中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


少し贅沢に「みちば和食 銀座 たて野」でランチ♪

[JRTフェルト] 2018年6月 1日 18:00

先日、知人とランチに伺ったお店がとても素敵だったので、こちらでご紹介したいと思います。

お邪魔したのは、「みちば和食 銀座 たて野」さん。

ad0129e0194be1bc5753b4f8817637f958ede11e.jpg

こちらは、道場六三郎氏直伝の会席料理のお店で、道場氏のもとで腕を磨いた舘野雄二氏が店主です。

道場氏といえば、超人気テレビ番だった『「料理の鉄人』の「和の鉄人」として有名ですね。


いただいたのは、『皐月の昼の膳』3,800円(税別)

ab388034126e5287d9a72e49a1c852fd10c9cdac.jpg


まず最初は、合わせ盛りとして、本マグロのお造り、鱧のつみれ汁、ちまき寿しをいただきました。

20180526124449_p.jpg

どれも素材の味がしっかり生きていて、美味しい!


続く組み肴は、焼き胡麻豆腐、とうもろこしのかき揚げ、鱶ひれの茶碗蒸し

20180526130411_p.jpg

一品、一品、手が込んでいるうえ、盛り付けも美しく、眼を惹きます。


期待に胸が膨らむ中、強肴の登場。私は「特選和牛オリジナルロースト」、

20180526132231_p.jpg


知人は「の当座煮」をチョイス。

20180526132151_p.jpg


私のいただいたローストビーフが、本当に美味しく、思わず「美味しい!」と口に出してしまいました(笑)


お食事の黒胡麻うどんは、麺に黒胡麻を練りこんだものだそうで、見た目はお蕎麦のような細麺ですが、

口に含むと、つるんとして、正真正銘「うどん」です。

20180526133542_p.jpg


最後の、水ようかんと山下コーヒーで本日の昼会席は終了。

20180526134545_p.jpg

会話を楽しみながら、ゆっくりといただく銀座の贅沢ランチ。また来たいなと思わせてくれる、素敵なお店でした。


和の雰囲気を大切に、センス良くまとめられた店内、お手洗いも素敵だったので、写真を撮ってしまいました!

20180530001246_p.jpg


お料理良し、サービス良し、雰囲気良し、大切な記念日にも最適なお店です。


【お店について】

住所;東京都中央区銀座7-6-10 アソルティ銀座花椿通りビル6F

電話;03-6252-5000

営業;ランチ 11:30~14:30(LO13:30)、ディナー 17:30~22:30 (LO21:00)※土、祝20時

定休日;日曜日、祝日の月曜日、夏季休暇、年末年始

http://www.tateno.info/

 

 

江戸の銀座にタイムスリップ?源氏ボタル鑑賞会

[Hanes] 2018年6月 1日 14:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先日銀座を歩いていて珍しい生き物を見つけました。
それがこちらです!

DSC_2321.JPG

太い触角と赤い頭部がインパクトのある黒い蝶のように見えます
美しくも些か不気味で、一瞬何かのアートかと思ってしまいました...

DSC_2323.JPG

早速調べてみたところ、ホタルガという名前でした
そう言われてみると、ホタルのような色ですよね!
日本では全国的に生息し、それほど珍しいわけではないようですが、
幼虫の分泌液には毒があるため、早い段階で害虫として駆除されてしまうことも多く、
成虫となった姿を実際に見たのは初めてでした

そして、他の蛾や蝶と異なるこの触角ですが、
実は雄と雌を見分けるポイントでもあります!
ちなみに、羽根状のものが雄、櫛歯状のものが雌とのこと

IMG_9392.JPG

捕獲すると悪臭を出す等、捕食されないよう工夫して生きているようなので、
魅惑的な見た目だとしても、触らずにそっとしてあげてくださいね

それでもやはり、ホタルのような夏の風物詩は間近で見たいもの...
今回はそんな皆さんに朗報があります!
6月4日(月)~10日(日)の18:00~21:00(最終日は20:00まで)に、
宗家 源 吉兆庵 銀座本店 2階特設会場(中央区銀座7-8-9)にて、
「第15回 源氏ボタル観賞会」(入場無料)が開催されます
(詳細はこちらから:http://www.kitchoan.co.jp/site/web/index.cgi?c=news-2&pk=433

