中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


夢のサンドイッチ アメリカンさん

[キャサリン] 2012年5月31日 13:00

5gatu001.jpgある日移動中お昼を食べる時間がなくコンビニで卵サンドを買いベンチで急いで口に放り込み頬張っていて
「あー卵サンド思いっきり食べてみたい!」

ふと思ったのです。
卵サンドならいつでもいくらでも食べれるとお思いになるでしょうが、普通の卵サンドは卵の量もだいたい決まってるし、
そういうタイミングというか思い切りがないのでしょうか。


そんな時偶然日本テレビの夕方のニュースeveryの特集で
なんと、どでかいボリュームたっぷりのサンドイッチが紹介されていたのです。


そこには卵サンドも映ってるではありませんか。
途中から見たので銀座ということしか分からなかったのですが、どうやら歌舞伎座の裏ということがわかり、これは行くしかないでしょう。


その日は突然の雷雨でお店に向かうのが遅くなり二時になってしまいました。
この時間にお店がやってるのか心配だったのですがやってました。
テイクアウトのサンドイッチはもう売り切れでした。とにかく入ろうとドアを開けたところお店には
数人のお客さんだけ。ピークが過ぎた様子で、案内された4人掛けのテーブルへ。
椅子にはクッション(?)座布団が全席いっぱいに敷かれてゆっくりできそうな家庭的な
雰囲気が一層の期待感がつのります。ゆっくり出来ました。
ご主人は佐賀出身でしょうか、壁や天井には佐賀県の高校野球やさがほのかなどポスターが一面張られています。


閉店時間がよくわからないのですが、私が行った日だけなのかどうか定かでないのですが、
「三時までですが、いいですか?あと、ビーフシチューはもう終わりました」と聞かれ
(心の中で、いいのです、今日は卵サンドを目指してきましたから、ビーフシチューはまたということで)
あと、1時間か。
お目当ての卵サンドにミルクティを注文。暫くしていらっしゃいました!


5gatu002.jpg想像以上のボリューム。紅茶もたっぷり普通の二杯分はあるでしょう。パンだから飲み物もたっぷりあると嬉しいです。
サラダ、コーンスープ、サンドイッチ、紅茶

他の席の方の冷たい飲み物も同様たっぷりでした。

この日のために朝も極少なめに腹ペコでやってきましたので、まずは端をしっかり両手で持って、どれだけ大きく口を開けたでしょう思いっきりかぶりつきました。


中の卵は写真でもおわかりの通りこぼれんばかり、口いっぱいたまご!パンはフカフカ、みみだって柔らかい。
サラダがまた縦に大盛。ポテトサラダの上にまた盛られて、ポテトサラダにはりんごが入って何とも美味しいです。サラダだけでも十分な量。

テレビで女性が「食べても減らない~」とコメント。
食べても減らないないって・・・そんなぁ、と思ってました。
しかし、なめてました。
はい、その通りです。確実に減ってはいるのですが食べてる感覚から考えてさほど減ってない感じ。これはこれは、かれこれ20分は食べてるかも。
残すことをあまりしない私も一瞬テイクアウトも考えましたが、いえいえ念願のアメリカンさんのサンドイッチ。

残りの一切れは上のパンを剥がして、まずはみみだけ食べたり、コーンスープに付けてつけパンに。
剥がしたパンに具を足してフカフカパンを楽しんだり、で残りの具がたっぷり残ったパンをカナッペ風にガブリと頂ました。こんな食べ方ビスコでよくやりましたっけ、私だけでしょうか。

美味しく楽しんで食べました。

で、完食
満足と何故か達成感までありました。
本当に美味しかった!満足!ご主人の心意気、素敵です。ご馳走様でした。
平日だけの営業らしく(モーニング時間 7:30~11:00)、閉店時間は早まっているのでしょうか、
先日4時頃行きましたら、本日は閉店しましたの看板が出てました。


チャンスを見つけてまた行こうと思ってます。モーニングにも期待です。

 


喫茶「アメリカン」さん
歌舞伎座裏
住所: 東京都中央区銀座4丁目11-7

 

 

北村透谷  我事終れり 五月に死す

[与太朗] 2012年5月31日 08:30

IMG_0562.JPG 恋愛は人世の秘鑰(ひやく)なり、恋愛ありて後人世あり、・・・

IMG_0564.JPG
 近代日本文学の先駆者、透谷北村門太郎は明治元年小田原に生れ、明治14年、京橋区弥左衛門町七番地に父母弟と移り住みます。父は大蔵省に出仕、母は煙草小売店を始めます。泰明小学校に転入した彼は、谷口和敬校長から抜群の才能を認められます。翌明治15年卒業後は政治家を志し、自由民権運動に加わりますが、やがてそこを離れ、キリスト教に入信、文学の道に進み、一世を驚かす詩や評論を発表しましたが、精神を病み、明治27年5月、早熟の天才は満25歳4ヶ月の短い生涯に、自ら終止符を打ちます。


