中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


まち歩き、江戸和菓子と出会う(霊岸島の編)

[達磨] 2016年10月 9日 09:00

「霊岸島」の名で呼ばれる現在の新川1,2丁目付近。江戸時代は「運河・新川」の開削により分離した地域だが、河岸には下り酒を扱う問屋や白壁造り酒蔵が並んで繁盛の様子が「江戸名所図会」に描かれている。戦後23年新川は埋め立てられた。ここ新川エリアには和菓子の歴史に触れるお店に出会います。

 

一軒目は茅場町駅から「霊岸橋」を渡って暫らく、左折した処、古い木彫看板の新川1丁目「田川堂]さん。店内はレトロ、ご高齢のご主人とやさしい女将で、明治後期の創業の味を守っています。「をぐら大福」「ワラビもち」「むし鹿の子」それぞれが匠の味を持っていて、ほどよい甘さ、昔を感じます。

田川堂.JPG 田川堂

 

もう一軒は新川2丁目「梅花亭本店」 嘉永3年(1850)大伝馬町に創業の老舗です。茅場町駅1番口を出ると、地図御用所跡の碑。八丁堀方面に向って左折すると「戦災遭難死者慰霊碑」(大空襲)「大震火災遭難追悼碑」(関東大地震)があります。新亀島橋橋上で亀島橋を望む。橋の袂そばが「梅花亭」さん...長崎帰り蘭学者宇田川興斉の話しにヒントを得て、栗饅頭の祖と称されている「あめりか饅頭」を出して大ヒット。2代目は、明治初年に銅鑼焼き(餡と皮が一体化した厚一枚皮の大きなどら焼)を創案、平成十年に再び復元。次いで若草餡の「三笠山」を考案、命名は九代団十郎と伝わる。昭和期の6代目は梅の形3種の餡の「梅もなか」を工夫。べったら市の時だけ切山椒と喜利羊肝を製作しているとか。<.同社HP、江戸東京幕末グルメより>「お客様に快いゆとりを味わって頂くことを第一と心がけ、庶民性の中に上品さ...」 とのお店の伝えをそのまま味わえる老舗店です。

梅花亭.JPG 梅花亭

 

因みに、どらやきの起源は「江戸初期に麹町に開店した助惣焼がはじまりであったが、幕末に店をたたんだ」 変わって「明治初年大伝馬町で梅花亭の創案による丸型一枚どらやきが登場」 現在のどらやきは編笠焼という焼菓子で、大正3年上野黒門町に開店したうさぎやが始祖。<事物起源辞典による>

 

 

◆ NHKアニメ「3月のライオン」中央区探訪

[隅田の花火] 2016年10月 5日 09:00

この前の9月終わりの日曜日の午後、久しぶりに晴れ間が見えたので、散歩に出てみることに。

せっかくなので、10月8日から始まるNHK総合の深夜アニメ「3月のライオン」の舞台になるのではないかと思われる、東京中央区の新川地区や佃辺りを歩いてみました。

 

この「3月のライオン」のお話はマンガ本で出ていて、実はまだ読んだことはないのですが、中央区の隅田川界隈、特に佃島の辺りの風景が綺麗に描写されていることは噂では聞いていました。アニメ化されると聞き、どのように描かれるのか、少し楽しみにしているのであります。

 

今回は、歩いてみたところをそのままご紹介してみたいと思います。

 

まず、八丁堀駅のB4出口脇にある、「高橋(たかばし)」からスタート。

s_hanabi39-1.jpg 

この橋は「亀島川」という川に架かる橋ですが、下の写真は高橋から見た下流側の風景。「南高橋」が架かっているのが見えます。その向こうには水門越しに隅田川があって、後ろには佃の高層マンション群が見えています。

s_hanabi39-2.jpg

この佃の辺りまで歩いていきます。

s_hanabi39-3.jpg 

あれ?こんなところに河川テラスってあったかなぁ?

