中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【遠足シリーズ第4弾】銀座の柳二世がとりもつ縁

[Hanes] 2018年9月29日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今回は、「【遠足シリーズ第3弾】銀座のルーツをたどって...」に引き続き、
静岡と中央区(特に銀座)の関係に焦点を当ててみたいと思います!

9月のある雨の日、駿府城公園で偶然見かけたこちらの柳ですが、
案内板をよく見てみると...銀座の柳二世とあります!

IMG_0460.JPG

気になったので詳細を読んでみると、前回紹介した銀座の話に加えこんなことが書かれていました。

「明治十七年、銀座の街路樹は柳に統一されたが、大正十二年の関東大震災や昭和二十年の東京大空襲の被害に遭いながらも市民の保存への熱意が実り、立派な並木がよみがえった。しかしながら、高度成長期の昭和四十二年(一九六七年)頃より、銀座の柳が姿を消した。これに心を痛めた地元の有志が保存運動に心血を注ぎ、挿木で苗木を殖し、銀座はもとより全国へ寄贈されている。本市も銀座のとりもつ縁により駿府城趾の一隅に銀座の柳二世を植え、後世に伝えるものである。」

Yanagi.jpg

つまり、銀座の柳二世は全国の色々な場所に植えられているのですね
肝心の銀座では、銀座ナインの近くに2本の銀座の柳二世が植えられてます。

Yanagi2.jpg

そして、片方の柳の隣には「銀座柳の碑」があり、
『銀座柳の歌』(作詞:西條八十、作曲:中山晋平)の歌詞と譜面が刻まれています

IMG_1347.JPG

♪) 植えてうれしい 銀座の柳
  江戸の名残の うすみどり
  吹けよ春風 紅傘日傘
  今日もくるくる 人通り
 
  巴里のマロニエ 銀座の柳
  西と東の 恋の宿
  誰を待つやら あの子の肩を
  撫でてやさしい 糸柳
 
  恋はくれない 柳は緑
  染める都の 春模様
  銀座うれしや 柳が招く
  まねく昭和の 人通り
 
この歌は先日詳細が解禁になった中央区観光検定でも出題されることがあります!
せっかくなのでこの機会に1番だけでも覚えてみてくださいね
銀座の柳二世がとりもつ縁を見つけた際には、またブログで紹介します

 

 

銀座の隠れ家カフェ★アパルトマン301

[まぴ★] 2018年9月29日 12:00

銀座でカフェを探していて見つけました。
ガス灯通りの「白いばら」の向いビルの三階です。
フランスの田舎町のアパルトマンをイメージしたカフェで、
こだわりのレトロな内装や家具が素敵です。
 
3階まで階段を上がり、左側のドアに
301という看板があったので入ると、まさにネットで見た
レトロな空間が広がっていました。
 
ただ、タバコを吸うか聞かれたので吸わないというと
向かい側の部屋に通されました。
こちらもレトロな空間ではあるのですが、
最初の喫煙のお部屋の方が凝ってるような感じです。
 
301-3.JPG301-2.JPG
 
限定のオムライスランチにしました。
コーヒーと小さいお菓子もついています。
 

301-6.JPG301-1.JPG

 
予約もできるようですが、
予約は500円のチャージがかかるようです。
 
301-4.JPG301-5.JPG
 
ただ、静かでとてもゆったりできます。
女性のお1人さまも結構いました。
また利用したいお店です。
 
APPARTEMENT 301のホームページ
 

 

 

第11回 EDO ART EXPO 浮世絵に描かれた役者たち 10月9日まで

[銀造] 2018年9月28日 14:00

 第11回 EDO ART EXPO 、「浮世絵に描かれた役者たち」と「"江戸" 書道展」が同時開催中です。期間は9月21日から10月9日までです。 お見逃しの無いように、早めにお出かけ下さい。

 今日は、日本橋三井タワー2階の千疋屋総本店に展示された浮世絵10点を拝見してきました。絵の下には解説が記されています。

DSCN2011 (400x300).jpg

 

歌川広重の、ゴッホも真似たと言われている「大はし あたけの夕立(名所江戸百景)、「神田紺屋町(同)」、葛飾北斎の「鶯に垂桜」、「江戸日本橋(富嶽三十六景)」、「甲州石斑沢(同)」、喜多川歌麿の「ビードロを吹く娘(婦女人相十品)、「娘道成寺(当世踊子揃)」、東洲斎写楽の「市川鰕蔵の竹村定之進」、「三世坂東彦三郎の帯屋長右衛門 四世岩井半四郎の信濃屋お半」

DSCN2007 (300x400).jpg

 

 そして、鳥居清長の「小野小町」です。 江戸時代からの美意識と粋な役者の立ち居振る舞いを描いた作品に、胸中で、「大和屋!」と叫びました。

この催しの主催者は、NPO法人 東京ネット、後援は東京都、中央区、千代田区、港区、墨田区です。 沢山の企業に協賛され、御協力も頂いて盛大な催しです。 涼しく秋の気配が漂う今日この頃です。ご健康と美食めぐりを兼ねて、「EDO ART EXPOめぐり」をお勧めします。 イベントの詳細については、こちらを御覧下さい。http://tokyochuonet.wixsite.com/edoartexpo

 

 

【遠足シリーズ第3弾】銀座のルーツをたどって...

