中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


2月18日佃で野鳥観察会があります

[佃のうさこ] 2018年2月15日 12:00

2月18日に野鳥観察会が開催されます。今年で3年目、地域の愛好家から始まった観察会です。うさこも、この観察会がきっかけで、野鳥にぞっこんになり観察にハマって行きました。それは、中央区が都会の中の都会でありながら、自然を再生することで、自然と共存出来ていることを強くわからせてもらえたからです。

 

今、石川島公園付近で越冬している水鳥は、マガモ・ヒドリガモ・オオバン・ホシハジロ・キンクロハジロなどがいます。

 

オナガガモなど.jpg

観察会では、どんな鳥たちに出会えるでしょうか?早いもので、あと1か月もすると、10月にやって来た鳥たちも越冬を終えてシベリアへ帰って行きます。

是非、この機会に、越冬に中央区の隅田川を選んだ鳥たちに会いに来てみてください。うさこがご案内いたします。

 

野鳥観察会.jpg 

 

 

 

"三井家のおひなさま"展

[お江戸のマーシャ・堀内] 2018年2月15日 09:00

冬から春への変わり目である立春の前日である"節分"も過ぎました。

豆まきで鬼を追い払い、恵方を向いて太巻き寿司一本を食べて無病息災を願った方々も多いと思います。

 

さて、その次は、女の子の健康と幸福を祈って行われる3月3日のひな祭り、桃の節句の時期がやってきます。

三井美術館で、例年のように、「三井家のおひなさま」が京都に都のあった時代(平安京794年~江戸時代1868年)のうち、主に江戸時代(19世紀初頭の化政期)に、ここ日本橋の十軒店(今の室町3丁目辺り)で売られていた雛人形から明治時代にかけて製作されたものが飾られています。


ここの写真にはありませんが、雛壇に一式のおひなさまが飾られた光景は、平安時代の雅な宮廷の様子が偲ばれます。これを見れば、心の静けさを取り戻す機会になるかもしれません。

  

また、茶道具も展示されており、楽茶碗はいつ観ても心地よい形状です。

能の装束や能面、室町期などの増女、顰(しかみ)、小尉、猩々の面が展示されています。

-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (1).jpg

1「内裏雛」三世大木平藏製

明治28 年(1895)三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (2).jpg

2「梅鉢紋・違鷹羽紋蒔絵雛道具(鏡立・鏡箱)」

江戸時代・19世紀 三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (3).jpg

3「立雛」

江戸時代・文化12年(1815)三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (4).jpg

4「次郎左衛門雛」二代永德齋製

明治~大正時代・20世紀 三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (5).jpg

5「内裏雛(女雛)」五世大木平藏製 

昭和9 年(1934)三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (6).jpg

6「内裏雛」明治28年(1895)五世大木平藏製 

昭和9 年(1934)三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (7).jpg

7「内裏雛」四世大木平藏製 

明治33年(1900)三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

ck1515_20180214 (8).jpg

8「紅地網目蝶罌粟模様厚板唐織」 

明治時代 三井記念美術館蔵
-------------------------------------------------------------------------------------

各画像は三井記念美術館様の所有となります。二次利用は固くお断り申し上げます。

 

 

 

佐久間真人展「猫の祈りのとどく街」〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月14日 18:00

sakuma201801.JPG

銀座2丁目の画廊、「ギャラリー銀座」で、現在、佐久間真人氏の個展「猫の祈りのとどく街」が開催されています

sakuma201802.JPG

ギャラリーは、下の地図赤〇の場所で、2階になります。

sakuma201800.jpg

開催期間は、2月12日祝日)から2月18日)までです。

時間は、午前11時より午後7時までで、最終日は午後5時までとなります。

sakuma201803.JPG

佐久間氏は、たくさんの絵本書籍雑誌装画・挿絵を描かれたり、CDジャケット広告イラストを手がけられており、作品をご覧になると、「どこかで見たことある」と思われるはずです

sakuma201804.JPG

佐久間ワールドとも言えるレトロモダンな風景を描いた作品が並びます

sakuma201805.JPG

郷愁を誘うような色彩昔見たことがあるようで全くの違う世界のような空間が描かれており、静かな鑑賞の時間に浸れます

sakuma201806.JPG

佐久間氏の作品は、ペンで描いたものをコンピューター処理をして、最終的に手で彩色されるという工程をとられているそうで、CGっぽいのだけれども、手描きの描線微妙に色むらのある彩色部分温かみが感じられます

sakuma201807.JPG

佐久間氏が作品で描かれている建物路面電車は、かつて中央区に建っていた建物や、走っていたりした電車雰囲気もあって、よりなつかしさを感じてしまうようです

sakuma201808.JPG

一方で、推理小説のシリーズものの装幀も手がけられており、まったく違う雰囲気の作品も展示されています

佐久間ワールドに浸りに、是非一度お立ち寄りください

なお、ギャラリー内での写真撮影につきましては、ご本人に特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

昨年2月に開催された個展の様子を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/02/post-4020.html

芸術芸術芸術

 

 

 京華スクエア 〜地域の発展のために〜

[東京ダンボ] 2018年2月14日 14:00

八丁堀すずらん通りの南端、八丁堀3丁目にある京華スクエアは、1901(明治34)年に創立された京華小学校が形を変えて地域に貢献して生き続けている施設です。

 

