中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座テラスの「みどり」〔銀座三越〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月30日 16:00

mitute01.JPG

小雨の中、銀座三越9階銀座テラス西側の屋上緑化の「みどり」が鮮やかです

下の写真、ここからだと、和光の時計台はこんな角度で見れますよ

mitute03.JPG

銀座4丁目交差点上空の芝生広場です

mitute02.JPG

芝生広場植栽スペースからなる「テラスガーデン」の一角には、銀座出世地蔵尊囲神社銀座摂社が安置されています

mitute04.JPG

銀座出世地蔵尊は、明治のはじめ三十間堀から掘出されたといわれる地蔵尊です

昭和43年銀座三越新築に際して、当所へ移設されました

mitute05.JPG

三囲(みめぐり)神社三井家三越の前身)の守護神だそうです

弘法大師の建立と伝えられ、宇迦之御魂命がまつられていまする。

白狐御神体三度めぐったという故事により「みめぐり」と呼ばれるようになったとか

mitute06.JPG

植栽スペースの、ヒューケラゼラニウムカラーリーフもきれいです

mitute08.JPG

銀座三越のHPはこちら ⇒

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html

 

 

アリスのプチガトー〔銀座コージーコーナー〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月30日 09:00

cozyc02.JPG

2010年に公開された「アリス・イン・ワンダーランド」、そのアリスの不思議の国での2回目の冒険を描いた「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が、7月1日(金)、全国一斉に封切られますが、それに合わせてか、銀座コージーコーナーで、"ふしぎの国のアリス"に登場するキャラクターをモチーフにプチガトー期間限定発売されています

cozyc03.JPG

銀座1丁目本店(銀座1-8-1 池田園ビル)で購入しました

cozyc01.jpg

正式名称は、「プチガトー ディズニー スターフェスティバル・コレクション(9個入)」です

cozyc05.JPG

9種類のプチケーキは、すべて"ふしぎの国のアリス"に登場するキャラクターです

見て楽しい食べておいしい

(左上から右に)

紅茶ゼリー(アールグレイ)ドーマウス

レモン生クリーム&紅茶ケーキ時計

ミルクティープリントランプ

バナナ生クリーム&ラズベリージャムタルト双子のディーとダム

ホワイトチョコミント生クリームタルトアリス

ピスタチオ生クリーム&杏ジャムタルトマッドハッター

ホワイトチョコ生クリームケーキハートの女王

ホワイトチョコ生クリーム&ラズベリージャムタルト白うさぎ

苺ジャム入りラズベリークリームロールケーキチェシャ猫

cozyc04.JPG

銀座コージーコーナー銀座1丁目本店のHPはこちら ⇒

http://www.cozycorner.co.jp/shop/area/0335675015.html

 

 

「ソニーが銀座に空き地をつくる?」展〔ソニービル〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月29日 18:00

sonys01.JPG

先日、数寄屋橋交差点に面したソニービルが大規模にリニューアルされるとの発表があり、このブログでも紹介しましたが、現在、そのソニービル8階で、このプロジェクトを紹介するイベントが開催されています

sonys02.JPG

銀座ソニーパークプロジェクト」は、ソニー創業70周年)、ソニービル開業から50年目)にあたる今年から、7年かけてソニービル大規模リニューアルを進めていくプロジェクトだそうです

ソニービルの壁面には、「ソニーが銀座に空き地をつくる」の文字が

sonys03.JPG

コンセプトは、「街に対して開かれた施設」だそうで、2018年から2020年の間は、地上部分を「銀座ソニーパーク」として、オープンかつフラットな空間として開放し、2022年完成予定の新ソニービルにおいても、パークという考え方を継承して、都市的公共性の高い施設の完成を目指すそうです

sonys04.JPG

プロジェクト展では、ソニービル開業50年の歴史を、当時の資料写真模型などで振り返りつつ、「銀座ソニーパーク」のイメージ模型や新しいソニービル設計図面模型が展示されています

sonys05.JPG

開催期間は、6月17日)から7月10日)までです

会場は、8階の「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」です

会場は、写真撮影OKです

sonys06.JPG

ソニービルのHPはこちら ⇒

http://www.sonybuilding.jp/

 

 

銀座のど真ん中にも駐輪場があるんです!

[JRTフェルト] 2016年6月29日 14:00

買物に、散歩に、とても便利な自転車。

私も自転車で様々なところに出かけますが、駐輪場を見つけるのに苦労したりします。

皆さんは、銀座にも駐輪場があるのをご存知でしょうか。

今回は、銀座のど真ん中、銀座5丁目・数寄屋橋交差点近くの駐輪場をご紹介します。

 

場所は、今春にオープンした「東急プラザ銀座」の地下3Fです。

http://ginza.tokyu-plaza.com/access/

数寄屋橋公園の前の通り沿い(駐車場と同じ側)にあります。

東急プラザ銀座駐車場1S.jpg

 

矢印の方向にある、駐輪場(地下3F)へつながるエレベーターに乗り込みます。

エレベーターの出口は、入口反対側のため、エレベーターには前輪から乗り込んでOK!

