中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


明石町水辺ライン周遊

[サム] 2018年11月 5日 09:00

DSC07640ELS'.jpgDSC07641RS'G.jpg 秋の一日、無料運行のバスや船で区内を巡りながら、文化資源と各所で行なわれる多彩なイベントを楽しめる「中央区まるごとミュージアム」。

11回目を迎える今年は、新たに8つの事業が加わり、合計44のプログラムが企画されています。

なかでもリバーガイドの案内で、中央区の豊かな水辺や船上からの街並みを楽しめる「船運航」は人気のひとつ。

「日本橋周遊」「明石町水辺ライン周遊」「浜町~晴海」「日本橋~晴海」の4コースが組まれています。

「明石町水辺ライン周遊ルート」は、明石町防災船着場発着で、勝鬨橋~築地大橋~豊洲大橋~晴海大橋~晴海橋梁~春海橋~相生橋~中央大橋~佃大橋を経由する約30分のクルージング。

当日の都心の最高気温は16.4℃と、やや肌寒い天候ながら、晴海の東京2020大会選手村工事進捗状況、豊洲市場等々、普段とは違う目線で街並みの変貌の様子を楽しめます。

 

 

人口密度ランキングを調べてみた

[wienerhorn] 2018年11月 3日 14:00

人口密度降順ソート.jpg

 

平成27年国勢調査人口等基本集計(総務省統計局)をもとに、区市町村別の人口密度のランキングを作ってみました。

政令指定都市については区ごとに細分しました。例えば仙台市は、青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区に分割して集計しています。この方法では全国で1,896の区市町村となります。
結果、1位から31位までは全て区が並びます。
政令指定都市以外の市町村で最上位なのは埼玉県蕨市(32位)。
わが中央区は36位でした。

 
1 東京都豊島区 22,380 /km2
2 東京都中野区 21,053 人/km2
3 東京都荒川区 20,892 人/km2
4 大阪市城東区 19,654 人/km2
5 東京都台東区 19,592 人/km2
6 東京都文京区 19,462 人/km2
7 東京都目黒区 18,925 人/km2
8 東京都墨田区 18,611 人/km2
9 東京都新宿区 18,307 人/km2
10 大阪市阿倍野区 17,998 人/km2
(中略)
32 埼玉県蕨市 14,141 人/km2
(中略)
36 東京都中央区 13,828 人/km2
 

このときの国勢調査による中央区の人口は141,183人でしたが、その後さらに増加が続いており、中央区の住民基本台帳による平成30年10月1日現在の人口はさらに2万人増えて161,456人となっています。都心回帰の傾向は他の区にも見られるので、2年後に行われる次の国勢調査ではどんな結果になるでしょうか?

 

 

 

バラの実、ローズヒップ色づく〔築地川祝橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年11月 3日 09:00

rosehi201800.JPG

築地川祝橋公園(築地1-11-13)に植えられているバラローズヒップが、今年も赤く黄色く実っています

rosehi201801.jpg

ローズヒップができている一方で、四季咲きバラはまだ咲いているものもあり、まさに「秋バラ」の季節でもあります

rosehi201806.JPG

ローズヒップは、バラ科バラ属の植物の果実です

rosehi201802.jpg

バラの種類が多いように、ローズヒップの形も球形紡錘形涙形とさまざま、色もオレンジ濃い紫とさまざまです

rosehi201803.JPG

ローズヒップは、ビタミンC豊富だそうで、ハーブティーとしても使用されます

rosehi201804.jpg

これから、木々の紅葉黄葉)も始まって、も深まり、へと季節も変わっていくことでしょう

rosehi201805.jpg

一昨年の秋、築地川祝橋公園ローズヒップを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/10/post-3744.html

rosehi201807.JPG

 

 

