中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「河東節開曲三百年記念演奏会」開催 歌舞伎座

[滅紫] 2017年10月29日 09:00

100_2551.JPG 100_2550.JPG

十月歌舞伎公演千穐楽から一日置いた27日「河東節開曲三百年記念演奏会」が昼夜歌舞伎座で行われました。

 

「河東節」は市川宗家が歌舞伎十八番の「助六所縁江戸桜」を上演する時、必ず御簾の内に素人の旦那衆「河東節御連中」が出演することで知られていますが、この形式が定着したのは二代目團十郎が「助六」を初演した江戸時代半ば以来とのこと。初代十寸見河東(ますみかとう)が江戸浄瑠璃の半太夫節から分かれ独立創始したのは享保2年(1717年)、今年で丁度300年になるのを記念しての催しです。初代の十寸見河東は日本橋の魚商、天満屋の子で江戸半太夫門下で頭角を現し、独立したものです。(浄瑠璃に熱中してお店をつぶしたとか・・・)

 

記念の会で一日だけの公演とあって客席はきれいどころのお姐さん方、俳優さんたちのお顔もちらほら、来場者にも華やかな訪問着姿が多く目の保養。昼の部は300年前に独立した時演奏されたという「松の内」で幕が開きます。江戸時代から河東節とつながりの深い市川宗家の海老蔵さんの「口上」のあとは2人のお子さん、麗禾ちゃんと勸玄くんの舞踊「海老」、登場しただけで大拍手。後見の海老蔵さんの心配そうな顔が微笑ましい。そして「松廼寿三番叟」は美術が何と吉田五十八、翁が菊五郎、千歳が菊之助、三番叟が海老蔵という豪華版。昼の部の最後は舞踊「助六所縁江戸桜」で海老蔵さんです。いつもの舞台では吉原の三浦屋の格子の内側で客席からはお顔の見えない「河東節御連中」が舞台に70名近くずらりと黒紋付き姿で並んでいるのは壮観です。プログラムをよく見ると昼の部の出演は全員女性、夜の部の浄瑠璃方は全員男性になっていました。日本橋や銀座のご主人も中にいらっしゃるのかも知れませんね。

 

 

135年前の電気街灯点灯

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月28日 09:00

gaitog005.JPG

日本で初めて電灯がついたのは、明治15年1882年11月1日銀座でのことです

今からちょうど135年前)です

gaitog004.JPG

当時は、あまりの明るさに、この「アーク灯」を一目見ようと多くの人が集まり、こは銀座の名所になったそうです

gaitog001.JPG

日本最初の電気街灯建設の地」を記念して、関係者の手によって昭和31年10月1日銀座記念灯が建てられました

その後、この記念灯は数度の建て替えを経て、現在のもの昨年9月に復元されたものです

gaitog000.jpg

場所は、中央通り銀座マロニエ通りが交わる銀座2丁目交差点のところです(上の地図赤〇の場所)。

この交差点を構成する4つの店舗は、ブルガリルイヴィトンシャネルカルティエという最強ブランドの4トップです

gaitog002.JPG

カルティエのお店の、銀座マロニエ通りに面する壁面には、「電気灯柱記念碑」がはめ込まれています。

gaitog003.JPG

 

 

ハナミズキの真っ赤な実

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月27日 18:00

hanami101.JPG

松屋通りハナミズキ真っ赤な実をつけています

hanami102.JPG

ハナミズキ花水木)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属落葉高木で、アメリカを代表する花木です

hanami104.JPG

1912年に、当時の東京市アメリカサクラを贈り、その返礼として1915年アメリカから白花種が寄贈されたのが、日本ハナミズキが入ってきたはじめとされています

丈夫で育てやすいことから、今では家のシンボルツリー街路樹に広く利用されています

hanami103.jpg

中央区の街路樹としても、ハナミズキ434本が管理されています(平成29年5月8日現在)

hanami105.jpg

4月下旬から5月上旬に咲きますが、この花びらに見えるものは、正確には(ほう)と呼ばれる「葉っぱ」です

hanami106.jpg

今の時季は、光沢のある楕円形小さな実複合果)が赤く熟して、とてもきれいです

この後、晩秋には紅葉して、には落葉します

hanami107.JPG

今年5月の、松屋通りハナミズキに関するブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4303.html

