中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


メニュー情報のご紹介  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2017年5月21日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をアクションプログラムとして取材します、 rosemary sea です。

 

資生堂パーラー銀座本店さん、今回は4/5階 レストランさんと、3階 サロン・ド・カフェさんの、これからのメニュー情報をご紹介させていただきます。

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

それでは・・・

115特別メニューa.jpg

資生堂パーラー 銀座本店レストラン

スタッフ3a.jpg創業115周年特別コース(金額は税込・別途サービス料10%)

ランチAコース 7,000円

ディナーAコース 8,000円

ランチ&ディナーBコース 12,000円

※ 詳しくはホームページのコースメニューをご覧ください。

その名のとおり、資生堂パーラーさんの創業115周年を記念した洋食メニュー。

サービススタッフさんも、当時を思わせる復刻版の制服でお出迎えします。

6月1日(木)から6月30日(金)までの期間限定です。

コースのなかの選択となります肉料理または魚料理、これとデザートだけはここでご紹介させていただきます。

肉料理・・・鹿児島黒牛のローストビーフ グレイビーソース

鹿児島黒牛は、きめ細やかな美しい霜降りならではのまろやかなコクとうま味が特徴の、特に肉質の優れた黒毛和種。この希少な和牛を使った、肉汁がぎゅっと詰まったジューシーなローストビーフをご堪能ください。

※ プラス1,500円で、「鹿児島黒牛フィレ肉のステーキ お好みのソースで」に変更可能です。

魚料理・・・沖縄県産 活車海老と舌平目のアントワネット風

アントワネット風とは、18世紀のフランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットの髪型から名付けられたもの。

資生堂パーラーさんの歴代シェフに伝わる調理法による、見た目も華やかなひと皿。

115ワゴンデザートb.jpg

デザート・・・ケーキをワゴンから

ケーキやアイスクリームなど6から7種類のスイーツが並ぶワゴンスタイル。

なお、資生堂パーラーさんのショップとしての創業115周年記念発売の記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4232.html

資生堂パーラー銀座本店(レストラン)

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル4/5階  03-5537-6241

営業時間  11:30~21:30(ラストオーダー20:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

続きまして・・・

資生堂パーラーサロン・ド・カフェ

「東をどり(あずまおどり)」スペシャルメニュー

東をどりパフェ縦a.jpg1925年(大正14年)に始まり、江戸の粋と華やぎを今に伝える新橋花柳界のお祭り、「東をどり」。

毎年5月に開催されるこのお祭りにちなみ、新橋芸者の上品で粋な振る舞いを漂わせるスイーツメニューが2品、登場です。

どちらも5月23日(火)から5月28日(日)の6日間限定です。

資生堂パーラーさんと新橋の芸者さん、実はご縁が深く、三味線のお稽古、その行き来の合間にソーダ水で一息つく芸者さん用に三味線置き場をレストラン内に作ったエピソードなどがあるそうです。

 東をどりパフェ 1,980円(税込)

新茶の季節となりますね。東をどりの和の雰囲気を抹茶で表現されたそうです。

きな粉のわらび餅や白玉・フルーツが入り、食感や彩りも豊かに仕上がっています。

小粋な芸者さんを思わせる番傘のミニサイズの模型がお皿に乗り、雰囲気を醸し出しています。

東をどりアイスクリームソーダa.jpg 新橋色のアイスクリームソーダ 1,130円(税込)

青緑色。明治後期、新橋の芸者さんがこの色の着物を好み、それが世間にも流行したことから、"新橋色"と呼ばれました。

その色調が青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャーエールで表現され、これに資生堂パーラーさん伝統のアイスクリームが浮かんでいます。

資生堂パーラーサロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階  03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日  月曜日(祝日の場合は営業します。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

竹谷満 新作個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年5月16日 18:00

銀座2丁目、銀座大塚ビルの地下1階にあるメグミオギタギャラリー内、プロジェクトルームで、竹谷満 新作個展アヴェ・マリア」が開催されています

takeya001.JPG

竹谷氏は、20代前半のある日、突然絵を描くことを始め、その後、「描かずにはいられない」という衝動に身を任せて、数多くの作品を描き続けているそうです

takeya002.JPG

本展では、子供を抱く人物の姿を描いた作品が中心に展示されています

takeya003.JPG

子供を抱く人物の姿」は、社会のなかで日常的な、極めてほほえましいもののはずなのですが、竹谷氏の作品は、背景が黒く、子供を抱く人物がガイコツだったり、首がとれていたりとか、独特不思議な作品になっています

takeya004.JPG

また、「保育園落ちた日本死ね」にインスパイアされたような作品も展示されており、竹谷独自の視点と言うか、世界観に引き込まれます

takeya005.JPG

開催期間は、5月9日)から27日)までです。

開廊時間は、11時から19時までで、月曜日曜祝日はお休みです。

takeya006.JPG

今回も、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、展示された作品についても懇切丁寧なご説明をいただきました。ありがとうございます

takeya007.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

画廊の夜会 2017 5月26日(金)開催

[銀造] 2017年5月14日 16:00

「画廊の夜会」は、銀座5丁目から8丁目の画廊が自信ある作品を一挙公開します。2004年に第一回が開催され、以来毎年開催されています。今年は5月26日(金)に開催されます。

