中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2018 一都三県 蔵元との交流会 きき酒会

[サム] 2018年4月17日 12:00

DSC02334ELS'.jpgDSC02337'RSG.jpg 4月14日、銀座フェニックスプラザ(銀座3)2Fフェニックスホールに、東京国税局管内の一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、山梨県)の日本酒、焼酎、地ビールメーカーが集い、「一都三県 蔵元との交流会(きき酒会)」が開催されました。第1部:13:00~15:00 第2部:16:00~18:00

一都三県には、江戸・明治の時代より伝統を継承し、酒造りを営んでいる酒蔵が数多くありますが、本イベントは、その銘柄の数々を飲み比べ出来ると共に、"造り" のこだわり等、蔵元と直接会話を楽しめるのも大きな魅力です。

入口の右手から、壁際に沿い順に千葉、山梨、東京、神奈川の各日本酒ブースが、中央には、焼酎、地ビール、お燗のブースが設営されています。日本酒の魅力を国内外に伝えるアンバサダー役のミス日本酒も着物姿で登場し、イベントに華を添えています。

 

 

日本1号店のオリーブオイル専門店

[まぴ★] 2018年4月15日 14:00

銀座の桜通りと西銀座通りの交差点にあるル・ノーブル
という食器のお店を前回紹介しましたが、
その並び(桜通り)に新しいお店を発見しました。

 

OLIVIERS&COという名前で
オリーブオイルのお店のようです。
思わずふらふらと入ってしまいました(笑)

 

olive3.JPG

 

olive1.JPG

 

今年の1月にオープンしたばかりで
日本第一号店だそうです。
パリに本店があり、プロヴァンスに工場と併設店があるそうです。

 

昨年南仏でタプナードという
オリーブペーストを買ってきたのですが、
それも売っていました。

 

olive2.JPG

 

オリーブオイルも色々ありました。
可愛い缶に入っているものもありプレゼントにもよさそう。

 

私が気になったのはパスタソース。
パプリカとヤギのチーズのものを試食させてもらい
美味しかったので買ってみました。

 

olive4.JPG

 

それでパスタも作りましたが、
パンにそのままつけても美味しいし
ソーセージにつけても美味しく、ワインがすすみます!

 

簡単に南仏料理が作れそうで楽しみです♪

 
OLIVIERS&COのホームページ

 

 

 

時計塔前の写真撮影―和光

[滅紫] 2018年4月15日 09:00

100_2699.JPG 100_2711.JPG

やってきました。あの和光の時計塔前です。初夏を思わす青空で絶好の撮影日和。今日、「東京は今年初の夏日、桜も満開」と発表されました。「夏日と桜満開」が重なるのは20年ぶりとのことです。

「銀座のシンボル」として知らぬ人のない和光の時計塔ですが、ご存知の通り時計塔は「通常は立ち入り禁止」で和光の社員の方も「入社と退社の2回」しか基本的には入れない場所だとか。唯一のチャンスは2010年9月に始まった「*ブライダルフェア中に対象品を15万円以上購入された方への特典」としての「時計塔前での記念撮影」だけ。個人的には全く機会に恵まれそうになく、一生ご縁がないものと思っていましたが、何と今回特典を得た友人が声をかけてくれました。こんなにその日を楽しみにしたのはいつ以来でしょうか。係の方にご案内いただき、直通エレベーターで7階へ。階段を上がりドアの先はもう屋上。目の前にはあの時計塔が。・・・余りの近さにもう興奮。夢中で写真を撮っているうちにチャイムが響きはじめました。係の方のご説明によると「ウエストミンスター式チャイムが正時の45秒前から響き始め、余韻のあとの一打が正時を知らせる」のだそうです。「11時!」すぐそばで聞くと大変な迫力です。昭和29年(1954)の6月10日、時の記念日からとのこと。ではここで時計塔のスペックをご紹介しましょう。

(これクイズにすると面白いですヨ)

地上からの時計塔までの高さ    39.39m

屋上までの高さ          30.30m

時計塔の高さ           9.09m

避雷針の高さ           8m

文字盤の大きさ  直径      2.4m

針の長さ     長針      1.17m

         短針      0.75m (和光HPより)

時計の動力部分は昭和41年(1966)からセイコー・クオーツのムーブメントに替わり、平成16年(2004)からGPS電波時刻修正方式を導入しているそうです。(セイコー HPより)

時計塔の四方の文字盤はほぼ正確に「東西南北」を指していて、南北のものにSEIKOの文字が入っています。今日は南側をのぞいて3方向からの写真を撮ることができました。屋上から銀座の街を見下ろすと「ここが四丁目、銀座の中心」だということが実感できます。三越の屋上に桜が咲いているのが見えました。(銀座のお花見です。)

100_2708.JPG 100_2713.JPG

100_2714.JPG

ご存知のようにこの時計塔は昭和7年(1932)竣工の2代目です。設計は渡辺仁によるネオ・ルネッサンス様式、渡辺仁は横浜のホテルニューグランド(旧館)や第一生命館などを設計した当時の有名な建築家です。初代の時計塔は明治27年(1894)完成で建築家は伊藤為吉、舞台美術家の伊藤熹朔、演出家の千田是也の父上で、特許を70も取得して「和製レオナルド・ダヴィンチ」と言われていました。

2代目の時計塔が完成してから昨年の2017年で85年。平成21年(2009)には経産省から「近代化産業遺産」に認定されています。これからもずっと銀座のシンボルとして歴史を刻み続けて行くことでしょう。もう一度行きたい! 娘を結婚させねば。・・・・

和光 銀座4丁目5-11  TEL3562-2111

営業時間:10:30~19:00

*今年の4月1日(日)より通年エンゲージリングまたはマリッジリングをペアでご購入された方への特典となりました。     

 

