中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座ロテスリーレカンのランチ

[まぴ★] 2018年5月17日 18:00

銀座レカンがリニューアルオープンして1年ですが、
もっと気軽に行けるレカンが、同じ銀座にあります。
それが、前から行きたいと思っていたロテスリー・レカン!
 

パンやフルーツケーキは買いに行ったことはありますが、
レストランは初めてです。
 

ランチなのでAコースに3326円(サ税込)にしました。
アミューズもあり、前菜も選べるし、
とても充実したランチで、さすがレカン!
 

グラスワインもロワールの白とスペインの赤が用意されていて、
どちらも美味しくリーズナブルでした。
 

RIMG2666.JPG RIMG2672.JPG

 

RIMG2665.JPG RIMG2668.JPG

 

私はコーンポタージュにしましたが、
友人が選んだアイナメのグジョネットも
一口食べてみて美味しかった!
ハーブ鶏も柔らかく、量もちょうどよかったです。

 

RIMG2669.JPG RIMG2670.JPG

 

RIMG2671.JPG RIMG2676.JPG

 

さらにアイスクリーム、小菓子もあり、
珈琲はお代わりもできます。
  

RIMG2673.JPG RIMG2674.JPG

ここはリピートしたいお店ですね(*^^*)
 
ロテスリーレカン 銀座
 

 

 

カシワバアジサイの開花〔数寄屋橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月15日 18:00

銀座5丁目、泰明小学校東急プラザ銀座晴海通りに囲まれるかたちで、数寄屋橋公園があります

かつて江戸城外堀に架けられた数寄屋橋があったところです

kasiwa201801.JPG

園内には、岡本太郎作の「若い時計台もあります

kasiwa201803.JPG

この公園内に数株あるカシワバアジサイ柏葉紫陽花)が、開花し始めています

アジサイ科ユキノシタ科アジサイ属落葉低木で、原産地は北米東南部です

kasiwa201804.JPG

他のアジサイと比べて特徴的なのが、大きくて深い切れ込みの入った葉の形で、カシワの葉に似ていることが名前の由来でしょう

kasiwa201805.JPG

また、大きな円錐形の花序も特徴的です

のように見える部分は、ガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれるものです

kasiwa201806.JPG

この公園は、都会のオアシス的な役割を果たしており、現在、公園の中で唯一の花であるカシワバアジサイ白い花が、公園でひと休みしている人たちの心を和ませていました

 

 

牛すじカレーバーグ〔肉酒場ビストロ男前〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年5月14日 12:00

日本橋室町1丁目にある肉料理のお店です

gyusug201801.JPG

肉酒場ビストロ男前 日本橋三越前店日本橋のひとつ川上に架かっている西河岸橋のたもとにあります

下の地図、赤〇のところです

gyusug201800.jpg

ランチで利用させてもらっています

gyusug201802.JPG

本日は、「牛すじカレーバーグ」を

gyusug201803.JPG

よく煮込まれた牛すじカレーソースがおいしいです

ハンバーグもいつものことながら、肉肉しくて)、歯ごたえ噛みごたえがあり、満足できます

gyusug201804.JPG

また、来ます

昨年11月、今年1月に同じくランチを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4756.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/01/post-4908.html

 

 

中央区の歩道っておもしろい!3 【歩道橋編】

[湊っ子ちゃん] 2018年5月13日 12:00

こんにちは、湊っ子ちゃんです。中央区には現在、京橋地区に7基、日本橋地区に6基、月島地区に5基、計18基の歩道橋が架けられています。今日は、昭和通りに架けられた、隣合ったふたつの歩道橋をご紹介します。ここにも、素敵な歩道がありました。

♪ 銀東一歩道橋

ginichi.jpg

「銀東一歩道橋」は、銀座一丁目14~20の昭和通り上に位置します。ここには、中央区の水辺を表す4枚の絵がありました。

ginsomei.JPG

ginyuri.JPG

ginkachi.JPG

ginohashi.JPG

墨田川をはじめ、運河や親水公園、中央区には多くの水辺がありますね。そこには、桜のきれいな名所があり、ユリカモメなどの野鳥が訪れ、私たちに季節を感じさせてくれます。そして、魅力あふれる橋たちは、中央区のシンボルです。


