中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


月島に「海水浴場」があった

[yaz] 2018年8月10日 12:00

月島地区をテーマに書くブログ最終回です。約100年前の東京のウォータフロント"月島地区"に海水浴場がありました。明治期に海水浴流行のきっかけをつくったのは、陸軍軍医総監の松本順(良順)で、医療とレクリエーションをかねて海水浴を奨励しました。

明治24年(1891年)大森海水浴場が、明治35年(1902年)には穴守海水浴場が、明治42年(1909年)には羽田海水浴場が開設されました。砂風呂などが人気を取り、大いに賑わったといわれます。大正時代に入ると「海水浴場」が都心を越えて月島・深川地区に波及し、大正2年(1913年)に完了した三号地の埋立(勝どき5~6丁目)と共に開設された月島海水浴場には、料理屋や宿泊施設・海の家が整備され大いに繁栄しました。下の地図では(三号地)の左側(西側)に海水浴場が見られます。

海水浴の様子を示す写真を見ると、今からは考えられない「ふんどし」姿の人が数多くみられます。

月島海水浴場(三号埋立地横).jpg 月島海水浴場の様子.jpg

1930(昭和5年)年代になると、「海水浴場」は衰退し始めます。埋め立て・海水汚染のためです。

第二次世界大戦後、高度経済成長期を迎えたこともあり、東京に海水浴場がよみがえることはありませんでした。月島も然りです。今日の東京の海は海水浴には不適当な状況にありますが、人工海浜や親水護岸などの整 備も進んでおり、さらに水質の改善が進行することによって、将来再びそのにぎわいを取 り戻すことに大きな期待が寄せられている。

参考文献:

1. 平成17年度日本大学理工学部 学術講演会論文集「東京のウォータフロントにおける余暇文化の変遷に関する研究」

2. 中央区沿革図集(月島編)

 

 

毎年行きたくなる!「はちみつフェスタ2018」(後編)

[Hanes] 2018年8月10日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今回は前回に引き続き「はちみつフェスタ2018」を取り上げ、はちみつ採取環境やハニーハンターの境遇の話を含め、アジアの興味深いはちみつの数々をご紹介します。

■グローリートレーディング株式会社
ウェブサイト:http://www.glory-shop.jp/

こちらで販売されていたのは、木箱で飼われていないストレスフリーの蜂が集め、
煙で燻すことなく蜂を傷つけずにハニーハンターが採取したヒマラヤのはちみつです。
そして、農薬や除草剤等が検出されていない100%オーガニックのものに与えられる
グリホサート(除草剤の成分)フリー認証なるものを受けています。
蜂は飛び回るため、自分の敷地で除草剤等を使用していなくても、
周囲で使用しているとアウト
よって、この認証を取得するのは非常に困難だそうです。

HF9.jpgのサムネイル画像

今回完売していたチョコレートハニーパティ(100%カカオとホワイトハニーのブレンドに、天然のフレーバーを加えた一口サイズのチョコ)は、砂糖不使用の低カロリーなのに、ミネラル・酵素・ポリフェノールが含まれ、栄養価が高いそうです!気になりますね

■シタァール
ウェブサイト:http://www.e-sitar.jp/

こちらのブースには、インドから直輸入したという野生黒蜂蜜がずらり!
特徴は、大地の恵みと偉大さがギュッと凝縮されたようなパワフルさがあること
通常の蜂蜜の半分位の量で、鼻から蜂蜜の良い香りが抜ける風味が出せるため、
業務用は、バームクーヘンやフィナンシェ用にケーキ屋さんも購入するんだとか

HF22.jpg

個人的にインドから蜂蜜を連想することはこれまでありませんでしたが、
デカン高原の奥地メルガートでの蜂蜜採取の歴史は紀元前1万5千~1万1千年頃に遡り、当時描かれた壁画には、蜂蜜採取の様子が見られるというので驚きました

