中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


千貫 船渡御、御旅所入

[あすなろ] 2018年6月11日 12:00

2018年のつきじ獅子祭は3年に一度の本祭りです。

江戸時代に行われ、近年川の埋め立てで行われなくなっていた「水鎮祭」が約100年ぶりに復活し、千貫宮神輿を船に乗せての「船渡御」が行われました。

 船渡御450.jpg

子供神輿も勢ぞろいし、水鎮祭が斎行され隅田川を下り、船はそのまま浜離宮へ。

 御旅所450.jpg

とても立派な浜離宮の御旅所で一泊し、翌日は築地周辺を渡御しました。

今年は特に力が入っていましたね。

◆波除神社
 東京都中央区築地6-20-37

◆浜離宮恩賜庭園
 東京都中央区浜離宮庭園1-1

 

 

つきじ獅子祭で船渡御が再び!(当日編)

[GPP] 2018年6月11日 09:00

 2018年6月8日(金)、つきじ獅子祭の船渡御が行われました。江戸時代に行われていたものを、今年復興したのだそうです。

(参考)http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/05/post-5302.html


 築地市場を巡行した神輿が、隅田川に浮かぶフロート船にどのように移ったかというと......  クレーンで、でした。

20180608_船渡御00.jpg


 次にどのように走行したかというと...... 後ろからタグボートが押していました。

20180608_船渡御02.jpg


 歌われていた木遣りが荘厳で、非常に印象深かったです。

 金色に輝く神輿の船渡御のルートは、勝鬨橋→...(折り返し)...→勝鬨橋→築地大橋→築地川水門→築地川でした。


 築地川の船渡御は、電通(カレッタ汐留)46階展望スペースから撮影しました。

 写真が小さいので説明を付け加えますと、神輿を乗せた船は、築地川水門を抜け、コーナーを曲がって築地川に入ってくるところです。

20180608_船渡御03.jpg

(参考)http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/06/post-5316.html


 

 

江戸の船渡御・水鎮祭復活

[サム] 2018年6月10日 14:00

P6081300ELS'.jpgDSC06561RS'G.jpg 8日、築地波除稲荷神社 三年に一度の本祭りの「つきじ獅子祭」で、江戸時代に行なわれ途絶えていた、宮神輿を船に載せての「船渡御」、並びにそれに合わせて執り行なわれていた「水鎮祭」が復活。

天皇陛下御即位30年奉祝大祭として、また10月の築地市場の豊洲移転を控えた節目の年の特別演出です。

市場内最後の練り歩きの後、岸壁まで担がれ、クレーンで台船に載せ、町衆と共に隅田川を往来。大勢の見物人が見守る中、明石町防災船着場付近で折り返し、勝鬨橋傍で停船し、築地の街の安全を祈願する水鎮祭斎行後、浜離宮恩賜庭園大手門入口脇に設えられた御旅所まで巡行。築地で一世紀近い歴史を刻んだ魚河岸の新たな船出のエール、大いに盛り上がりました。

9日は渡御祭。宮神輿・厄除天井大獅子・弁財天お歯黒獅子巡行が予定されています。

 

 

築地波除神社「つきじ獅子祭」大祭開催

[佃のうさこ] 2018年6月10日 09:00

築地波除神社の夏越し大祭「つきじ獅子祭」が6月6日から10日の日程で執り行われ、今年は3年に一度の本祭りです。

8日金曜日午後3時半からは、弁財天お歯黒獅子(雌獅子)の女性限定宮出しが行われました。

 

お歯黒獅子.jpg 

築地場内への宮神輿の御巡行は、今年、最後となります。

 

水神社.jpg場内.jpg 

また、今年は江戸時代以来途絶えていた宮神輿を船に乗せて御巡行する「船渡御」が、天皇即位三十年奉祝大祭として行われ多くの人出がありました。

 

クレーン車.jpg佃大橋.jpg勝鬨橋と.jpg 

9日土曜日には、もう一つの獅子、「厄除天井大獅子」も台車で築地地区の御巡行の列に加わります。

 

