中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区文化・国際交流振興協会 国際交流のつどい2015

[銀造] 2015年11月26日 20:00

 中央区文化・国際交流振興協会 「国際交流のつどい2015」は、2015年11月21日、築地社会教育会館で開催されました。

このイベントは、中央区の日本人と外国人との文化交流の促進と相互理解を深めるため、年に1度開催しています。

私も毎年参加していて、今年で7回目。

会場の1階の受け付けて貰い、お目当ての会場へ進みます。 なんと言っても、一番に足が向くのは食事場所。

DSC08862 (350x197).jpg

この日は、韓国のチヂミ、日本のおでん、スリランカのミルクティーをご馳走になりました。大変美味しく頂きました。

DSC08863 (350x197).jpgDSC08866 (350x197).jpg

 到着した時間には、盆踊りが終わっていて、拝見出来ないのが残念でした。

それではと、墨絵体験コーナー

DSC08969 (350x197).jpg

生け花コーナー

DSC08970 (350x197).jpg

 折り紙体験コーナー などを巡って、

DSC08973 (350x197).jpg

おっと、今日は、三味線の体験コーナーもありました。急いで、駆けつけました。

司会の人の説明と模範演奏と三味線体験を指導して頂いたお師匠様方、

DSC08870 (350x197).jpg

積極的に体験している男性も二人ほどいました。 真剣な表情です。

DSC08876 (350x197).jpg

このあと、まだ沢山の紹介コーナー、スペインのフラメンコ舞踊などが紹介されましたが、それは、次回、Part 2 でご報告します。

PS.12月には、「お茶体験」もあるようです。 詳しくは、こちらをご覧下さい。http://www.chuo-ci.jp/

 <本記事の掲載については、中央区文化・国際交流振興協会の許可を頂きました。>

 

 

中央区文化・国際交流振興協会 国際交流のつどい2015 Part2 フラメンコも楽しみました

[銀造] 2015年11月24日 20:00

 さて、Part 1にて、美味しいチヂミやおでん、薫り高いスリランカのミルクティー、その他の催し物についてご報告しましたが、

会場では、防災コーナーもあり、防災ビデオの放映もあり、非常食の試食も体験しました。

DSC08965 (350x197).jpg 

 非常食と緊急セットのプレゼントを頂きました。皆さんも、ご用意されては如何でしょうか?

DSC08966 (350x197).jpg

 中央区文化・国際交流振興協会のボランテイアの人が活動について説明していました。

沢山の外国からの方々が友達になり、お互いの国の文化やライフスタイルを理解しあえたら良いですね。

DSC08968 (350x197).jpg

 さて、この日の外国の踊りは、フラメンコということで、出先から駆けつけました。

ご出演は、石井智子フラメンコスタジオの皆さんでした。少年も格好良く、ポーズを決めています。

DSC08895 (350x197).jpg

 素敵なダンスの披露の間には、スペイン語のレッスンもして頂いて、メキシコからの留学生も受け答えで大変嬉しそうでした。

フラメンコの簡単な指導をして頂いて、踊りで一回転した後は、オーレ! 背筋が伸びて、姿勢が良くなった気が致しました。

石井智子さんも加わって、華麗にして豪快なフラメンコの踊りです。

DSC08964 (350x197).jpg

入会案内のリーフレットを頂きました。「入門クラス」に入ってみようかなと考えています。

フラメンコを体験したい方、入門したい方は、銀座一丁目の石井智子スタジオがお近くで、お勧めです。

詳細は、こちらをご覧下さい。http://tomokoishii.com/html/004.html

 毎年、楽しみにしている国際交流の集いです。スタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。

今年も大変楽しかったです。 スペイン語で、Muchas gracias!

 <本記事の掲載については、中央区文化・国際交流振興協会の許可を頂きました。>

 

 

三菱商船学校と商船教育140年

[之乎者也] 2015年11月10日 09:00

新川2丁目の永代橋西詰に「船員教育発祥の地」の記念碑が建っています。Mitsubishiship7.jpg今から140年前の明治8年(1875年)11月1日、東京商船学校(現、東京海洋大学海洋工学部)の前身である三菱商船学校が設立された場所です。Mitsubishiship6.jpg

当時、250年余り続いた鎖国により日本の海運業は立ち遅れ、主な外航船の運航は外国人船員に頼っていました。近代国家としての体裁を整えるためにも、明治新政府は、日本人による国際航路の運航を急務と考え、内務大臣大久保利通の命令により、三菱財閥の岩崎彌太郎に命じ、霊岸島(現在の新川)傍の大川に係留した帆船・成妙丸を校舎・練習船として、本格的な高等船員教育が始まったのでした。Mitsubishiship1.jpg

【「校船 成妙丸(明治8年)」東京海洋大学百周年記念資料館提供】

 

霊岸島で設立された三菱商船学校は、その後官立に移管されて東京商船学校となり、現在は隅田川を挟んで反対側の江東区越中島の東京海洋大学海洋工学部に引き継がれています。Mitsubishiship3.jpg

