中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


江戸落語の舞台(富くじ興行編)

[達磨] 2017年12月 5日 12:00

富くじ(富突・突富・富)は文化文政期(1804~30)に大流行。中央区内では白旗稲荷(本石町)・福徳稲荷(室町)・椙森稲荷(堀留町)・薬研堀不動院(東日本橋)・茅場町薬師・新川大神宮などでも興行されたようです。(中央区内文化財HP、福徳神社富籤HP参照)。富札の値段は、1枚1分から2朱ほどだったとか。1両を10万円位に仮定すると、1枚は1~3万程度でかなりの高さです。人心や内部不正のため,天保の改革(1842)によって富くじ興行は禁止されましたが、落語の中では、「湯島天神」と「椙森神社」が主な舞台となって、富くじでの人々の動きが、平成の寄席、ホール...落語会の高座に引き継がれています。

 

↓〈知泉院茅場町薬師〉    ↓〈新川大神宮〉      ↓〈白幡神社〉

智泉院ok.jpg 新川大神宮ok.jpg 白旗ok.jpg

 

↓〈薬研堀不動院〉      ↓〈福徳神社〉家康公も参拝
薬研掘okok.jpg 福徳okokok.jpg

  

↓〈椙森神社-べったら市前日-〉  ↓富落語2席のあらすじです。

椙の森ok.jpg三代目小さん(1857-1930)が大阪から持ち帰りの落語「宿屋の富」・・・馬喰町の汚い旅籠に貧乏くさい男が泊まった。「副業でやっている椙森神社の富札が一枚売れ残っている。」「これ以上金を増やしたくはないが、まぁいいだろう。」千両富が当たった!・・・貧乏宿の主人が祝いをしようと客の布団をはぐと下駄を履いていた...と。(笑い)

初代圓朝(1839-1900)が実話から落語化したものと伝えられる落語「富久」・・・酒でしくじってばかりの幇間の久蔵、なけなしの一分で椙森神社の札を買って、大神宮さまの神棚にしまいこんだ。――中略―――火事で久蔵の家は丸焦げ。椙森神社を通ると「一番、鶴の1500番」の声。「あ、当たった!」久蔵、卒倒した。当たり札がなければダメだ!帰る途中、鳶の頭「さすがに芸人だ。立派な大神宮様のお宮だな。家にあるよ。」「ど、泥棒!と半狂乱」「運のいい男だな~。」「へえ~、これも大神宮様のおかげです。近所にお払いをいたします。」...人情味豊かな噺です。//幕

 

 

 

イロハカエデ紅葉 2017

[サム] 2017年12月 1日 18:00

DSC01363ELS'.jpgDSC01369RS'G.jpg 11月29日、東京管区気象台より、気象庁生物季節観測情報のひとつ、「イロハカエデ紅葉」が報じられました。

平年より2日遅く、昨年より1日早い由。

漸う紅葉の真打登場です。

浜離宮恩賜庭園でも、園内の樹木約6,000本の内、25本を数えると聞くイロハカエデが真っ赤に染まり、見頃を迎えています。

殊に逆光の、太陽の光を透かして見る真紅の葉は、鮮やかさが一層際立ちます。

芽吹きから初夏・秋にかけ、黄緑~緑~黄~赤と、多彩に移ろい、各々目を楽しませてくれますが、紅葉シーズンの色味は格別。

中島の御茶屋、松の御茶屋、燕の御茶屋を背景に、この時期ならではの大名庭園の色彩豊かな風情を醸し出しています。

 

 

築地本願寺カフェ TSUMUGI―築地本願寺インフォメーションセンター

[滅紫] 2017年11月29日 09:00

100_2561.JPG 100_2562.JPG

11月8日のオープン以来、新聞・TV等の露出も多く既に築地の人気スポットになりつつあるインフォメーションセンターをのぞいてみました。築地駅を出るとすぐ、本堂の手前に新しいビルが出来ています。ガラス張りの明るい1階入口はカフェTSUMUGIと一筆箋やお香などを扱うコーナー。カフェの奥には「本願寺創建400年」の写真展が開催中で時代順に当時の写真が展示されています。撮影許可を伺うと「どうぞどうぞ」とにこやかなご対応で感激。まずはカフェに、50-60席くらいのかなりゆったりスペースです。メニューを見て吃驚。日本茶、ぺっぴん茶と名付けられたオリジナルブレンドの数種のハーブティー、お茶を使ったオリジナルドリンク、コーヒー、数種のスイーツにかき氷!。朝食セットからランチお膳、パスタまであります。本願寺さんの本気度が伝わってくるラインナップですねー。おかずの小皿が18種ついた「朝食おかゆセット」が人気らしく美味しそうでしたがこちらは11時まで。「もうないの?」という声が聞こえました。