昨年の観賞会で生まれた卵を岡山の自然のなかで大切に育てたそうで、
江戸時代の銀座の初夏同様、幻想的な風景が楽しめる貴重な機会となっています。
仕事・学校帰りに、はたまた夕涼みを兼ねたお散歩ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか

 

 

宝橋たもとのビヨウヤナギ

[ジミニー☆クリケット] 2018年6月 1日 09:00

宝橋は、既に埋め立てられてしまった旧楓川に架かっていた橋ですが、現在は下を首都高速都心環状線が走っています

takara201801.JPG

宝橋の交通量は多くありませんが、橋の下だけでなく、上にも高速道路が走っています

takara201802.JPG

この宝橋八丁堀側のたもとの植栽スペース一面にビヨウヤナギが咲いています

下の地図赤〇の場所です

takara201800.jpg

ビヨウヤナギ未央柳美容柳)は、オトギリソウ科半落葉低木です

takara201803.JPG

中国原産で、約300年前に日本に渡来したそうで、花期は5~7月頃で、直径5センチ程度の黄色5枚花弁のあるを咲かせます

takara201804.JPG

同じ時期に黄色い花を咲かせるキンシバイも同じオトギリソウ科の仲間で、遠目で見るとよく似ていてどちらのか区別がつかないのですが、近くで自体を見ると、ビヨウヤナギオシベは長く、よく目立ちます

takara201806.jpg

上の写真キンシバイ、下の写真ビヨウヤナギです。

takara201805.jpg

昨年6月、聖路加通りキンシバイビヨウヤナギを紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4378.html

 

 

6月限定 クラウンメロンのこだわりパフェ  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ ~

[rosemary sea] 2018年5月31日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をテキストとして取材します、rosemary seaです。

 

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェさん、6月1日(金)より、今が旬の静岡県産"クラウンメロン"、これを贅沢に使ったパフェなどが登場しました。

ジューシーでとろけるような食感と芳醇な香りをさまざまなかたちで楽しめるよう、カッティングや素材の組み合わせにもこだわりが。

丸くカットすることで、クラウンメロン本来の贅沢な味わいはもちろん、伝統のバニラアイスクリームや抹茶のソースなどとのマリアージュをより感じられるように仕立てられております。

薄焼きクッキーで造られた小さなメロンもキュートです。

さすが、資生堂パーラー サロン・ド・カフェさんです。

 

今回は3品、ご紹介させていただきます。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

 青字の語句は最下段で解説しています。

201806メロンP2a.jpg

静岡県袋井地区産 クラウンメロンのパフェ  1,980円(税込)

マスクメロンの王様と称される"クラウンメロン"をフレッシュ・ソルベピューレ・ゼリーなどのスタイルで贅沢に使用した珠玉のパフェです。

とろけるようなみずみずしい果肉からは芳醇な香り、濃厚な甘さが豊かに広がり、メロンの香りが口いっぱいに広がります。

更に静岡県産「霧の音」を使った別添えの抹茶ソースをかけると、きりっとした渋みを与え、ひとつで2度楽しめるパフェとなっております。

可愛らしい見た目もより甘さを際立たせます。

201806夕張ババロア1a.jpg

北海道産 夕張メロンのババロア(コーヒーまたは紅茶付)  1,980円(税込)