s_hanabi39-4.jpg「亀島川緑道」という、最近できた河川テラスでした。かつて、水運が盛んであった頃の大動脈だった「亀島川」や「日本橋川」には今までこういうテラスはほとんど無かったので、何だか嬉しいですね。

橋のライトアップもあるので、夜景も綺麗かもしれません。

 

 

南高橋を渡ったあと、隅田川に出ました。水辺が広くてとても気持ちの良い場所です。

この亀島川の河口付近はかつての江戸の港。「いかり」をモチーフにしたモニュメントが飾られています。向こうに見えるのは隅田川下流の「佃大橋」です。

s_hanabi39-5.jpg 

佃の方を見てみると、高層マンション群。その手前に風変わりなものが見えてきます。

s_hanabi39-6.jpg 

これは、「霊岸島水位観測所」という施設。明治初期、まだここは埋め立てもなく隅田川の河口だったところで、その頃にこの辺りで東京湾の平均水位が測られ、日本の海抜の基準となりました。

今の施設は36mほど下流に移されたものです。

s_hanabi39-7.jpg 

「中央大橋」を使って隅田川を渡り、佃にやって来ました。橋の下からは、上流の永代橋とスカイツリーが顔を覗かせます。

s_hanabi39-8.jpg

 

隅田川のテラスを下流の佃大橋の方に歩いていくとスカイツリーがこんなふうに見える場所もあるんです。

s_hanabi39-9.jpg

 

隅田川はたくさんの船が往来します。この辺りはかつて、石川島と呼ばれていた場所です。

s_hanabi39-10.jpg

この女の子の銅像の後ろには、江戸幕末の頃に作られた和式の灯台「石川島灯台」のモニュメントが建てられています。

s_hanabi39-11.jpg

 

 

「住吉小橋」を渡り、佃島のエリアに入ります。住吉神社の鳥居をくぐり、境内に入ると子どもを従えた狛犬にお出迎えされました。

s_hanabi39-12.jpg

住吉神社は、宝探しのように境内を隅々まで見ていくと、いろいろなものにめぐり会えるのでとても面白い場所です。 

 

 

というか、このノスタルジックな佃島自体が宝島。

s_hanabi39-13.jpg

佃煮の老舗や、狭い路地裏、銭湯の煙突、今も使われている井戸のポンプ、親子連れがはぜ釣りをする風景など、昭和の香りが色濃く残る街並みです。

ゆったりとした時が流れるこの場所、くまなく歩けば何か心に残るものがきっと見つけられると思います。

s_hanabi39-14.jpg

 

「3月のライオン」は今回のアニメ化だけでなく、来春には実写版の映画も封切りされるとのことです。

とりあえず10月8日(土)の夜から始まるアニメを見てみようかと思います。

s_hanabi39-15.jpg 

 

 

 

ススキ開花

[サム] 2016年9月30日 16:00

R0035907 (3)L.jpg

 9月27日、東京管区気象台から生物季節観測情報のひとつ「ススキ開花」が発表されました。

平年より18日遅く、昨年より4日遅い由。

ススキの穂は花の集まり。葉鞘から抜き出た穂の数が、穂が出ると予想される全体の約20%に達したと推定される状態になった最初の日を「ススキの開花」と云うとされます。

豊海橋袂の隅田川テラス沿いに、永代橋を背景にススキが風に戦(そよ)いでいます。

DSC02473''G.jpgススキが観測項目に入っているのも、やはり季節の進行を調べることに適しているからで、ススキの開花と気温の間には相関関係があり、気温が高くなると開花が遅くなる傾向があると云われています。

地域差はあるものの、総じて近年ススキの開花は遅くなる傾向にあり、温暖化との関係も注目されているようです。

花が開ききる頃には、穂がふわふわと白くなり銀色に、更に季節が深まると、黄金色に輝きます。

この銀色から黄金色に輝く頃が、ススキ鑑賞のベストシーズン。

ことに夕日を浴びてキラキラと黄金色に揺れ動く様は見事です。

尚ススキに似た植物に同じイネ科のオギがありますが、ススキは、小穂の先端から長い棘状の "芒(のぎ)" が突き出ているのに対し、オギには芒がありません。

 

