中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


秋のお昼のアコースティックライブ@KayGee's  / Autumn Lunch Time Acoustic Live at KayGee's

[HK] 2017年10月30日 14:00

 

以前もブログでご紹介した新川の隠れ家的カフェバー、KayGee'sで待望のランチライブイベントのお知らせです。 

このお店のライブはいつも夜に予定されていたので中々行けず、今回はランチ付の昼のライブなので友人を誘って参加しようと思います。  

 

ボーカルはジャズ、ボサノバ、ポップス等何でも歌いこなしてしまう山村いつかさん、ギターはセッション、レコーディング、ライブ活動の傍らでギター教室を開き、ギターを愛してやまない進藤洋樹さん。 この二人のライブを以前丸の内の某カフェにて聴いた事があるのですが、本当に心地よいアコースティックサウンドが体に沁みわたり、心が解きほぐされるような素敵な時間が過ごせます。  

Kaygee's のランチまで付いて4,700円税込(ランチ/ワンドリンク付)はかなりお得、席数も最大で30名までなので、丁度良いサイズです。 

 

詳細は以下の通り;

日時: 2017年11月18日(土) ランチスタート 13:00 / 開演 14:00 

料金: 4,700円税込(ミュージックチャージ/ランチ/ワンドリンク付) 

問合せ・予約: KayGee's 03-5542-0335 (日・祝定休) 

URL: https://kaygees.jimdo.com/

 

 

 image1.JPG

 

 

 

Yes, I have been waiting for this, Cafe Bar "Kaygee's" in Shinkawa is scheduling Lunch Time Acoustic Live Event.  

Since this will be held during daytime with lunch, I am willing to go with my friend because almost every past live event were held at night which was difficult for me to join.   

 

Vocalist Itsuka Yamamura can really sing. Her repertories are Jazz, Bosa Nova, Pops, etc, she can sing almost anything. You just can't help feeling happy listening to Gutarist Hiroki Shido's performance since he is so much devoted to guitar. He is also a busy man doing session with artists, recording, his own live, and even guitar lesson class. 
I once saw their performance at cafe in Marunouchi. They enthralled everyone with their smooth acoustic sound, that soaked into everyones' body and soul, making everyone soft and relaxed.

Charge is JPY4,700 per person including tax, lunch and one drink which is quite reasonable. The place is cozy and pleasant with 30 seats which is just the right size for acoustic live performance.  

 

<Further Details>

Date: November 18, 2017 (Sat. ) Open 13:00 / Performance Start 14:00 

Charge: JPY4,700 (tax, music charge, lunch, one drink included) 

Reservations: KayGee's tel: 03-5542-0335 (Closed on Sundays and Holidays) 

URL: https://kaygees.jimdo.com/

  

 

IMG_2242.JPG

 

 

 

日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020

[サム] 2017年10月30日 10:00

DSC01003RR'''.jpg 

DSC01002RS''G.jpg 東京2020オリンピック競技大会から1000日前となる10月28日、日本橋界隈で、「日本橋シティドレッシング for TOKYO 2020」と題し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムやアスリートの肖像を用いた大規模な装飾を繰り広げる「シティドレッシング」(大型グラフィック等を掲出して街全体を装飾)がスタート。(11月29日まで)

3回目を迎える今年のテーマは「WE MAKE 2020」。

アスリートだけでなく、観る人、支える人なども含めた「みんなでつくる東京2020大会」ということを、日本橋の街全体を使って体感して貰おうと、総勢150名を超えるアスリートや一般の人々の姿が街中に装飾演出されています。

徐々に近づく東京2020大会。

街は、オリンピック・パラリンピック盛り上げムーブメントに包まれています。

 

 

白秋 灯火親しむ

[あすなろ] 2017年10月29日 16:00

 
本に親しむ読書週間中です。

 

 まちの図書館は、そのまちに暮らす人たちのニーズを

把握し、それに応えていく身近な情報の入り口といった

存在でしょう。そして、多様な催しなどを通じて

新しいコミュニティを模索しているように思います。

 

 日本橋の神社展.jpg

今年の4月に新しくなった日本橋図書館で催しがあります。

 神社一覧.jpg

「日本橋の神社展」

 日本橋地域にある神社の祭神や由緒などを写真や地図

で紹介し、関連書籍がキュレーションされています。

この他にも、常設の日本橋コーナーや江戸、東京、中央区

に関する歴史・地誌も充実しています。

 身近な図書館の機能と特徴を理解して、上手に活用

したいですね。

 
◆日本橋と神社展

日時:10/27(金)~11/23(木)
場所:日本橋図書館 展示コーナー7F
   東京都中央区日本橋人形町1-1-17

 

