中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


マジックレストラン&バーGIOIA 銀座 (ジョイアぎんざ)

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月30日 18:00

銀座3丁目、銀座三丁目ビル地下1階にあるイタリアンレストラン&バーGIOIA 銀座」です

gioia201801.JPG

食事もおいしく、地下1階落ち着いた雰囲気、しかも食後、各テーブルをまわって披露してくれる専属マジシャンによるテーブルマジックは本当にすばらしすぎます

まずは、食事

gioia201802.JPG

Antipasto前菜盛合せ

パルマ産プロシュート海の幸のマリネカルパッチョトマト水牛モッツァレラチーズカプレーゼなどなど

gioia201803.JPG

Primo Piatto選べるパスタ

魚介がたっぷりのペスカトーレ

gioia201804.JPG

Secondo piatto

こちらも魚介たっぷりです

gioia201805.JPG

Dolce

デザート盛合せ美しい

gioia201806.JPG

営業時間は、ランチタイム11時30分から15時30分まで、ディナータイム17時から23時までです

日曜日も営業しています

gioia201807.JPG

そして、食後に目の前で行われるテーブルマジックは、鮮やかな手さばきで、毎回まったくタネが分かりません

ちなみに当日は、お店のメインマジシャンオーナーマジシャンでもある龍野洋介さんでした

本当にすごい

おいしいイタリアンよい雰囲気、しかもすばらしいテーブルマジック

とても楽しいひとときでした

 

 

この夏の「ご褒美」にNAMIKI667のランチは如何?ハイアットセントリック銀座

[滅紫] 2018年8月30日 09:00

8月も終わりに近づきました。二十四節気では処暑ですが、まだまだ「暑さ落ち着く」とはいかないものの、夕暮れ時は何となく涼しく感じるように(気のせいか・・)なってきました。それにしても「暑かったですねー。」熱中症(英語だとheatstrokeというそうです。成程)で運ばれもせず、よくぞ乗切った!と自分を誉めてやりたい気分です。というわけで食いしん坊の友人に教えてもらったハイアットセントリック銀座3階のNAMIKI667にやってきました。「ご褒美ランチ」です。ハイアットセントリック銀座は今年の1月に朝日銀座ビルにオープンしたハイアットホテルチェーンの新しいホテルです。

 

100_2919.JPG

 

NAMIKI667ランチは「エクスプレスランチ」(2,000円+サービス料・税)と、

公式HP限定のグラスシャンパン付きランチ4,000円、4,800円,5,800円の3種。

前菜、スープ、メイン、デザート、コーヒーの組み合わせでグラスシャンパンが付いています。今日は予めHPで予約しておいた4,000円のコースで「前菜・メイン・デザート・コーヒー」です。友人は「シュクリーヌレタスのシーザーサラダパルメザンチーズ、知床斜里産 匠の豚麦王肩ロースのオーブンロースト 江戸甘味噌漬け 季節野菜 マッシュポテト、ヴェローナチョコレート"マカエ"とパッションフルーツオレンジのエッセンス」

 

100_2921.JPG

 

namiki667.jpg namiki669.jpg

 

私は「スモークしたサスティナブルサーモンのコンフィ 東京都産 自然海塩 クレソン イクラ、鮮魚のプレゼ"マリニエール"浅利 グリーンアスパラガス 蕪、クレームブリュレ 季節のフルーツラズベリーソルベ」です。

 

100_2920.JPG 100_2924.JPG

 

100_2925.JPG

 

お料理の名前ってホントにイメージ浮かび難いですね。写真をご覧ください。嬉しいのはこのお値段、サービス料・税込です。お教えしたくないくらいのお値打ちランチです。13時の予約だったのでゆったりとしたダイニングルームで贅沢な時間を過ごせました。これで秋が迎えられそうです。ご馳走様。ご予約はハイアットセントリック銀座のHPから。

Ginza.centric@hyatt.com

ハイアットセントリック銀座 銀座6-6-7

ランチ:11:30-14:30 エクスプレスランチ:11:00-14:00

 

 

