中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


第48回 ホリデープロムナード ゆかたで銀ぶら

[サム] 2017年8月 8日 14:00

DSC_0709ELS'.jpg 

DSC_0707RSG.jpg

 8月6日、浴衣や和装で真夏の銀座来街者に、和のおもてなしの数々で涼をとって貰おうとの、恒例納涼イベント「ゆかたで銀ぶら2017」が、銀座通り1丁目から8丁目の歩行者天国を利用して開催されました。

1870年8月に、新宿、池袋、浅草と共に銀座通りで、東京都での初めての歩行者天国が実施されたことを記念し、爾来、銀座来訪者に楽しく夏の一日を過ごしていただこうという趣旨で企画された「ホリデープロムナード」。

その一環として11年前から実施されているもので、今回は「挑戦」をテーマに、新たに、泰明小学校での盆踊り、銀座銘店屋台が登場。

「大銀座抽選会」「銀座茶屋」「和太鼓路上演奏会」「お江戸の出張水族館」等、数々の催し物の中でも、人気はやはり打ち水イベント「銀座涼風計画」。

銀座通り4会場で、月島五神太鼓の合図と共に、一斉に打ち水を行ないます。

(14:30~ / 14:50~ )

通りのアスファルトが冷やされて、会場に涼風が吹き抜け、心地良いひとときが生まれます。

この日も、外国人を含め、幅広い年齢層の大勢の浴衣姿の来場者で賑わいを見せています。

 

DSC_0715ELS'.jpg

 

 

ピクチャーならぬビクチャー〔小堀将生写真展〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月 7日 12:00

kbr001.JPG

銀座2丁目の画廊、ギャラリー銀座で、【 bicture 】小堀将生写真展が開催されており、行ってきました

ギャラリー銀座は、下の地図、赤〇の場所にあります

kbr011.jpg

ここは現在、1階がショーウィンドーで、2階がギャラリーになっています

kbr002.JPG

期間は、8月1日(火)から7日(月)までですm(_ _)m

kbr003.JPG

ちなみに、7日最終日は、午後6時までです

kbr004.JPG

bicture(ビクチャー)は、フォトグラファー 小堀氏造語です

ご本人が、「pictureの「p」をひっくり返したら馬鹿馬鹿しいの「b」になりました」と紹介されているように、ちょっと笑える、おかしな、楽しい写真が展示されています

kbr005.JPG

小堀氏にとって、これが初めての作品展とのことで、約6年間かけて撮りためられた作品の中から、今回のために撮った作品も含めて、2階のギャラリーに展示されています

kbr006.JPG

タイトルを見ても、「カレージョッキ」「おっぱいライス」「鯉のキューピッド」「大事な頭のネジ」「当たりバット」「パスメシ」・・・と、写真のテーマが的確に表現されたものばかりで、写真だけで笑えるもの、写真とタイトルを見比べて思わずニヤッとするもの、しばらく考えさせられるもの傑作ぞろいで、着想、アイデア、見せる技術のすばらしさに感動します

kbr007.JPG

小堀氏も、来場者の方々と気さくに会話を交わしながら作品について説明されており、ギャラリー内がなごやかな雰囲気に包まれていました

kbr008.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影、取材については、小堀氏にご了解をいただき、また作品についての懇切丁寧なご説明もしていただきました

ありがとうございます

kbr009.JPG

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 

ギンザシックスガーデン 涼しい風景 Enjoy Cool Ginza 2017

[銀造] 2017年8月 6日 18:00

 銀座シックスに昼食に行きました。

その前に、屋上に行き、水盤に水が流れて嬉しそうに遊んでいるお子様たちの姿が目に入りました。

DSC06666.JPG

屋上は、「ギンザシックス ガーデン」という名称です。 銀座のビルの屋上で、「水と戯れる」。なんとも無邪気で可愛いお子さんたちですが、屋上緑化とヒートアイランド現象の緩和の為なのでしょうが、有り難い設計をしてくれましたね。また、水盆の模様も素敵です。

銀座シックスの店内では、滝が流れるシーンを見ることが出来ます。

DSC06671.JPG

作品の名前は、"Universe of Water Particles on the Living Wall"。生きた壁に流れる水の宇宙」とでも訳すのでしょうか? 野暮は言ってないで、感性で楽しませて頂きましょう。 涼しい風が吹いてくるようです。 

 この作品は、「チームラボ」というところが作成したもので、他に有名な作品としては、東京駅のプロジェクション・マッピングや、日本橋高島屋別館のwindow displayも手掛けているようです。

