中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


隅田川テラスで春のお散歩、フォトスポット攻略マップ。

[柴犬] 2018年3月 7日 09:00


東京都心部を流れる隅田川。この川沿いを、親水公園やテラスとして整備し始めて数年が経ちました。流域全ては完成していませんが、すでに地域の人や観光客、ランナーさん達の憩いの場として定着しています。東京湾岸から浅草方向までほぼノンストップで歩けるとってもオススメの散歩コースです。歩行者のみで車両(自転車含む)は入れませんので安全です。


公式HP 集まれ!隅田川


今回はこの隅田川テラスの中央区部分、両国橋から永代橋の手前までを、画像たっぷりで解説します。歩いてみたいけどよく知らないからめんどくさい...という方に是非!撮影にぴったりの場所や、穴場の桜鑑賞スポットもありますよ。


IMG_1877.jpgこのような感じで、スカイツリーや国技館などの観光地を眺めながら広ーいテラスを歩いてゆきます。


IMG_1885.jpg画像が見辛いかもしれませんが、今回ご紹介するのはこの流域です。


まず、入り口は両国橋から。


IMG_1872.jpg


一つ目の入り口です。反対側は、今まさに工事中。


IMG_1871.jpg

あと一ヶ月ほどで完成予定です。ちなみに、親水テラスを1㎡工事するのに、約33万円かかります。この場所の総工事費は、約116400千円!花壇に何が植えられるのか楽しみですね。


IMG_1874.jpg2分ほど歩くと、すぐに二つ目の出入り口があります。

ディズニーランドかと思うような階段。中々の撮影スポットです!ここを上がると「東日本橋一丁目歩道橋」。周囲には日本橋中学校があります。かつて矢ノ倉と呼ばれていた地域です。川沿いのテラスも素敵ですが、上に上がると、


IMG_1875.jpgこのように道路よりだいぶ高くなっていて、柳がたなびく趣ある散歩道となっています。ここを走っているランナーさんも多いです。


さて、テラスに戻って歩きます。


IMG_1876.jpgここもまた、中々の撮影スポットです。


2分ほど歩くと三つ目の出入り口が。


IMG_1878.jpgここも素敵ですね。上に上がると、様々なテレビ番組が撮影されていることで有名な「浜町スタジオ」があります。

また、この場所は「東京水辺ライン」の発着場にもなっています。


IMG_1880.jpg

水路を利用して都内を移動したい方、船の観光を楽しみたい方は是非!



テラスの壁側には、江戸時代のこの辺りの景色が描かれた浮世絵のパネルがたくさんはめ込んであり、気分を盛り上げてくれます。


IMG_1881.jpgまた、水辺にもギリギリまで寄れる箇所があり、楽しいです。


IMG_1882.jpg

2分ほど歩くと、4つ目の出入り口が現れます。


IMG_1883.jpg今までよりことさら大きいこの出入り口はどこに繋がるかというと...


IMG_1884.jpg一部の方には「ポケモンの巣」でお馴染み、「中央区総合スポーツセンター」です。都営地下鉄浜町駅もすぐそばです。そこそこ広い公園ですので、お祭りやイベントも度々行われており、早朝や夕方にはたくさんの可愛らしいお犬様たちがお散歩なさってます。動物好きな方には眼福な場所です。

テラスに戻ります。


IMG_1887.jpg穏やかな早春の隅田川です。見えているのは新大橋です。大正12年に起きた関東大震災で、この橋の上に避難した多くの人が救われたため、「人助け橋」とも呼ばれました。現在の橋は昭和51年に架けられたものです。区民有形文化財指定。


そこから3分ほど歩くと、五つ目の出入り口があります。


IMG_1888.jpg

ここを上がると直接新大橋に繋がっているので便利です。


このあたりに、なんとドッグランがあります!


IMG_1889.jpg

IMG_1890.jpg十分走れるドッグランです。その名も「わんわん広場」。利用は、平日は午前7時から午後8時30分、土日祝日は午後3時30分までです。利用料はもちろん無料、飲食や喫煙、犬の訓練やブラッシングは禁止です。


ここからすぐに、六つ目の出入り口があります。


IMG_1892.jpgここを上がると箱崎で、アパホテルなどビジネスホテルがあります。かつては中洲と呼ばれていました。ここは夜になると暗くて人通りもなくなるので、一人で出歩くのはあまりおすすめしません。明るいうちは楽しいです!