【「商船学校 霊岸島校舎(明治27年)」東京海洋大学百周年記念資料館提供

 

大久保利通は、岩崎彌太郎に命じて商船学校を作らせましたが、土佐藩のビジネスを引き継いだ九十九商会(1870年設立)を源流とする三菱蒸気船会社の本社が日本橋南茅場町に置かれていた(明治7年)ことや、同社が東京⇔大阪、高知⇔神戸航路などで蒸気船運送を行っていた(三菱蒸気船会社は、明治18年に三井系国策会社の共同運輸会社と合併して日本郵船となる)ことなどから、海運のプロとしての岩崎彌太郎に白羽の矢が立ったということでしょうか。

永代橋から新川公園、中央大橋、石川島公園を歩いていくと相生橋に突き当たります。橋を渡った江東区の越中島に東京海洋大学百周年記念資料館があります。こちらでは常設展示(船のエンジン、船模型、信号用手旗、ロープワーク他)があるほか、明治丸の甲板にも上ることができます。写真はご案内頂いた記念資料館ボランティアで東京商船大学OBの森さんです。Mitsubishiship5.jpg

なお、記念資料館では特別展として11月30日までの期間「船が開く明治~商船教育140年記念展示~ 人が船を育て、船が人を育てた」を開催中です。文中掲載の三菱商船学校関係の写真は同展示で期間限定公開されているもので、東京海洋大学百周年記念資料館さんのご好意により提供頂きました。

 Mitsubishiship4.jpg

 記念史料館は江東区・越中島にありますが、対岸の霊岸島(現、中央区新川)に設立された三菱商船学校の歴史を知る良い機会です。永代橋西詰の「船員教育発祥の地記念碑」から中央区のウォーターフロントの歴史に思いを馳せながら足を伸ばしてみたら如何でしょうか。

 

【船員教育発祥の地記念碑】

所在地: 中央区新川1-30先(永代橋西詰・永代通り南側歩道)

(日比谷線・東西線茅場町下車徒歩5分)

 

【東京海洋大学海洋工学部百周年記念資料館】

〒135-8533 江東区越中島2-1-6 東京海洋大学越中島地区キャンパス 百周年記念資料館

(地下鉄有楽町線・大江戸線月島駅から徒歩約10分)

開館時間:1000~1500 (火・木/第1・3土のみ開館)

入館料:無料

TEL;03-5245-7360(明治丸海事ミュージアム)

 

 

ドキドキのバスガイド。「皆さまご乗車ありがとうございます。」

[小江戸板橋] 2015年11月 6日 08:00

やはり、緊張します。

バスに乗車して、老若男女、不特定多数の方々に向かい、

マイクを通してご案内するのですから。

お客さまの共通点は、「中央区まるごとミュージアム2015」の会場を巡るため、

1日限定で運行するバスに、ご乗車いただいたということ。

区内各所で繰り広げられている様々なシーンを、どうお伝えすれば良いのか。

普段、仕事で感じる緊張とはまた違う感覚に、少し酔ってしまいそうです。

 

バスの運行ルートは決まっていますから、前準備ができます。

私も、間違ったことを伝えては大変と、こつこつと準備をしていました。

中央区の最新の人口は何人だろう。

2020年の東京オリンピック選手村の規模や概要は、どのように公表されているか。

箱根駅伝のコースはどこを通るのだろう。

東京マラソン2016のコースはこれまでと変わりはないか。

勝鬨橋の下流に架かる橋の正式名称は、築地大橋で良かったか。

晴海オータムフェスティバルにはどんな種類のクラシックカーが出場するのか。

最近、区内でロケを行ったテレビ番組はあるのか。

大河ドラマや朝ドラと、かかわりのある場所はどこだろう。 ・・・。

パソコンで検索していると、いつの間にか深夜時間に突入していました。

観光特派員になると、中央区の様々なイベントに参加できます。
中でも11月1日に行われた「中央区まるごとミュージアム」の会場をつなぐ
バスのボランティアガイドの活動は、とても面白いものです。

  
緊急事態です。
突然、先行するバスとの間隔を調整するため、暫く停車することに ・・・。
何を話しましょうか。歌でも歌って、間を持たせましょうか。
こういう時にこそ、前準備の成果を発揮しなくては。
元気な子供さんがいてくれると助かります。
一緒に、すれ違う車の話題に乗ってみたり、昨日のハロウインの話をしたり。
定番アニメの知識は、私、意外と豊富です。
それでもいざマイクを持つと、なかなか思うように言葉が出ないものですね。

 

一番大切なことは、お客さまに気持ちよくご乗車いただくこと。
乗車時の「こんにちは」と、降車時の「ありがとうございました」は、
明るく1人ひとりに、お伝えしました。
「とても良い声でしたよ」
気品のあるおばさまが、降車するときにささやいてくださいました。
素直に、とても嬉しくなりました。
家に帰ったら、さっそく妻に報告しなければ。

 

 
1