中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


◆ 東京駅八重洲口発のバスに乗って

[隅田の花火] 2017年8月13日 09:00

土曜日の夕方の東京駅。いやぁ、今日も暑い1日だった。

これから中央区の勝どき駅に行かないといけないので、八重洲口から出ている「深川車庫前」行きのバスの乗り場を探した。

 

丸の内南口から出ているバスを使っても、勝どきに辿り着くことが出来る。しかも有楽町や銀座や築地の街並みを見ながら。でも今日は、八重洲口発の都営バスにしてみた。

 

このルートのバス停はたぶん、東京に詳しくない人だと、聞き慣れない名前が多いかもしれない。

 

   17:46 東京駅八重洲口

   17:47 通り三丁目

   17:49 八丁堀二丁目

   17:50 亀島橋

   17:51 新川

   17:54 新川二丁目

   17:55 鉄砲洲

   17:57 湊三丁目

   17:58 明石町

   18:00 聖路加病院前

   18:01 築地七丁目

   18:03 勝どき橋南詰

   18:04 勝どき駅前

 

中央区の中でも下町色の濃い、ディープなエリアを通るこのバス。本数こそ少ないが、乗るたびに違う味がしてくるので、たまに乗りたくなってしまう。列に並び、バスに乗り込んで、今日は初めてバスの一番前に陣取ってみた。

 

 

バスは東京駅から八重洲通りを真っ直ぐに、新川・佃方面へと走っていく。八重洲通りの左側が昔の日本橋区、右側が京橋区だったので、その境を走っている。

中央通りとの交差点にある『 平和の鐘』を横目に過ぎていくと、不思議な名前のバス停「通り三丁目」に停まる。

s_hanabi50-1.jpg

名の由来は、八重洲通りでもなく、中央通りでもない。昔の町名「通(とおり)」から来ているらしい。

今の中央通りは江戸時代、日本橋を起点として延びていた東海道の道筋で、その東海道の最初の区間、日本橋と京橋の間の道沿いに賑った細長い町の名前が「通」。江戸時代の初めから栄えた商業地だ。

昭和48年にその町名は消えてしまったものの、バス停にその名前を残してくれている。なんとも嬉しいバス停である。

 

 

バスはビジネス街を抜け、亀島川に架かる亀島橋を渡り、新川地区に入っていく。

 

「新川」の名前は、かつて東西に流れていた運河の名前に由来するというが、今はもう、埋め立てられてしまっている。

 

今度の日曜日の深川八幡祭りでは、この辺りも55基のお神輿が巡行する。隅田川の人気のある2つの橋をお神輿が渡るので、とても好きな夏祭りだ。

s_hanabi50-2.jpg

深川から清洲橋を渡ってきて、箱崎や、ここ新川地区を通り、永代橋で隅田川を渡り直して深川の富岡八幡宮へと戻っていく。特に永代橋辺りは見物人の溢れる人気エリアとなっている。

s_hanabi50-3.jpg 

この祭りの特徴でもある「水かけ」の風景は各所でみられ、それを見ているだけでも、この祭りにかける人々の情熱を体感でき、感動もできる夏祭りである。

s_hanabi50-4.jpg 

また新川地区は、昼食のための休憩タイムにあてられているエリアなので、その間、お神輿の博物館状態になる場所でもある。まじまじとお神輿自体を見物してみたい人には、良い場所かもしれない。

s_hanabi50-5.jpg 

 

さて、このまま八重洲通りを真っ直ぐに進んでいくと、「中央大橋」で隅田川を渡ることになる。しかしバスは八重洲通りをサヨナラして右に曲がる。

 

曲がったかと思えば、すぐ「新川二丁目」のバス停で停まり、発進したら目の前にある「高橋」を渡らずに左へと折れる。何だか慌ただしくなってきた。

この慌ただしさは、バスが亀島川を渡るのにわざわざ「南高橋」を選んでいるせいではないのか、という疑念を生じさせる。

 

南高橋は、この辺りの橋の中でも、粋な作りの橋だ。関東大震災の復興で架け替えられた旧両国橋の部材を使っているので、レトロ感が満載である。川を渡るのにこの橋を選ぶとは、このバスも、なかなかニクいことをしてくれるものである。

s_hanabi50-6r.jpg 

 

