中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


晴海埠頭の陽光

[下町トム] 2018年1月30日 14:00

晴海埠頭は多くの客船が停泊する大切な海の交通の要衝ですが、中央区内の散策コースとしてもお薦めの場所です。

 
マリナーズコート_201801(4)_R.jpgレインボーブリッジを正面に見渡しながら、東京港をゆく船の姿を眺めるのは気持ちが雄大になります。
客船ターミナルの端正なたたずまいもまた海の玄関にふさわしいものですね。
 
晴海埠頭一帯では、2020年の東京オリンピックの選手村をつくるための工事が加速しています。いずれこの辺りに近代的な住居棟が姿を見せることでしょう。

五輪開催時にはきっと多くの外国人選手と住民や観光客との交流が図られることでしょう。中央区の国際交流の歴史がまたひとつ彩られるのが楽しみです。


マリナーズコート_201801(3)_R.jpgこの地区のランドマークの一つとして地元の住民にも親しまれているのが〔マリナーズコート東京〕です。船員関係の方々の関連施設なので、ロビーには立派な客船の模型が飾られています。

宴会を行うときのテーブルには、ナプキンが船の形に折りたたまれてセッティングされます。窓の外にはキラキラと輝く海が広がり、何となく大きな外洋航路の客船内で食事をしているような気分になります。



気持ちよくお酒や食事を味わって、ゆらゆらと波に揺られているような心もちになるかもしれませんよ。

マリナーズコート_201801(1)_R.jpg

ベイフロント中央区の魅力再発見のひとときを求めて、晴海界隈の散策をどうぞお楽しみ下さい。

 

 

まだまだあります、銀座の洋菓子  ~ 鹿鳴館 銀座本店 ~

[rosemary sea] 2018年1月30日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をリフレインして取材します、 rosemary sea です。

DSC03276a.jpg

DSC03265a.jpg鹿鳴館 銀座本店さん、果実の豊潤な味わいをとじ込めたフルーツゼリーをメインに、色鮮やかなスイーツを銀座よりお届けしています。

前回のご紹介記事はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/01/post-4917.html

前回ご紹介できませんでしたお品を今回ご紹介させていただきます。

今回も、鹿鳴館 銀座本店 二瓶チームリーダーにお世話になりました。

・・・それではお品のご紹介です。

DSC03270a.jpg

DSC03271a.jpg

恵みの宝珠 春

旬の味わいを楽しめる、6種のまん丸なゼリー。

春のシリーズは、あまおう、キウイ、青肉メロン、ブラッドオレンジ、せとか、さくらをご用意しました。

ギモーブ・ショコラテ

※ 画像はございません。文末のホームページにてご覧ください。

今月より新発売です。

ふわふわ食感でフルーティーな香り広がるギモーブが、濃厚なチョコレートに包まれています。

・フレーズ(苺)× ミルクチョコレート

・グレープ × ホワイトチョコレート

・マンゴー × ダークチョコレート

・フランボワーズ × ダークチョコレート

・メロン × ホワイトチョコレート

・プレーン(バニラ風味)× ミルクチョコレート

全6種のお味をご用意しております。

バレンタインのプレゼントにもピッタリです。

DSC03274a.jpg

フルーツクッキー

バターとバニラの風味豊かでさくさくとしたクッキー生地に、5種のフルーツコンフィチュールを添えてあります。

お味は、あまおう、キウイ、マンゴー、ブルーベリー、フランボワーズの5種類です。

香ばしさとフルーツの風味が調和した、ハンドメイドソフトクッキーです。

DSC03273a.jpg

リーフパイ(中段・下段) ※ 上段はフルーツクッキー詰め合わせ

256層にも折り込まれた、バター風味豊かなパイをお砂糖で仕上げています。

木の葉の形の繊細なリーフパイです。

秋冬限定でミルクチョコレートとホワイトチョコレートをかけました、チョコレートがけのリーフパイもご用意しております。

DSC03275a.jpg

風呂敷

フクロウや犬など、可愛らしい動物柄から、手毬や波や鶴の柄など、カラフルな風呂敷をご用意しております。

1枚200円で、恵みのしずくの14個入、24個入をお包みさせて頂きます。

風呂敷はお弁当包みにもピッタリです。

贈答品に喜ばれること間違いなしです。

・・・美味しい銀座のスイーツ。

多彩な味わいのゼリー・チョコレートを、心ゆくまで堪能したいですね。

詰め合わせもバラエティに富んでいます。ギフトにもおすすめです。

DSC03262ab.jpg鹿鳴館 銀座本店

銀座5-7-1

03-6263-9850

東京メトロ銀座駅 A1出口すぐ

営業時間  月~金 10:00~21:00

      土日祝 10:00~20:00

鹿鳴館さんのホームページはこちら

⇒ http://www.ginza-rokumeikan.com/

 