 

 

秋の風景、セイタカアワダチソウ〔築地川公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年10月29日 12:00

seitaka001.JPG

築地川公園多目的広場は現在一部が工事中です

seitaka002.JPG

この広場の周辺に、セイタカアワダチソウを咲かせています

seitaka003.JPG

セイタカアワダチソウは、漢字で書くと背高泡立草であり、雰囲気が変わります

キク科アキノキリンソウ属多年草です

北アメリカ原産で、日本では帰化植物外来種)になります

外来生物法によって要注意外来生物に指定されているほか、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100にも選ばれていますが、今や秋の風景の一つになっていると思うのですが、どうでしょうか

seitaka004.JPG

10~11月に咲き、小さな花が総状に多数ついて、花のついた横枝が広がります

seitaka008.JPG

入船橋の上からの景色です

seitaka007.JPG

外来種セイタカアワダチソウとライバルの在来種ススキが競うように繁茂しています

seitaka006.JPG

 

 

「河東節開曲三百年記念演奏会」開催 歌舞伎座

[滅紫] 2017年10月29日 09:00

100_2551.JPG 100_2550.JPG

十月歌舞伎公演千穐楽から一日置いた27日「河東節開曲三百年記念演奏会」が昼夜歌舞伎座で行われました。

 

「河東節」は市川宗家が歌舞伎十八番の「助六所縁江戸桜」を上演する時、必ず御簾の内に素人の旦那衆「河東節御連中」が出演することで知られていますが、この形式が定着したのは二代目團十郎が「助六」を初演した江戸時代半ば以来とのこと。初代十寸見河東(ますみかとう)が江戸浄瑠璃の半太夫節から分かれ独立創始したのは享保2年(1717年)、今年で丁度300年になるのを記念しての催しです。初代の十寸見河東は日本橋の魚商、天満屋の子で江戸半太夫門下で頭角を現し、独立したものです。(浄瑠璃に熱中してお店をつぶしたとか・・・)

 

記念の会で一日だけの公演とあって客席はきれいどころのお姐さん方、俳優さんたちのお顔もちらほら、来場者にも華やかな訪問着姿が多く目の保養。昼の部は300年前に独立した時演奏されたという「松の内」で幕が開きます。江戸時代から河東節とつながりの深い市川宗家の海老蔵さんの「口上」のあとは2人のお子さん、麗禾ちゃんと勸玄くんの舞踊「海老」、登場しただけで大拍手。後見の海老蔵さんの心配そうな顔が微笑ましい。そして「松廼寿三番叟」は美術が何と吉田五十八、翁が菊五郎、千歳が菊之助、三番叟が海老蔵という豪華版。昼の部の最後は舞踊「助六所縁江戸桜」で海老蔵さんです。いつもの舞台では吉原の三浦屋の格子の内側で客席からはお顔の見えない「河東節御連中」が舞台に70名近くずらりと黒紋付き姿で並んでいるのは壮観です。プログラムをよく見ると昼の部の出演は全員女性、夜の部の浄瑠璃方は全員男性になっていました。日本橋や銀座のご主人も中にいらっしゃるのかも知れませんね。

 

 

東京2020オリンピック1000日前 特別ライトアップ

[サム] 2017年10月28日 18:00

DSC00966ELS'.jpg 

DSC00969RS'G.jpg 10月28日(土)は、東京オリンピックまで「あと1000日」の大きな節目の日。

これに合わせ、10月28日(土)・10月29日(日)の2日間、港区立芝公園や東京タワーを会場に、「ウェルカムTOKYO スポーツパーク2017」が開催されます。

そして東京タワーは、10月27日(金)・10月28日(土)の2日間、東京2020公認プログラム「1000日前カウントダウンフェスタ~東京2020へ」として、オリンピックの5色をイメージした特別ライトアップを点灯。(日没~23:00)

大展望台を黒とし、青・黒・緑・赤・黄の「東京2020オリンピック1000日前 スペシャル ダイヤモンドヴェール」です。

大展望台部分(東面・芝公園方面1面のみ)には、1000日前に因み、「1000」の文字。

勝どきの隅田川テラスから築地市場越しに、夜空にオリンピックカラーが輝き、徐々に近づく東京2020オリンピックへの期待が高まります。

 

 
<<前のページへ 4567891011121314