 弥左衛門町七番地は、現在の銀座4-3あたり。数寄屋橋から尾張町交差点に向かって中ほど左側、角地の二階建てでした。(透谷という筆名はスキヤ橋からきています。) 透谷はその後何度も転居しますが、しばらくするとここに戻ります。
IMG_0555.JPG泰明小にはもちろんここから通ったし、石坂美那子との結婚も、『楚囚之詩』を自費出版したのもこの自宅でした。死の前年、咽喉を突いて自殺を図ったのはこの家の物干し場でした。
透谷の文章に感銘を受け、親交を結んだ島崎藤村も、あの煙草屋の二階 にはよく遊びに行ったものだと言っています。(藤村も泰明小に学びましたが、透谷との親交はずっと後の明治25年、巌本善治の紹介で始まります。)

 泰明小学校の入口には「島崎藤村 北村透谷 幼き日 ここに 学ぶ」というおなじみの記念碑があります。中央区に残る透谷のよすがはこれだけのようですね。
(蛇足を一つ。上記の記念碑ですが、生年順、転入順、文学上の関係等々、いろいろ考えても名前の順が逆だと思うのですが、・・・)

IMG_0561.JPG(ついでにもう一つ蛇足を。透谷の生地小田原では、「北村透谷生誕之地」碑(浜町三丁目)、「透谷北村門太郎墓」(城山一丁目、高長寺)、「北村透谷碑」(南町二丁目、小田原文学館敷地内。藤村の奔走でできたもの。藤村筆で「北村透谷に獻す」と彫られている。) などのほか、小田原文学館では関係資料を多数見ることができます。透谷に興味ある方は必見です。)


【写真】 上から

 ◎旧弥左衛門町七番地(現在の銀座4-3)あたり

 ◎泰明小学校入口の記念碑

 ◎「透谷生誕之地」碑(小田原市浜町三丁目)

 ◎北村透谷の墓(小田原市城山一丁目・高長寺)

 

 

 

銀座画廊巡り

[ムーミン] 2012年5月31日 08:30

 中央区民カレッジの画廊へのご招待、第2回画廊めぐりに同行しまして 五つの画廊を覗きました。
集合場所は 銀座5-14-16 銀座アビタシオン1F 靖山画廊(せいざんがろう)。
 靖山画廊は日本画の大野友梨子展
F1000498.JPGのサムネール画像のサムネール画像 F1000499.JPG

銀座2-16-12 銀座大塚ビルB1 MEGUMI OGITA  GALLERY
 めぐみおぎた ぎゃらりーは 現代美術家グループの 怪獣展
F1000500.JPG F1000501.JPG

銀座1-15-14 水野ビル4F  中長 小西(NAKACHO  KONISHI ARTS) 
 中長小西画廊は 備前焼の隠崎 隆一展
F1000502.JPG F1000503.JPG

中長小西画廊は 20数名が一度に入店は無理なので 2グループにわかれて  一つのグループは中長小西へ 他グループは 近くの鈴木美術画廊(棟方志功など 著名作家の作品展示)へと 交互にいくことになりました。
F1000504.JPG

京橋2-11-9 西堀11番地ビル2F 四季彩舎(しきさいしゃ)
 四季彩舎は 没後5年 裸婦の高塚省吾展
F1000506.JPG

京橋3-3-10 第一下村ビル1F ギャラリー椿
 ギャラリー椿は 可愛いけど少し怖い少女を描く 門倉直子展と 女性の後ろ姿の髪形にポイントを
おく岩淵 華林展
F1000507.JPG
 

 

期間限定!ファンケル銀座スクエアの「ローズガーデン」

[TAKK...] 2012年5月29日 10:00

rose1.jpg
最近は日差しも強くなり、街を歩いていても汗ばむような季節となりました。


 そんななか優雅でさわやかな気分になれる場所が、期間限定で(しかも無料で)開放されています。


 「ファンケル銀座スクエア」の最上階、普段は開放していないテラスガーデン付の優雅な特別フロア―。

そこに今年5回目となる「ローズガーデン」がOPENしています。

ばらの美しい花と香りでとてもリラックスできました。


 また、ファンケル製品が購入できるショップやエステ、クリニックもあり、女性には嬉しいですね。


場所 : 東京都中央区銀座5丁目8-16 ファンケル銀座スクエア 10階

期間 : 2012年5月24日(木)~31日(木)[11:00~18:00 ]