そのように長いこと行われてきた蜂蜜の採取ですが、
ガンディー提唱の貧困部族の保護事業中央ミツバチ調査訓練研究所の設立により、
これまで無防備で蜂に刺されながら蜂蜜を採取していたハンターたちに、
ヘルメットや防護服等が支給され、安全に作業できるようになったそうです
日本での黒蜂蜜の売り上げも、そういった安全面に貢献するのかもしれませんね

最後に、何故「黒」蜂蜜なのか気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
他の来場者の方からの質問に便乗し、話を聞いてみたところ、パラシュという花の花粉の影響で、ミネラル等の森の恵みを含んだ樹液が含まれる蜂蜜は、熟成することで黄金色から黒褐色に変わるのだそうです
勉強になりますし、何といっても面白いです

■有限会社ユーラシア・トレーディング
ウェブサイト:http://www.the-silkroad.jp/

ここ数年で女性を中心にじわじわと浸透してきたなつめ(デーツ)
しかし、なつめのはちみつはまだ聞いたことがないという方が多いかと思います。
実はそのはちみつは王族への贈り物としても珍重されるということで富裕層に人気で、
アラブ諸国から西に輸出され、なかなか日本に入ってくることがないそうです

こちらでご紹介いただいた貴重ななつめのはちみつ「シドルハニー」は、
非加熱なので酵素が十分に効いており、食べるだけでなくパックにもうってつけ!

HF24.jpg

米粒大の量でパックができるため、小瓶のはちみつでも3ヶ月はもつとのこと。
せっかくなので、手を顔に見立ててパックしていただきました
ローズウォーターとなじませパックしていただいた後は、
はちみつのベタベタ感は不思議と全くなくてびっくり!
保湿効果がありそうで改めてチェックしてみようと思いました

■感想
今回こうして「はちみつフェスタ」に足を運ぶまで、
はちみつは「はちみつ」とひとくくりにして考えていました。
しかしこうして試食させていただいたり、採取の裏話を聞いたり、
はちみつの豆知識が書かれたパンフレットを読んだりすることで、
場所、花、単花蜜か百花蜜かによって味・香り・色が異なることがわかりました。
はちみつ...予想以上に奥が深くて面白いです

そして、あまりたくさん花が咲いていない銀座のまちなかでは、
どのようなはちみつが採取できるのか、ますます気になってきました!

HF2018.jpg

こちらのイベントは、はちみつがお好きな方でも、私のような初心者でも十分に楽しめるものとなっています。
今回行けなかったという方は、ぜひ来年足を運んでみてくださいね

しかし、「来年まで待てない」という方に朗報です!
フェスタ会場以外でも、美容や食におけるはちみつの様々な使い方が学べる体験型の講座が毎月開催されており、楽しくはちみつについて知ることができます
受講後にフェスタに参加したら、より専門的にはちみつを味わえそうなので、
私も密かに気になっています

ちらし.jpg

8月~11月の講座チラシのダウンロードはこちらから。

講座は茅場町駅から徒歩7分、水天宮前駅から徒歩9分にある日本はちみつマイスター協会内セミナー室で開催されるそうなので、
ご興味のある方は、周囲の観光もかねて参加してみてはいかがでしょうか

※本記事につきましては、一般社団法人日本はちみつマイスター協会および各ブースのご担当者様から掲載許可をいただいております。
※「はちみつ」「蜂蜜」表記に関しては、なるべく各ブースでの表記を用いています。

 

 

2018真夏のパフェフェア第2弾スタート  ~ 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ ~

[rosemary sea] 2018年8月 9日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をハーモナイズして取材します、rosemary seaです。

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェさん、『2018真夏のパフェフェア』第2弾を開催しています。