バスは、鐵砲洲稲荷神社の前にさしかかる。バス停も「鉄砲洲」。面白い名前である。かつて隅田川の河口辺りにあった洲が、鉄砲のような細長い形をしていたから、とも言われているが、面白い名前にしては、少し理由がつまらない。

 

佃大橋の高架の下をくぐった先が明石町。やたらと「◯◯発祥の地」という、石碑やら記念碑やらの多いエリアに入っていく。

この辺りは開国後「築地居留地」として、東京の中でも新しい外国の文化が、いち早く入ってきたことがその理由だが、そもそもこの明石町という名の由来は、兵庫県の明石の浦の風景に似ていたから、という説がある。

江戸時代の人は、明石町の海の先に浮かぶ佃島を淡路島に見立てていたに違いなく、きっと綺麗な江戸の海の風景が広がっていたのだろう、と想像ができる。

 

 

『平和の橋』の下にある「聖路加病院前」のバス停で停まった。この『平和の橋』の名付け親は、先日105歳で永眠された日野原重明先生なのだそうだ。

s_hanabi50-7.jpg

微かに鐘の音が聞こえてくる。聖路加病院の18時の鐘の音である。雰囲気のよい場所には、よいメロディが流れるものだ。この鐘の音とともに、日野原先生の平和への想いも、ここ明石町の空の下で受け継がれていくのであろう。

s_hanabi50-8.jpg 

 

そしてバスは、昔、小田原町と呼ばれていた街を抜けていく。この辺りを裏築地と呼ぶ人もいて、隠れた名店が多いところであるが、路地裏の道に入っていったりすると、思わぬ建築が目の前に現れたりして、ビックリする場所でもある。

 

晴海通りを左に曲がるとすぐ勝鬨橋。この橋が一番格好よく見えるのは、自分で車を運転して渡る時だと、この前運転して思った。なので今日は一番前に陣取って橋を見てみたかった。やっぱり自分で運転した時のほうが、格好良く見えたと思う。

 

橋を渡った先が勝どき。いろいろな所を巡ってきたが、意外とあっという間である。

 

 

時間があったので「勝どき橋南詰」のバス停で途中下車した。今日は隅田川の夕暮れが綺麗そうなので、勝鬨橋まで少し戻ってみようと思ったからだ。

s_hanabi50-9.jpg 


雲が多かったけれど、暮れていく水面を見ることができた。良い景色である。もう少し経てば、東京タワーにも明かりがついて、屋形船もたくさん現れてくる。

 

隅田川テラスにおりて、夕涼み、といきたいところだったが、駅に向かわないといけない。仕方なくこの場所を後にし、勝どき駅まで歩いて、ちょっとした小旅行を終わらすことにした。

 

 

 

越前堀と間知石(けんちいし)

[O'age] 2017年7月26日 09:00

中央区新川1・2丁目地域には江戸時代、越前福井藩・松平家の中屋敷がありました。屋敷は隅田川に面し、他の三面に堀が設置されていました。この堀は「越前堀」と呼ばれ、旧町名のもとにもなりました。詳しい説明板は、今年春リニューアルオープン、明るくなった越前堀児童公園内にあります。

IMG_9936.JPG IMG_9941.JPG

この堀の護岸は石積みで、堀幅は12~15間(20~30m程)あり、運河としても用いられたようです。この護岸の石は、道路工事などの際に掘り出され道路わきなどに展示されています。間知石といわれる形状のものです。石の表面は基本的には四角で、後ろの部分は四角錐の先端へ向けて細くなり、隙間には割石などを詰めて積み、擁壁を作るための石材です。

 

以下は中央区内・歩道脇での、間知石の展示です。

越前堀跡(新川2丁目付近)

IMG_9239.JPG IMG_9240.JPG

汐留遺跡関連(昭和通り・銀座8丁目付近)

IMG_9873.JPG IMG_9874.JPG

堀留川跡関連(小舟町)