 

弾正橋から八幡橋へ ウオーキング ;昔の弾正橋をたずねて

[O'age] 2016年7月30日 09:00

「弾正橋と元弾正橋の概略」以下の通りです。

 

弾正橋(だんじょうばし)::所在地は京橋2、3丁目の鍛冶橋通り。大正2年(1913)に元弾正橋の上流(楓川)に架設。

元弾正橋(もとだんじょうばし) :橋名は寛永図、承応図、明暦図には無名橋として記載、元禄13年(1700)の図に「とごえはし」、後に弾正橋となった。この橋の東の八丁堀(旧松屋町)に邸宅のあった島田弾正小弼に由来。大正2年(1913)元弾正橋の上流に弾正橋が架設されたので元弾正橋と改称され存続されたが区画整理で、廃橋。東京市では、この橋が我が国最初の国産橋梁であることから、昭和4年(1929)5月、現在の位置(江東区)に八幡橋として移築、保存。明治11年(1878)に日本で最初に国産の鋳鉄と錬鉄を併用して作られた橋。昭和52年(1977)に国の重要文化財に指定。平成元年(1989)米国土木学会の栄誉賞を日本で初めて受賞。菊の紋章入りの橋。橋長15.1m、幅員9.0m。(注)中央区の橋・橋詰広場・中央区教育委員会編から抜粋

 

ウオーキング概要:
鍛冶橋通り、永代通りを東に向かう目的地までのウオーキング(最寄駅:出発は都営浅草線宝町駅下車で歩きはじめ、終点は東京メトロ東西線・都営大江戸線門前仲町駅となります)

 
都営地下鉄宝町駅から鍛冶橋通りを東へ進むと、現在の弾正橋。左手(北側)の公園に旧弾正橋の象徴化された模型、右手の公園に中央区が設置した弾正橋の碑があります。

IMG_5236.JPG IMG_5237.JPG IMG_5238.JPG

 

まもなく左手、京華スクエアの角に「ものしり百科」p59⑭八丁堀の与力・同心組屋敷跡の説明板があります。直進し、新川2丁目で八重洲通りと交差します。ここはかつての越前堀の西南側のあたりと思わます。鍛冶橋通りの右側(中央大橋方向)へ渡り、永代橋に向かって進みます。

IMG_5243.JPG IMG_5245.JPG IMG_5247.JPG

 

「永代橋西信号」の少し手前、右手最初のガソリンスタンドとその手前のビルとの間の細い道、これが新川の跡のようです。突き当りに新川の石碑p57⑦が遠くに見えます。さらに、鍛冶橋通りを永代橋へ進みます。橋詰にp56⑤船員教育発祥之地碑があります。

IMG_5260.JPG DSC01563.JPG IMG_5263.JPG

 

永代橋(重要文化財:現在長寿命化工事中で歩道が狭くなっています)を江東区側に渡ります。橋のうえから隅田川下流方向に、石川島の高層住宅、中央大橋が美しくそびえています。東岸の橋詰に永代橋(重要文化財)の説明板があります。

DSC01582.JPG IMG_5267.JPG IMG_5272.JPG

 

永代通りを東に向けて歩き、途中の信号で、永代通りの北側へ歩道を変えて、東へ進みます。門前仲町駅を横目で確認しながら清澄通りを横断し、さらに直進し、富岡八幡宮・正面の東側の側道を東門まで北へ進み、右折し少し行くと左に八幡堀遊歩道の入口があります。遊歩道に入ると前方に八幡橋が見えます。橋の近くに説明の碑があります。

IMG_5279.JPG IMG_5294.JPG IMG_5296.JPG

 

