中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【中央区大好き!になります】84.0MHz ハローラジオシティ(中央エフエム)

[お染] 2017年8月31日 09:00

もう9月だなんて...早いですね。
中央区観光協会の特派員になって三年半。赤ん坊だった息子ももうすぐ4歳です。

    

    

先日は、特派員の活動の一つである ラジオ収録 に行って参りました。
中央エフエム 「Hello! RADIO CITY」 という番組内の1コーナーで、特派員ブログの内容を紹介するのです(`・ω・´)!

    

s45_01.jpg s45_02.jpg

中央エフエム。京橋スクエアガーデンの地下1階スタジオ。
外から見えます^^

    

    
収録、実はもう5回目なんですよね。

    

初めての収録のとき、まさか自分がラジオでしゃべることになると思っていなかったので、マイクの前でドキドキしすぎて、何を話したかあまり覚えていません。(今もそうか...笑)

    

でも、毎回 ナビゲーターのJUMIさん が明るく導いてくださって、思ったよりもペラペラ話せたり、ゲラゲラ笑ったり、普段は人前で話すのが得意ではないのですが、ここでは話すことが楽しく感じます

    
ただ、最後に言う決め台詞 「大好き、中央区!」 はなぜだかどうしても照れてしまって、妙なローテンションになってしまいます(>_<)
本当に大好きなのに!!!笑

    

    

s45_03.jpg
ナビゲーターのJUMIさん
働くママとしても先輩で、憧れの女性です。

    

    
また、特派員同士が顔を合わせる機会があまりないので、収録の際にご一緒できるのも楽しみの一つです。顔を合わせてお話を伺うと「おぉ~、この方がブログネーム○○さん!」とグッと親近感が増します

     
今回は 「隅田の花火」さん とご一緒させていただきました。
「隅田の花火」さんのブログは、お写真が特にオシャレでかっこいいなぁと思っていたので、
ブログを書くときの写真の撮り方やカメラのお話ができて、嬉しかったです(*^^*)

    

    
そんなこんなで、特派員は中央区のことについてブログを書いたりラジオでしゃべったりしています。

    

中央エフエム 「Hello! RADIO CITY」
ブログの裏話など、耳で聞くことで新たな発見もあり、おススメです☆
中央区の魅力 をますます感じることができますよ。

     

    
◆中央エフエム(84.0MHz)
HP:http://fm840.jp/
 ◆「Hello!RADIO CITY」:月曜~金曜 12:00~13:00 (再18:00~19:00)
   http://fm840.jp/blog/hello/

   

s45_04.jpg

    

 

 

「ギュスターブ・ドレの『神曲』」〔銀座レトロギャラリーMUSEE〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月30日 16:00

dante002.JPG

銀座1丁目、昭和通りに面して建つレトロな洋館建築銀座レトロギャラリーMUSEE」で、現在、「MUSEE企画展 ギュスターブ・ドレの『神曲』 ダンテ「神曲」、500年の時を超えた精緻な視覚化」が開催されています

dante004.JPG

展示されているのは、当ギャラリーの代表が、ニューヨーク古書店で発見して、買い付けられた約100年前)の挿画本から、29点を個々に額装されたものです

dante003.JPG

ギュスターブ・ドレによって、ダンテ「神曲」地獄篇煉獄篇天国篇視覚化されました

dante005.JPG

モノトーンなのですが、ギャラリー2階に展示されている天国篇のエピソードを描いた作品は、まるで、作品自体が光り輝いているようでした

dante008.JPG

1階煉獄篇の作品からは、異様な奥行き厚みを感じました

dante006.JPG

13世紀から14世紀にかけてのイタリアの詩人ダンテが著した長編叙事詩神曲」を、19世紀ギュスターブ・ドレ木版画視覚化して以降、この影響を受けているものは、現代の私たちの周辺にもたくさんあるなと実感しました

実際、ご覧になるとよくわかると思いますが、ハリー・ポッターとか思い切りそうだと思います

dante007.JPG

この挿画本が出版されたことは、当時、本当に画期的なことだったのだろうなと思いを致しました

dante011.JPG

レトロなギャラリー1階2階に展示された作品を、じっくりと肉眼でご覧になることをお勧めします

dante009.JPG

開催期間は、8月23日)から9月24日)までです。

開廊時間は、11時から18時までで、期間中、火曜日はお休みです。

dante013.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、また、今回の企画展の内容について、ギャラリー代表から、直接ご説明をいただきました。

ありがとうございます

dante010.JPG

ちなみに、夕暮れ時ギャラリー灯りがともっているころに眺めるレトロギャラリーのたたずまいも素敵ですよ

dante001.JPG

銀座レトロギャラリーMUSEEのHPはこちら ⇒

http://kawasaki-brand-design.com/

芸術芸術芸術

 

 

季節限定商品 秋の手焼きチーズケーキ(マロン) ~ 資生堂パーラー 銀座本店ショップ 他 ~

[rosemary sea] 2017年8月28日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエンコードして取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんで季節限定商品として『秋のチーズケーキ(マロン)』を8月25日(金)より発売されましたこと、前回の稿でご紹介させていただきました。

前回の記事はこちら。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/08/post-4569.html

 

そして同じく8月25日(金)より、資生堂パーラー 銀座本店ショップ他取扱店限定にて『秋の手焼きチーズケーキ(マロン)』を発売されました。

今回はこちらの手焼きチーズケーキ(マロン)のご紹介です。

秋の手焼きチーズ(マロン)箱無1a.jpg

 画像はイメージです。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

2017秋手焼き(マロン)黒小a.jpg

秋の手焼きチーズケーキ(マロン)

