中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2018 夏の涼やかテラス

[サム] 2018年8月 3日 09:00

DSC06914ELS'.jpgDSC06913RS'G.jpg 8月2日、ファンケル銀座スクエア(銀座5)10Fテラス付「ロイヤルルーム」に、「夏の涼やかテラス」がオープン。

会期:8月2日~5日 11:30~18:30 

今夏は連日記録的な猛暑。

屋外は灼熱の太陽の陽射しが降り注ぐ中、風鈴回廊など、風情ある日本庭園をイメージした和みの夏が設えられています。

五感で涼しさを感じる和テラスの演出です。

期間中、会場ではウェルカムドリンクの振る舞い。

最終日の5日は、飴細工職人によるパフォーマンスショーが予定されています。

銀座の天空の庭で、"涼世界" 体感の4日間です。

 

 

ひもかわうどん

[wienerhorn] 2018年8月 2日 12:00

きしめん(愛知)、ほうとう(山梨)、だんご汁(大分)など、幅が広い麺は全国津々浦々ありますが、私の知る限りでは群馬名物「ひもかわうどん」が最も幅広ではないかと思います。これを銀座でいただくことができます。

歌舞伎座の裏、銀座3丁目にある「花山うどん 銀座店」です。こちらのお店、本店は群馬県館林市にあります。

最初に注文したのは、上州舞茸の天ぷら。なんと、天ぷら専用にするために、ある工夫がなされているそうです。サクサクで香ばしくて美味しいのなんの!

IMG_6407.jpg

そして名物「鬼ひも川」の登場です。幅が5cmもあります。もちっとした食感とつるっとしたのどごし、たいへん美味しくいただきました。銀座にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ

IMG_6411.jpg

 

 

沖縄県産マンゴーのデザート  ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2018年8月 1日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をプリンシプルとして取材します、rosemary seaです。

★マンゴー2品a.jpg

資生堂パーラー 銀座本店ショップさんでは8月31日(金)までの期間、沖縄県産マンゴーを贅沢に使ったホールチーズケーキと、パフェをイメージしたグラスデザートを、数量限定でご用意しています。

マンゴーの品種にもこだわり最初はアップルマンゴー、8月中旬からはキーツマンゴーで登場します。

マンゴーの甘さとクリームやジュレなどがバランスよく合わさり、夏にぴったりな爽やかな味わいの2品となっております。

どなたにでも美味しく召し上がっていただけるよう、素材を活かし敢えてシンプルに仕立てられています。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報担当 小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

★アントルメa.jpg

沖縄県産マンゴーとチーズのシャルロット  5,940円(税込)

直径15cm × 高さ約11cm

 1日3台限定となっております。

沖縄県産のアップルマンゴー(8月中旬からはキーツマンゴー)を使ったチーズムースのシャルロットケーキです。

ベイクドチーズ、チーズムースと、パッションフルーツ・パイナップル・バナナ・ライムで作ったエキゾチックなジュレ、レモングラスとマンゴーのシロップなどが、絶妙な酸味と甘みのバランスを醸し出し爽やかな味わいです。

花びらのように絞られたプレーン、ホワイトチョコレート、マンゴーの3種の生クリームが、とろけるようにジューシーなフレッシュマンゴーとともに飾られている様は、上から見るとお花のように華やか、ゴージャスです。

スポンジに入ったピスタチオが、食感のアクセントになっております。

★ジュレa.jpg

沖縄県産マンゴーのヴェリーヌ  1,080円(税込)

直径7cm × 高さ約10cm

 こちらも数量限定となっております。

沖縄県産のアップルマンゴー(8月中旬からはキーツマンゴー)を果肉から、クリーム、ジュレ、ソースに至るまで贅沢に使用しました。

さまざまな食感のマンゴーがお楽しみいただけます。

パッションフルーツやフルーツティーで作ったジュレと合わさり、甘すぎず爽やかな味わいです。

まるでミニパフェのようなグラスデザートとなっております。

 

 キーツマンゴーのご提供期間は変更になる場合がございます。

 

・・・ホワイトチョコレートでつくられたお揃いのお花がとてもチャーミングです。

   元気が出る華やかな色合いはサマーパーティーやバースデーの手土産にもおすすめ。

   いかがでしょう。

5Fから レストラン内観a.jpg

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

営業時間  11:00~21:00

無休

なお、年末年始にはお休みの日があります。

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ https://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