ここから3分ほどで、7つ目の出入り口があります。


IMG_1893.jpgここは日本橋消防署浜町出張所に直結している階段なので、時々、訓練している消防士さんが見られます。


IMG_1894.jpgかっこいいですね。

さて、スタート地点の両国橋から大分歩いてきました。ついに、隅田川が誇る美女・清洲橋が見えてきました!


IMG_1895.jpg3分ほどで、八つ目の出入り口があります。


IMG_1896.jpgここを上がると清洲橋、イオンなどがあります。


IMG_1900.jpg

清洲橋は国の重要文化財指定を受けています。関東大震災後の昭和3年に、復興事業として新しく架け替えられました。ドイツのライン川に架かる吊り橋を元にデザインされたのですが、元となったライン川の橋はなくなってしまったそうで、ここにあの橋がある!と、ドイツの方が見にこられたりしています。



清洲橋を対岸に渡ると、今やイーストトウキョウの代名詞となったおしゃれエリア、清澄白河です。

今、隅田川の中央区側をずっと歩いているわけですが、対岸は江東区。平賀源内や松尾芭蕉ゆかりの地です。こちらもとっても楽しくて美味しいところ。


IMG_1899.jpg

隅田川テラスには椅子もたくさん置いてあるので、疲れた時や荷物整理をしたい時にもに安心です。清洲橋付近にはテーブル付きのお休み処もあるので、お弁当を食べるにもいいかもしれません。


IMG_1898.jpg

IMG_1901.jpgポイントは、水面から最大限離れていることです!水面のすぐ近くに椅子やテーブルがセッティングしてある親水公園は結構多いのですが、酔う恐れが高いです...。



5分ほど歩くと、九つ目の出入り口。


IMG_1902.jpgダイワハウスリバーゲートです!近くには水天宮などがあります。

建物が大きなゲートにようになっていて、街側を歩く人も川辺の景色を楽しめるように、風が通るように設計されています。さすがダイワハウス。



そして、すぐ近くには10個目の出入り口。


IMG_1903.jpg箱崎IBMです。

ご覧の通り、この辺りは桜がたくさんに植えてあり、春になるととても美しいです!いわゆる観光地ではなくビジネス街のため、あまり知られていないようで、穴場のお花見スポットです。橋がライトアップされるので、夜桜を見るには絶好のロケーションです。



ほどなく11個目の出入り口があり、隅田川テラスは一旦終了です。


IMG_1905.jpg

日本橋川を隔てて向こう岸は新川エリア。永代橋とリバーシティ21が見えています。

豊海橋を渡ったあちら側にも隅田川テラスは続いています。地続きで行けるのは永代橋の手前までです。


長らくお付き合いいただきましたが、両国橋からここまでで、スタスタ歩いたら30分もかかりません。ちょうど良いお散歩コースかと思います。テラスの途中にもこのような


IMG_1897.jpg地図があちこちにありますので、どこから街側に上がるか、あるいは水路を行くのかも迷わずに済むかと思います。



暖かくなると、隅田川テラスではたくさんのお花が咲きいてとっても華やかになります。間も無く工事が完了する隅田川テラス、どうぞ、お花見がてらお散歩しにきてください。浅草・墨堤まで隅田川を歩くのも楽しいですよ!一時間ほどです。

 

 

2018 大寒桜開花

[サム] 2018年3月 1日 16:00

DSC01936ELS'.jpgDSC01948RS'G.jpg 永代橋西詰め南側隅田川テラスの早咲きの「大寒桜(オオカンザクラ)」が開花。

オオカンザクラはカンヒザクラとオオシマザクラの交雑種といわれ、樹高は5~10m程に、樹冠も大きく広がり、薄紅色の花弁は大きな円形で、先端に細かい切れ込みが多いのが特徴とされます。

埼玉県川口市の安行(あんぎょう)にあった原木から全国に広まったので、「安行寒桜」とも呼ばれる、早春を代表する桜のひとつ。

新川公園(新川2) 隅田川テラス 中央大橋北東袂の「河津桜」と共に、一足早い春を感じさせてくれます。

 

 

永田町に中央区の縁を見た!

