中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ライアン•スー個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月24日 18:00

ryans01.JPG

現在、銀座2丁目にある画廊、メグミオギタギャラリーでは、台湾出身のアーティスト、ライアン・スーによる新作個展夜的時代 Times of night」が開催されています

ryans02.JPG

期間は、11月17日)から12月9日)までです。

時間は、午前11時から午後7時まで、祝日はお休みです。

ryans03.JPG

当ギャラリーでは、何度も個展を開かれているとのことでしたが、私が伺ったのは初めてでした

ryans04.JPG

ずっとで描かれ、動物モチーフにされている方だそうです

ryans05.JPG

展示されている作品はすべて新作です

ryans06.JPG

地下1階の静かなギャラリーで鑑賞させてもらうのにふさわしい、静けさが伝わってくるモノトーンの作品群です

ryans07.JPG

台湾出身ということでそう見えてしまうのか、水墨画にも通じるものがあるように感じました

作品は、アクリル絵具とのこと

ryans08.JPG

の中のを放っているようで、美しい神秘的な動物たちが描かれています

のこの時季にぴったりの個展開催だと思います

ご覧いただくことをお勧めします

ryans09.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影および取材については、ご了解をいただきました

ありがとうございます

ryans10.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

 

 

KYOBASHI EDOGRAND 1st ANNIVERSARY

[サム] 2017年11月24日 16:00

DSC01335ELS''.jpgDSC01338RS'G.jpg 昨年11月25日開業の、京橋地区の新しいランドマーク、複合商業施設「京橋エドグラン」(京橋2)で、開業1周年イベントが始まりました。

京橋中央ひろばに、高さ12mのクリスマスツリーが登場。

11月21日17:45から点灯セレモニーが行なわれ、LEDイルミネーションが京橋の冬を彩っています。

 クリスマスツリー ~12月26日

 イルミネーション ~2月28日

期間限定で、施設内では1周年記念セールが実施される他、地下1階大階段では、11月22日から11月25日まで連日無料音楽ライブイベント「京橋エドグラン Live Crossing」が開催。解放的で、広いオープンスペースが特徴の京橋エドグランで、躍動感あふれるパフォーマンスが楽しめます。

 

 

人形町ナイトウォーク

[下町トム] 2017年11月24日 12:00

今回もまた人形町の魅力をご紹介します。


ご存じのとおり、この界隈は江戸時代初期から江戸府内屈指の繁華街として栄えたところです。人形浄瑠璃や歌舞伎の小屋や寄席が立ち並び、喧騒を極めました。


人形町_20171117(1)_R.jpg


また、花柳街としても賑わいを見せ、弦楽の調べが絶えることのなかった町です。近代化とともにその面影はほとんど失われましたが、まだところどころに残り香を感じることができます。

IMG_3293_R.jpg


そんな人形町の風情を味わうには夜の散歩も格別です。

人影も絶えた〔水天宮〕を起点にぶらぶらと親しい知人と一緒に歩いてみました。
路地にともる小料理屋の灯りや、どこからか漂ってくる芳香に興味を惹かれながらそぞろ歩きです。


今となっては珍しい居酒(角打ち)を楽しめる〔加島商店〕は貴重な存在です。今夜も多くの常連客で賑わっています。


この一帯には「日本橋七福神」の神社が点在していますが、夜になって小さなともしびを照らす風情もまたなかなかのものです。三の酉を控えた〔松島神社〕や、元葭原総鎮守の〔末廣神社〕などを経巡りながら、徐々に気持ちが高まっていきます。

IMG_3295_R.jpg


葭町の雰囲気が残る路地で味わい深い和食文化に親しんだ後は、おしゃれなバーで名残を惜しむひとときです。

 


皆さんもぜひ、人形町界隈で大人の散歩をお楽しみください。

 

 

小網神社 11月28日は、どぶろく祭

[銀造] 2017年11月24日 09:00

 強運厄除け、銭洗い弁天、日本橋七福神の一社として「弁財天、福禄寿をおまつりしている」ことで良く知られる、小網神社。 友人を誘ってお参りに出かけました。1510908987214.jpg

 そして、11月28日は「どぶろく祭」が開催され、"どぶろく" がふるまわれるとのご案内を拝見しました。 「どぶろく祭」は、新嘗祭の催事の一つで、毎年行われています。 

お祭は9時から18時までですが、無形文化財 郷神楽舞奉納は午後12:30からとのご案内です。 その時に参拝なさった方に、どぶろくが振舞われるのでしょう。

1510909057927.jpg

 お参りなさって、人情あふれる下町風情豊かな、人形町の町を散策なさっては、いかがでしょうか。 詳細については、HPでお確かめ下さい。http://www.koamijinja.or.jp/event.html

 

 

イチョウ黄葉 2017

[サム] 2017年11月23日 18:00

DSC01318ELS''.jpgDSC01314RS'G.jpg 11月17日、東京管区気象台から、気象庁生物季節観測情報のひとつ、「イチョウ黄葉」が報じられました。