「画廊の夜会」と言えば、遠くは関西から来られた方々とお話したこともあります。今や、全国的に有名なイベントですね。 そして、なんと言っても、

①気軽に画廊に入れる、②入館料無料。③素敵な作品を無料で拝見できる。

④ワインなどで、もてなして頂けます。これも無料。⑤作家さんと芸術談義。これも

 頂いたブックレットには、画廊と作品の紹介に加えて、「画廊鑑賞のマナー」が書かれています。

1.リュック等の手荷物が作品にぶつからないようにしましょう。(リュックは前にが基本ですね)

2.作品の前での咳やくしゃみは控えましょう。

3.作家を長時間独占するのはやめましょう。

4.飲食は周囲に配慮しましょう。ワインはグラス2杯程度まで、お食事はほどほどに。

DSC06271 (400x225).jpg

 ということで、ちょっとお洒落して、「画廊の夜会」へ出かけませんか? ご案内のURLは、こちらです。 http://ginza-galleries.com/yakai.html

 

 

ゼリーいろいろ サマーギフトにもいかが?  ~ ブールミッシュ 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2017年5月14日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をパラダイムとして取材します、 rosemary sea です。

ブールミッシュ 銀座本店さん、夏に向け、ゼリー各種取り揃っております。

株式会社ブールミッシュ 銀座本店 前田店長に、今回もお世話になりました。

早速ゼリーのご紹介、と行きたいところですが、その前に、ホットニュースをひとつ。

ブールミッシュさんのトリュフケーキが今年も世界食品コンテスト モンドセレクション 最高金賞受賞です。

これで20年連続の最高金賞受賞となりました。20年、すばらしい栄誉です。

併せてガトー・オ・マロンも最高金賞受賞、こちらにつきましても15年連続です。

それでは、商品のご紹介、アントルメから。

DSC02327a.jpg

桃の涼菓

ヨーグルトムースと桃ゼリーを合わせました。上面は白桃とグロゼイユ(赤すぐり、レッドカーラントとも言います)で飾り、ゆるいアガーで透明感を出して仕上げました。

※ アガーとは・・・

カラギーナン(海藻の抽出物)、ローカストビーンガム(マメ科の種子の抽出物)などを混合したゲル化剤。ゼラチン、寒天と比べて最も透明感が高く、美しい光沢が特徴。プルッとした独特の食感。

DSC02326a.jpg

マンゴの涼菓

ヨーグルトムースとマンゴーゼリーを合わせました。上面はマンゴーとブルーベリーで飾られています。

他にあと3品、「涼菓」として今後登場予定です。乞うご期待、です。

ゼリーを紹介します。

果実めぐり

日本各地のフルーツを使用し、そのみずみずしを閉じ込めたゼリーです。

かわいらしいサイズで8種、ございます。

DSC02319a.jpg

まず4種。左から・・・

メロン

北海道産メロンピューレを使用した上品な味わい。

伊予柑

愛媛産伊予柑果肉を使用、さわやかな酸味。

ブルーベリー

長野産ブルーベリー果肉使用、優しい味わい。

シークワーサー

沖縄産シークワーサー果汁とパイナップル果肉を使用したスッキリとした酸味。

DSC02321a.jpg

残り4種。やはり左から・・・

みかん

熊本産みかん果肉を使用した優しい甘み。

ぶどう

岡山産ぶどう果肉使用、さわやかな味わい。

さくらんぼ

山形産さくらんぼ果肉を使用したまろやかな甘み。

白桃

青森産白桃果肉を使用したジューシーな甘み。

※ 全て洋酒不使用です。

そして、このゼリー、果実めぐりをサマー・ギフトとして・・・いかが?