 

銀座の雪

[TAKK...] 2018年1月29日 18:00

1月22日に東京都心でもかなりの積雪がありました。

00.jpg

交通機関が乱れたりと、様々な弊害がありますが、普段見られない美しい光景を見せてくれることも、また事実。

02.jpg

銀座の街にも雪が舞いました。

06.jpg

人影もまばらで、皆さん寒そうでした。

05.jpg

花も凍えていました。

観光に来られて、たまたま雪の日に当たってしまった方は、どんなことを考えたのでしょうか。

観光に来た時の天気は選べません。

雨の日には雨の日なりの、暑い日には暑い日なりの、さまざまな天気に応じた街の魅力をお伝えしていければと思います。

 

 

【子連れで楽しむ中央区】#19:子供用の「すごい箸」(日本橋三越本店)

[お染] 2018年1月29日 16:00

2018年、冬大将軍が容赦ないですね

我が家のチビさん(4歳)はうどんが好きなのですが、最近はお箸で食べたいようでしばしばチャレンジ魂をみせています。

    
先日、日本橋三越の本館5階をうろついていましたら、ちょうど偶然なのですが、子供用のお箸が販売されていました。

     

s49_07.jpg s49_02.jpg

三越のライオンがオシャレしてます。こちらが本館5階のお箸売り場。

    

      

「すごい箸」って書いてある。。。

     

     

店頭にこんにゃくが置いてあって、「普通の箸」と「すごい箸」を実際に使い比べられるようになっています。

s49_03.jpg

   
最近うどんをつかむのに苦戦している我が家のチビさんが試したところ、なんと「すごい箸」でこんにゃくを楽勝でつかんだではありませんか!!!
(ちなみに「普通の箸」では全くつかめず、いつもの姿でしたので、子供が急に成長したとかではないです。)

      

        

s49_05.jpg s49_04.jpg


その場で無料で名入れをしてくださるので、プレゼントにもよさそうですね。
しかもお値段も手ごろです。

         

      
こちらのお店 「にーず」 は百貨店を回って販売されているそうで、日本橋三越には三か月に一回ほどいらっしゃているとのことです。
今回は月30日(火)まで次回は月11日(水)~の予定だそうです。

        

これなら子供の成長に合わせて買い替えることもできます

         

       
ちなみに私は、子供とおそろいのお箸と、菜箸を買いました。

いつも使っている菜箸は麺類等がすべってイライラしていたのですが、この菜箸は先端が四角くくてつかみやすい!ストレスから解放されました~(´▽`*)

      

s49_06.jpg
必要ないのに勢いで私も名前を入れてもらってしまった(笑)

    

    
チビさんは自分の名前が入ったMy箸をいたく気に入って、その日の夕飯のカレーはお箸で食べました(笑)
もちろんうどんも今まで苦戦していたのがウソのように、お箸で上手に食べられました。

    

      

お箸トレーニングはやっぱり良い箸でないとな、と実感です。

今回の販売はもうすぐ期間終了してしまいますが、時々日本橋三越をのぞいてみてください。

    

     

◆日本橋三越本店

HP:http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/index.html

住所:中央区日本橋室町1-4-1

     

s49_08.jpg

会計時に「普段使いで」とお伝えしたのですが、チビさんがあまりに喜んでいたからか、レジの方が子供用箸だけギフト包装してくださいました。三越のホスピタリティはさすがです。ありがとうございます。

     

 

 

雪の日に、日本橋周辺で写真を撮るなら?