 

rose3.jpg rose2.jpg  rose4.jpg                      



同じビルの中にオーガニックレストラン「泥武士」がありました。

ここでランチをとれば、ますます美容に良いのかもしれませんね。

私はついついカツカレーを食べてしまいましたが......。

 

 

 

 

八官神社

[銀造] 2012年5月24日 08:30

 八官神社は、お参りして祈願すると宝くじの当たる確率が高いと言われています。(真偽は保証できません) 以前から、何度も探していて、やっと、見つけることが出来ました。

場所は、写真のとおり、銀座日航ホテル、"Ginza Felice "と"鮨処うかい"の間に鎮座されています。 ギャラリー真玄堂さんから新橋寄りに15mぐらいのところです。 

CIMG0343.jpg

ご由緒について、京橋図書館の所蔵資料、広報誌「銀座はちかん」創刊号(昭和53年1月1日発刊)によれば、

「元禄の始めに播州明石城の城主、松平佐兵衛邸に祀られていた大神様のご神霊を現在の八丁目にお迎えしたお稲荷様です。以来、銀座の歴史とともに歩み続けてまいりました」 とあります。 詳細について、ご興味がありましたら、京橋図書館でお調べ下さい。 宝くじの当選も期待heart04しながら、銀座の歴史を巡ってみましょうrun

 

 

YEBIES BAR 銀座二丁目店は ビール通におすすめです。

[kimitaku] 2012年5月23日 08:30

 銀座2丁目で、軽く飲むには、YEBIES BAR がお勧めです

2TYOUME.jpg 銀座二丁目交差点のカルチェを曲がり、次のガス灯通りのデビアス社を右に曲がるとエビスビヤホールが見えてきます。


DEBIASU.jpg

夕暮れ時、仕事帰り。

お店のネオンに引き寄せられて、おそるおそる階段を下りました。

ねおんEBISU YORUNO.jpg



  笑顔と一緒に大勢の落ち着いた、「いらっしゃいませ」の声が、私を迎えてくれました。
とても好印象です。


 店内、はブラウンタッチに彩られています。天井の照明もきつくない明るさで彩られています。 LEDを使用しているのかも知れません。

 

 一人なので、カウンターに座ります。

右手には金色のビールサーバーが並んでいます。

店員さんが、次々に来るビールの注文を、さばいていますが、グラスが、照明にキラキラ美しく輝いていました。 

 

・・・・・ ビールを懸命に注ぐ、店員さんを見ていると、昔、交詢社ビルにあった、「ピルゼン」を思い起こさせました。

bi-ru.jpg当時、汗だくだくで、ビールを注ぐ職人さんが印象的で、話しかけると、「俺はこれしかないんだよね。」「やめたら、どうしよう。」なんて、良く言ってました。

 ・・・「ピルゼン」も開店当初は、こんなに雰囲気だったのかもと。   でも往事の、「ピルゼン」も渋くてまた、格別の味わいがありましたけど。・・・・・・・・

 

 アンバーエールを、それと、焼きバイスブルストを注文。

お客さんで混雑しているのに、店員さんの声も良く通り、安心して注文ができます。
店内は、ビール色で統一されているので、すごく落ち着きます。

 ビールが来ました。


burusuto.jpg それにバイスブルストも、渇いたのどに少し甘い香りのビールはまた各別です。バイスブルストとも良く合って、ビールを誘います。
二杯目は、アンバー×スタウトを注文、アンバーエールとエビススタウトのハーフ&ハーフです。


wafuukapu.jpg

 和風カプレーゼを注文、

 クリームチーズをカットして、紫蘇の葉をまぶし、トマトにオリーブ油をさして有ります。

チーズのまろやかさが、ほのかな紫蘇の香りで際立ち、瞬く間に、ビールは空になりました。


達人エビス .jpg店員さんに、いろいろお話を伺うと、笑顔で答えてくれました。

 まだ開店して間もないので、接客には気を使っていると、のこと、ビールは特に美味しく提供します、とのことでした。


  店を出たあと、、、 あの「ピルゼン」のビール注ぎの達人は、今どうしているか、、、と、ふと思いだしました。 

エビスビアホールの歴史は古く、明治39(1899)年、今も昔と変わらぬ雰囲気を残しています。


恋人と、またご家族で、おひとりなら、サーバーの隣の席がお勧めです。 


MEIJIえびす.jpg
左の写真は
明治38(1906)年のエビスビアホールです。