第1弾のご紹介記事はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5386.html

第2弾は前回お伝えしましたとおり、8月1日(水)~8月31日(金)の期間となります。

今回も産地や旬にこだわったフルーツをメインにした恒例のパフェです。

201808集合a.jpg

8月はいちじく・マンゴー・黄金桃と白桃のパフェをご紹介します。

カットの仕方を工夫し、食感も楽しめるように仕立てられています。

さらに、7月に引き続き、長野県信州畑工房にあります資生堂パーラーさん専用ハウスで採れた「夏秋いちご"恋姫"のパフェ(通常版/低糖質版)」もご紹介します。

今回も株式会社資生堂パーラー広報担当小番(こつがい)さん、橋本さんにお世話になりました。

それではお品のご紹介です。

201808オリエンタル2a.jpg

国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ  1,980円(税込)

ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに、抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェです。

桃はその時に一番旬な産地のものを使用しています。

また、いちごソースがアクセントになっています。

昭和35年頃に誕生した資生堂パーラーさんオリジナルのパフェで、レトロ感もお楽しみください。

201808いちじく2a.jpg

和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ  2,160円(税込)

旬のいちじくをフレッシュのまま贅沢に楽しめるようにこだわり仕立てられています。

ロゼワインのコンポート、ソース、シャーベット、チュイールなどにも使い、丸ごといちじくを感じられます。

情熱的な赤いパフェは、いちじくとりんごのジュレがアクセントとなっております。

チュイールとは・・・

Tuile  フランス語

薄焼きのクッキー。本来は「瓦」の意味です。

201808マンゴー2a.jpg

沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ 2,580円(税込)

太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産アップルマンゴーを贅沢に使われています。

また、カットの仕方を変えることで、食感も楽しめるよう盛り付けられています。

トロピカルな自家製マンゴーシャーベットとエキゾチックソース、ミルクアイスクリーム、クランベリーソースで真夏を感じるひとときをお過ごしください。

濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものでご用意のため、8月中旬からはキーツマンゴーで登場の予定です。

2018恋姫2a.jpg

長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ 1,890円(税込)

信州畑工房さんが所有する資生堂パーラーさん専用のハウスで収穫された「夏秋いちご"恋姫"」をソースにも使用した逸品です。

関東では珍しい希少な品種のいちごをソースにも使用し、パフェに仕立てられています。

爽やかな酸味が広がる夏秋いちご特有の味わいをお楽しみください。

資生堂パーラーさん伝統のバニラアイスクリームとの相性も抜群です。

 恋姫のストロベリーパフェには低糖質版もご用意されております。

  価格1,890円(税込)は変わりません。

  デコレーションはそのままに、アイスクリームやソースなどの仕立てを工夫して、糖質量10gに抑えました。

   糖質量は「食・楽・健康協会」算出値です。

  七訂食品標準成分表利用可能炭水化物をもとに計算されています。

恋姫a.jpg

恋姫看板a.jpg

<夏秋いちご"恋姫">

皆様ご存知のとおり、いちごは冬から春にかけて収穫・出荷されるのが一般的ですね。

夏秋いちごは1年を通して収穫が可能な品種ですが、酸味が強くなり、大半を輸入に頼っていました。

高温の夏場でも夜温が下がるという条件が必要な中、信州大学さんが開発に取り組みました。

そして長野県伊那市で、糖度が高く甘くて味が濃い、しかも香りも良く形もきれいな夏秋いちご"恋姫"の生産を実現されました。

資生堂パーラーさんは信州畑工房さんとのご縁でこの"恋姫"を育てる専用ハウスを持ち、夏から秋にかけても美味しいいちごを提供できるように取り組まれています。

・・・今ここでしか味わえない華やかなパフェで、銀座の夏を満喫してください。

   どのパフェもパフェグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートなど、盛りだくさんです。

 画像はイメージです。提供されるお品は画像と異なる場合がございます。

 フルーツの入荷状況により、メニュー内容やご提供期間が変更となる場合がございます。

3Fサロン・ド・カフェza.jpg

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階

03-5537-6231(予約不可です。)

営業時間  火~土曜日 11:30~21:00(ラストオーダー20:30)

      日曜日・祝日 11:30~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日 月曜日(祝日の場合は営業いたします。)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら

⇒ https://parlour.shiseido.co.jp/

 

 