IMG_9892.JPG IMG_9900.JPG

これらは道端の目立たない展示ですが、江戸時代の堀や水路などの遺跡を忍ばせる中央区内まち歩きの楽しい展示の一つです。

 

 

 

中央区立阪本小学校

[yaz] 2017年7月 7日 09:00

私は現在72歳。父も母も卒業した中央区立阪本小学校を60年前に卒業しました。中学校は紅葉川中学校、生徒数の減少で廃校となり、日本橋中学校と有馬中学校と合併し私にとっては「なし」の状態です。さみしい。同様に子供の減少があるにも拘わらず、現存している阪本小学校は末永く残ってほしいものです。関東大震災後の復興小学校の校舎(鉄筋コンクリート)を壊して、平成31年初頭(2019年)に新しい校舎に移るという話なので、現校舎を見せてもらいました。私の会社のオフィス(生まれて育ったところ)から徒歩3分程度の所にあるにも拘わらず、卒業後は訪問したことがないので、許可を取って内部を見てきました。

(最近は物騒なので、勝手に入るわけにはいきません)

「併設幼稚園がなくなった・用務員室の場所が変わった」以外、基本レイアウトは変っていないので60年前を思い出しながら"一人で"歩き回りました。(良く許可してくれたと、思います)

阪本小学校歴訪の機会を与えて頂いた校長先生はじめ関係者の皆様に感謝いたします。

 

【阪本小学校の歴史】

この学校は明治6年5月(1873年)元熊本藩主細川家の下屋敷であった場所に、『第一大学区第一中学区第一番小学 阪本学校』と称して開校した。一部九鬼式部邸にもかかっているかもしれません。この辺りは坂本町という名の町が傍にあるので、坂本小学校と名付けたようですが、現在坂本町は存在せず兜町となっています。(いつから"阪"になったのかの理由は不明です)

阪本小学校用地(細川邸).png 阪本小学校開校の説明.JPG

 

開校時の生徒数は36名であったが、木造校舎を新築した明治7年4月には267名に増えています。明治13年には校名を 公立阪本小学校、同女子小学校と称しました。明治22年には男校舎を取り除き女校舎に合併し、男女授業を隔日としたとのこと。(学校でも、男女"6"歳にして席を同じゅうせずですね)この時木造総二階の新校舎が落成しました。

木造校舎.gif

大正12年9月1日 関東大震災に羅災。校舎は全焼。東京市は罹災後の救助、救援活動などで学校建築の重要性を認識し、東京市臨時建設局学校建設課の共同設計による「復興小学校」の建設を急ぎました。中央区には、阪本小学校の他、明石小学校・城東小学校・泰明小学校・中央小学校・常盤小学校・京華小学校・十思小学校などが当時の建築様式を現在も残しています。復興小学校の建築方法が見直され、保存運動が持ち上がっているようです。

 

復興小学校(阪本)建築現場.png 

昭和3年 3階建て鉄筋コンクリート校舎落成

 

築89年、現在も当時の校舎が使われています。なくなってしまうのは残念です。(新校舎の設計図は未だ出来ていないようなので、現校舎の一部が保存されるかどうかは不明です)

kousha_p.gif

 

平成11年2月 125周年記念式典(講堂で開催されたようです)

125周年記念式典.gif

 

【阪本小学校の現状】

入り口の像は「少女」というタイトルで、山本正道氏作品です。

阪本小学校入口.JPG

 

文部博士中村孝也 作詞
東京音楽学校   作曲
一 富士の高嶺の白雪も
   登らばついに掬ぶべし
   学びの山も麓より
   撓まず倦まず踏み分けむ(ん)
   名も阪本の我等の学び舎
   仰げば遠し 空のあなた
二 赤き心のもみじ川
   月を浮かべて流れゆく
   教えの海に漕ぎ入りて
   底の真珠を探りなむ(ん)
   名も阪本の我等の学び舎
   行手は広し 浪のあなた

 

現在は富士山も見えないし、紅葉川(もみじ川)も埋め立てられて高速道路、寂しい限りです。校歌だけは60年前と変わらずうたわれています。

現在の全校生徒数は、男子86名・女子71名 計157名。学区は兜町・茅場町ですが、学区外からの生徒が半数程度いると考えられます。60年前は学区内の生徒だけで、6年時生徒数は55名、1クラスでした。学区外の生徒受け入れて、廃校にならず頑張っています。

