中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


観世能楽堂 無料公開イベントレポート&夏休み特別企画「はじめて能」のお知らせ

[ミル] 2017年8月19日 09:00

銀座6丁目のGINZA SIX(ギンザシックス)の地下3階にある、観世能楽堂。

皆さまはもういらっしゃいましたか?

 

わたしは7月8・9日に無料公開イベントが開催された際、初めてお伺いしました

広いホール内に入った瞬間、正面に佇む能楽堂の美しさにただただ感動でした。

 

DSC_7280.JPG  

「能楽堂へ行ってみよう!」と題されたこのイベントは、両日の午後1時・3時・5時からの開催で、各回は15分間。

 

短時間の開催で入場無料という気軽に参加できるイベントだったこともあり、観光客の方やお買い物途中の方などもご来場され、たくさんの観客で賑わっていました。

 

内容は、能楽師の方による能の解説と仕舞(能の一節を装束を付けずに舞うこと)の実演でした。

 

上と下の写真は「高砂」を舞っていらっしゃるところ。

家族円満、恋愛成就の意味合いを持つ、大変おめでたい演目なのだそうです

 
DSC_7281.JPG

仕舞の実演のほか、時折ユーモアも交えてわかりやすく解説をしてくださったのは、観世流能楽師の山階彌右衛門さん。

 

「ゆったりした中で品格を見せていくのが能」なのだそう。

 

観ているこちらも背筋が伸び、敬虔な気持ちになるような能の動き。

とても美しく、茶道や武道にも通じる日本独特の高い精神性が伝わってくるようでした。

 

そして、能のすり足の姿勢は背筋をまっすぐに保つので、能の舞を習うと姿勢が良くなるのだそうです

 

また、能楽堂に描かれている松は神様を表すもので、年に2回神主さんにお越しいただいて、神事を行っていただいているのだそうです。

 

能舞台が神社のように神聖に感じられる理由がわかったように思いました。

 

仕舞の間には、面(オモテ)の解説も。

能面のことは「オモテ」、役者の顔は「ウラ」と呼ばれるのだそう。

 

面をわずかに上に向けるのは、喜びを表す「テラス」、下に向けるのは、悲しみを表す「クモル」。

 

ほんの少しの動きで繊細な感情を表現できる面は、まるでそれ自体が人格を持っているような、確かな存在感を放っていました。

 

DSC_7282.JPG

 

観客席まで面をご紹介に来てくださっているところ。

まるで平安時代のお姫様がやってきたようでした

 
DSC_7285.JPG  
最後に舞ってくださったのは、「羽衣」というおめでたい舞。

イベントの中で寿ぎの舞を2つも見せていただいて、とても有難い気持ちになりました。

ありがとうございました

 

DSC_7287.JPG  
こういった無料開放イベントは初の試みだったそうで、次回はまだ未定とのことですが、今後も能楽堂のスケジュールが空いている時に開催される予定なのだそうです。

 

ご興味ある方はぜひ観世能楽堂のホームページをこまめにチェックなさってみてくださいね。

http://kanze.net/

 

そして、8月22日には、観世能楽堂夏休み特別企画「はじめて能」が開催されます

 

上演の合間に解説を加えながらの「ダイジェスト能」や「謡体験」といった内容で、はじめて能に触れる方にも楽しんでいただける演目となっています。

 

日時:8月22日(火)
昼の部 14:00開演/夜の部 19:30開演

演目:昼の部 ダイジェスト能「橋弁慶」
夜の部 ダイジェスト能「安達原」
出演:山階彌右衛門、清水義也、武田宗典 他

 

詳細はホームページをご覧ください。

 

 

銀座に誕生した、美しい能楽堂。

ぜひ一度、足をお運びください。

 

DSC_7291.JPG

 

 

 

Mona Lisa

[橘] 2017年8月18日 18:00

銀座松屋1Fにある"ルイ・ヴィトン"のショールームにMona Lisaが飾ってあります。

m1.jpg

ウィンクをされたのは、私だけでしょうか

m2.jpg


だとしたら、大変光栄ですが 

 

 

暑い日に獺祭スパークリングがけアイスクリーム

[まぴ★] 2017年8月16日 18:00

町歩きの下見をしていて、たまたま見つけたのですが、
銀座5丁目のミスパリの1階にある、獺祭ストアです。

 

昨年の11月23日ににオープンしたそうで、
京橋にもありますが、銀座の路面店としては初の直営店です。

赤い毛氈のひかれた椅子があり、とても風情がありました。

 