 

サービスの方に伺うとTVでこのメニューが紹介されたとのことでした。お願いした「紀州備長炭炭焼きコーヒー」(580円別)は可愛い砂時計がついていて「3分経過したら召し上がってください」と説明されました。かき氷好きとしては「一年中あるの?」と確認したところ、「今のところその予定です。次回お待ちしています」とそつのないお返事でした。

100_2564.JPG 100_2566.JPG 100_2563.JPG

 

100_2567.JPG次に2階のブックセンターをのぞいてみました。仏教書中心に3千点近くあるそうです。確かに仏教関連書だけ集めるというのは需要があるかも知れませんね。「歎異抄」から高村薫の「空海」、英語の仏教解説書、童話まで幅広い品ぞろえです。私は解説付きの「歎異抄」と「超カンタン英語で仏教がよくわかる」を購入しました。「般若湯」はWisdom Waterです。「これは使える」と言っている方が見えるようです。

 

夜のカフェではライトアップされた本堂をながめながらアルコールもいただけるそうです。

 

築地本願寺の前身浅草御堂の創建は元和3年(1617)で今の横山町付近にありました。明暦の大火(明歴3年1657)で焼失し、延宝7年(1679)築地の地に御堂が落成(「築地御坊」)しました。関東大震災で被災し昭和9年(1934)に古代インド様式の石造建造物として再建。平成26年(2014)には本堂、門柱(正門・北門・南門)、石塀が重文指定になっています。と、ちょっと薀蓄。(「中央区おもしろ百科」より)

 

次回は11時までに入って「おかゆセット」に挑戦したいと思います。築地散歩の際には最適のカフェが増えました。

 

築地本願寺カフェ TSUMUGI 8時―21時 無休

ブックセンター 10時-17時 無休 

 

 

紅葉の浜離宮恩賜庭園

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月28日 18:00

hstamp001.JPG

11月の最後の週末、小春日和の穏やかな晴天の日浜離宮恩賜庭園に行きました

hstamp002.JPG

紅葉が見ごろとあって、びっくりするくらい多くの人が訪れていました

hstamp005.JPG

紅葉は、モミジサクラ

hstamp003.JPG

黄葉は、イチョウで、それぞれ美しく

hstamp008.JPG

ハゼノキ紅葉や、

hstamp004.JPG

クヌギ黄葉も楽しめました

hstamp007.JPG

この時季、浜離宮庭園季節の風物詩、「雪吊り

hstamp006.JPG

害虫駆除のための「菰巻きこもまき)」も見ることができます

hstamp011.JPG

が咲いているのは、黄色いツワブキ

hstamp013.JPG

赤いサザンカです

hstamp014.JPG

お花畑」には、ナノハナが蒔かれたところのようで、またになれば、一面のナノハナ畑になることでしょう

hstamp015.JPG

浜離宮庭園は、いつ来ても、私たちの目を楽しませてくれます

hstamp009.JPG

浜離宮恩賜庭園のHPはこちら ⇒

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

hstamp010.JPG

 

 

築地市場に行ってきました!

[株式会社 彦晴] 2017年11月27日 12:00

築地市場へ行ってきました。「築地」とはだれもが知っているように海や沼などを埋め立てた土地のことである。1657年明暦の大火により、日本橋横山町にあった「江戸浅草御坊」が消失し、その代替地として幕府から下付されたのが八丁堀の海上、その海を埋め立てた土地が築地のはじまりである。簡単に書くと築地は寺町・武家屋敷⇒海軍⇒中央卸売市場へと変換していったのである。

 

そして現在では、"TSUKIJI"言えば世界的にも市場の街として有名である。今回はそんな街のレアの情報探しの街歩きとなりました。

 

この築地には日本初のホテル「築地ホテル館」があったことは有名ですが、案外知られていないのが現在、築地市場場内に宿泊施設があることです。その名は「築地市場厚生会館」です。場所は勝どき門口のおさかな普及センター資料館の右隣の位置となります。マグロのせりの見学などの参加する人のご利用が多いようです。

IMG_0810.JPG IMG_0808.JPG

 

 