数寄屋橋公園の「若い時計台」岡本太郎作

[滅紫] 2018年8月 1日 09:00

100_2845.JPG100_2846.JPG

話題の東博の「縄文展」に行ってきました。ウィークデイの昼間、この暑さにも拘わらずすごい人です。「JOMON女子」という言葉もあるようです。いつからこんなに「JOMON」が人気になったのでしょう。今回は教科書でお馴染の「火焔型土器」「遮光器土偶」を含む「縄文の国宝全6件集結」が目玉ですが、縄文時代という言葉さえまだ確立していなかった1950年代に「縄文土器の中に日本文化の原点を見出した」のはあの岡本太郎だそうです。そうです、「芸術は爆発だ!」の岡本太郎です。1970年の大阪万博の「太陽の塔」がほぼ50年ぶりに内部公開されるのが話題になっていますが中央区にも岡本太郎作品がありました。数寄屋橋公園の時計台です。久しぶりにじっくり眺めました。数寄屋橋ライオンズクラブの結成記念として岡本太郎に製作を依頼し、1968年2月に寄贈されたもの。大阪万博の作品より少し早いのですが何となく形が似てますね。時計はシチズン製だそうです。岡本太郎記念館のHPによると「八方に勢いよく突き出している角はほとばしる力を表している。伸びて行く日本のそして東京の象徴」 だそうです。JOMONのエネルギーそのものですね。この時計台夜になると光ります。2020のオリンピックまで2年を切りました。新しい力を与えてもらえそうな気がしてきます。

100_2839.JPG

数寄屋橋公園 中央区銀座5-1-1

 

 

「ゆかたで銀ぶら」 8月5日(日)に本祭開催、今年は8月4日(土)に前夜祭も!

[JRTフェルト] 2018年7月31日 18:00

銀座における夏のイベント「ゆかたで銀ぶら」が、8月5日(日)に開催されます。

なんと今年は、8月4日(土)に前夜祭も開催されるとのこと!


「ゆかたで銀ぶら」は、銀座・中央通りでの夏の恒例イベント「ホリデープロムナード」(今年で第49回!)の一環として開催されるもので、夏の風物詩でもある『ゆかた』を着て銀座にお越しいただき、いっときの涼をお楽しみいただく、という趣向により2007年より始まり、今年で12回目を迎えます。


topic_2018yukata[1].jpg

「ゆかたで銀ぶら」では、銀座涼風計画(打ち水)、銀座抽選会 (先着1,000名様)、 銀座茶屋、『大銀座盆踊り~銀座銘店屋台で囲んで~』など、様ざまな催し物が用意されています。


DSC_0484.jpg

IMG_8506.JPG

IMG_8513.JPG

また、ゆかた(和装)を着てお越しの方には、様ざまな特典が受けられるほか、歴史ある老舗から、今話題のお店まで、数多くのお店によるお得なおもてなしが用意されています。


夏の銀座、是非、『ゆかた』で堪能してみましょう!


催し物の開催場所・時間等はそれぞれ異なります。公式HPにて事前にご確認くださいませ。


~「ゆかたで銀ぶら」~

日時;前夜祭 2018年8月4日(土)17時~20時、

   ;本祭 2018年8月5日(日)15時~17時(盆踊り会場は12時~17時)

場所;銀座通り、泰明小学校、各商業施設、各店舗

主催;全銀座会、銀座通連合会

HP;http://yukata.ginza.jp/


なお、昨年の様子を特派員サムさんがアップしてくださっています。併せてご覧ください。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/08/48-1.html

 

 

【銀座六丁目】 ビーカー入り手作り焼きプリン 「MARLOWE(マーロウ)」

[いのちゃん] 2018年7月31日 09:00

 

東京にもあったんだ。―― MARLOWE(マーロウ)ビーカープリン

 

_DSC7672.JPG

 

このプリン、ミルクとたまごの風味がしっかりとある正統派でとてもおいしいんです。

 

マーロウ "ベイシティカフェ" の名の通り、横須賀市にある海の見えるレストラン。

 

もともとは本店のデザートメニューとして提供していたプリンをたくさんのお客さま

からの要望に応えて、お持ち帰り用に販売を始めたものが今や マーロウ の代名詞と

なっているのですが、この ビーカープリン を販売するプリンショップも葉山逗子

など、本店と同じ神奈川県にしかありませんでした。

 

そのため、以前はもっぱら都内の百貨店の催事などを狙って買い求めていたのですが、

2017年からは県外唯一の常設店GINZA SIXの中に登場しています。

 

先日はちょっぴり特別なロイヤルミルクティープリンを選びました。

GINZA SIX開業1周年の記念として作られた銀座ビーカーに入っているんです。

 

_DSC7663.JPG

 

おなじみのビーカーに1960年代の銀座の街並みが描かれています。

前回の東京オリンピックが開催された頃ですね。

 

気のせいか、マーロウおじさんもいつもよりシブく誇らしげ(完全に気のせい)。

 

_DSC7671.JPG

 

マーロウ の耐熱ビーカーはリユースできて、次回お店に持参すれば200円が戻ります。

※一部、限定ビーカーなどリユースの対象とならないものや、ビーカー返却に対応して

 いない催事場もありますので、キャッシュバックをご利用の際はお確かめください。

 

銀座ビーカーはコレクションするつもりでチーク材の蓋もあわせて購入しました。

さて、何を入れようかな。

 

_DSC7676.JPG

 

マーロウ GINZA SIX店

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階

03-6264-5512

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314