真夏のいきもの〔浜離宮恩賜庭園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年8月 9日 14:00

連日の猛暑の中、中央区にある都立庭園内でたくましく生活しているいきものたちです

semih201800.JPG

浜離宮恩賜庭園は、東京湾から海水を取り入れて、の干満で景色の変化を楽しむ、潮入り回遊式築山泉水庭で、江戸時代に庭園として造成されたため、年を経て樹木も成長しており、さまざまな海辺いきものいきものを見ることができる貴重な場所です

9時開園と同時に園内に入りましたが、そこは既にセミ大合唱大会

semih201801.jpg

まずは、翅が茶色アブラゼミ

semih201803.jpg

区内の公園では、一番よく耳にするミンミンゼミ

semih201802.jpg

小型のニイニイゼミ

semih201804.jpg

この庭園では、最大多数派ではないかと思うツクツクボウシ

semih201805.jpg

の訪れを感じさせるシオカラトンボ

semih201806.jpg

キバナコスモスに来たアゲハチョウ

semih201807.jpg

アオスジアゲハは、キバナコスモスお花畑とこのノリウツギが好きなようです

semih201808.jpg

可憐なモンシロチョウ

semih201809.jpg

羽音をさせて、クマバチキバナコスモスお花畑に来ていました

semih201810.jpg

あと、潮入の池には、海水とともにいきものも入ってきています

semih201815.JPG

海水面に近い石垣にはフナムシカニがいます

semih201814.jpg

浅瀬で、クロダイ2匹がじゃれるように銀鱗をきらめかせていました

semih201813.jpg

これら以外にも、や無数の昆虫たちがいると思います

猛暑ではありますが、の中は涼しく海風爽やかですので、ご家族お子様連れで出かけられてはいかがでしょうか

その際は、こまめな水分補給を忘れずに

浜離宮恩賜庭園のHPはこちら ⇒

http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index028.html

 

 

銀座には、スヌーピーがよく似合う

[デ・ニーロ] 2018年8月 9日 12:00

  


de-Niro_01.jpg


 もし太宰治が平成の現代に生きていれば、銀座のバー・ルパンの帰り道で晴海通りへ出た際、こんなコトをつぶやいてSNSに投句したカモ。



 中央通りを新橋から銀座4丁目に向って歩いて行くと、銀座三越が見えてくるでしょう。


Snoopy_In_Ginza_L.jpg

  


 銀座のランドマークとして、和光と並ぶ三越の外壁には、巨大ポスターのような垂れ幕広告が掲出されます。


 それらは季節の風物詩のようにアーティスティックで、アタクシはいつも楽しみしているのですが、ニャンと! 


 スヌーピーがチャーリー・ブラウンや仲間達と登場してるって、半端ない!


 おなじみのデパート催事のPRですが、この景観は新鮮に映りました。


 よく見ると20周年とあり、三越によるスヌーピー企画にはそれほどの歴史があったとは驚きです。



Snoopy_In_Ginza_2018.jpg


 

 1905年(明治37年)「デパートメントストア宣言」をした百貨店の老舗三越なだけに、日本で初めてスヌーピーのキャラクターを販促ツールとして採用した?

 というわけではなさそうですが、銀座とスヌーピーのご縁のレキシは意外と古かった(といっても平成になってからなので、遅いぐらいだが)

  


 米国の漫画家チャールズ・M・シュルツによる絵本「ピーナッツ」にスヌーピーが登場したのが、1950年。

 


 1999年(=平成11年)、その50周年のプレ・イベントとして始まったのが「スヌーピー in 銀座」なのだそうです。

 


 だから、ざっくばらんに言うならば、銀座にスヌーピーがよく似合う背景に、三越が一役買っていたとは言えるでしょう。

 


 てなことを、このタイミングでまち歩きガイドをしている時にはアナウンスできますよね。

  


 三越の前身である三井呉服店の初代も、生きていれば

 


「スヌーピーに家督を譲りたい!」

 


 と言ったカモ。(このご案内のBGMにはレキシの池ちゃんを流そうっと!)