IMG_2548.jpgIMG_2547.jpg

 

現在の建物は関東大震災後、耐震性に力を入れた「復興小学校」として1929(昭和4)年に建てられた旧京華小学校・幼稚園の建物を再利用して使い続けています。

 

IMG_2550.jpg

 

京華小学校は中央区が人口減の時代であった1993(平成5)年に、鉄砲洲小学校とともに中央小学校に統合されたため閉校となっていましたが、2001(平成13)年に京華スクエアとして中央区立ハイテクセンター(研修室・会議室・展示場・ロビー)、京華コミュニティルーム、中央区シルバー人材センター、早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校などが入り蘇ったものです。

 

IMG_2558.jpgIMG_2559.jpg

 

校庭ではあの二宮金次郎が勉強を続けていました。

 
IMG_2553.jpgIMG_2552.jpg
 

早稲田大学エクステンションセンター"Extension"(=拡張、開放)の意味するとおり、早稲田大学の研究・教育機能を広く社会に開放するための機関で、八丁堀校では「早稲田大学オープンカレッジ」として、教養・ビジネス・語学・スポーツ等、春・夏・秋・冬の学期ごとに講座を多数設置し、昼夜合わせて年間約550講座を提供しているそうです。

 
こんな近くに大学として日本最大の生涯学習機関「早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校」が設置されているのですから、利用しない手はないですね。
 
東京ダンボも今年から学習を開始しました。
幾つになっても勉強はできるものですね。
 
スクリーンショット 2018-02-11 21.53.16.png
 

 

バレンタイン・ダイヤモンドヴェール点灯

[サム] 2018年2月14日 12:00

P2130308ELS'.jpgDSC01691RS'G.jpg バレンタイン・イブの2月13日 日没~22:00、東京タワーでは、ピンクとレッドが交互に配置された「バレンタイン・ダイヤモンドヴェール」が点灯。

ピンクには「夢と幸福」、レッドには「愛と感謝」のメッセージが込められており、華やかなライトアップが、勝どきの隅田川テラスから築地大橋越しに望めます。

普段は土日・祝日の11:00~16:00に開放されている、東京タワーフットタウンと大展望台(150m)をつなぐ600段の外階段を、夜景を眺めつつ、ライトアップに浮かび上がる鉄骨の中を昇っていく醍醐味が味わえるよう、13日と14日の2日間、17:00~22:00まで特別に開放。

明14日バレンタインデーも「バレンタイン・ダイヤモンドヴェール」点灯予定です。

 

 

【お知らせ】 2月16日(金)、再オープンです。  ~ にほんばし島根館 ~

[rosemary sea] 2018年2月14日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をメイクアウトして取材します、 rosemary sea です。

 

島根県のアンテナショップ、にほんばし島根館さん、入居ビルの耐震補強工事に伴い、昨年9月19日より一時休館されておりました。

いよいよ2月16日(金)に再オープンの運びとなりました。

再オープンイベントの数々、ご紹介させていただきます。

ぜひぜひご来店ください。

お待ち申し上げております。

P2040345a外観.jpg

                 ※ 画像はイメージです。

にほんばし島根館 島根県東京事務所の栗之館長、安井課長にお世話になりました。

それではご紹介です。

 

 2月16日、500名様にノンアルコールの甘酒の振る舞いがあります。

 

 2月16・17・18日、ポイント5倍です。

  また、2,000円以上お買い上げの方、各日150名様限定にて、石見地方のお菓子の進呈があります。

 

 キッチンステージでは2/19~22、奥出雲町の簸上清酒(ひかみせいしゅ)の「新酒」の試飲販売。

 

 2/23~25、八百万(やおよろず)マーケットによる出雲地方の厳選商品の販売。

 

 工芸イベントコーナーでは2/16~3/4、「春待つ手しごと 島根の若手匠展」。

  (シマネRプロダクト + SHIMANE ARTISAN)

  シマネRプロダクトを中心とした職人の方々が、お待ちしております。

  シマネRプロダクトの出雲鍛造、石州和紙等、それからSHIMANE ARTISANの石見神楽の面、藍染めが予定されています。

  なお、シマネRプロダクトさんのホームページはこちら

  ⇒ http://shimane-r-product.com/

 

 観光コーナーでは2/19~25、「ご縁の国しまね」PR特設コーナーとして「ハートの絵馬体験」、「おみくじ風チラシで運だめし」。

 

 しまね料理とさばしゃぶの店「主水(もんど)日本橋三越前店」では2/16~26、「さばしゃぶ」ご注文のお客様に日本酒1杯サービス。

180129主水三越前店チラシ粗.jpg

 

 

・・・にほんばし島根館さんの再オープン当日の様子も、後にご紹介させていただきます。

   乞うご期待、です。

 

にほんばし島根館

日本橋室町1-5-3 福島ビル1階

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅、A4出口

三越日本橋本店の向かいです。

 

 観光のご案内、各種お問い合わせ

⇒ インフォメーションカウンター 03-5201-3310

 物産品のお問い合わせ・ご注文

⇒ 島根県物産協会東京支部 03-3548-9511

 定住相談

⇒ ふるさと雇用情報センター 0120-60-2357

 

営業時間  10:30~19:00

年中無休(年末年始を除きます。)

にほんばし島根館さんのホームページはこちら

⇒ http://www.shimanekan.jp/

 

 
<<前のページへ 1234567891011