 

 

11月中旬ー12月開催 セミナーのご紹介  ~ 白鶴 銀座スタイル ~

[rosemary sea] 2017年10月27日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をシェイプアップして取材します、 rosemary sea です。

 

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、繰り返しのご説明となりますが、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されています。

教室がイメージできます過去記事、「セミナー教室はこのようになっております」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4353.html

今回は現在募集中の11月中旬ー12月セミナーを4つご紹介します。

今回も白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんにお世話になりました。

 

それでは・・・

DSC_1204a.jpg

DSC_1426a.jpg<参加日を選べる2回開催>

銀座で学ぶ、燗酒の奥深い世界!

11月16日(木)開催

11月30日(木)開催

 講師:白鶴酒造 研究室

【16日】岡麻理子(おかまりこ)さん

【30日】大東功承(おおひがしこうしょう)さん

 参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:11月1日(水)

 ※ 締切間近です。ご注意ください。

日本酒を湯煎で温め、ぬる燗や熱燗など、温度によって変わる味と香りを季節のお弁当とともに堪能いただけます。

日本酒の奥深さをたっぷりと楽しめます。

毎年大好評のこのセミナー、今回は参加日を選べる2回開催です。

日本酒の新しい愉しみ方を見つけてはいかがでしょう?

 

 

DSC_4438a.jpg

「全国新酒鑑評会」金賞受賞酒を楽しむ

12月7日(木)開催

 講師:白鶴酒造 研究室 西本遼(にしもと はるか)さん

 参加料:4,000円(お弁当・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:11月23日(木)

平成29年「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞した日本酒を味わえる、毎年大好評の人気セミナーです。

優雅で奥深い日本酒を、季節のお弁当とともに堪能できます。

贅沢なひとときをお楽しみください。

 

 

HP(江戸料理).jpg HP(江戸前寿司).jpg

車浮代ポートレイト.jpg江戸時代の食と酒文化を知る!

12月13日(水)開催

 講師:江戸料理・文化研究家 / 時代小説家

    車浮世(くるま うきよ)先生

 参加料:5,000円(お食事・お土産付)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:11月29日(水)

江戸料理・文化研究家で時代小説家でもあります車浮世先生を講師に招き、「江戸料理と灘酒」をテーマにセミナーを開催です。

冷蔵庫がない時代ならではの江戸料理の知恵や、江戸で親しまれた灘酒の歴史を学びます。

当時のレシピを再現した江戸料理や、職人が目の前でで握る江戸前寿司を、灘の酒をいただきながら楽しめる贅沢な内容となっております。

  

  

161222_1.jpg

DSC_0892a.jpg新年の日本酒を華やかに彩る、フラワーアレンジ講座

11月30日(木)開催

 講師:ローヤルフラワースクール校長

    幸泉真美(こいずみ まみ)先生

 参加料:5,000円

     (お弁当・お土産・花材費込み)

 時間:18:45~20:15

 応募締切:12月6日(水)

ローヤルフラワースクール校長・幸泉真美先生を講師に招き、「お正月膳に合わせたフラワーアレンジセミナー」を開催します。

「白鶴大吟醸」の世界観を表現した「和×モダンスタイル」のフラワーアレンジメントを学べます。

出来上がりました作品は、持ち帰りしてお正月に飾ることができます。

初心者の方も安心して参加できます。

大吟醸と華やかなお花で、素敵なお正月を迎えませんか?