DSC_0135.JPG

 

私が今回惹かれたのは獺祭アイス。
アイスクリームとシャーベットがあるそうですが、
おすすめを聞くと断然アイスだそうで、
獺祭スパークリングが小さなグラスでついていて、
「半分食べたところで注いでお召し上がりください」とのこと。


その通りに試してみましたが、スパークリングがしゅわしゅわして、
すごく美味しかったです。

 

DSC_0132.JPG

 

DSC_0133.JPG

 

アイスクリームは1つ378円
スパークリングもついていて、この値段はびっくりです。
新商品の試飲もさせてもらいました。

 

DSC_0134.JPG

 

山口県の蔵元よりも品揃えはいいそうですし、
獺祭のバームクーヘンやチョコレーもあるそう。
プレゼントにもいいですね(*^^*)

 

獺祭ストアのホームページ

 

 

 

今回は「歌舞伎座殺人事件?!」ー東海道中膝栗毛ー 八月納涼歌舞伎

[滅紫] 2017年8月15日 16:00

100_2490.JPG 100_2488.JPG

 

昨日は37.1度、そのせいか今日は幾分か涼しく感じますが34度。八月納涼歌舞伎開幕2日目の第2部にやってきました。一幕見はすでに「売切」になっており、暑さをものともしない歌舞伎人気が伺われます。

 

昨年はラスベガスまで行ってしまった弥次喜多珍道中ですが、今年はまたまた歌舞伎座に戻ってきました。松竹映画による前回の粗筋の紹介が終わるといきなり宙乗りで弥次喜多が3階席の客席後方から登場。一階席の後ろからは勘九郎さん扮する大道具伊兵衛も現れ、客席は一気に芝居の中に引き込まれます。文無しの二人は人手不足の黒衣のアルバイトを再開、相変わらずの失敗続き。そこで起きた奇想天外な殺人事件に巻き込まれ、さあ大変。猿弥、亀蔵の同心に、前回助けた金太郎・團子主従の探偵、監察医の七之助、中車の座元に児太郎の女房、役者に隼人、巳之助、新悟、竹三郎、竹本の大夫に門之助と豪華な配役。劇中劇の「義経千本桜」「四の切」の巳之助さんのふてくされた静御前と真面目に演じる忠信が何とも上手くて可笑しい。幕切れはまた宙乗りで飛ばされてしまいました。次回はどこから現れるのか楽しみです。

 

染五郎の名前が今年いっぱいになった染五郎さんの弥次郎兵衛と猿之助さんの喜多八コンビの息の合った遊び心満載の舞台でこのくらい笑うと暑さもどこかに行ってしまいそうです。

100_2491.JPG

もう一幕は「修善寺物語」初世坂東好太郎三十七回忌、二世坂東吉弥十三回忌の追善狂言で息子にあたる弥十郎さんが夜叉王、桂を猿之助、頼家を勘九郎さんが演じます。

 

八月の歌舞伎公演は3部制。一部は「刺青奇偶」「玉兎」「団子売」三部は「野田版桜の森の満開の下」です。三部は野田秀樹が勘三郎さんから歌舞伎化を頼まれていて生前には果たせなかった約束の舞台です。来週が待ち遠しい。

 

千穐楽は27日。1部11時 2部14時15分 3部18時30分の開演です。

お問い合わせはチケットホン松竹0570-000-489 (10時―18時)

 

 

美味しい健康ドリンク「FARMACY´S」、銀座にオープン!

[JRTフェルト] 2017年8月10日 12:00

夏真っ盛りですね。ちょっと夏バテ気味・・・という方も多いと思います。

オン・オフどちらでも、何かするには健康であってこそですよね。

今回は、健康や美容が気になる人にピッタリなドリンクショップ、

FARMACY'S』さんをご紹介します。

 
FARMACY'S.jpg
 

こちらは、銀座農園㈱様と日本薬科大様によるコンセプトショップで、

7月28日に銀座にオープンしたばかり。

『FARMACY'S』という店名、聞き慣れない言葉なので、

お店の方に意味を伺ったところ、

農場(farm)と薬局(pharmacy)からなる造語だとのことです。なるほど~!

明るい店内はテーブル席が10席。

テイクアウトも可能なので、時間がなくてもOKです。

『FARMACY'S』では、西洋ハーブ・東洋ハーブ、薬用植物、機能性農産物など、

自然由来の厳選素材で作られた健康ドリンクを、ひとりひとりの体調、状況、お悩みに

合わせてチョイスできます。

 
20170802174225_p.jpg
 

私が注文したのは、美容にこだわりたい時におススメの『BEAUTY(ビューティー)』。

 
20170802174150_p.jpg

見た目がキレイなだけでなく、お味もとっても美味しい~~!