2018 マジックハロウィン ダイヤモンドヴェール

[サム] 2018年11月 2日 18:00

DSC07526ELS'.jpgDSC07470RS'G.jpg 10月31日はハロウィン。

東京タワーでは、ミステリアスなハロウィンの夜を演出する「マジックハロウィン ダイヤモンドヴェール」が点灯。

日没~23:00

東京タワーメインデッキ2Fでは、9月21日~10月31日の期間、夜景とコラボしたプロジェクションマッピング「TOKYO TOWER CITY FANTASIA ~Halloween party 2018~」が、10月1日~10月31日の期間、フォトスポットをバックに、無料で貸し出される、マントや被り物、様々な小道具を駆使して悪魔やお化けに変身し、なりきり写真を撮影できる「東京上空なりきりハロウィン」開催中です。

勝どきの隅田川テラスから築地大橋越しに、マジックアワーの夜空に映えるピンク・青・赤の3色のハロウィン1日限定の輝きが望めます。

 

 

築地で全国大会

[Silver Fox 007] 2018年10月31日 18:00

秋晴れの中、皆さま今週末の予定はお決まりでしょうか?

今週末の11月3日・文化の日(土)も好天が予想されていますね。

20181103全国大会ポスター.jpeg

11月3日(土)13時からは、築地で第11回外国人居留地研究会全国大会(無料・予約不要)が開かれます。各地の外国人居留地の研究会の皆さんが集まって行われる全国大会です。

また、翌日の11月4日(日)10時からは、会場周辺を徒歩で周るエクスカーションツアー(事前予約制・先着順)があります。研究会会員の方が案内してくださいますので、こちらに参加するのも良いと思います。なお、11月2日が〆切ですので、ご興味のある方はお急ぎください。

詳しくは公式ホームページをご参照ください。

http://www.marugoto-chuo.jp/wp/event/1573/

 

今回のテーマは「居留地と女子教育」。築地の居留地には、ミッションスクールが数多く開かれました。現在の聖路加国際大学の周辺には、それらの学校の記念碑があります。大学周辺をぐるりと歩くだけで一体何校の記念碑を見つけられるでしょう。右下は、大学と聖路加国際病院の間の通り沿いにある立教女学院の碑です。20181029立教女学院碑.jpegこの碑を右手にして、トイスラー記念館(一般非公開)に延びる小道に回り込むと、立教大学の碑があります。

会場も1920(大正9)年に高等女学校卒業の女子に対して看護教育を開始した、聖路加国際大学のアリスホールです。ホールの名前は、開学時に教育責任者であったアリス・C・セントジョンに由来しています。大変厳しい先生で、学生は呼び出しのメモを受け取ると、膝ががくがくするほど緊張したそうです。授業は英語だったそうですから、ノートを取るのも必死だったでしょうねぇ。

全国大会では、日本各地の居留地で始まった女子教育のお話が聞かれることと思います。ちょうど大河ドラマも明治時代に突入、日本が急速に西洋の文明や文化を取り入れようとするころの話ですね。文化の日に、女子教育の歴史を振り返ってみるのも良い一日の過ごし方かと思われます。

大会については、ポスターと併せて、築地居留地研究会のホームページ、スケジュールにてご確認ください。

https://tsukiji-kyoryuchi.com/event.html#20180922

 

なお、大会の掲載については、築地居留地研究会のご了解をいただいています。中央区観光協会もこの大会を後援しています。

 

 

秋興 東京150年祭

[あすなろ] 2018年10月28日 12:00


めっきり秋らしくなりましたね。
秋の夜長、東京150年の魅力・文化を実感できる
イベントが浜離宮恩賜庭園で開催されました。

 三百年の松.jpg

三百年の松は、ライトアップされ、
絶好のフォトスポットに。

お隣のブースでタイムスリップしたような写真を
撮影してもらい、良い記念になりました。

潮入の池には、ウォータースクリーンが設置され、
時代の移り変わりを表現する
プロジェクションマッピングショーを上映。

 潮入の池.jpg

普段は公開されていない、夜の浜離宮恩賜庭園。
潮入の池の水面に映る夜景も楽しめます。

いろんな秋の雰囲気を楽しんではいかがでしょうか。

東京150年祭
 平成30年10月26日(金)~28日(日)
浜離宮恩賜庭園