 

※ 内容に若干の変更ができる場合があります。

※ 応募者多数の場合は抽選となります。

  (どのセミナーも人気です。抽選になる確率が高いです。)

詳しくは文末に示しましたホームページをご覧ください。

 

白鶴ビル外観a.jpg白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

9:00~12:00 ・ 13:00~17:00

(土日祝除く)

詳細・セミナー応募先はこちら

http://www.hakutsuru.co.jp/g-style/

 

 

雪ノ下料理教室「プレーンパンケーキ」

[佃のうさこ] 2017年10月26日 09:00

10月23日台風が過ぎ去って、眩しい青空が広がった日、行列の絶えない人気カフェ「雪ノ下銀座」で料理教室が開催されました。場所は、京橋プラザからもほど近い銀座1丁目、大きなトマト絵が目印になるトマトビル3階です。教えてくださるのは、もちろん雪ノ下と言えば代名詞の「プレーンパンケーキ」です。

 

雪の下ブログ用1.jpg 

レシピでは、家庭で作りやすい分量で、一つ一つの行程を器具の用い方も含めて、丁寧に教えてくださいました。

 

雪の下ブログ用2.jpg 

低温でじっくり焼くことで、あの誰をも魅了してしまうパンケーキが出来上がるんですね!!パンケーキ好きのうさこにとって、夢の時間が流れます。

 

雪の下ブログ用3.jpg 

シャバシャバの生地から、もっちりしっかりの食感の焼き上がりは、まるで魔法のようです。

 

真夏、3階からずらっと並ぶ行列を、いつも横目に帰っていたうさこ。9月にやっと入店。出会って以来、あのパンケーキの厚さ、高さの虜でした。今回、その謎も解けて大満足の料理教室でした。

 

店長の西ヶ谷さんによると、「4年前からのパンケーキブームを、文化にしたい」との思いで、今回、初めての料理教室を開催されたそうです。大阪でスタートされ、すぐに銀座に出店。ベランダ席とカウンター席のお店は、まるで都会の公園のようなオープンな空間です。

 

次回12月4日に、クリスマス限定の教室が開催されます。パンケーキのクリスマスバージョン。どんな、アレンジなんでしょう?オーブンも使わないので手軽に作れていいですね。興味のある方は、雪ノ下のホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

「ムエ・ボン」日本初個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月25日 18:00

syser001.JPG

銀座2丁目にあるメグミオギタギャラリーでは、現在、タイバンコクを拠点に活動するタイ人アーティストムエ・ボン日本での個展System Error!!!」が開催されています

syser002.JPG

開催期間は、10月20日)から11月4日)までです。

syser003.JPG

ムエ・ボンは、本名、年齢、顔写真も明かされていないストリートアーティスト)だそうですが、タイでは、ボン氏の描くトリドクロ等のキャラクターが、タイ北部チェンマイから南部ハットヤイまで、道端や商店のシャッターなどタイ全土に存在しているそうです

syser004.JPG

ボン氏ストリートアートを、タイではを挙げて支援していることを今回初めて知り、驚きました

syser005.JPG

会場に入ると、同ギャラリーの通常の展覧会の時の照明よりもかなり暗くなっており、そこにスポットライトで壁の作品が浮き上がっています

これは、いわゆる「ストリートアート」が「夜描かれるものであることを表わしているのだそうです

syser006.JPG

この展覧会では、ボン氏のトレードマークとなっている黒いトリ魚のキャラクターが描かれた作品、たくさんのを円形のキャンバスに描いた作品などが展示されています

syser007.JPG

油絵具スプレー力強く描かれ、明るい色使いながら、なぜか見ていると不安定になってくるような、不思議な絵が並んでいます

syser008.JPG

テーマの「System Error!!!」をイメージさせる画像の乱れダブり揺らぎが描き込まれていて、それらが見る者の脳にある実体験を刺激して、不安定な気持ちにさせるのかもしれません

syser009.JPG

ギャラリー内のプロジェクトルームでは、ボン氏が今回の個展のために作った約3分間の映像も流れています。まさに、現代社会の「System Error!!!」を思わせる、私たちへの警告のような映像作品です

syser010.JPG

なお、今回も、会場での取材、写真撮影については、特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

syser011.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

syser013.JPG

芸術 芸術芸術