中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地魚河岸 土曜日も14:30がお得

[銀造] 2017年7月10日 12:00

 7月8日(土)築地本願寺にお参りした後、時計を見ると14:30。大急ぎで、「築地魚河岸」に出かけました。

 閉店が15:00なので、閉店間際のお買い物は、「絶対にお得!」と判断して、急ぎ駆けつけました。(というのは、通常、日祝日は休業ですから)

 閉店間際のお店には、大変申し訳ないのですが、売価の半値以下で、美味しい物が大盛りで入手出来ました。

鯨の刺身2トレー、ベーコン1、辛子明太子1、新鮮な三陸わかめ、これが1千円!

1499496718452.jpg

 次のお店では、蜆(しじみ)山盛り、アラスカ産紅鮭2切れ、メバル(煮つけ用)、真子かれい(煮つけ用)二切れ、メカジキ切り身2切れ、これも全部で1千円。

1499505178943.jpg

二つの写真、それぞれ1千円ぽっきりでした。(消費税込み)

お店では、ビニール袋に氷を入れてくれるので、1時間程度の帰路なら、氷が解けないので、鮮度には問題ありません。

築地魚河岸の詳細は、こちらです。休業日にお気をつけて、お出かけ下さい。

※日祝日、指定された水曜日が休市日になります。http://www.tsukiji.or.jp/forbiz/uogashi/

 

 

夏詣の七夕飾り

[サム] 2017年7月 7日 18:00

DSC00294ELS'.jpg 

DSC00298RSG.jpg 「七夕」はご節句のひとつで、古来「星祭」と呼ばれていた由。元々は中国の因習で、日本伝来後、竹飾りの風習が生まれ、江戸期には寺子屋の発達により短冊を吊るし字の上達を祈ったとされ、今日まで、七夕に短冊に願い事を書いて吊るす習慣が受け継がれています。

築地波除稲荷神社では、境内に一対の大きな竹が設えられ、当日限定の星をあしらった夢を叶えるお守り「夢叶う守」(特製の短冊付き)が供され、神社の大竹に願い事を書いた短冊を吊るすことができます。

平安の頃の七夕は、宮中行事として笹の葉ではなく、梶の葉の裏側に願い事を書いたとされています。冷泉家に伝わる乞巧奠の飾りに習い、五色の布を吹き流しに見立て、「梶の葉」で結ぶ「夏詣の五色の吹き流し」を特別な象徴として、七夕まで、「夏詣」期間のみ、鳥居と本殿の茅の輪くぐりと天の川、十二支の石灯篭前に七夕飾りとして飾られています。

 

 

鉄砲洲稲荷神社 夏越しの祓 茅の輪くぐり 富士塚

[銀造] 2017年7月 7日 12:00

 6月30日は1年の折り返し点であり、ちょうど本格的な夏に入る節目でもあります。

旧暦の6月末に行われる「夏越の祓」は、半年分のケガレを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。由来は神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)にまで遡るそうですが、新暦に移った現在でも、6月30日ごろ日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。

今年前半の穢れを落とし、盛夏にむけて健康でいられるようお祈りを致しました。

1498819154297.jpg

 ご本殿の奥に鎮座する富士塚は整備されて、清掃も行き届いています。神域ということを感じました。

1498819273087.jpg

富士塚の麓には、胎内も見えました。 本格的な富士塚ですね。

富士塚は、登ったりしないようにとの注意書きがありました。参拝して、境内での散策を楽しみました。

 

 

都営バスで燃料電池バスによる運行を開始!FUEL CELL BUS is running

[銀造] 2017年7月 6日 14:00

 銀座4丁目で珍しいデザインのバスを見かけました。

1498818198612.jpg

 都営バスが燃料電池バスによる運行を開始していたのです。

燃料電池では、大気中の二酸化炭素、窒素酸化物などを大幅に減らせると期待されています。

 色んな形とデザインのバスを見かけると楽しいですね。

このバスの運行は、東京駅南口と東京ビッグサイトの間を往復循環しています。

途中の乗降場所は、有楽町駅、銀座4丁目、築地3丁目、勝ちどき駅、有明テニスの森です。

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/bus/2017/bus_p_201702247164_h.html

 

 

【築地】イタリア食堂「築地のら」 裏築地でパスタランチ

[いのちゃん] 2017年6月30日 09:00

「裏築地」と呼ばれるエリアをご存じでしょうか。
築地市場から晴海通りを渡り、築地本願寺の裏手から明石町周辺までの一帯です。
"裏"と聞くと、なんとなくツウな感じがして散策するのも楽しくなりますね。

 

今回ご紹介するのはそんな裏築地にある イタリア食堂「築地のら」です。

平日のみのランチをいただいてきました。

IMG_9578.JPG

 

季節によって変わるメニュー。

この日のランチはパスタ4種類とハンバーグから選べました。

すべてのメニューにサラダとフォカッチャが、ハンバーグにはスープも付いています。

税込みで900円。リーズナブルですね。

 IMG_9577.JPG

 

サラダ

シンプルな味付けでさっぱりと。

 IMG_9555.JPG

 

パスタ

夏野菜のアンチョビクリームソース。無料で大盛りにもできます。

 IMG_9565.JPG

 

うれしいことにコーヒーが付いていました。

13時以降に来店した場合のサービスだそうです。

 IMG_9568.JPG

 

スタッフはみなさん明るくさわやか。

一人でも気軽に立ち寄れる、とても雰囲気のいいお店です。

ディナーメニューも充実。お酒の好きな方にもおすすめです。

IMG_9572.JPG 

 

IMG_9574.JPG

 

イタリア食堂 「築地のら」

中央区築地7-11-13
03-5148-2390

日比谷線 築地駅より徒歩3分

有楽町線 新富町駅より徒歩8分

日曜祝日定休 土曜はディナーのみ

 

 

築地市場と浜離宮庭園の全景

[達磨] 2017年6月28日 18:00

梅雨の晴れ間、カレッタ汐留の東側46階展望スペースから、築地・月島・晴海方面が見渡せました。 眼下には東京ドーム5っ分、約23ヘクタールの広さ「築地市場」(1935年に開設)と国の特別名勝・特別史跡に指定されている「浜離宮恩賜庭園」(約25ヘクタール)です。先には、2020年の東京五輪に合わせて開通予定の築地大橋が、その横には1940年竣工した「勝鬨橋」、この上流に1964年東京五輪の年に建造された「佃大橋」が見えます。

 

  ↓ 築地市場

展望築地市場2.jpg

 

浜離宮恩賜庭園 ↓ 中島のお茶屋も見えます

展望浜離宮.jpg

 

 

展望帰り、築地市場内を素通り...「築地・波除稲荷神社」では夏越の祓が行われていました。茅の輪をくぐって、お参りしてきました。 (大祓式6月30日)

波除大祓い.JPG

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011