大獅子の「お歯黒獅子」は木彫り高さ2.15m・重さ700キロ、雌を現す頭の宝珠の中には、弁財天の御神像が納められ、「厄除天井大獅子」は黒檜一木造り高さ2.4m・重さ1トンとのこと。雄雌一対の獅子頭は、常時、境内にてご覧いただけます。

  

江戸時代の船渡行、どれほどの担ぎ手が加わったのだろうと、その姿を思い描きながらの撮影でした。

 

 

 

 

 

 

中央区を外から眺めたら?(レインボーブリッジ&カレッタ汐留)

[GPP] 2018年6月 8日 18:00

 中央区を外側から眺めてみたら? ...ということで、港区レインボーブリッジと電通本社ビル(カレッタ汐留)へ出掛けてみました 


 

 まずは、レインボーブリッジからの晴海です。素晴らしい眺め...ですね。

 ↓ 晴海

2018年01月_レインボーブリッジから晴海.jpg


 

 同じく晴海を、次は違う角度からも見てみようと、電通本社ビル(カレッタ汐留)46階展望スペースへ行きました。

 ↓ 晴海・豊海

2018年05月_電通から晴海.jpg


 

 電通本社ビル46階の小さな展望スペースは、海側の眺めが抜群ですね。

 実はとっておきの場所でして、この日も海外からの旅行者が何組も訪れていました。

 ここから、中央区の数々の名所が望めるんですよ~。築地市場、築地大橋、浜離宮恩賜庭園、晴海...など。

 ↓ 築地市場

2018年05月_電通から築地市場.jpg

 ↓ 築地大橋

2018年05月_電通から築地大橋_縮小.jpg

 ↓ 築地川

2018年05月_電通から築地川_縦.jpg

 ↓ 浜離宮恩賜庭園

 (正月に催される放鷹術(ほうようじゅつ)では、ビルからの急降下が人気です。) 

2018年05月_電通から浜離宮.jpg


 

 おまけの情報ですが、反対側にあるエレベータからは、皇居宮殿が望めます。

 ↓ 皇居宮殿(手前、緑色の屋根)

2018年05月_電通から皇居宮殿.jpg

 

 

希望の猫〔ギャラリーふげん社〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月 7日 09:00

会社のすぐ近く、ランチでよくお邪魔する「新三浦ガーデン」と同じビルの2階ギャラリーで、今日(6月5日)から始まる写真展が開催されていることに気づきました

kibono201801.JPG

築地1-8-4、築地ガーデンビル2階にある「コミュニケーションギャラリー ふげん社」を会場とする「希望の猫 御木茂則写真展」です

下の地図赤〇の場所です。

kibono201800.jpg

ふげん社は、書店ギャラリー、それにカフェが加わって一体となったお店です

展覧会イベントが随時開催されています

kibono201803.JPG

写真展の開催期間は、6月5日)から6月16日)までです。

時間は、火曜日から金曜日までが12時から19時までで、

土曜日12時から17時までです。

日曜日月曜日お休みです。

kibono201804.JPG

会場にいらした御木茂則氏にお話を伺うことができました

御木氏にとって、今回が初めての写真展だそうです

kibono201805.JPG

御木氏はもともと映画のカメラマンで、映画撮影の活動の傍ら、国内外各地を訪れて出会うたちを撮影してこられたそうです

kibono201806.JPG

会場で、作品を拝見しての第一印象は、

まず、色が美しい

発色がよく、の感じられる空間を切り取った作品が、その場にいるような気持ちにさせてくれます

kibono201810.JPG

そして、ローアングルで、時には超アップで、撮影された猫たち表情がとても自然で、のびのびとしています

彼らが、撮影された場所で、たくましく生きているのだなということが伝わってきました

kibono201807.JPG

また、作品の中には、生き抜くためのしたたかさを感じさせるもいて、それがリアルユーモラス温かみにも通じているように感じました

kibono201808.JPG

希望の猫」、元気な猫に会いに、是非、足をお運びください

kibono201811.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、作品については、ご本人から直接ご説明をいただきました

ありがとうございます

kibono201809.JPG

ちなみに、ふげん社では、6月19日)から、来場者の投票数勝敗を決する鉄道写真撮り鉄 」を開催予定です

こちらもとても面白そう

kibono201802.JPG

ふげん社のHPはこちら ⇒

http://fugensha.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011