中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ウメとナノハナが見頃〔浜離宮恩賜庭園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月21日 12:00

mmei201801.JPG

ここは、いつ来ても、が私たちを楽しませてくれ、それ以外の楽しみにも出会える場所です

mmei201802.JPG

この時季、まずはウメナノハナが見頃です

mmei201809.JPG

お花畑付近の白梅

mmei201812.JPG

お花畑で咲いているナノハナ

mmei201811.JPG

当日はたくさんのカメラマンがいました

mmei201813.JPG

花木園付近の紅梅

mmei201814.JPG

花木園近くで可憐に咲いているスイセン

mmei201808.JPG

アセビも咲いています

mmei201807.JPG

アセビ馬酔木と書き、「」がこのを食べると、「」ったようにふらつく「」という所から付いた名前だそうです

mmei201804.JPG

この時季、の庭園ならではの、「雪吊りゆきつり)」や「菰巻こもまき)」、「霜除けしもよけ)」などを見る事もできます

mmei201803.JPG

害虫の寒さから植物を守るための処置を、美しい季節の風景に変えてしまうのも、日本人特有の知恵美意識ですよねえ

mmei201805.JPG

現在、「鷹の御茶屋」が復元工事中でした

mmei201806.JPG

当日は、北風が冷たかったですが、来園者はたくさんいました

この季節も、見どころ満載浜離宮恩賜庭園です

mmei201810.JPG

浜離宮恩賜庭園の開園時間は、午前9時から午後5時までです。

入園は午後4時30分までですので、ご注意を

 

 

松の御茶屋 (浜離宮恩賜庭園 その2)揺れる千鳥

[GPP] 2018年2月18日 16:00

 揺れる千鳥。これは池の水面に反射した太陽光が作り出した揺らめく投影なんです。(手振れ写真ではありません!)

16_02.jpg16_04.png

 冬の晴れた日の午後松の御茶屋を訪れた人だけが見ることができるそうです。

 松の御茶屋特別公開は、木曜日/午後1時~午後3時(悪天時中止)。


 松の御茶屋は、2010年に復元されました。潮入の池に面した茶屋であり、浜離宮の見どころの1つです

 鳥羽伏見の戦い(1867年)の最中、大阪城から船で江戸まで引き上げてきた徳川慶喜。しばし休憩したのが松の御茶屋、と言われています。

   外観(松の御茶屋)

11.jpg

   潮入の池(松の御茶屋から臨む)

12.jpg


 冬のシーズンに訪れたならば、欄間板の透かしは見逃せません。

   欄間板 千鳥の透かし(写真上部)

13.jpg

   板の間上部(写真右:欄間板透かし 写真左:貼付け壁)

14.jpg

 潮入の池の水面に反射した太陽光が、欄間板の透かしを通って、千鳥の模様を壁に映し出します。

   千鳥(欄間板)

15.jpg

   欄間板の投影(貼付け壁)

16_02.jpg

 風で水面が揺らぐので、千鳥型に繰り抜かれた欄間板を通過した光もゆらゆら...と揺れて見えるのです。肉眼だとはっきりわかります。


 松の御茶屋は茶屋(ちゃや)ですので、茶の湯を行う茶室(ちゃしつ)とは用途が異なります。

 回遊式庭園を歩き疲れた身体を休めたり、潮入の池を眺めたり、食事をしたり、...と。将軍が招いた重要なお客様方がリラックスできる特別な場所だったそうです。

 数寄屋風書院造の松の御茶屋内部には、見るべきものが数多くありました。

 違い棚(ちがいだな)、円窓(えんまど)、付け書院(つけしょいん)、松ぼっくりや蝉の釘隠し(くぎかくし)、泥間似合紙(どろまにあいし)を用いた貼付け壁(はりつけかべ)、屋久杉の天井、等。

 違い棚(ちがいだな)

17.jpg

 円窓(えんまど)

18.jpg

 付け書院(つけしょいん)

19.jpg

 釘隠し(くぎかくし)

20.jpg

 貼付け壁(はりつけかべ)

21.jpg

 屋久杉の天井

22.jpg


 

 

梅にメジロ 2018

[サム] 2018年2月18日 12:00

DSC_0714ELS'.jpgDSC_0715RS'G.jpg 久し振りに日中の最高気温が3月下旬なみの15.1℃を記録した2月15日。

浜離宮恩賜庭園のお花畑脇の一群の梅(八重紅梅、八重野梅など)にメジロが訪れ、「チィー、チィー」と地鳴きし、吸蜜中です。

頭部から腰は黄緑色、喉から胸は黄色、胸から脇腹は淡褐色。名前の由来ともなっている、目の周りの白い、アイリングが特徴です。

メジロは他の小鳥同様、春夏は虫を、秋冬は果実を採食しますが、花蜜も好物のようで、筆状になった舌先で舐めた蜜を口に運ぶとされています。

来園者に春到来間近を告げる愛らしいメジロの姿です。

 

 

