中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


雨の合間〔あかつき公園冒険広場〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月23日 18:00

boken001.JPG

8月に入ってずっとが降り続いていた東京の、中央区の公園、の合間の風景です

boken002.JPG

築地7丁目にあるあかつき公園の西側に細長く続いている冒険広場(下の地図、長ひし形赤枠)には、タイヤを利用した遊具やターザンロープなどがあり、ちょっとしたフィールドアスレチック気分を味わうことができます

boken000.jpg

の合間を縫って、多くの家族がこの冒険広場を利用していました(写真は、人が入らないように撮りました)

boken003.JPG

冒険広場の柵には、アサガオも咲いていて、子どもたちの歓声とマッチして、らしさを感じさせてくれました

boken006.JPG

あかつき公園の紹介ページはこちら ⇒

http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/koento/bokenhiroba/akatuki.html

boken004.JPG

 

 

2018正月時代劇の舞台、蘭学事始地はこちら!

[柴犬] 2017年8月23日 14:00


真田丸の熱も未だ冷めやらぬ2017年秋ですが、来年・2018年のNHK正月時代劇が、三谷幸喜さん脚本による「風雲児たち」だとプレスリリースされました!時代は江戸中期、蘭学(ヨーロッパ文化)を志す前野良沢と杉田玄白の「蘭学事始(らんがくことはじめ)」の物語です。出演は片岡愛之助(前野良沢)、新納慎也(杉田玄白)、山本耕史(平賀源内)、草刈正雄(田沼意次) さんら。


正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命(れぼりゅうし)篇~」


となれば...


舞台はもちろん江戸のど真ん中、中央区築地です!


IMG_6524.jpg
こちらが、まさに杉田・前野の蘭学事始地となった場所。石碑が立っております。のちにこの場所に福沢諭吉が蘭学塾(のちの慶應義塾)を開いたので、「慶應義塾発祥の地」碑と並んで立っています。


IMG_6525.jpg

IMG_6526.jpg

画像が見辛いと思いますが、「解体新書」が刻まれた石碑です。


この場所は中津藩(現在の大分県)奥平家の中屋敷がありました。古地図でも確認できます。中津藩の藩医だった前野良沢は、この場所で杉田玄白らと共に、オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」の翻訳に取り組みます。


IMG_6527.jpg

石碑の場所は、中央区明石町11。聖路加病院の入り口近くにある小さな広場です。画像の右です。下の地図では、中心下あたりにある三角の区画です。


as.jpg


ここで、蘭学の風雲児たちが。

この場所は、お隣がプラネタリウムで知られるタイムドーム明石、お向かいがトイスラー記念館


IMG_6528.jpg

IMG_6529.jpg

IMG_6530.jpg


築地市場や外国人居留地跡、幕末史跡や文豪史跡、昭和の復興小学校、もちろん築地本願寺もある強力な観光スポットです。観光地を知らなくても、ただブラブラお散歩するだけでも楽しい場所です。銀座の中心地までも徒歩15~20分程度。


ぜひ、風雲児たちの舞台を見にいらして下さい!

ちなみに、ドラマにはおそらく長崎屋も登場するのではないかと思うのですが...


長崎屋は日本橋にあった幕府御用達の薬問屋で、旅宿も兼ねていたため、オランダ商館長や専門知識を持った外国人が多数逗留し、彼らの話を聞くため数多くの学者が集まっていました。平賀源内・杉田玄白・前野良沢・中川淳庵・青木昆陽などもその中にいました。長崎屋と学者たちの様子は、葛飾北斎も描いています


場所は、中央区日本橋室町4−4−10 東短ビル、説明板が立っています。コレド室町や三井本館のすぐ近くです。鎖国が厳しかった時代、江戸唯一の西洋文明の窓口だった大切な史跡です。


今からドラマの舞台を見て、気持ちを盛り上げていってはいかがでしょうか!