八幡橋を見て、気が付いたことは幅が狭いことです。出発点の弾正橋にある中央区の碑には幅9.0mとなっています。しかし、現地の説明板では2.0m(実物も)となっています。(長さも少し違いがあります)これらについては「郷土室だより」の119号、120号で鈴木理生氏が書かれております。現在地に元弾正橋を八幡橋として設置する際に、改修が行われたようです。
初めて八幡橋を見たその日、元気な小学生たちがが渡っていく下校姿を見て、130年以上も前の東京最古の鉄製の橋(重要文化財)が現役でひっそりと使われている素晴らしさを感じました。

IMG_5298.JPG IMG_5301.JPG DSC01438.JPG

 

 

 

鉄道写真展〔クリエイションギャラリー日本橋箱崎〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年7月19日 18:00

tetudos02.JPG

鉄道写真の企画展「とっておきの鉄道情景」が、「クリエイションギャラリー日本橋箱崎」で開催されています

tetudos03.JPG

クリエイションギャラリー日本橋箱崎」(日本橋箱崎町27-9 3階)へのアクセスは、下のHP説明写真付きでわかりやすいです

tetudos04.JPG

期間は、7月15日)から24日)までです。

tetudos05.JPG

この写真展は、一人の写真家による写真展ではなく、鉄道に対する思い入れを写真に込めた方々の写真展です

tetudos06.JPG

主宰者にお聞きしたところ、鉄道写真の企画展であっても、作品の内容が偏らないように配慮されたということです

確かに、私が想像していた鉄道写真=爆煙状態蒸気機関車の写真はお一人だけで、それ以外は、四季の風景の中での列車の作品だったり、ローカル線にフォーカスした作品だったり、鉄道に関わる人物写真だったり、一見前衛写真のような作品だったりと、本当に幅広い作品が展示されていました

作品の中には、美しい自然現象の中にたまたま列車が写り込んだような素晴らしい写真も展示されており、思わず見入ってしまいました

tetudos07.JPG

とっておきの鉄道情景」とは、ぴったりのネーミングだなあと感心しました

tetudos08.JPG

会場のクリエイションギャラリーは、広々としたギャラリーで、大判写真を中心に約100点の作品が展示されていました

tetudos09.JPG

写真の展示のみならず、鉄道やその沿線にゆかりの品々の販売も行われています

tetudos10.JPG

会場は、写真撮影OKです

鉄道写真企画展とっておきの鉄道情景」のHPはこちら ⇒

http://railwayphoto.jimdo.com/

クリエイションギャラリー日本橋箱崎」のHPはこちら ⇒

http://m-cgn.jp/index.html

 

 

長崎五島の味"五島伊勢丸"のご紹介

[ぺんぺん] 2016年7月11日 09:00

こんにちは。ぺんぺんです。今日も暑いですね!

 

先月に引き続き、茅場町グルメ情報をお伝えいたします。
今回ご紹介するのは、「五島伊勢丸」という名前の長崎料理のお店です。
場所は、中央区日本橋茅場町2-3-9ハヤオビル2階です。
さくら通りに面しており、お店の前にも大きな桜の木があり、お花見シーズンはとても綺麗です。
現在はランチ営業は行っておらず、夜のみの営業です。
 
こちらのお店、郷土の味を求めてやって来る常連さんが多い気がします。
私も次回は、長崎出身の後輩を連れて行き、喜ばせたい!と考えています。
とにかく、一品一品が絶品です。お刺身盛り合わせも産地(五島)直送。
札幌生まれの私は、食べたことがないお魚に、感動。
お店の方お勧めの「アジのすり身揚げ」も最高に美味しかったです。
80298746.jpg
地元のお酒を堪能し、最後に長崎皿うどんを食べました。
 

茅場町で飲み会をすることになり、お店を探しているという方は、是非候補に入れてみて下さい♪

 

「長崎」と言えば、今年3月、日本橋にアンテナショップがオープンしたばかりですよね。

皆さまは、行ってみましたか?是非そちらにも足を運んでみたいです。