ふくらスズメ〔築地川亀井橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月15日 16:00

今朝の出勤途中、築地川亀井橋公園から、チュンチュンチュンの騒がしく鳴く声が聞こえ、見上げると、いつになく、たくさんのスズメが公園の落葉したに止まっていました

fukura201801.jpg

みんな体をふくらませ、まん丸くなっており、これぞ「ふくらスズメ」です

fukura201802.JPG

以前、築地川銀座公園の「ふくらハト)」を紹介したブログでも書きましたが、どうして体をふくらませるのかというと、羽毛をふくらませて空気の層をつくり温かさを保つため、つまり防寒対策としてだそうです

まん丸いスズメはかわいらしく、昔から日本人にもなじみがあったようで、着物の帯の結び方や、日本髪の結い方にもその名前が使われています

fukura201803.jpg

ご本人たち()は必要に迫られてそうしているのでしょうが、見かけたこちらとしては、寒い中にもほのぼのとしたものを感じることができました

fukura201804.jpg

俳句では、「ふくらスズメ」は冬の季語ではありますが、もう立春も過ぎたのですから、これから日に日に暖かくなってくるのが待たれます

昨年12月、築地川銀座公園の「ふくらハト」紹介のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/12/post-4807.html

 

 

バレンタイン・ダイヤモンドヴェール点灯

[サム] 2018年2月14日 12:00

P2130308ELS'.jpgDSC01691RS'G.jpg バレンタイン・イブの2月13日 日没~22:00、東京タワーでは、ピンクとレッドが交互に配置された「バレンタイン・ダイヤモンドヴェール」が点灯。

ピンクには「夢と幸福」、レッドには「愛と感謝」のメッセージが込められており、華やかなライトアップが、勝どきの隅田川テラスから築地大橋越しに望めます。

普段は土日・祝日の11:00~16:00に開放されている、東京タワーフットタウンと大展望台(150m)をつなぐ600段の外階段を、夜景を眺めつつ、ライトアップに浮かび上がる鉄骨の中を昇っていく醍醐味が味わえるよう、13日と14日の2日間、17:00~22:00まで特別に開放。

明14日バレンタインデーも「バレンタイン・ダイヤモンドヴェール」点灯予定です。

 

 

「事始め」の日に、取材空振り。

[小江戸板橋] 2018年2月12日 14:00

えっ、そうなの。

今年はもう終わっちゃったの。

2月8日は、針供養。

その取材をしたいと思って、湊1丁目の鐵砲洲稲荷神社に行きました。

平安時代初期にまでさかのぼる、京橋地域一帯の産土神です。

神社は、平成の大改修が終了して、清々しいたたずまいを見せていました。

 

「昼ごはんは、湯豆腐がいいかな。」なんてイメージだけで、針供養は昼前後に行われるだろうと思い込み、11時過ぎに到着しました。

なんと静かな境内。

午後に行われるのかもしれないと、近くの豆腐料理店でランチをしながら時間を過ごしました。

再び、境内に足を進めたのですが、とても静かです。

社務所にいた若いお兄さんに、「今日の針供養は、何時ころに行われるのですか。」

「今朝、10時から行われましたよ。氏子さんの行事というより、近くのファッション専門学校の行事の一環という感じです。」

「はァそうでしたか。10時に来ていれば、美しい学生さんたちにもお会いできたのですね。残念。」

 

充分な事前調査をせずに動くと、とんだ空振りに見舞われてしまうものです。

私、見かけによらず?行き当たりばったりに歩き回るので、ポイントを外してしまうことがしばしばあります。

逆に、想定外のことに出会う幸運にも遇ったりするのですが。

冬晴れの空の青さに誘われて、陽だまりを散策する贅沢な時間をいただいたと考えることにしました。

 

「針供養」って何かですって。

折れたり、曲がったり、さびたりした縫い針を、豆腐やこんにゃくに刺して供養し、近くの神社に納めて、裁縫の上達を祈る行事です。

私が遠い幼少のみぎり、母に手を添えてもらい針を豆腐に刺して、チクチクが怖いと思った記憶があるのです。

 

稲荷社の主祭神である宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)は、五穀豊穣、商売繁盛、産業興隆、家内安全、芸能上達に御利益があるといわれます。

ほぼ、オールマイティの無敵の存在。

農耕神であるお稲荷様は、立春前後は殊のほか忙しく行事が続きます。

立春前日が節分で、年男・年女による豆まきが行われます。

立春の2月4日は、鐵砲洲稲荷神社では「新富座こども歌舞伎」の節分公演がありました。

2月7日は、お稲荷様のお祭りの初午(はつうま)。2月の最初の午の日で、いなり寿司を食べて無病息災を祈ります。

2月8日は、道具に感謝の心を込めて針供養。「事始め」の日であり、つつしみを持って過ごし、一年の農作業が始まります。

 

記録的な寒波の襲来。冬季五輪の開催。緊迫した国際情勢・・・。

気ぜわしさ続く今日この頃ですが、

うん、空を見上げながら、心穏やかに慎みを持って、新しいことにチャレンジする瑞々しい心を失うことなく過ごしてみようと思います。

母の作る、甘めのおいなりさん、好きだったなァ。