 こちらのお品は6月初旬よりのご提供となります。

夕張メロンのムースに爽やかなヨーグルトのパルフェを合わせ、可愛らしいメロンをイメージしました。

可愛らしく清涼感のある一皿です。

ムースの中に入った甘酸っぱいアメリカンチェリーのコンポートとソースが、味わいのアクセントとなっています。

フルーツを煮出して作られたソースのゼリーや食感の楽しいメレンゲと一緒にお召し上がりください。

201806メロン1a.jpg

岡県袋井地区産 クラウンメロンのアイスクリームソーダ  1,130円(税込)

旬を迎えたクラウンメロン、そのシロップで仕上げてあります。

芳醇な甘さが広がる至高の一杯は絶品です。

 

・・・この時期ならではの爽やかで可愛らしい限定デザートを銀座でお楽しみください。

   お味・香りも素晴らしいのですが、どのお品もインスタ映えしますね。

 

 画像はイメージです。提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

 フルーツの入荷状況により、メニュー内容やご提供期間が変更となる場合がございます。

 6月はフルーツサンドウィッチにもメロンが使われます。

3Fサロン・ド・カフェa.jpg

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階 

 03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日 月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

 ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

 

ロズマリのスイーツ用語解説      

 ロズマリなりの解釈によります。

 

ソルベ

(sorbet)フランス語。

果汁やシロップ、リキュール・シャンパンなどのお酒を加えて作られた氷菓。やわらかく作られている。

対して英語のシャーベットは果汁やシロップだけでなく牛乳や卵白、ゼラチンなどを使用して作られている。

本来イタリア語のジェラートは原材料に果肉、牛乳、砂糖、コーヒーやミント、レモンなど、フレーバーとなる素材が使われる。見た目もカラフル。

フランス語のフラッペは氷を細かく砕いて洋酒やシロップをかけたもの。

フランス語のグラニテは「ざらざらした」という意味で、フラッペに近いもの。

リキュールなどの洋酒や果物、野菜なども使われる。

 

ピューレ

(purēe)フランス語。

すり潰して更に裏ごしなどをしてなめらかにしたもの。

ペーストはすり潰したまでのもの。

トマトペーストなど、煮詰めて濃縮してある場合もある。

 

パルフェ

(parfait)フランス語。英語ではパーフェクト(perfect)。

生クリームとアイスクリームを一緒にした「完全な」お菓子、という意味。

ちなみにパフェは和製語。

サンデー(sundae)は、安息日にも食べることができるというアメリカ生まれのスイーツ。

 

コンポート

(compote)フランス語。

フルーツをシロップで煮たもの。

ジャムはフルーツなどに砂糖を加えて焦がさないよう煮詰めたもの。保存食。英語。

コンフィチュールはフルーツをシロップで焦がさないよう煮詰めたもの。保存食。フランス語。ジャムにとても近い。

コンポートは煮詰めない。ジャムやコンフィチュールほど砂糖も入れないので保存食にならない。

 

メレンゲ

(meringue)英語。フランス語でも同じスペルだが読みはムラング。

卵白に砂糖を入れて泡立てたもの。

これを乾燥させて焼いたものもメレンゲという。

 

シロップ

(sirop)フランス語。読みは「シロ」。ちなみにオランダ語ではsiroop、英語ではsyrup。

砂糖を水に溶かして煮詰めたもの。

またはそれに香料などを添加したもの。

 

 

 

勝どき晴海晴海運河散策コース(2-1)

[kimitaku] 2018年5月31日 14:00

皆さん 勝どき晴海からちょっと遠出の散歩コースをご紹介します。

 

 勝どき駅から晴海通りを南へ。晴海トリトンスクエアから晴海三丁目交差点を渡ってから左折。(左折したこの通りも晴海通りです)。

DSC_4472.JPG

  

そのまま進むと「アート晴海」へ、そして交差点を右折。春見橋を渡ると大きな赤黒い橋が右手に。この橋は「鉄道橋」旧石川島播磨重工の造船所で使われていた線路のある橋です。欄干からのぞくと運河の向こうはレインボーブリッジがはるか先に。