駐輪場に到着し、エレベーターのドアが開いた際の風景です。

東急プラザ銀座駐車場2S.jpg

 

駐輪場全体はこんな感じで、約50台の駐輪スペースがあります。

東急プラザ銀座駐車場3S.jpg

 

料金体系は、最初の2時間まで無料!嬉しいですね。

その後、2時間ごとに100円が加算されていく仕組みです。

東急プラザ銀座駐車場4S.jpg

 

精算は、精算機で行います。2時間以内だと、0円となります。

駐輪場(地下3F)から、東急プラザ銀座につながる通路などはありません。

店舗や地上へは、入る際に使ったエレベーターで地上に上がります。

東急プラザ銀座駐車場5S.jpg

 

とても便利な駐輪場ですが、東急プラザ銀座の公式サイトではご案内がないためか、

空いていて穴場です。

銀座に自転車で来られた際の駐輪場の候補の一つになさってください。

☆東急プラザ銀座 地下駐輪場☆

利用可能時間  07:00 ~ 24:00

料金について  最初の2時間までは無料、以降2時間ごとに100円

 

 

親切なコインの専門店 ㈱銀座コイン 銀座ファイブ1階にあります

[銀造] 2016年6月29日 12:00

銀座が大好きで、ブログのハンドルネームを銀造と名乗っています。

私のコレクションの一つが、コイン収集です。銀座をご案内する時に、身に付けているのが一分銀です。 銀座で鋳造されていたのが、こういう一部銀などですと説明しています。

DSC01267 (360x202).jpg

 

ガイド仲間やお客様様から誉められたり、何処で買ったのなどの質問を受けるので、今日は、コインの専門店、㈱銀座コインさんをご紹介します。 銀座ファイブの一階にあります。

KIMG1705 (360x203).jpg

 

 私所有の一分銀は、小学生時代に入手したものです。常是と刻まれていますので、おそらく蛎殻銀座で鋳造された物でしょう。

 お店のショーケースに陳列されている一分銀にも年代によって、2,500円 3,000円 9,000円の違いがあります。

KIMG1703 (360x203).jpg

 

天保の物と安政の物とかの違いをどう見分けるのか?

店員さんが、親切に教えてくれました。

 

常是と刻んであるもの、そして是の一番下の人というのが交わっているのが、天保8年から安政元年に鋳造されたものだそうです。というと、私のが当てはまり、これは買うとなると、2,500円から3千円位のものでした。(残念、少しシュン) お手軽な価格で購入できますので、銀座土産に、お一つ如何でしょうか?

 

 また、これからコイン収集を始めたい方には、収集用のホルダーなども販売されています。
お店は、中央区銀座5ー1 銀座ファイブ一階にあります。

HPは、http://www.ginzacoins.co.jp

 

 

"How To Enjoy KABUKIZA THEATRE" At the Kabukiza Gallery

[滅紫] 2016年6月28日 18:00

100_2032.JPG100_2026.JPG

At the Kabukiza Gallery, we are planning to hold a brief guidance show about how to enjoy Kabukiza Theatre.

知人に「簡単な歌舞伎の案内がないかしら?」と聞かれて歌舞伎座のHPを探していたところこの案内を見つけました。「これだ!」「どんな風に説明すればいいのか?」と早速のぞいてみることに。

 

JNTOの統計によれば、2015年の訪日外国人旅行者数は1,974万人に達するそうで2013年に初めて1,000万人を突破して1,036万人になったことを考えると「物凄い」といえる増加数です。リピーターの方たちも多く、マスコミ報道によれば「買い物」から「日本文化を味わう、体験する」に目的も変化しているとか。オリンピックを前に益々増加する外国人観光客に日本文化を楽しんでもらえるよう「能・狂言」といった伝統芸能でもITを活用しての新たなファン層を開拓しようとしている動きが報道されています。

 

「歌舞伎を「しる・みる・ふれる・やってみる」体験空間である歌舞伎座ギャラリー」の会場には30~40人程、30%くらいが外国人のようにみえます。(といっても私も英語でアンケート用紙を渡されました!)

 

外国人向けのギャラリー・レクチャーは初めての企画だそうです。最初に簡単な歌舞伎の歴史の話があり、その後はスタッフお二人のかけあいで舞台上の設備、揚幕・黒御簾・すっぽん・柝など実物を見せながらの説明。最後が本日の第3部を中心の説明です。歌舞伎の登場人物の名前は長いので説明も大変。舞台写真も見せていただき時間超過する熱心なお話で大満足。国立劇場の6.7月の「歌舞伎鑑賞教室」にも「外国人向け」の日にちが設定されました。こちらはもともと中高校生向けの企画なので「歌舞伎の見方」という解説付きのプログラムをその日は解説が英語という構成。最初の一歩を入りやすくすることで日本の伝統文化に興味を抱く外国人観光客を増やそうという試みに拍手です。

100_2031.JPG

歌舞伎座ギャラリー 歌舞伎座タワー 5F 10:00~17:30 

入場料 600円(当月の歌舞伎座観劇券で100円引き)

 

 
1234567