銀座という場所柄、美容や健康への意識の高い人たちをメインターゲットに

されているそうですが、どんな方にも試していただきたい美味しさです。

 

他にも、忙しい時、スッキリしたい時は、陳皮やミントやライム入りの『CLEAR(クリア)』 、

疲れがたまっている時なら、山査子(さんざし)やトマト入りの『ENERGY(エナジー)』、

飲む前なら、ウコンや山査子の入った『DORANKA(ドリンカー)』、飲み過ぎた翌日なら

葛花(かっか)や陳皮の入った『RECOVER(リカバー)』などがあります。

色んな種類があるので、その時の調子、状況に合わせてチョイスしてはいかがでしょうか。

 
20170802180322_p.jpg

20170802180329_p.jpg
 

今回、お店の方に、この時期イチ押しメニューをお尋ねしたら、『高麗人参フローズンです!

と、即、お答えがありました。え?高麗人参??お味が想像できず、試させていただきました。

 
20170802175045_p.jpg
 

こちらもキレイ~!そしてビックリの美味しさ!!マンゴーやパイナップルなどを配合し、高麗人参独特の風味を抑えておられるそうで、生薬や漢方へのイメージが覆されました。

 

夏場は、どうしても冷たいドリンクやアイスなどに手が伸びるものの、「身体には良くないかも」とちょっぴり罪悪感を抱く方もおられると思います。

でも、高品質の生薬たっぷりのドリンクなら、「身体が喜んでるぞ~」という感じ。

イチ押しの『高麗人参フローズン』では、生薬+夏のご馳走フルーツも味わえますよ!

 

忙しいと、ついつい自分の健康管理を後回しにしてしまい、疲れをリセット出来ず溜め込みがちですが、健康ドリンクのパワーを借りで、疲れをリセットしたり、体調を整えれば、大切な時間を有効に使えそう!

いくら身体に良くても、美味しくなくては続けられませんが、こちらのドリンクなら心配なし!

皆さんも、ぜひ、お試しくださいませ!

 

店内の壁には、グラフィックデザイナーのましこゆうきさんのイラストが描かれ、とっても素敵!

ましこゆうきさんご自身も漢方に助けられたお一人で、内装にご協力くださったとか。

こちらは、直接お店でチェックしてみてください。必見です!

 

取材に対応いただきました、山口様、石郷岡様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

~店舗情報~

店 名 ; FARMACY'S

住 所 ; 中央区銀座一丁目3番先 北有楽ビル1階

場 所 ; 外堀通り(西銀座通り)・有楽橋交差点(JR側)を八重洲方向へ。50mほど

    東京メトロ有楽町線・銀座一丁目駅 1出口すぐ、有楽町駅 D9出口徒歩1分

営 業 ; 10時~18時(不定休、時間については変更の可能性あり)

店舗HP; <ahref="http://www.farmacys.jp/">http://www.farmacys.jp/

 

 

「飾りたいと思う写真展」〔Art Gallery M84〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年8月 9日 16:00

m84000.JPG

銀座4丁目、ウインド銀座ビルの5階にあるArt Gallery M84で、現在、「飾りたいと思う写真展『アートの競演2017葉月』」が開催されています

毎年2回開催されている、20数名(今回)の作家の方々が出展された写真展です

下の写真、赤〇の場所がギャラリーです

m84100.jpg

開催期間は、7月31日)から8月12日)までで、開館時間は、10:30から19:00までです。最終日は、17:00までとなります。

m84200.JPG

会期中は無休で、入場無料ですよ

m84300.JPG

まさに、「飾りたいと思う写真」、「アートとして仕上げられた作品」の展覧会です

m84400.JPG

美しい

どうやって撮ったのだろうこれは本当に写真だろうかまさに目を釘付けにするような美しい作品が展示されています

m84500.JPG

カラーの作品もあれば、モノクロームの作品もあります

その中には、ピンホール写真ダゲレオタイプ銀板写真の作品もあり、それらがまた、神秘的な美しさをもっていて、芸術作品としての写真の奥深さを実感させてくれました

m84600.JPG

是非、会場で肉眼で、鑑賞していただきたい写真展です

m84700.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影につきまして、特別にご了解をいただきましたありがとうございます

Art Gallery M84のHPはこちら ⇒

http://artgallery-m84.com/