平年より3日早く、昨年より4日早い由。

浜町公園入口緑道のイチョウもすっかり色づき、見頃を迎えています。

四季折々違った景観を見せてくれますが、やはり秋が一番。

順光の陽射しを浴び、黄金色に映える姿も見事ですが、逆光の、太陽の光を透かして見る黄葉も繊細で趣があります。

遠近感、立体的な奥行を感じさせてくれる、イチョウ並木は圧巻の美しさです。

 

 

手づくり 職人の技  ~ 和雑貨・手づくり工房 日本橋ゆうま ~

[rosemary sea] 2017年11月23日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をハイレベルに取材します、 rosemary sea です。

 

人形町甘酒横丁の和雑貨・手づくり工房 日本橋ゆうま さんに1年半ぶりにお伺いしました。

前回の記事はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/05/post-3331.html

 

前回ご紹介させていただきましたとおり、こちら日本橋ゆうまさんは東野圭吾さんの小説、それから阿部寛さん主役でテレビドラマ化されました「新参者」民芸品店『ほおづき屋』のモデルとなったお店。併せてロケ撮影も行われたお店です。

また、映画「麒麟の翼~ 劇場版・新参者~」やテレビドラマ「相棒」の小道具となった商品もございます。

 

今回も日本橋ゆうま 小田勝則社長にお世話になりました。

お待たせしました。商品のご紹介です。

DSC03072a.jpg

DSC03074a.jpg時代小紋帆布ショルダーバッグ

江戸時代より続く伝統の小紋柄にはひとつひとつ意味があります。

このショルダーバッグですと、とんぼの柄が勝運を上げ、うろこの柄が魔除けとなり、おかめ・ひょっとこが笑顔で福を呼ぶ、とされています。

この品は実は阿部寛さんがこのお店に取材に来られた際、阿部さん自らお買い上げされたショルダーバッグです。

阿部さんが台本入れとして使われていたことがあるお品です。

記事の終わりの【お知らせ2】の賞品とされたのも、阿部さんに気に入ってもらえたことが一因、とのこと。

 

 

DSC03065a.jpg

DSC03073a.jpg東京地名Tシャツ

「TOKYO」のロゴの中に東京の地名をはめ込んだTシャツです。

今凄いブームになっているそうです。

オリジナル商品ですが、こちらのお店の他、浅草の問屋さんとかお店店頭に卸しています。

ですから浅草でも人気だそうです。

外国の方も喜んで買っていかれるみたいです。

 

 

DSC03069a.jpg

市松モダンの鏡付ファスナー付ポーチ

新作です。

2020東京オリンピックの例の市松柄がちょっと隠れています。

左の画像、左中央部の模様が東京オリンピックの市松柄と同じです。

こちらもオリジナル商品です。

華やかさと奥ゆかしさを併せ持っていますね。

 

 

DSC03067a.jpg

左:福あつめ 招きねこの木玉付巾着

右:同じく福あつめ 招きねこの小銭入

日本の方にも、海外の方にも人気が高いお品です。社長のイチオシです。

日本の縁起物グッズとしての招きねこ柄、人や幸運を招いてくれるようです。

このねこ柄、年間を通して売れているとのこと。

もちろん猫派?の方、おすすめです。

 

 

DSC03070a.jpg

左:福犬豆柴の竹玉付角平(たけだまつきかくひら)ポーチ

右:同じく福犬豆柴の前ポケットカードポーチ(名刺入れ)

犬の柄、豆柴の柄です。

犬は優しく賢く安産で子孫繁栄をもたらすとされています。

しかも特に可愛い豆柴ですから犬派?の方、垂涎のお品、かと。

 

 

【お知らせ1】

来年1月27日公開予定の東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケが今年6~7月に全国各地で行われました。

原作と同様、中央区日本橋がお話のメインとなっています関係上、当然日本橋においても数々のロケ地が存在します。

ロズマリはこれからこの映画のロケ地めぐりを敢行します。

後日の記事とさせていただきますので乞うご期待、です。

 

【お知らせ2】

映画「祈りの幕が下りる時」新参者参上キャンペーンのご紹介です。

2017年11月3日(金・祝)から2018年3月31日(土)23:59まで、映画館ロビーの阿部寛さん扮する加賀恭一郎の等身大パネルと写真撮影しましょう。

それをTwitterでツイートしますと、日本橋・人形町の特選品と映画「祈りの幕が下りる時」オリジナルグッズプレゼント(抽選で20名様)。

特選品のなかには日本橋ゆうまさんの「時代小紋帆布ショルダーバッグ」が含まれています。

映画「祈りの幕が下りる時」公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

s_祈り_本B全ポスター.jpg

(C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

 

DSC03077a.jpg日本橋ゆうま

日本橋人形町2-32-5

 

人形町通りから甘酒横丁に入り、明治座・浜町公園に向かってください。

甘酒横丁・長さ250mのほぼ中央の右側にお店はあります。

 

03-3808-1780

営業時間 10:30~18:30

不定休

日本橋ゆうまさんを含む株式会社祐馬工芸さんのホームページはこちら

⇒ http://www.yuma-oda.com/

 

 
1234567891011