[Hanes] 2018年9月27日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今回は5月ぶりの遠足シリーズで、銀座と関係の深い静岡を取り上げます。

...とは言え、銀座と静岡の関係はすぐに思い浮かばないと思います。
しかし、静岡を駿府と言い換えてみるとどうでしょう?
急にとピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか

IMG_0362.JPG
(2018年9月、静岡駅北口にて撮影)

上の写真のパネルにある通り、徳川家康がこの関係のカギとなっています
そしてなんと、彼は人生の約3分の1を駿府で過ごしています。
・8歳~19歳:今川の人質としての幼少期
(このシーンは、前回の大河ドラマ「おんな城主直虎」でも見ることができました。)
・45歳~49歳:五カ国時代/関東移封まで
・66歳~75歳:開府後の江戸から戻った大御所時代

それらを念頭に置き、静岡市の街中を実際に歩いてみると、
葵紋のついた碑が目に飛び込んできます
こちらが「駿府銀座発祥の地」を示す碑です。

IMG_0506.JPG

碑の側面には、(家康によって)1612年に銀座が駿府から江戸に移されたこと、
今日の東京銀座のルーツは静岡にあることが刻まれています。
このことは、中央区観光検定公式テキスト「歩いてわかる中央区ものしり百科」
にも掲載されています。(最新版は、2018年10月15日(月)発売予定)

実際に銀座のルーツとなる場所に来て、駿府城の城下町の雰囲気を五感で味わうと
思っていた以上に感慨深いものがありました。

Ginza-Sunpu2.jpg

一方今日の銀座には、ブランド店に負けず存在感を放った
「銀座発祥の地」という碑があります(場所:Tiffany & Co.の前)

この碑には、以下のように刻まれています。
慶長十七年(紀元二二七二年 西暦一六一二年)徳川幕府此の地に銀座役所を設置す
当時町名を新両替町と称せしも通称を銀座町と呼称せられ明治二年遂に銀座を町名とする事に公示さる」

Ginza-Sunpu.jpg

駿府から移ってきた当時は、銀座ではなく「新両替町」と呼ばれていたことも
中央区好きとしてはおさえておきたいポイントです!

今回の遠足を通して、銀座の由来には江戸時代の名残があり、
そのルーツは家康がカギとなる静岡にあったと再確認することができました。
遠足シリーズ第4弾でもそんな静岡に焦点を当て、中央区との関係をご紹介します

【参考資料】
大御所四百年祭記念 家康公を学ぶ:https://www.visit-shizuoka.com/t/oogosho400/index.htm
TOKYO GINZA OFFICIAL:http://www.ginza.jp/

【過去の遠足シリーズ】
【遠足シリーズ第1弾】木像と和菓子に学ぶ赤穂義士
【遠足シリーズ第2弾】京橋にあった!日本初の街頭公衆電話

 

 

癒される水彩画展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月27日 09:00

台風のせいもあるのでしょうか、気温もぐっと下がってらしくなってきました

"芸術の秋"です

kasiwa201801.JPG

銀座2丁目のギャラリー銀座2階では、水彩画の個展が開催されています

柏木 恵子 水彩画展」です

kasiwa201802.JPG

期間は、9月25日)から10月1日)までです。

時間は、午前11時から午後5時までで、最終日の月曜日午後3時までとなります。

kasiwa201803.JPG

千葉県佐倉市在住の水彩画家である柏木さんは、地元での個展は何度も経験されているとのことでしたが、ここ中央区銀座での開催は「」とのことでした

kasiwa201804.JPG

会場には、草花を透明水彩で描いた美しい作品が展示されています

kasiwa201805.JPG

可憐なビオラやカップ咲き中輪のバラなど、そこにあるだけで気持ちが明るくなるようなの作品が多いです

kasiwa201806.JPG

地元の「佐倉草ぶえの丘」の風景を作品にされたものも展示されていて、光と影水辺の空気感までが写し取られたように描かれています

kasiwa201807.JPG

優しくて癒される水彩画展です

まち歩きにも適した季節ですので、是非一度、お立ち寄りください

また、会場に展示された柏木さん愛犬をモデルにしたオリジナルラインスタンプの拡大画も癒されますよこちらは会場でご覧ください

kasiwa201808.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、柏木さんご本人から作品やその制作手法についての説明も丁寧にしていただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

芸術芸術芸術

 

 

亀井橋たもとのヒガンバナ

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月24日 14:00

中央区役所近く、三つ又の三吉橋祝橋の間にある亀井橋(下を首都高速都心環状線が走っています)のたもとでヒガンバナ彼岸花)が咲いていました

higan201801.JPG

このは、球根性ですので、去年も一昨年もここで咲いていたはずなのですが、まったく気づかず、ちょっと驚きです

higan201802.JPG

隣で咲いているのは、こちらもこの時季に咲く「タマスダレ玉簾)」です

higan201804.JPG

タマスダレは、南アメリカパラグアイ原産球根植物で、科名、属名は、ヒガンバナ科タマスダレ属ゼフィランサス属)です

ヒガンバナ科なんですね

別名は、レインリリー雨ユリ)です

higan201803.JPG

赤いヒガンバナが咲きだすと、が来たなと感じます

higan201805.jpg

昨年9月、隣の祝橋近くで咲いていたヒガンバナを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/09/post-4615.html

 

 
123456