[下町トム] 2018年2月20日 12:00

摂社日枝神社.jpg

ご存じのとおり日枝神社は東京を代表する伝統ある神社の一つです。もとをただせば、比叡山にルーツを発する歴史を持ち、古くから崇敬を集めてきました。

 

中央区の茅場町にはこの日枝神社の摂社があります。そもそもはこの辺りに「お旅所」が設けられ、江戸時代には神仏習合の総合的な信仰の場所として栄えました。今ではビルの谷間にひっそりとたたずんでいるようにも見えますが、山王祭の際にはひときわ賑わいを見せてくれます。

 

IMG_2411_R.jpg先日、千代田区永田町にある日枝神社を訪ねたところ、狛犬の台座に何と「南傳馬(伝馬)町」の文字があるではりませんか。「南伝馬町」は今は町名がなくなり、京橋の一部に組み込まれていますが、江戸時代には大伝馬町、小伝馬町とともに「三伝馬町」と呼び慣わされました。中央区の歴史の中でも重要な位置づけです。
後に赤坂にも「赤坂伝馬町」が中央区の「三伝馬町」に付属する形で設けられたとかいうことなので、いろんなつながりがあったのでしょう。

 

他区においても中央区の歴史の一端を垣間見たひとときでした。

 

 

祝金メダル 特別ライトアップ

[サム] 2018年2月19日 12:00

P2170338ELS'.jpgDSC_1036ELS''G.jpg 平昌オリンピック9日目の2月17日、フィギュアスケート男子フリーで、羽生結弦選手が圧巻の演技を披露し、SPと合わせ、317.85点で二連覇を達成。

今大会の日本勢金メダル第一号です。

祝福の気持ちを込め、東京スカイツリーでは同夜17:30~24:00、2013年に公募によりデザインされた、金メダルをイメージした特別ライトアップが点灯。永代橋越しに見事な金メダルの輝きが望めます。

東京タワーでも同様に「金メダルおめでとう!スペシャルダイヤモンドヴェール」が点灯。

宇野昌磨選手も合計306.90点で銀メダルに耀き、フィギュアで初めて複数の日本選手が表彰台に立ち、列島各地が大歓声に包まれました。

 

 

 京華スクエア 〜地域の発展のために〜

[東京ダンボ] 2018年2月14日 14:00

八丁堀すずらん通りの南端、八丁堀3丁目にある京華スクエアは、1901(明治34)年に創立された京華小学校が形を変えて地域に貢献して生き続けている施設です。

 

IMG_2548.jpgIMG_2547.jpg

 

現在の建物は関東大震災後、耐震性に力を入れた「復興小学校」として1929(昭和4)年に建てられた旧京華小学校・幼稚園の建物を再利用して使い続けています。

 

IMG_2550.jpg

 

京華小学校は中央区が人口減の時代であった1993(平成5)年に、鉄砲洲小学校とともに中央小学校に統合されたため閉校となっていましたが、2001(平成13)年に京華スクエアとして中央区立ハイテクセンター(研修室・会議室・展示場・ロビー)、京華コミュニティルーム、中央区シルバー人材センター、早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校などが入り蘇ったものです。

 

IMG_2558.jpgIMG_2559.jpg

 

校庭ではあの二宮金次郎が勉強を続けていました。

 
IMG_2553.jpgIMG_2552.jpg
 

早稲田大学エクステンションセンター"Extension"(=拡張、開放)の意味するとおり、早稲田大学の研究・教育機能を広く社会に開放するための機関で、八丁堀校では「早稲田大学オープンカレッジ」として、教養・ビジネス・語学・スポーツ等、春・夏・秋・冬の学期ごとに講座を多数設置し、昼夜合わせて年間約550講座を提供しているそうです。

 
こんな近くに大学として日本最大の生涯学習機関「早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校」が設置されているのですから、利用しない手はないですね。
 
東京ダンボも今年から学習を開始しました。
幾つになっても勉強はできるものですね。
 
スクリーンショット 2018-02-11 21.53.16.png
 

 

平昌オリンピック開会式特別ライティング

[サム] 2018年2月13日 18:00

DSC01856ELS'.jpgDSC_1036ELS''G.jpg  2月9日、第23回オリンピック冬季競技大会(PyeongChang 2018)が開幕。冬季大会としては過去最多の92ヵ国と地域、2,900人余りの選手が参加し、17日間にわたり7競技102種目の熱戦が繰り広げられます。

東京スカイツリーと東京タワーでは、開会式が行なわれた同夜、日本代表選手にエールを送るオリンピックシンボルの「青・黒・黄・緑・赤」の特別ライティングが点灯。

東京スカイツリー 17:15~24:00 東京タワー 日没~23:00

ライトブルーにライトアップされた永代橋越しに、五輪カラーが映えています。

大会期間中、日本代表選手・チームが金メダル獲得の際にも、祝福の気持ちを込め、「金メダルおめでとう!スペシャルダイヤモンドヴェール」(東京タワー)、「金メダルをイメージした特別ライティング」(東京スカイツリー)、を各々点灯予定と聞きます。

 

 
<<前のページへ 1234567891011