 


 ただこれは、以前ご紹介した松屋銀座の「スヌーピー展」と違って、ほぼ物販オンリーのイベントです。

 


 シュルツさんの原画も小粋なインスタレーションもありません。

  


 しかし、そのキャラクター・グッズの数も種類も半端ない!って

  


 昔からスヌーピー♡ラブなアタクシは、有り金(の半分未満)を叩いて、大人買いをしてしまいました〜(>_<)

  


  


 平成最後の「スヌーピー in 銀座 2018」は、8月12日まで!

  

  

   

   

 ↓ お盆は北海道に帰省中のデ・ニーロ特派員の過去記事はこちら ↓

  

◎銀座のバー・ルパン (2016年5月31日付)

Dazai_Osamu_at_Luan.jpg
 太宰の短編小説「富嶽百景」に「富士には月見草がよく似合う」という台詞が出てきますが、何か問題ありますでしょうか?

  


◎銀座でスヌーピー展 (2018年3月4日付)

  


◎ブラ「お能」 (2018年6月28日付)

  


◎猫の旅物語  (2018年5月14日付)

  


◎インバウンド講習参加報告(たぶん) (2018年7月31日付)

  

  

  

  


  

 

 

住吉神社例祭 Aug.2018

[銀造] 2018年8月 9日 12:00

 奉祝天皇陛下ご即位30年、明治150年記念 住吉神社例祭が8月3日から8月6日迄開催されました。私は、8月6日(月)に出かけました。

月島西仲通りを若人により威勢よく担がれた神輿。 景気づけと熱中症対策にに水が掛けられていました。

1533521449206.jpg

 

地元の子供たちによる山車(だし)、微笑ましく、太鼓のお囃子が和やかな雰囲気でした。

1533521899956.jpg

 

佃に移動して、普段は見る事のない、木製鳥居を潜って、

DSCN1171.JPG

 

佃小橋から聖路加タワーが見える場所で立てられた幟旗。

DSCN1174.JPG

 

周辺の幟の総数は、六本だとか。

DSCN1179.JPG

 

  佃の歴史については、摂津国西成郡佃村(大阪)の漁師は、徳川家康が住吉神社を参詣した折とか、大阪の陣などで家康の為に種々の便宜を図った。これに恩義を感じていた家康は天下を取ると、漁師たち36名を江戸へ呼び寄せ、水産物の漁獲の許可を与えて住まわせた。彼らは、最初は日本橋付近の魚河岸に住んでいたが、後に隅田川河口の寄り洲を与えられたので、ここに島を造成して移り住み、自分たちの生国の名前を取って、この島を「佃島」と名付けた。 (この佃島の築造年は、「中央区ものしり百科によれば、正保元年、西暦1644年です) ~中略~ そして、自分たちの島が出来上がると、郷土の産土神(うぶすなかみ)であり、海上の守護神であった住吉神社を勧請して、この島に住吉神社を建立したのが正保三年、西暦1646年との事です。(現在の地名に島は付かず、佃何丁目という表示です)

 

 この大きな幟旗は、広重の名所江戸百景、夏の景、「佃しま住吉の祭」に描かれているので、前々から見たかった物の一つです。

DSCN1186.JPG

 銅鳥居から建替えられた赤鳥居に、幟旗がたなびいていて、風情が伝わってきました。 

 

佃まちかど展示館周辺には、東都一大きいと言われている千貫神輿、

DSCN1193.JPG

 

虎の獅子頭とお供え物

DSCN1190.JPG

 

龍虎の獅子頭

DSCN1196.JPG

 

他にも多数の文化財が展示披露されていて、歴史と文化を感じることができました。

中央区まちかど展示館と佃まちかど展示館の詳細はこちらです。

http://chuoku-machikadotenjikan.jp/tenjikan/

龍虎の獅子頭などに関する説明は、中央区民文化財の説明が大変に参考になります。

http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/syokai/tyuobunkazai/ryukonoshishigashira.html

 

 
<<前のページへ 1234567891011