スポーティーなのに都会的?英国車の魅力を再発見@JAGUAR LAND ROVER STUDIO

[Hanes] 2018年8月28日 12:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
交通の便の良い中央区に住んでいると、自家用車がなくても特に不便に感じませんが、
たまには郊外の自然豊かな場所にドライブに行きたくなることってありませんか
 
英国好きの私には、大学時代から密かに憧れている車のメーカーがあります。
それが、LAND ROVER(ランドローバー)です!
英国車というとJAGUAR(ジャガー)やmini(ミニ)が有名ですが、
ランドローバーは、ここ数年で街中で見かける機会がぐんと増えました
 
そんなランドローバーおよびジャガーのポップアップショールームJAGUAR LAND ROVER STUDIOが期間限定で銀座にオープンしているということで、
社会人としても新人の私にはまだまだ手が出ない英国車ですが、ちょっと背伸びをしてその世界観を体験しに行ってきました

JLRS.jpgのサムネイル画像

 
スタジオに入って左側には、今年で創業70周年となるランドローバーの輝かしい歴史を分かりやすくまとめたパネルが展示されています。
ここではその一部を簡単にご紹介させていただきます

IMG_0138.JPGのサムネイル画像
 
■1970年の販売後すぐに「工業デザインの芸術的作品」との評価を受ける
■自動車として初めてルーブル美術館に展示される(レンジローバー)
ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー2018受賞(レンジローバーヴェラール)
有名映画に登場する
 「007シリーズ」:オクトパシー、リビング・デイライツ、トゥモロー・ネバー・
 ダイ、スカイフォール、「ダイ・ハード2」、「カーズ2」他
■国内外の著名人に愛される
 マリリン・モンロー、リーチ・マイケル(ラグビー選手)、藤田寛之(プロ
 ゴルファー)、田村優(ラグビー選手)、吉田麻也(サッカー選手)
■3大会連続でラグビーワールドカップ2019のワールドワイドパートナーを務める
英国のロイヤルファミリーも乗ることがある
 
最近サッカーの吉田選手がこのスタジオにいらしたということで、貴重なサインやユニフォームも展示されています(※8月26日まで)

IMG_0128.JPGのサムネイル画像
 
さて、前置きが長くなりましたが、気になる車の方はと言いますと...
入口付近でDiscovery Sportがお出迎えしてくれました!(訪問時時点)
エクステリアもインテリアもスタイリッシュ
同じくスタジオに展示されていた他のDiscoveryより約3km燃費が良く、
頻繁にドライブに行かれる方には良いかもしれませんね
 
JLRS2.jpg
 
そして何度見ても格好いいこちらのDiscovery
パワフルで様々なアクティビティにも適したSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の代表格ともいえるランドーバーは、スポーティーである一方、そのフォーマルで洗練されたデザインから都会的ともいうことができるように思います。
実際に運転することで、その魅力をより実感することができるのかもしれませんね
 
IMG_0115.JPGのサムネイル画像
 
その他、ランドローバーの様々なモデルのポスターも随所に展示してあるので、
モダンなモデルと合わせてクラシックなモデルの良さも見つけてみてくださいね
 
JLRS3.jpgのサムネイル画像
 
現在はランドローバーの方が多く展示されていますが、勿論ジャガーも見られます。
そしてよくよく見てみると、展示スペースの床には銀座の通りがデザインされているではありませんか!
車を見ながらもついついこの可愛らしいデザインに目がいってしまいました
 
JLS.jpg
 
こちらでは試乗や購入の相談等もできますが、飽くまでもポップアップショールームなので、英国車に興味をお持ちの方にはお気軽にお入りいただき、写真撮影をしていただけるようになっています
スタジオ内には、正規ディーラーが販売しているというランドローバー70周年を記念したコレクションブースもあるので、ランドローバーファンは要チェックです!
 