DSC_4474.JPG

   

ここは春見橋公園。花壇を見ながら歩くと運河の水面が右手に。クレーンのモニュメントが赤く美しいです。ここはアーバンゲートブリッジ。船の出入りで旧勝鬨橋のように開きます。朝早くからランナーや犬の散歩の人たちでにぎわいます。ここが都心かと、びっくりするほどです。

DSC_4482.JPG

   

見どころがいろいろあるので。続きは来月に。

勝どき駅→晴海トリトンスクエア→晴海三丁目交差点→アート晴海→春見橋→アーバンゲートブリッジ 続く。

   

勝どき駅→晴海トリトンスクエア→晴海三丁目交差点→晴海大橋→新豊洲駅→左折→住宅展示場→ガスの科学館

 

 

日本橋室町・本町で路地探検

[しばしばしばた] 2018年5月31日 12:00

こんにちは! きょうは、日本橋室町に残る路地をご紹介したいと思います。

 

日本橋室町というと、「中央通り」のイメージが強いかと思います。
sbt_1805_001.JPG
江戸時代からの江戸・東京を代表するメインストリートで、
日本橋三越本店三井本館(いずれも国指定重要文化財)、さまざまな老舗、
最近では地方のアンテナショップの数々も見どころです。

 

この「中央通り」から東側に入っていくと、
日本橋室町一丁目から日本橋本町一丁目にかけて、昔からの路地が多く残っています。

sbt_1805_map.jpg

(この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。(承認番号 平30情使、 第225号))

上の地図で赤く着色した道が、路地になります。

中央区の多くの地域では関東大震災後の復興事業によって広幅員の街路や区画が整備され、それが現在の街のベースとなっていますが、

その街区の中が小さな家屋で構成される場合、敷地の中に細い路地(私道)が引き込まれそれぞれへのアクセス路となっていたようです。

江戸の町人地の都市構造は、表通りに面したお店の間から路地に入って裏長屋につながるという形だったようですが、

ある意味、同じ構造が震災復興の近代化の中でも引き継がれているのではないでしょうか。

そしてその後、戦災、高度経済成長、近年の都市再生など様々な状況の変化を受けつつも、今も姿をとどめているのです。

 

sbt_1805_002.JPG
室町の路地のうちの1つです。中央通りとはうってかわって、生活感のある街並みになっています。

 

sbt_1805_003.JPG
表通り沿いがビルに建て替わっているところでは、暗がりの中でまるで探検しているかのような気分です。

 

sbt_1805_004.JPG
軒先に植物が置かれているところも多く、目を楽しませてくれます。

 

sbt_1805_005.JPG

少しマニアックな視点ですが...

日本橋周辺の路地の特徴として、「排水溝が道の真ん中にある」ことが挙げられます。

一般的な道路では、車両の通行を考慮して、道の両脇に排水溝が設けられますが、

ここでは道の真ん中がくぼみになり、水が集まるようになっています。

江戸では、当時から雨水や生活排水を流す下水道システムが整っていたといわれていて、

長屋の間の路地ではその水路が道の真ん中に流れていたそうです。

もしかしたら、日本橋の路地の排水溝は江戸時代の下水道の名残とも言えるかもしれません。

 

sbt_1805_006.JPG
多くの路地沿いでは、飲食店を中心にさまざまな店舗が営業されています。
隠れた名店を探す楽しみがありますね。

 
sbt_1805_007.JPG

中には写真の「金子半之助」さんのように、いつも行列が絶えないお店もあります。

 

今回記事を書くにあたり、室町1丁目~本町1丁目の路地を一通り歩きましたが、

路地それぞれが違った雰囲気を持っているのも魅力で、

日本橋をより一層深く楽しむことができました

 

参考資料:

・小林一郎(2014)「横丁と路地を歩く」

「江戸の下水道」(小平市ホームページ)

 

 
<<前のページへ 4567891011121314