阪本小学校学区域.JPG

 

【校舎改築】

2016年2月15日発行の建通新聞によると、

「地下2階地上6階建て延床面積約1万4000平方㍍の新校舎を建設し、別地の再開発で一体的に建て替える城東小学校を一定期間併置する計画だ。建築設計の競争参加有資格者を対象に2月25日~3月2日で参加表明書、3月22日~4月1日で技術提案書を受け付け、4月中旬をめどに委託先を決めて契約を結ぶ。2017年第2回区議会定例会付議案件として本体工事を発注し、19年2月に完成させて同年4月の開校を目指す。  阪本小(日本橋兜町15ノ18、敷地面積3370平方㍍)の現校舎は鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建て延べ3667平方㍍。1928年の完成で、隣接の坂本町公園(日本橋兜町15ノ3、面積5009平方㍍)とともに関東大震災の復興事業で整備した。老朽化が進み、毎年のように改修を実施していることから、良好な教育環境を確保するため改築する。「八重洲二丁目1地区」の再開発で一体改築する城東小(八重洲2ノ2ノ2)を21年度まで併置するため、新校舎は完成時に2校分の普通教室として18室を用意する。また、阪本認定こども園(仮称)の保育室6室も設ける。  16年度は新校舎の基本・実施設計と並行して、坂本町公園内に阪本小と城東小の仮校舎を設置。17~18年度で現阪本小の校舎の解体と新校舎の建設を実施して、仮校舎の撤去後の19年度に坂本町公園を復旧する。  基本・実施設計業務の契約上限金額は1億7610万円(税込み)。16年度予算に計上し、4月中旬~17年3月15日の履行期間で成果を納めてもらう予定だ。プロポ手続きを通じて「阪本小学校及び阪本認定こども園(仮称)の施設像」に関する技術提案を求めることにしている。」

現時点のスケジュールは以下のようになっています。平成29年6月30日に阪本小学校を訪問しましたが、現校舎は存在し授業も行われていますので相当の遅れが出ているようです。

 

平成28年度末: 仮校舎完成の予定

平成29年度初頭: 仮校舎へ引っ越し

平成29年度: 現校舎解体開始

平成30年度末(2019年3月): 仮校舎での授業

平成31年度初頭: 新校舎へ引っ越し

阪本小学校建築申請.JPG

 

【校内レイアウト】

主事室(昔の用務員室ですかね?)の位置・幼稚園の有無・給食室の位置変更を除けばレイアウトは60年前と変わっていませんでした。信じられない!

阪本小学校校舎レイアウ�.jpg 阪本小学校校舎レイアウト(2).JPG

 

現存するオールドファッションな校舎内を幾つか紹介しましょう:

入り口に入って左折した突き当りにある木製の階段と、2Fの廊下です。

階段.JPG 3F階段を上って、右廊下.JPG

 

2Fから運動場をのぞいてみました。60年前もそうでしたが、「狭い」という印象は同じです。見ても判るように、徒競走する時も直線コースが取れません。グラウンドはコンクリートですから、転んだら間違いなく怪我をします。徒競走するとコーナーが必ず2つ設定されるので、非常に危なかったという感じが60年前もしましたが今も全く変わっていません。右側の写真は運動会を開催した時のものです。狭くてもどうにかなるものです。

阪本小学校平成通り側階段2Fから運動場を.JPG 阪本小学校運動会(2).JPG

 

私にとって、阪本小学校で最も印象的なものは"古~~~~~い"巨木の銀杏の木と、講堂です。銀杏の木は校舎よりも高いかもしれません。60年前でも直径が50~60cmはあったように思いますので、細川邸時代にあったのかもしれません。樹齢200年以上?

講堂は面影を残しながら体育館になってしまいました。集会として利用する舞台は60年前のものと同じ感じ。写真の右端に写っています。

3Fからの景色(銀杏の木).JPG 体育館内部.JPG

 

 

 

半纏の代紋はどこかで見たかな?