 もう一つ、店内には、亜熱帯の観葉植物を壁面に装飾している、「Living Canyon」という作品があります。

DSC06676.JPG

 こちらの向けた照明は、太陽光と同じ明るさで植物の作品を照らして、自然のなかで育っている観葉植物をご覧頂こうという仕掛けだそうです。 暑くても銀座! 銀座で、クールに楽しみましょう。

 

 

「高麗屋三代襲名記念展」始まるー和光

[滅紫] 2017年8月 6日 16:00

平成30年1、2月歌舞伎座で「高麗屋三代襲名披露公演」が行われますが、それに先立ち銀座和光で記念展が始まりました。37年前の昭和56年の10、11月には初代白鸚、九代目幸四郎、七代目染五郎の三代襲名披露公演が行われていますので「二代に亘る親子孫の三代襲名」です。公演演目も同じ役で同じ名跡というのも勿論初めてのことです。会場内には思い出の舞台写真や九代目団十郎から継承された中啓などのゆかりの品、当代の幸四郎さんが千回目の弁慶を演じた時の中啓、楽屋の鏡台なども展示されファンにはたまりません。襲名披露演目も発表されました。1月が昼の部「車引」「寺子屋」、夜「勧進帳」。二月が昼「一條大蔵譚」、夜「熊谷陣屋」「七段目」。今から楽しみです。八代目染五郎を襲名する金太郎君は義経、大石力弥の大役で三十七年前に父の染五郎さんが演じた役と同じです。私は染五郎さんの楽屋鏡台に飾られていた「限りなき わざおぎの道あげ雲雀」という句がとても印象的でした。祖母にあたる初代白鸚夫人・正子さんが染五郎さんが昭和六十年三月に幸四郎さんとともに「連獅子」を演じた時、贈られたものだそうです。今から来年が楽しみです。

100_2481.JPG 100_2483.JPG

「高麗屋三代襲名記念展」は8月9日まで 和光6階ホール

十時半から十九時まで。

 

 

2017 涼やかリゾートテラス

[サム] 2017年8月 5日 16:00

DSC00533ELSR'.jpg 

DSC00530RS'G.jpg 8月3日、ファンケル銀座スクエア(銀座5)10Fテラス付「ロイヤルルーム」に、「涼やかリゾートテラス」がオープン。

会期:8月3日~6日 11:30~18:30

眩しい程に輝く太陽の陽射しが降り注ぐ中、期間中、①13:30~ ②15:30~ ③17:00~の3回 (各回約20分)、冷えたドリンクを片手に、リゾート気分溢れる日替わりの音楽ライブが楽しめます。

 8月3日 沖縄三線 かじくあつし 

 8月4日 アコーディオン 吉岡里紗

 8月5日 サックス 米澤美玖 

 8月6日 アコースティックギター 宇高靖人

銀座の天空の庭で、ココロもからだも潤う特別な4日間です。

 

 

「季節限定ランチ」ー桃と生ハムのカッペリーニー銀座千疋屋

[滅紫] 2017年8月 4日 14:00

100_2468.JPG 100_2474.JPG

「季節限定」に弱い私がやってきたのは銀座千疋屋さんの地下、2階のフルーツパーラーには時々寄りますが、地下は初めてです。入口近くに個室がありテーブル席が7-8席。迷わず「桃と生ハムの冷製カッペリ-ニ」に、友人は「エビとアボカドのジェノベーゼ」を。サラダ、ヴィッシソワ-ズ、飲み物付きで1620円、ジェノベーゼは1296円です。冷製カッペリーニには桃のコンポート、土佐小夏のジュレ、トマトが入って見た目も涼しそうなメニューです。

100_2469.JPG 100_2470.JPG

 

「フルーツポンチ」のちょっとレトロなポスターを見つけて伺うと「開店したころのフルーツポンチ」を描いたものとのこと、そういえば銀座千疋屋さんは明治23年(1890)創業の「日本初のフルーツパーラー」そして「日本初のフルーツポンチ誕生」(大正12年1923)のお店でした。デザートにこのフルーツポンチをお願いしました。ステムの長いグラスもその頃使っていたものに似せたデザインだそうです。使っている果物も当時とあまり変わっていないとのこと。ほぼ100年近く前の人たちには随分と「ハイカラ」な食べ物だったのだろうなと思いをはせながらいただきました。

100_2473.JPG

 

銀座千疋屋フルーツパーラー 電話3571-4388

11時―20時 日祝は19時 ランチは11時から14時

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314