中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


併せてご紹介 月替わりのエトセトラ  ~千疋屋総本店~

[rosemary sea] 2017年2月 2日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をディバイスとして取材します、 rosemary sea です。

千疋屋総本店さんにはまだまだご紹介したいところが満載です。

本日も株式会社 千疋屋総本店 日本橋本店 アシスタントマネージャーの川戸さんにお話を伺いました。

まず、2つのお届けシステムのご紹介です。

どちらも売場・お電話、いずれもお申込みできます。

DSC01843a.jpg

特選フルーツ頒布会

「5千円・1万円・2万円(税抜)になかで連続6回または12回のコースを選んでいただき、先様もしくはご自宅に毎月下旬にフルーツの盛り合わせが届くという予約のシステムです。

果物の老舗、日本橋千疋屋総本店が選び抜いた国内外の厳選フルーツが自動的にお届けされます。」

DSC01846a.jpg

DSC01849a.jpg

千疋屋水菓子倶楽部 特選フルーツ四季の収穫祭

「四季折々の旬のフルーツが、月1種類のみですが、先様もしくはご自宅に届くシステムです。

間を抜いて1・2・4・5月といったようなお申込みも可能です。

また、ひと月単位で個別にお申込みされることもできます。

一番美味しい旬の時期に厳選吟味した千疋屋総本店のフルーツが、先様も、あるいはご自分でも手間なくご賞味いただけます。

こちらも月の下旬のお届けとなります。」

DSC01842a.jpg

それから、月替わりということでマンスリーケーキをご説明します。

こちらも四季折々、月替わりでデコレーションケーキがお楽しみいただけます。

御希望日の3~4日前までにご予約ください。

DSC01883a.jpg

また、ウエディングケーキもご紹介します。

千疋屋総本店さんならではのフルーツたっぷりのケーキ、大切な日を盛り上げること必至です。

千疋屋総本店 日本橋本店 1F メインストア(果物・花販売部)

日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー 1階   03-3241-0877

営業時間 10:00~19:00 元日を除き無休

ただし、2月26日(日)はビル全体の電気設備点検日となりましてお休みです。

千疋屋総本店さんのホームページはこちら ⇒ http://www.sembikiya.co.jp/

 

 

春はもうすぐ

[お江戸のマーシャ・堀内] 2017年2月 2日 16:00

さて、一月も終わり、旧暦で言えば、立春の2月4日が目の前、

その前日は豆撒きの節分ですが、春がもうそこまできているような気配がします。

 

ちょうど今は、旧暦でお正月を祝う中国など中華圏の春節(お正月)の時期、

沢山のアジア圏からの旅行者の姿に出会います。

 

コレド室町1の地下にある<日本橋案内所>NIHONBASHI INFORMATION に、三月三日のひな祭りを前にカワユイおひなさんと鬼が並んで、今の季節感を醸し出していました。より暖かくなりますね!

ck1515_0131 (1).JPG ck1515_0131 (2).JPG

ck1515_0131 (3).JPG

(↑ クリックすると大きくなります)

 

 

救命講習で「勇気」を受講しましょう。~ポスターの標語から~

[小江戸板橋] 2017年2月 2日 14:00

もう20年以上前になるだろうか。

休日午後の電車の中。家族でお出かけの帰り道。

よちよち歩きの息子が急に「ウッウッ」ともがきだし、顔面が紅潮していった。

どうした。なにが起きた。

事情が呑み込めないまま、凍りついたように様子を見ていた。

妻がすくっと立ち上がり、息子の両足をつかんで逆さまにした。

パンパンと背中を叩いた。

口の中から、丸い形のままのタブレットのお菓子が飛び出した。

車内の乗客たちも、妻の行動に息をのんでいたが、タブレットを吐き出してきょとんとしている子供を見て、ほーっと安堵のため息が広がった。

 

奥さん、凄い。

わが子の緊急事態とはいえ、とっさにあんな行動がとれるなんて。

日ごろの天然さが嘘のよう。

いざという時には、できる子だったのですね。

どこで教わったの。

状況を聞けば、先輩ママ友が、異物を詰まらせた子に行った処置であり、とっさにそれをやってみたという。

今は、逆さにするのではなく、太ももの上でうつ伏せにして背中を叩くことが、基本になっているようだ。

 

1月28日土曜日、京橋消防署銀座出張所の防災教室で、「普通救命講習」を受講した。

中央区観光協会主催の、「まち歩き引率者ガイド講習」の一講座である。

高層ビルが建ち並ぶ、人口過密都市「東京」で生活していれば、異常事態にも相当な確率で遭遇するだろう。

多くのゲストを案内している途中という場面もあるだろう。

知っていれば、やったことがあれば、無意識に体が動くこともある。

3時間の講習の中心は、胸骨圧迫による心肺蘇生法とAEDの使用方の実践訓練。

講師は、救急隊員としての経験が数十年という超ベテラン。

講習テキストを見ることもなく、サクサクとポイントを示していく。

経験の豊かさは、テキストを超えた具体的なエピソード満載で、講義に厚みを持たせてくれる。

 