 

 

 

勝鬨橋今昔

[皐月の鯉の吹き流し] 2017年8月22日 18:00

築地魚河岸から勝鬨橋を撮影した昔の写真が出てきましたので 見てください。 (父か叔父が撮影したのだと思います)

他にも探したのですが残念ながら、開いた時の写真は 見つかりませんでした

 

 

042F_0008.JPG 

左側は魚河岸で隅田川に向かってスロープがありました。 船の上げ下ろしができたのでしょう。

隅田川の向こう側、月島・勝どきはこの当時見てのとおり 高い建物はありません。(昭和30年頃と思います)

 

 

勝鬨橋_150823_03.JPG

だいたい同じ位置からの写真と見比べてください

 

 

夏休み特別企画〔タイムドーム明石〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月22日 12:00

tkrbk001.JPG

東京では、8月に入ってらしくない日がずっと続いているなと思っていると、休みも、はや後半戦に突入していました

tkrbk002.JPG

明石町、中央区保健所等複合施設6階にあるタイムドーム明石中央区立郷土天文館)では、現在、夏休み特別企画として、「地球は宇宙の"たからばこ"」が開催されています(下の地図、聖ルカ通りに面した赤〇の場所)

tkrbk000.jpg

対象は、小さなお子さんから、夏休み自由研究のテーマを探している小中学生までで、私がお邪魔した平日の昼休みにも、小学生と思われるお子さん2人の家族連れが来館されていました

tkrbk003.JPG

昨年のこちらの夏休み特別企画は「深海」がテーマだったそうで、毎年、家族で楽しめる企画展が開催されているそうです

tkrbk004.JPG

この特別企画では、コーナーごとに地球地球の美しさ地球の生き物パネルスクリーンで紹介されており、クイズ形式迷路で、地球の歴史を楽しみながら学べるように工夫されています

tkrbk005.JPG

同じフロアーには、常設のプラネタリウムもあって、地球宇宙天文に関心のあるお子さんにはぴったりの企画となっています

tkrbk007.JPG

開催期間は、7月22日)から8月31日)までです。

時間は、火曜日から金曜日までが午前10時から午後7時まで、祝日午前10時から午後5時までとなっています。

休館日は、毎週月曜日です。月曜日祝日の場合は開館し、翌日が休館日になります。

tkrbk006.JPG

今後しばらく天気もよくなさそうで、そんな中、夏休み思い出作りには、格好のスポットではないでしょうか

tkrbk008.JPG

なお、展示室内での写真撮影につきましては特別にご了解をいただき、取材についてもご協力をいただきました。ありがとうございます

tkrbk009.JPG

タイムドーム明石 夏休み特別企画に関する情報はこちら ⇒

http://www.city.chuo.lg.jp/event/culture/2017summer.html

 

 

心太 夏らしい嗜好品

[あすなろ] 2017年8月18日 09:00

8月に入り、ぐずついた天気が続きますね。

夏らしさを探しに、築地へ。

 

のぼりに書かれた「生寒天」の文字が目にとまりました。

店内の雰囲気は居心地よく、天草の良い香りに誘われて

「心太」を注文。

 

酢醤油か黒蜜をチョイスすることができます。

 心太.jpg

 

神津島産の天草を煮出し、

寒晒しをしていない生の寒天なので、

風味の良さ、ほどよい弾力、豊富なミネラルが魅力です。

夏の趣を堪能しました。

 天まめ.jpg

 

◆天まめ
東京都中央区築地2-8-1 築地永谷タウンプラザ 107号

 

 

ミンミンゼミの大合唱〔亀井橋公園、築地川公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月14日 16:00

minmin002.jpg

真っ盛り朝の出勤時間帯に聞くミンミンゼミの鳴き声が、今年は一段と大きいような気がします

minmin001.jpg

ミンミンゼミが鳴いているのは、私の会社の周辺では、亀井橋公園築地川公園です

minmin004.jpg

どちらの公園にもサクラの木があり、そこにとまったミンミンゼミが、大きな声()でミーン・ミンミンミンミンミー・・・という鳴き声を繰り返しています

minmin005.jpg

ものの本によると、ミンミンゼミクマゼミ午前中によく鳴くとのことで、確かに出勤時に一番活発に鳴いているような気がします

minmin006.jpg

また、本来、森林性のこのセミが、東京都心部横浜市などのオフィス街街路樹で鳴いている理由としては、ヒートアイランド現象があるらしく、この現象により乾燥化が進んでいる東京都心部などが、乾燥した土中を好むミンミンゼミ幼虫の生育に適しているのだそうです

また、成虫にとっても、サクラケヤキなどの街路樹は生活しやすい環境なのだとか

minmin007.jpg

ミンミンゼミヒグラシの鳴き声は、日本のドラマやアニメなどの効果音としてもよく使われており、風物詩として定着しています

minmin008.jpg

築地川公園に沿った通りでは、サルスベリ満開状態を保っており、まさに視覚聴覚真夏を感じることができますよ

minmin011.JPG

今年7月の「サルスベリが咲き始めました」のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/07/post-4479.html

 

 
<<前のページへ 1234567891011