1本入  2,700円(税込)

デンマーク産の濃厚なクリームチーズに渋皮マロンソースと砕いたマロンの粒を練り込み、北海道産小麦粉使用のビスキュイ生地には芳醇なマロンペーストを加え、焼き上げました。

香ばしく、ほっくりとした焼栗をイメージし、1本1本丁寧に作り上げた、秋を感じる贅沢な風味のチーズケーキです。

 

また、パッケージは『秋のチーズケーキ(マロン)』でもご紹介しました、レトロ感満載のもの。

1928年資生堂アイスクリームパーラー開設当時の店内の模様です。

 

絶品中の絶品、手焼きならではの極上のチーズケーキを、心ゆくまでご堪能ください。

 

 8月25日からの販売ですが、限定数量に達し次第販売終了となります。

  お買い求めはお早めに。

 

DSC01931a.jpg【お問い合わせ】

資生堂パーラー フリーダイヤル

0120-4710-04

月~土曜日  10:00~17:00

祝日、夏季休暇、年末年始を除きます。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお、年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

 

銀座エリアの郵便ポスト

[O'age] 2017年8月28日 14:00

「銀座発祥の地」碑の京橋寄りに灰色の目立たないポストがあるのをご存知の方も多いと思います。街の美観に配慮しているのでしょう。

 
中央通り東側歩道、銀座2丁目

IMG_0101.JPG IMG_0102.JPG

さて、並木通り等ではダークグリーンで同じく目立たないポストです。都内他の地域では見かけたことがないように思います。

 

並木通り東側歩道、銀座5丁目

IMG_0108.JPG IMG_0109.JPG  

 

みゆき通り南側歩道、銀座6丁目

IMG_0117.JPG IMG_0118.JPG

 

並木通り西側歩道、銀座7丁目

IMG_0121.JPG IMG_0123.JPG

 

並木通り西側歩道、銀座8丁目

IMG_0127.JPG IMG_0128.JPG

また、銀座エリア内の小さい郵便局は貸しビルの一階でなく、地下だったり、2階以上にあったりと、これも銀座という高価な商業地の特性ではないでしょうか。

 

 

 

連載40周年記念「ガラスの仮面」展始まる―松屋銀座

[滅紫] 2017年8月27日 09:00

100_2495.JPG

 

甲子園の終わりとともに今年の夏も終わったーと思っていたら厳しい残暑が続いています。「ガラスの仮面」展が始まりました。2012年に49巻が発行されてからファン皆が待ち焦がれている続巻がなかなか出ないままになっているあの「美内すずえのガラスの仮面」です。「連載40周年記念」とあるのを見て、もうそんなに経っているのかと今更のように北島マヤと姫川亜弓の「紅天女」をめぐるこの演劇漫画にはまってしまった時間を思い出しています。連載開始は1976年、累計発行部数は5,000万部を超える大ベストセラーです。アニメ化も'84年の日本テレビから始まり、テレビ東京、テレビ朝日と続き、玉三郎さんや蜷川さんが舞台化、更に劇中劇となる「紅天女」は何と新作能にまでなっています。展覧会の入り口には「一ファンより」と書かれた札のついた紫の花が飾られファンを「なかなかやりますね」と「にこり」とさせます。北島マヤをひそかに応援する「紫のバラの人」から公演ごとに贈られる花には「一ファンより」と書かれているのです。会場には漫画原画や創作ノート、舞台化された時の衣装など約400点が展示され年代層も様々な女性ファンが食い入るように見ています。読んでいくうちに私も忘れていた細部を完全に思い出しました。美内先生、早く続きを描いてください。

100_2496.JPG

「ガラスの仮面」展 松屋銀座8Fイベントスクエア

9月4日まで 10時―20時 入場料一般1000円

 

 

季節限定商品 秋のチーズケーキ・マロン  ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2017年8月24日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアクセスポイントとして取材します、 rosemary sea です。

資生堂パーラー 銀座本店ショップをはじめとする全国の資生堂パーラーさんで、季節限定商品として『秋のチーズケーキ(マロン)』が8月25日(金)より発売されます。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

 

それでは商品のご紹介です。

2017秋チーズ(マロン)3黒小a.jpg

2017秋チーズ(マロン)6黒小a.jpg

秋のチーズケーキ(マロン)

3個入   918円(税込)

6個入  1,836円(税込)

ビスキュイ生地は北海道産小麦粉を使用。

この生地に、芳醇でまろやかな味わいのマロンペーストを加え、渋皮マロンソースを合わせたデンマーク産の濃厚なクリームチーズを包み込んで焼き上げています。

焼栗のようにこんがり・ほっくり。

香ばしくてリッチな秋のハーモニーに誘ってくれる、まさに秋のチーズケーキです。

 

また、パッケージはレトロ感満載です。

1928年資生堂アイスクリームパーラー開設時の店内の模様です。

当時、吹き抜けの2階にはオーケストラボックスが設けられ、お客さまは優雅に奏でられる音楽を聴きながら食事や喫茶を楽しまれていたようです。

お洒落に着飾ったモガ(モダンガール)が演奏するシチュエーション。

本当に素敵な音楽が聴こえてきそうなパッケージとともに、絶品秋のチーズケーキをお楽しみください。

 

※ 8月25日からの販売ですが、限定数量に達し次第販売終了となります。

  お買い求めはお早目に。

 

【お問い合わせ】

資生堂パーラー フリーダイヤル

0120ー4710-04

月~土曜日  10:00~17:00

祝日、夏季休暇、年末年始を除きます。

 

パーラー本店0021b.jpg資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

 
12345