こちらの写真は場内市場です。海幸橋門を入り魚がし横丁を目指します。最初に紹介したいのが「茂助だんご」です。童謡「だんご三兄弟」のモデルとなったお店です。作詞をしたメディアクリエーターの佐藤雅彦さんが贔屓にしているだんご屋さんとのことです。

右の写真は皆さんよくご存じの吉野家築地1号店です。創業は日本橋の魚河岸で明治32年です。屋号の「吉野家」は創業者松田栄吉氏の出身大阪吉野町から名づけられたそうです。

IMG_0840.JPG IMG_0839.JPG

 

場内市場には本屋さんはもちろんのこと図書室まであります。そのほかにも診療所や歯科医院もあり少しびっくりしました。

IMG_0835.JPG

 

そして場内市場と言えば、貨物車両やターレが走る活気ある景色です。場内はトラック、フォークリフト、ターレが所狭しと走っています。ある意味本当に危険なので十二分に注意を払う必要があります。やはりなんと言っても、一番目につくのがターレットトラック通称ターレです。このターレ、小回りが利きます、狭いスペースでも回転が可能です。なんと最大積載量は1000㎏だそうです。現在ではほとんどのターレが充電式のモーターが動力となっており音もとても静かです。もちろん小型特殊自動車として登録すれば公道も走ることが可能です。今回は整列したターレが充電する写真も撮ることができました。(柱から配線が各ターレにつながり充電しています)また、一番下にある写真は正門の詰所横にある拾得物掲示板です。(今日の落し物は電話子機、生カキ、くじらベーコンと記載されていました。仕入れたばかりの食材をターレで運ぶ際に落としてしまったのでしょうか?築地市場ならではの話です。もっと不思議なのは電話子機です。事務所で使っていた子機を外に持ち出し落としたのでしょうか?う~ん、それしかない!)

IMG_0837.JPG IMG_0831.JPG

IMG_0782.JPG IMG_0861.JPG

IMG_0824.JPG

 

また、築地場内には都バスが停留所があります。ですからトラック、ターレと同じ場内の道をバスが走っているのです。そのバスはJR新橋駅から築地中央市場行き(循環)市01系統です。平日、新橋駅始発5:02と早いですが築地市場最終も都内23区なのに17:20とメチャクチャに早いので注意が必要です。それに日曜・祝日の運行はありません。これは築地市場利用のお客様&関係者専用バスと言っても過言ではないでしょう

IMG_0867.JPG IMG_0865.JPG

 

それはさておき、1935年築地市場開場と同時に汐留駅・東京市場駅の間に貨物線が開業しました。築地市場が扇型をしているのも鉄道の長いプラットフォームを敷地内に確保するためだったといわれているのは周知の事実です。その引き込み線の証拠となる踏切跡も見てきました。こちらは住所では銀座8丁目となるそうです。

右の写真は築地市場の青果門より引込線のあった朝日新聞社横の通りを撮ったものです。踏切跡はこの先にあります。

IMG_0805.JPG IMG_0796.JPG

 

IMG_0870.JPG

そして、最後の1枚は波除神社の紅葉し始めた枝垂れ銀杏です。

きっと三の酉の頃には、もっときれいな黄色となっていることでしょう。

 

 

 

庭師による庭園ガイド「庭さんぽ」

[サム] 2017年11月25日 16:00

DSC01344ELS'.jpgDSC01346RS'G.jpg 11月23日、浜離宮恩賜庭園にて、当園庭師が庭園の植物や樹木の手入れ、冬支度などを紹介しながら園内を巡るガイドツアー「庭師による庭園ガイド "庭さんぽ" 」が開催されました。

(10:30~ 13:30~ 2回)

三百年の松~旧稲生神社~お花畑~内堀広場~花木園~延遼館跡~潮入りの池~松の御茶屋 のコースを約1時間、庭師の案内で散策。

三百年の松の「頬杖支柱・鳥居支柱」、三百年の松周囲「金閣寺垣根」と旧稲生神社周囲「四ツ目垣根」の違い、「焼丸太杭」の作り方、サザンカに発生する「チャドクガ駆除」、モッコクに発生する「ハマキムシ駆除」、秋~冬に行なう「松の古葉取り」、冬の風物詩「菰巻(霜降前後に装着、啓蟄前に取り外し)」「雪吊り3様式(南部式・北部式・兼六園式)」の違い等々、通常の庭園ガイドとは一味違う話をいろいろと聞かせていただきました。