[柴犬] 2018年1月29日 14:00


1月22日夕方から深夜にかけて、東京では4年ぶりの大雪となりました。翌23日にはすっかり晴れて、日本橋周辺の雪化粧も数時間で終わりとなりましたが、当日は夜の雪が降りしきる都心の情景を求めて、多くの人がカメラを携えて歩き回っていました。


そこで、こういった天候の場合にオススメな、安全なフォトスポットをいくつかご紹介したいと思います!川瀬巴水の絵のような場所を求めて。



IMG_1097.jpg
まずは、中央区北端の柳橋周辺です。柳橋は戦前まで花街として大きく賑わった場所で、現在でも雅な面影があり、船宿もあります。


IMG_1098.jpg


ドラマのロケ地としてもよく使われています。



続いては、薬研堀不動尊。



IMG_1095.jpg

こちらは夜になると灯がともるので、周囲の景観と合わせて幻想的な光が楽しめます。


そして、東日本橋駅周辺です。



IMG_1102.jpg

都心の地下鉄駅前ながら、問屋街ならではの活気ある生活感が素敵です。



もちろん、両国橋から見る隅田川もムード満点です。雪をかき分けて定期的に船が通ります。


IMG_1238.jpg



日本橋中心部に移動します。



DSC_8083.jpg


中心部は安全確保のためあっという間に除雪されます。三井本館あたりを狙っても雪感は得られませんので、裏道を行きます。



DSC_8079.jpg
日本銀行は綺麗に雪が残っていました。どの角度から撮っても異国情緒たっぷりです。



そして、こちらは人気の福徳稲荷神社です。


DSC_8090.jpg


DSC_8097.jpg
雪の早朝でも参拝客は途絶えませんでした。



この辺りが、悪天候でも安全に面白い写真が取れるスポットです。日本橋は掘割の跡地がたくさんあるので、細く味のある裏道が多いです。そういった場所は雪も多く残っており雰囲気がありますが、悪天候の日に一人で行くのはおすすめしません...。



DSC_8100.jpg
DSC_8099.jpg


各お店が出している、趣向を凝らした雪だるまを見て歩くのも楽しいです!



せっかく日本橋に観光に来たのに雪が降っちゃった...と残念になる向きもあると思うのですが、江戸情緒と東京の最先端が並列している景色に雪が備わるのは中々素敵ですので、ぜひ見にいらして下さい。


 

 

日本橋かるた

[にゃんボク] 2018年1月29日 09:00

 今は「手のひらに世界を乗せて」などのコピーの通り、スマートフォンで何でもできる時代。
手のひらを思いきり畳に打ち付けて札をとるカルタが冬や正月の風物詩と言われる日も過去のものになりつつあるのかもしれません。

 

そのカルタは、ご案内の通り、いろは47文字に対応した「いろはかるた」が最も古典的と言われています。内容は江戸、京都、大坂、上方、尾張などで各々異なっており、地方の特色が表れて、「郷土かるた」も各地に存在するようですね。

 

なんとなく諳んじていた諺のようなものも、実はカルタ由来だったりして、新たな発見があったりします。

 

ちなみに、いろはの「い」に関して言うと、江戸は「犬も歩けば棒に当たる」、上方は「一寸先は闇」、尾張は「一を聞いて十を知る」だそうで、それぞれ全ての札を読むと馴染み深いものから、読み方の分からないようなものまであって面白いです。

 

郷土カルタで一番メジャーなのは個人的に「上毛カルタ」だと思っています。「つ」なら「鶴舞う形の群馬県」と謡われるアレです。郷土の特色を紹介するテレビ番組において、「群馬出身者はこのカルタを暗唱している」、「反射的に下の句が出る」などと聞くとまさに郷土カルタの鑑だと思う次第です。

 

さて、郷土カルタとして中央区民が押さえなければならないのは、

勿論!!「日本橋かるた」ですね。

 
い:いつの世も 道の起点は 日本橋
ろ:櫓がきしむ 浜町河岸から 花見船
は:初鰹 初物好きで 見栄っ張り

 

20180127_blog.jpg

いやぁ、いいですね、マニアックですね。このかるたにはいつくも素晴らしいところがあるのですが、まずなんと作画は六代目 歌川国政さん。
ん?この国政さんはどなたですかって?五代目ではなく六代目。作画にかの有名なメトロリンクの無料バスがあることを考えると、これはごく最近の状況も踏まえられているわけで、現存している方、なんですかね・・・。

 
そしてこの日本橋かるた、ちゃんと英訳版があるのです。グローバリゼーションを先取りしてます。子供たちもこれで英語の勉強もできちゃいます。 

 
い:いつの世も 道の起点は 日本橋
Hey you!
From centuries past,the place where all roads meet Nihonbashi.
ってなところです。

 

この日本橋かるた、勿論販売もしているのですが、建設中のビルの囲いに描かれたりしている(私はこれで知りました)ので、街歩きをしながら発見してみるのも良いですね。

 

 
<<前のページへ 4567891011121314