[朱房の十手] 2017年6月18日 14:00

DSCN0792.JPG 日銀のマークです。

 紙幣の裏側に印刷されています。

 

坂本公園の片隅に「兜町・茅場町まちかど展示館」があります。そこに神輿、山車や消防関係の資料と共に展示されています。

鹿皮製の半纏でマークは「日」、漢字で「本」合わせて日本と読めます。大正時代に日銀から贈られたそうです。とても斬新なお洒落デザインです。

DSCN0794.JPG日本橋で買い物ついでに、ご覧になっては?

 

ご覧いただくと。。。。

金運ますますするかな~?

 

 

ここは江戸時代、以前は「海」でした。

[朱房の十手] 2017年6月16日 09:00

DSCN0770.JPGここは 八丁堀三丁目です。遺跡を発掘中

 

京華スクエアー正門前を茅場町方向にすずらん通りぞいを30メート位行った場所です。古地図で見ると江戸後期は町屋です。

 

6月14日に、見てきました。

5名位で丁寧に作業をされていました。

 

DSCN0772.JPG掘り出された土の色は濃く、海岸の砂のようです。

 

随所に貝殻や木片が見受けられます。丈夫そうな木で組まれた木樋などがみうけられます。

 

どんなものが出てくるか楽しみです。

足の便の良い場所です。歴史のロマンス?感じられるかも・・・・

 

 

 

今回はフルーツそのもののご紹介  ~ イマノフルーツファクトリー ~

[rosemary sea] 2017年6月11日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をマクロ・スコピックに取材します、 rosemary sea です。

 

イマノフルーツファクトリーさん、前回はスイーツ系を中心にご紹介させていただきました。

前回の記事はこちら ⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4373.html

イマノフルーツファクトリーさんはフルーツを使ったスイーツで大人気となっており、注目を集めています。

しかし、市場に足を運び、厳選した旬のフルーツを仕入れるこだわりは今も変わりはありません。

美味しいフルーツ、フルーツそのものも、もちろん取り揃っています。

 

今回も今野店長にお世話になりました。

 

それでは・・・

DSC02420a.jpg

マスクメロン

ギフトの定番ですね。売れ行き好調です。

お見舞い用にも、会社関係のご利用にも多く出るそうです。

画像用に、売れた空席を埋めていただきました。

旬を迎えたびわ温室みかんパッションフルーツ

手前にはメキシコマンゴーも。

 

DSC02416a.jpg

マンゴー

左はご存知、 「太陽のたまご」 。説明の必要、ございませんね。

最高級品として堂々の風格。

右は完熟マンゴー。こちらも輝いています。

 

DSC02415a.jpg

さくらんぼ 佐藤錦

さくらんぼ、もう出てきているのですね。ギフトにもよろしいかと。

左はマスカット オブ アレキサンドリア

一番美味しいぶどうです。

高貴な香りと凝縮された甘さが魅力。

 

DSC02417a.jpg

さまざまなフルーツ

マンゴーの他はキングデラウエア水晶文旦ルビーグレープフルーツふじりんごしなのゴールド、などなど。いちじくもありました。

水晶文旦は高知の高級柑橘としてクローズアップされてきました。

果肉が水晶のようにキラキラと透き通って輝いていることからのネーミング。

果汁も多く、瑞々しい美味しさが口中いっぱいに広がります。

 

DSC02421a.jpg

ギフトセット、お見舞いの品など

上段は焼き菓子など。

中段は生チーズケーキ

下段、フルーツ詰合せ

先様の好みに十分お応えできる品揃えかと。

 

 

・・・もう少ししたらのシーズン、楽しみです。

 

 

DSC02423a.jpgイマノフルーツファクトリー

日本橋茅場町1-4-7

東京メトロ茅場町駅 7番出口を上がったらそこがイマノフルーツファクトリーさんの店頭です。

03-3666-0747

営業時間  平日 8:00~20:00

      土曜 10:00~15:00

定休日  日曜・祝日

イマノフルーツファクトリーさんのホームページはこちら

⇒ http://www.imanofruits.net/index.html