これまで受講した講座と変わって来ているところがいくつかあった。

ひとつは、救急救命に伴う免責事項。

民法・刑法ともに、善意に基づいて実施した救命処置について、責任を問わない。

心置きなく、行動に移してよいのだ。

もう一つは、SNS社会における様々な配慮が必要であること。

ともすれば、傷病者の画像などが拡散しかねない危うさを持つ、昨今の情勢を踏まえたものである。

そして今回の講習の特徴は、多くの時間を胸骨圧迫法の訓練に割り当てていることだ。

「これだけやれば忘れないでしょう。」

「体が覚えているから、できますよ。」

東京マラソン時にも、AEDを携帯したドクターが走っているという。

オリンピックを迎えれば、多くの国からゲストが来日する。

「押せば助かるんですよ。」

傍観者から一歩前に出る、後押しをされたようだ。

 

 

 

ニホンズイセンの静謐な香り

[サム] 2017年2月 2日 12:00

DSC_0929 (2)RRLS.jpg 立春目前ながら、まだまだ寒さ厳しい候。

この時期、浜離宮恩賜庭園内の花数はまだまだ限られますが、澄み切った柔らかい陽射しのもと、凛として咲く花のひとつがスイセン(ニホンズイセン)です。

スイセンはヒガンバナ科の多年草。

通常単にスイセンと云えば、「ニホンズイセ

DSC_0927RSG.jpgン」を指すことが多いですが、他の種や園芸品種を含むスイセン属の総称としても使われます。

ニホンズイセンはフサザキスイセン(房咲水

仙)の変種とされ、原産地の地中海地方からシルクロード、中国を経て渡来し、野生化したものとされます。

根際から生える葉は平たい線形。

外側の花被片は白、真ん中にある副花冠と呼ばれる筒状の部分は黄色のカップ型で、小輪で房咲き。

透明感のある清楚な甘さの中に、爽やかなフローラルグリーンの香りが特徴とされ、香気成分としては、シンナミックアルデヒド、ベンジルアルコール、ベンズアルデヒド、オイゲノールなどが報告されています。

冬の寒さを包み込む静かで穏やかな香りです。

 

 

河津桜開花

[サム] 2017年2月 2日 12:00

DSC_0932ELS''.jpg

 新川公園 隅田川テラスの、陽当たりの良い中央大橋北東袂の植樹帯に植栽されている3本の河津桜が早くも開花。

カンヒザクラとオオシマザクラの種間雑種とされ、花色は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノと比較すると、花弁の赤みが強い印象です。

桜のシーズンの先陣を切って、通常2月上旬

DSC_0937RSG.jpg頃から開花し始め、約1ヶ月後満開になり、かつ満開状態を一定期間保つのも特徴のひとつ。

6~8分咲きの頃が、花に勢いがあり、綺麗な花姿とされます。

開花時期はその年の天候に大きく左右されるようで、開花予測が非常に難しいと聞きます。

尚隅田川テラスの河津桜は、夜間も外灯の明かりで十分楽しめます。

 

 

「あなたの匂い袋作ってみませんか?」第12回香りフェア -鳩居堂銀座本店

[滅紫] 2017年2月 2日 09:00

100_2221.JPG

先日買い物をしたとき、レシートに印刷された「香りフェア」に惹かれ、やってきました。

 

本日初日。3階の画廊スペースには伽羅、沈香、白檀、真南蛮など各種の香木が展示販売されていて、「一団体5gまで」と書かれています。昔々香道の教室に通っていた頃を思い出しました。奥の方では「聞香」の体験、私は「お客様自身での匂い袋作成」コーナーに。原料は白檀、丁子、桂皮など馴染みのあるものから、甘松、大梅龍脳など初めて聞く名前の物まで12種類の入ったケースが並んでいて、香り見本の中から自分の好みを云うとそれぞれレシピがあり、分量を量りにかけます。白檀7.0g、丁子0.5gという風に。「あら入れすぎちゃった!」何だか理科の実験のようで皆さん楽しそう。量り終わると全部をよーく混ぜ合わせ好みの色の匂い袋に入れます。出来上がった30gで5個分くらいできるそうです。私は友人にも上げようと3個入れてもらい後は自宅用。クローゼットに入れてもいいし、靴箱にも・・・・

 

100_2222.JPG 100_2223.JPG

参加費は無料ですが、匂い袋が1個500円です。MYスペシャルブレンドといってプレゼントに差し上げるのもちょっと面白いですね。今週いっぱいです。

 

鳩居堂銀座本店  銀座5-7-4 TEL 3571-4429

「香りフェア」は」2月5日(日)まで 11時~19時

 

 
<<前のページへ 4567891011121314