IMG_0124.JPG
 
そしてなんと、こちらのスタジオ内にはランドーバーに関する本や雑誌を取りそろえた
オシャレな「ランドーバーカフェ」も設けられています
現在はどなた様にもドリンクを提供しており、
8月26日までランドローバーをイメージした「ランドーバーモヒート」(ノンアルコール)がいただけます。
 
ランドローバーモヒートには、英国の老舗高級紅茶ブランド「リントンズ(Ringtons)」の紅茶が使用されており、
混ぜるたびに風味が変化するというまさにランドローバーの歴史を再現したかのような
オリジナリティの高いドリンクとなっています
8月29日~9月24日には、各種展示もジャガーに代わり、ドリンクもジャガーをテーマにした「ジャガーヒュージョン」が代わりに登場するとのことです。
 
IMG_20180817_192131_269.jpg
 
今年で70周年を迎えたランドローバー...
昨年70周年を迎えた中央区(日本橋区と京橋区が合併)に通じるものがありますね
国際的でオシャレな街銀座にふさわしい期間限定のスポットですので、
お近くまで行かれた際には、スタジオで英国車の魅力にふれてみてはいかがでしょうか?
 
JAGUAR LAND ROVER STUDIO
期間:2018年6月30日(土)~9月24日(月・祝)
※7月11日(水)~9月17日(月・祝)は月曜、火曜、水曜休業(祝日営業)
 9月19日(水)~24日(月・祝)は無休
営業時間:11:00~19:00
場所:G735(中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル1F)
入場料:無料
ウェブサイト:https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/land_rover_studio_japan.html
 
※本記事は、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社のマーケティング・広報部の方より掲載許可をいただいております。

 

 

全国縦断「石原裕次郎の軌跡」展 開催中―  松屋銀座―

[滅紫] 2018年8月27日 12:00

100_2918.JPG 100_2914.JPG

熱闘甲子園が終わると今年の夏も終わりーとはいかず連日の真夏日です。松屋の入り口前に人だかりがしています。石原裕次郎の伝説の愛車、メルセデス・ベンツ300SLガルウイングが特別展示されているのです。傍には警備の人が。説明版がついていて「1958年に出演料の全てを投じて購入。世界で6台、日本で3台しかない車」とのこと。

 

会場に入ると、昔青年だった方々とお連れの方、あら今の若者たちも。

昨年2017年が没後30年、小樽の石原裕次郎記念館が閉館になり多くのファンが集まったという報道を見たのを思い出しました。この展覧会は石原裕次郎記念館に所蔵されていた作品を中心に、全国を縦断する初の展覧会で説明パンフによると「映画で使用されたドラムや小道具、テレビドラマで着用された衣裳、100着を超えるこだわりのスーツや靴などを一堂に展観」。他にもネクタイやカフスボタン、エンゲージリングやマリッジリング、結婚式のお二人の衣裳などたくさんの展示、懐かしい「銀座の恋の物語」の映像と主題歌も流れています。「銀座の恋の物語」には数寄屋橋だけではなく1962年当時の松屋や和光も登場するそうなのでちょっと借りてみてみたくなりました。(カラオケで主題歌だけは随分聞かされていますが、多分実際に映画をみた記憶がない・・・)昭和を駆け抜けたスーパースター、昭和風に言えば「カッコいい!」のひとことです。入り口のポスターの前で同じポーズを決めている来場者が何組もいました。

100_2913.JPG 100_2911.JPG100_2912.JPG

 

「石原裕次郎の軌跡」展 9月3日まで 

松屋銀座8Fイベントスクエア 10時―20時最終日は17時閉場

入場料一般1,000円

 

 

Sony Aquarium 2018

[サム] 2018年8月27日 09:00

DSC07107ELS'.jpgDSC07092RS'G.jpg 銀座の夏の風物詩として、毎年多くの人々が来場する「ソニーアクアリウム」。今年は、2022年までの期間限定でオープンの新施設「銀座ソニーパーク」に舞台を移し、8月25日(~9月9日)、恒例の幅5mの大水槽が登場。

「ナポレオンフィッシュと珊瑚礁の海」をテーマに、「ナポレオンフィッシュ」の名前で知られる全長約1.2mのメガネモチノウオや、約1.5mのニセゴイシウツボなど、約25種1,000匹の生き物たちが泳ぎ回り、沖縄美ら海の生態系が再現されています。

ソニーショールーム / ソニーストア銀座(GINZA PLACE内)でも、2つの水槽が展示。

1日2回の給餌タイム(10:30、17:00)には、生き物の餌やりが見られる他、週末の金・土・日の10:30、17:00、19:00には、沖縄美ら海水族館スタッフによる水槽解説が実施されています(各回約15分)。

 

 

総額約12億円の幻想的世界へ...「Feel the Pearl 感じるパール展」@ミキモト銀座4丁目本店

[Hanes] 2018年8月25日 12:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
日本初の百貨店「三越」や世界初のロボットホテル「変なホテル」をはじめ、
今も昔も中央区内には、日本初、世界初のものがいくつもあります!
 
