐵砲洲稲荷神社の神楽殿。

演じますのは、「新富座こども歌舞伎」の面々。

鐵砲洲稲荷神社御鎮座千百七十八年例大祭の奉納公演の演目は、

口上に始まり、「寿式三番叟」、「義経千本桜の吉野山」、「白波五人男の稲瀬川勢揃の場」の豪華三本立て。

平成という年号で行われる最後の公演は、五月晴れの下で行われました。

太陽を隠す一片の雲もなく、境内の大樹の葉がつくり出す日影が上席。

舞台は、花の盛りの鎌倉稲瀬川堤。

「志ら浪」の文字が入った番傘に、ど派手な模様の紫地の衣装。

「問われて名乗るもおこがましいが、・・・」

待ってました。連ねのせりふ。

勢揃いした五人の男が、次々に名乗りをあげます。

あなた、誰がお好みですか。

非道はしない悪の頭目、日本駄右衛門。

娘にも若殿にも化ける、変幻自在な弁天小僧菊之助。

利平、十三、力丸も頭級の悪者です。

あれっ。でも、捕手に囲まれて窮した時に、いちいち名乗りを上げるもんなのですかね。

名を惜しむ武士同士の戦では、名乗りを上げるのがたしなみ。

桃太郎侍だって、遠山の金さんだって、決め台詞があります。

そうそう、戦隊ヒーローも敵に対して、ごあいさつのポーズを決めてから攻撃していましたよね。

いつもかっこよく、決めて行きたいものです。

小さなころから芸能に親しむ機会があって、新富座こども歌舞伎の小学生たち、素敵だと思います。

本格的な指導をしていただける師匠がいらして、こんな整った神楽殿でお披露目ができるなんて。

多くの観客の前で演じる楽しさを知ってしまった子供たち、将来の活躍が楽しみです。

 

 
<<前のページへ 1234567891011