 

トスカーナフェア  ~ ファロ資生堂 ~

[rosemary sea] 2018年4月14日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をピックアウトして取材します、rosemary seaです。

 

資生堂パーラーさんが運営しますイタリアンレストラン、東京銀座資生堂ビル10階のファロ資生堂さんは4月29日(日)までの期間、『トスカーナフェア』を開催されています。

 

_HMJ0932a.jpg

トスカーナ・・・

イタリア中部に位置しています地方。

ルネサンス文化の中心となりましたフィレンツェを州都とし、海の幸や農耕、牧畜に適した豊かな大地の恵みを存分に有しています。

特にオリーブオイル、豆、チーズなどが豊富に生産されています。

 

ファロ資生堂さんでは、トスカーナ地方の郷土料理をリストランテらしくアレンジし、コースでお届けします。

また、デザートワゴンにもトスカーナ地方の伝統的なパンフォルテをタルトタタン風にアレンジされたケーキなどをご用意しております。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

それではコースのご紹介です。

_HMJ0933a.jpg

『Menu Speciale Toscana』

16,000円(税込・別途サービス料10%)

画像は「スカンピ海老のパンツァネッラ仕立て 春野菜のピュレ」。

ピュレにはムール貝の蒸した汁を使い、ビネガーで味を締めて作り上げられており、あっさりとした味わいです。

また、春野菜にはイタリアのプンタレッレやフレッシュトマトを使用していまして、彩りも鮮やかです。

 

  ・ いろいろな野菜のピンツィモーニオ

  ・ スカンピ海老のパンツァネッラ仕立て 春野菜のピュレ (画像のお品です。)

  ・ 魚介類の旨味たっぷりのカッチュッコ

  ・ チンタネーゼのラグーと空豆の自家製ピーチ ペコリーノトスカーナチーズ風味

  ・ モンタルチーノ産 赤ワインのリゾット ホワイトアスパラガスと共に

  ・ 北海道産 熟成牛サーロインのグリル トスカーナ産オリーヴのソース

  ・ 和牛フィレ肉のソテー 黒トリュフのソース (+1,500円)

  ・ デザートワゴン

  ・ コーヒー

 

 本多シェフソムリエによる『Menu Speciale Toscana』に合わせた「グラスワインコース[食前酒を除く5種]12,000円(税込・別途サービス料10%)」もございます。

 

 画像はイメージです。

 食材の入荷状況により、メニュー内容およびご提供期間が変更となる場合がございます。

 

・・・銀座のファロ資生堂さんで、味覚からトスカーナの風土をご堪能ください。

 

013東京銀座資生堂ビルb.jpg

  ファロ資生堂

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル10階

03-3572-3911

営業時間  ランチ 11:30~15:30(ラストオーダー14:30)

      ディナー 17:30~23:00(ラストオーダー21:30)

定休日  日曜日(月曜祝日の場合の日曜日は営業いたします。)祝日不定休

ファロ資生堂さんのホームページはこちら

⇒ http://faro.shiseido.co.jp/restaurant/

なお、ファロ資生堂さんは改装工事のため、4月29日(日)をもちまして一時休業いたします。

 

 

 

銀座中央通りの街路樹植替え

[ジミニー☆クリケット] 2018年4月13日 09:00

銀座中央通り西側歩道に、新しい街路樹苗木が植えられています

katura201801.JPG

私の通勤経路である銀座マロニエ通り中央通りが交差する銀座2丁目交差点を挟んで、1丁目2丁目3丁目歩道に、苗木が植えられていました

katura201802.JPG

この新しい街路樹は、「カツラ」の木だそうです

katura201803.JPG

カツラは、一般的に公園街路樹としてよく見られる木で、黄葉する落葉木です

幹はまっすぐで成長が早く、高さ20mほどにもなるそうです

katura201804.JPG

ハート型のような円形かわいいですね

katura201805.JPG

ちなみに、現在の中央通り街路樹は、イチイです

イチイは、常緑針葉樹で、まっすぐに伸びる幹と綺麗な円錐形を保つ樹姿が美しいです

かつてはイチイの材を用いて、位が高い人が使うシャクを作ったためイチイ一位)と名付けられたという説と、イチイの材が他の木材よりはるかに赤い(=緋色)ため、「一番の緋色」から「一緋」となったという説があるそうです

katura201806.JPG

今後、1~8丁目西側6丁目東側もすべて、カツラ街路樹へと変わるそうです。

2020年東京オリンピックに向けて、銀座の通りが、が多くて木陰の気持ちよい通りになっていくのが楽しみです

 

 

こんなところでフジ開花中

[ジミニー☆クリケット] 2018年4月12日 12:00

普段歩いている場所でも、まったく気づいてないことって多いものです

fujisyu201800.jpg

現在、上の地図紫の〇の場所、祝橋万年橋の中間より祝橋寄り首都高速都心環状線フェンスの内側で、フジ満開です

こんなところにフジの木があったなんて

fujisyu201802.JPG

フジは、マメ科フジ属つる性落葉木で、一般的には4月下旬から5月上旬長い穂のような花序を垂れ下げて咲きます

fujisyu201801.jpg

このフジがどこから生えているかと言うと、上の写真の場所、フェンスの外側からフェンスを貫いて生えているように見えます

fujisyu201803.JPG

フジは、直射日光の差す場所を好む、好日性植物だそうで、まさにこの場所は南東向き、それが、ほかのフジより一足早く開花した理由でしょうか

fujisyu201804.jpg

ちなみに、コンワビル側からの眺めが最高です

 

 
<<前のページへ 4567891011121314