真珠と言ったら連想するであろうミキモトの創業者御木本幸吉氏もまた、
世界で初めて真珠の養殖に成功したという偉業を成し遂げており、
銀座4丁目にはミキモトの本店を構えています。
 
FTP.jpg
 
その本店では、9月5日(水)まで「Feel the Pearl 感じるパール展」を開催しており、
125年前に御木本氏によって生み出されたパールについて学び、
その神秘を心ゆくまで堪能することのできる貴重な機会となっています

  

FTP2.jpg
(提供:ミキモト)


 
展示会場となっているホールに入ると、パールができるまでの過程とミキモトのブランドヒストリーが学べるムービーや、
 
IMG_0325.JPG
 
14種類のパールとその母貝(真珠を育む貝)を楽しむことができます。
(左下:ショウジョウガイの仲間とスポンディルスパール、右下:アワビとアバロンパール)
 
FTP8.jpg
(提供:ミキモト)
 
順々にライトアップされて輝く真珠の美しさに見とれながら、
アワビ、ムール貝、ホタテガイの仲間等、食用として親しまれている貝からも真珠が採れることを初めて知り、勉強になりました
 
その他、MIKIMOTOのパールが養殖されている三重県英虞湾の真珠養殖場の風景や作業の様子、御木本氏の邸宅「真寿閣」からの英虞湾の眺め等、5パターンのVR(バーチャルリアリティ)映像がご覧いただけます。
「海中で真珠を抱くアコヤガイ」では、海に潜った気分で真珠を探してみてください
このVRは音付きで360度楽しめるので、一瞬にして三重の養殖場に来たかのようなリアルさが体感できます!
(※ここで見られる養殖場は、観光施設であるミキモト真珠島と異なり、通常関係者以外立ち入ることのできない場所となっています。)
 
DSC_2627.JPG
 
ミキモトと東京大学の関係を示す貴重なアーカイブ資料も展示されているので、
こちらもお見逃しなく
 
IMG_0292.JPGのサムネイル画像
 
ミキモトの真珠について簡単に学んだ後は、総額約12億円という7点のハイジュエリーが一堂に会したミラールームへ...
 
DSC_2635.JPG
(スマホで撮影しましたが、なかなか幻想的な1枚になりました
 
無限に続くジュエリーの世界に迷い込んだようなこちらの不思議な部屋では、
通常のトルソーでの展示と異なり、宙に浮いた状態で展示されたパールジュエリーを様々な角度からご覧いただけます
特に大きな真珠や珍しい真珠を使ったハイジュエリーを選りすぐって展示しているそうで、一見の価値があります!
アコヤ真珠のドレスジュエリーや白蝶真珠のネックレスに加え、
 
FTP10.jpg
(提供:ミキモト)
 
色とりどりのパールやダイアモンドが豪華にあしらわれたジュエリーは、思わずため息が出る美しさ...
 
FTP11.jpg
 
他のことを忘れてミキモトのジュエリーの世界に浸ることができるので、
ジュエリーがお好きな方、まだミキモトの本店に入ったことがないという方は、
この機会に創業者の夢と歴史がつまり、上品に輝くパールを感じてみてはいかがでしょうか
 
IMG_0293.JPG
 
Feel the Pearl 感じるパール展
日時:2018年8月3日(金)~9月5日(水)午前11時~午後7時
   ※8月31日(金)は午後2時から開場
場所:ミキモト銀座4丁目本店 7階ミキモトホール(中央区銀座4-5-5)
入場料:無料
主催:MIKIMOTO
協力:東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所
ウェブサイト:https://www.mikimoto.com/jp/news/feelthepearl.htm
 
※本記事は、ミキモト広報宣伝課のご担当者様より掲載許可をいただいております。
 

 

 
1234567