♪ 宝町歩道橋

takara.JPG

「宝町歩道橋」は、京橋二丁目9~16の昭和通り上に位置します。ここには春から順番に、季節の花が8種類描かれていました。


takara02.jpg

さくら、区の花つつじ

あじさい、あさがお

コスモス、のぎく

つばき、うめ

昭和通りという愛称で親しまれているこの道は、「都道主要地方道316号」という路線名があります。歩道橋から眺めると、車道がとても広いことに気づきます。これは、大正12年の関東大震災において、火の粉が道路を超えて移り、火事が拡大したことから、それを教訓にして広くとったと言われています。また、このエリアには企業が多く、平日は多くのビジネスパーソンがこの歩道橋を利用します。足元の絵を見て、少しでもほっとできたらいいですね。


showa01m.jpg


中央区観光特派員 湊っ子ちゃん

sign200.png

第7号 平成30年5月11日

 

 

銀座の柳の歴史 小冊子「銀座の柳」

[銀造] 2018年5月12日 12:00

 小冊子「銀座の柳」を頂戴しました。

それには、明治以降の「銀座の柳の歴史」について書かれており、

(次の写真は、銀座柳まつりのパネルを撮影させて頂きました)

_DSF5037.JPG

『明治時代となり、新両替町が「銀座」に変更される。 銀座の大火により一帯が焼ける。明治政府による東京の不燃化都市計画において、銀座煉瓦街建設の方針が決定。車馬道と人道を赤レンガで舗装した銀座通りが完成する。 銀座通りの四辻に松・楓・桜を植樹。埋立地で水分の多い土質のため、松・桜が枯れる。 湿地に生息する柳に植えかえられる。 これが、初代柳誕生の歴史です。 そして、大正10年ごろには、銀座の街路樹がほとんど柳になる。』というお話から第二代目、第三代目誕生のお話、昭和40年に、柳200本のうち20本を植え替え。明治100年記念事業として銀座通り大改修。 銀座の柳208本は、銀座通り改修工事及び著しい衰弱のため、京橋のテアトル東京前の5本を除いた203本を撤去。 この後、「銀座御門通り会長・椎葉一二氏と銀座金春通り会長・勝又康雄氏により、「銀座の柳」復活活動始まる」という記事が紹介されています。 記事の一部を割愛させて頂きますが、これから、

「植えて嬉しい」銀座の柳、全国へ。 「銀座の柳は安曇野産だった」という朝日新聞の報道により、銀座の柳が長野へ里帰りというお話になったことも書かれてあります。

この小冊子は、第十二回銀座柳まつりの会場で、実行委員会の係の方から頂戴しました。

また、会場では、「やなぎの木」に関するクイズがありました。

_DSF5038 (500x335).jpg

第一問:柳の葉っぱはどれかな?

第二問:柳の木はどんな場所に生えているのかな?

第三問:柳の木はどれくらい大きくなるのかな?

第四問:柳の花はどれかな?

 柳を知ろう! 育てよう! という記述では、

正式名称は、シダレヤナギ。 植物の分類、科目は「ヤナギ科ヤナギ属」などと書かれており、勉強になりました。

 

 

ミニチュアワールド「Face to Face もっとそばに」

[みど] 2018年5月12日 12:00

国内外で高い評価を得ているアーティスト 田中智さんのミニチュア ワールドの展覧会が、銀座にて初開催されています。

 

入り口を入ると、まず目を奪われるのが、こんがりと焼き上がったパン や色とりどりの瓶ジャムなどが展示されています。 作品に近づいてみると、精巧に作り上げられた"ミニチュア"の世界。 実物の1/12スケールは繊細で本物さながらの質感があります。 ジャムの瓶は、直径7mm 高さ9mmだそうです。

 

田中智さんの作品は 色とりどりのお菓子、食べ物や雑貨、植物など ほとんどが身近にあるものが題材になっているのが特徴です。 見る人の目線を大切にし、 共感してもらえるものづくりを心がけている とのことです。

 

これらのミニチュア作品は写真撮影もOKで、また指先体験コーナーも あるのでSNSにシェアしてみてはいかがでしょうか。 手書きの文字やディスプレイの隅々まで遊び心が詰め込まれ、 いつまでも見ていたくなる空間です。

 

---------------------

 開催期間/2018年4月27日~5月27日(日)

  開催時間/11:00~20:00※入場は19:30まで

 会場名/ポーラ ミュージアム アネックス

 (東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F)

 定休日/会期中無休

 入場料/無料

 問合わせ/TEL:03-5777-8600

 

 s-001.jpg

 s-003.jpg

 s-004.jpg

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011