中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


春うららの「花まつり」

[下町トム] 2018年4月10日 14:00

2018花まつり(2).jpg4月8日はお釈迦様の誕生日。仏教では「灌仏会」(かんぶつえ)と称するお祝いの日です。一般には「花まつり」と呼ばれて親しまれています。ほかには、降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)などとも呼ばれます。


築地本願寺では毎年この日を温かい雰囲気でお祝いしています。今年は当日が日曜日に重なった上に良い天気に恵まれて、多くの方が参詣されました。

2018花まつり(5).jpg
お稚児さんという幼児のいでたちも愛らしかったですし、伝統に沿って仏像に甘茶をかける習いもまた味わい深いものでした。

日本は仏教徒が圧倒的に多い国ですが、昨今はこの伝統行事もあまり意識されなくなってきたように思えます。イエス・キリストの生誕祭はかなり派手に賑わうのに比べて、ちょっと地味に思えてしまいますが、そこがまたお釈迦様の謙譲の美徳なのでしょうか。

これから春爛漫です。生きとし生けるものを尊ぶ心は宗教や文化を超えて普遍的な価値観でしょう。多くの自然の風物の中に感謝の気持ちをはぐくむ季節なのかもしれませんね。

 

 

2018 築地本願寺 はなまつり

[サム] 2018年4月10日 12:00

P4080718ELS''.jpgDSC02324R2'G.jpg 4月8日は伝承に基づく釈迦の誕生日。別名「灌仏会」。

母親の麻耶夫人の夢に白い象が現れ、その後懐妊し、ルンビニの花園で釈迦は誕生し、生後すぐ7歩あゆみ、右手で天を、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊」と唱えたとされ、この時、天から竜が現れ、甘露の雨を降らせ、その誕生を祝福したと伝わります。この故事に準えて、ルンビニの花園を模した花御堂を設え、中に誕生仏を安置し、甘茶を仏頭より灌いで釈迦の誕生日を祝います。

4月8日、築地本願寺では、釈迦の誕生日を祝う行事「はなまつり」が開催され、11:30からの灌仏会の法要に先立ち、11:00より、築地川公園脇から本堂まで、稚児衣裳を着た子供たちの「稚児行列」(交通安全パレード)が繰り広げられました。

境内には、築地警察署/京橋消防署ブース・移動動物園/遊園地等の体験コーナー、食事コーナー、売店コーナーが設営され、「大江戸助六太鼓」等のパフォーマンスも披露予定です。

 

 

2018 "八重桜" 開花

[サム] 2018年4月 6日 12:00

P4040667ELS'.jpgDSC_0234SQRS'G.jpg 浜離宮恩賜庭園の、主として「潮入りの池」の「御伝い橋」から「横堀」の「海手御伝い橋」までの池畔に植栽されている、所謂「サトザクラ」が咲き揃い始めました。

華麗な花を咲かせる品種が多く、"八重桜" と呼ばれるものの大半はこのグループに属するとされます。

純白の八重の大輪の「白妙」に加え、「五色の八重桜」と称えられる、白色~淡桃色の「一葉」、薄紅色の「普賢象」、紅色の「関山」、黄色の「鬱金」、淡緑色の「御衣黄」。

花弁が幾重にも折り重なって、枝にボリューム豊かに咲き誇る様は艶やかで、ソメイヨシノとは一味違う風情を醸し出しています。

 

 

高速の上のツクシ

[ジミニー☆クリケット] 2018年4月 4日 14:00

tukus201802.JPG

ツクシとは、スギナ胞子茎の呼び名で、漢字では、成り立ちから「付子」、見た目からは「土筆」の字が当てられます

tukus201801.JPG

昔()は、になると川の土手などでいくらでも見られたのですが、最近は、実際に生えているのを見つけたりすると、ちょっと興奮してしまいます

tukus201807.JPG

そのツクシが、亀井橋の脇に作られた公園「築地川亀井橋公園」の植栽エリアに顔を出していました

公園の下には、「首都高速都心環状線」が走っています

tukus201808.JPG

このエリアは、いつもこの季節になると、スギナ緑色の葉を伸ばしてくるのですが、ツクシを見かけることはありませんでした

tukus201809.JPG

下の写真には、ツクシの周辺にスギナを出しています

tukus201804.JPG

ものの本によると、ツクシスギナ地下茎でつながっていて、ツクシは出てこないでスギナだけ生えてくるケースが多いそうです

tukus201806.JPG

昔、当たり前のように見ていた春の風物詩ツクシ大群は何だったのでしょうか

tukus201800.jpg

いずれにせよ、春本番ですね

 

 

2018 「世界自閉症啓発デー」 ライト・イット・アップ・ブルー

[サム] 2018年4月 4日 12:00

P4020656ELS'.jpgDSC02249RS'G.jpg  カタール王国王妃の提案により、2007年12月18日開催の国連総会に於いて決議された、4月2日の「世界自閉症啓発デー」。

4月2日~8日は、自閉症をはじめとする発達障害啓発週間として、各地でシンポジウムの開催等、広く啓発活動が行なわれ、誰もが幸せに暮らせる社会の実現に向けた取り組みが実施されています。

2日夜、東京タワーが自閉症への理解を求める活動のシンボルカラーである青色に染まり、勝どきの隅田川テラスから、築地大橋越しに幻想的な「ダイヤモンドヴェール アクアブルー」の耀きが望めます。

青色には「癒し」や「希望」といった意味が込められており、この日全国100個所余りの施設で「ライト・イット・アップ・ブルー キャンペーン」実施予定と聞きます。

 

 

ハナモモ開花、見頃はこれから

[ジミニー☆クリケット] 2018年4月 3日 14:00

hanam201801.JPG

築地川の、築地橋入船橋の間の築地2丁目側、今年も色鮮やかハナモモ開花し始めました

下の地図のピンク色の部分です

hanam201800.jpg

ソメイヨシノよりも濃くはっきりしたピンク色、それに3色が太陽に輝いています

hanam201802.JPG

このあたりのハナモモは、ほうき立ち性で、に向かって延びた枝にたくさんのを咲かせています

hanam201803.JPG

今年2月にオープンしたばかりの「変なホテル 東京 銀座」や、「銀座キャピタルホテル 本館」の前あたりのハナモモが特に開花状況が早いようです

hanam201804.JPG

を出す前にを咲かせるのはソメイヨシノと同じですが、枝を覆うほどびっしりを咲かせる姿は見事です

hanam201805.JPG

3月30日現在、まだ、満開状態ではないので、これからしばらくハナモモを楽しむことができますよ

築地2丁目新富2丁目にお越しの際は、是非、立ち寄ってご覧になってください

hanam201806.JPG

昨年4月のハナモモ満開のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4196.html

 

 
<<前のページへ 1234567891011