DSC02324a.jpg

この果実めぐりと、ブールミッシュさん人気の焼菓子を組み合わせた、バラエティー感たっぷりのセットもございます。

DSC02317a.jpgなお、前回、昨年12月のブールミッシュさんの記事もご覧ください。

こちらです。 ⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/12/post-3871.html

また、昨年8月の、ブールミッシュ日本橋髙島屋店さんの記事はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/08/post-3554.html

ブールミッシュ 銀座本店

銀座1-2-3  03-3563-2555

東京メトロ 京橋駅出口3が至近です。

中央通りを右手前銀座方面へ向かい、すぐです。

警察博物館のほぼななめ向かいです。

営業時間  平日 10:00~21:00

      土日祝 10:00~20:00

ブールミッシュさんのホームページはこちら ⇒ http://www.boulmich.co.jp

 

 

ギンザシックス 素敵な外観だけでない配慮 銀座パサージュ、屋上

[銀造] 2017年5月13日 12:00

 平日朝の、まだ混雑していない時間帯にギンザシックスに出かけました。朝9:30、屋上庭園へは、銀座通りに面したFENDIの方から、北エレヴェータを利用しました。 屋上庭園からは、東京タワー、東京スカイツリーも見えました。 そして、素晴らしい植栽を楽しました。ほとんどの植物には名前を記したカードが添えられていて、親切です。

 

 何が素晴らしいかって、植栽のコンセプトは、「江戸の庭園文化」を考慮して、サクラやカエデ類など四季の移ろいを感じることができる樹種を採用、江戸の庶民の暮らしで身近に親しまれた庭園や園芸の文化を伝えようということらしい。これからの四季の移ろいを、品種豊かな樹々で楽しめますね。

 

また、「西欧の広場文化」をコンセプトに、中央部広場は、右手に芝生敷き、左側は水盆の2種で構成したとの事です。 小さなお子さんなら裸足で楽しめそうです。 屋上緑化と水盤を設置して、温度上昇対策ですね。 それよりも、利益度外視で、、この様な立派な屋上庭園を設置した企業姿勢に深く敬意を表します。

 

 そして、一度1階まで下りて来て、銀座通り側から三原通り方面へつながっている「銀座パサージュ」というエスカレーターを利用しました。 お買い物に来られるお客様用だけでなく、かってあった路地をビルの中に残して、地域の生活者のために再現したものだと思いました。「偉い!」と思います。

 

 建物の中央部地上1階の南北に貫通する、「横丁的な通路」の設置も、上記同様、地域の生活者のために設計されたのだなと思いました。 巨大ビルを建設しても、この様に細かい配慮をされた企業姿勢に感銘しました。

 

 

銀座のかおりをお届けします  ~ 銀座百点 ~

[rosemary sea] 2017年5月12日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』についてリーダビリティーを追求して取材します、 rosemary sea です。

 

銀座のかおりをお届けする雑誌、 「銀座百点」

多くの銀座のお店が会員である「協同組合銀座百店会」さんが発行されています。

銀座百点 田辺編集長に記事のお許しをいただきました。

こちらは編集長含め女性のみ4名、編集・広告・事務までこなされている精鋭チームです。

銀座の情報誌として、また銀座の文化の表現媒体として永きにわたりその役割を担ってこられています。

DSC02316a.jpg

創刊は昭和30年(1955年)、毎月発行で5月で750号、これはもう銀座の歴史そのもの、と言っても過言ではありません。

各界有名人によるエッセイや座談会の記事も充実しております。

また創刊号では、久保田万太郎さん、吉屋信子さん、源氏鶏太さんが執筆陣に並びます。錚々(そうそう)たるメンバーですね。

それだけではありません。小説の連載からは向田邦子さんの「父の詫び状」、池波正太郎さんの「銀座日記」、和田誠さんの「銀座界隈ドキドキの日々」などなど、多くのベストセラーが。

 

B6サイズ(B5の半分:182mm × 128.75mm)の持ち歩きに便利なコンパクトな誌面。でも中身はたっぷり。100ページほど。

銀座を歩くときにはとても役に立つタウン誌ですが、普通に読み応え十分です。

銀座にとても興味のある方、また、それほどでもない、とおっしゃる方も是非是非、お手にとられたらよろしいかと。銀座の見方が変わるかも知れませんよ。

因みに発行部数は約9万部、有料で年間購読されている方が約2,000人、だそうです。

 

それではその「銀座百点」を求めるには・・・

 銀座百店会会員店店頭にて無料配布されています。

  会員店はホームページの「銀座百店会店名一覧」及び「銀座百店会マップ」で確認できます。

 年間定期購読もできます。この場合は年間購読料がかかります。

  1冊の定価は送料・税込で348円、年間購読料は同じく送料・税込で4,176円です。

  詳しくはホームページの「銀座百点・定期購読のご案内」をご覧ください。

  銀座に来られなくても、全国どこにいても銀座の情報が受け取れます。

 

銀座百店会

銀座5-8-20 銀座コアビル8階   03-3571-6860

銀座百点さんのホームページはこちら ⇒ http://www.hyakuten.or.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011