中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


夕刻の晴海埠頭へ行ってみませんか・・・

[kimitaku] 2018年12月10日 18:00

 秋のよく晴れた夕刻、晴海埠頭を散歩しました。日中はオリンピック関連施設 建設で喧騒の時が流れますが、夕刻からは一転素晴らしい夜景が一面に広がりま す。 kimitaku4_20181127.jpg   kimitaku3_20181127.jpg   新たに今年10月からは 豊洲市場 豊海大橋も加わりました。 特に 豊洲市場は建物全体が光彩を放ち、一面一層の美しさです。  ・・・・晴海埠頭へ行くには。・・・・・  東京駅から晴海埠頭行きバスで約20分下車して徒歩ゼロ分です。  都営地下鉄勝どき駅からは徒歩20分ほどです。

kimitaku1_20181127.jpg

kimitaku5_20181127.jpgkimitaku2_20181127.jpg
*** レインボーブリッジの写真のなかで***

手前の鉄塔の上に明るく光る

(F)はフリーこれは自由航行 ・・・

(O)はアウトつまり出る船優先・・・

(I)は入り船優先の意味です。・・・


kimitaku6_20181127.jpg   

 

二つの中村ケンゴ作品展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年12月10日 14:00

kengo201801.JPG

銀座2丁目、銀座大塚ビル地下1階にある画廊、メグミオギタギャラリーで、12月4日)から12月22日)まで、2015年4月以来、5回目となる中村ケンゴ氏「モダン・ラヴァーズ」展「JAPANS」展という二つの個展同時に開催されています

kengo201802.JPG

時間は、11時から19時までで、祝日はお休みです。

kengo201803.JPG

私は、中村氏の作品が、こちらのギャラリーに以前展示された際、拝見しており、マンガの吹き出しキャラクターのシルエット、さらには、ワンルーム・マンションの間取り図などをモチーフにされた作品に、とても新鮮ユニークな印象を受け、記憶に強く残っていました

kengo201804.JPG

今回の作品展は、ギャラリーのHPにあるように、「明治から150年、平成最後の年に、あえてこの列島の『美術』を通して『モダン』を考えるという、中村曰く、ドン・キホーテ的な試みを通して、これまで取り組んできたテーマの集大成挑戦」されたそうで、確かに今までとは、雰囲気の異なった作品展となっています

kengo201805.JPG

中村氏は、大学・大学院では、日本画を学ばれたとのことで、「モダン・ラヴァーズ」展では、西欧を中心とした印象派以降の近代絵画を再構成して、和紙にプリント、その上から日本画の顔料である「岩絵具」で塗り潰していくという工程で描 かれた作品が展示されています

西洋画のようで西洋画でない、日本画のようで日本画でない、不思議な作品、一言で言うと、やはり作者の言う「モダン」でしょうか

とにかく、ずっと見ていたい魅力的な作品の数々です

kengo201806.JPG

師走のなにかと慌ただしい時期ですが、地下1階静かなギャラリーで、ゆったりとした時間を過ごすのもいいのではないでしょうか。

是非、立ち寄ってご覧になることをお勧めします

kengo201807.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、今回の二つの作品展同時開催の主旨等について、説明をしていただきました

ありがとうございます

kengo201808.JPG

2015年4月、同ギャラリーで開催された中村氏の個展を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/04/post-2390.html

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

【期間限定】銀座メゾンエルメスのガラスブロックでできるゲームとは?

[Hanes] 2018年12月10日 12:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
クリスマスを控え、まちの随所でイルミネーションが楽しめるようになりました!
そんな中、銀座メゾンエルメスおよびGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)では、
一味違った体験ができることをご存知でしたでしょうか?

IMG_20181208_201524.jpg

上の写真にもある通り、期間限定でHERMÈS JINGLE GAMES!が開催されており、
銀座ソニーパークに設けられた特設ステージでは、
銀座メゾンエルメスのガラスブロックをスクリーン代わりにした
クリスマスならではのゲームに挑戦することができます
ゲームならではの音が響き、興味を持って足を止める人が多く見受けられました

IMG_20181208_202008.jpg
(特設ステージにてプレイする様子)

2人1組でプレイしている方々の様子を見ていると、皆さん結構ゲームがお上手で、
GREAT!やPERFECT!といった文字が表示されていました
「ゲーム未経験者の私がプレイしても大丈夫かな?」という不安もありますが、
こうして世界的に有名な建築家レンゾ・ピアノ氏がデザインをした銀座メゾンエルメスのガラスブロックを
大胆に使って遊べる機会はなかなかないと思います!

jinglegames.jpg

そういった意味で、ゲームがお得意な方もそうでない方も、貴重な経験ができるはず
ゲームは暗くなってから始まりますが、
日中は銀座ソニーパークの色々な所に設置されたケリーバッグ(エルメスのアイコンの一つ)のオブジェと写真撮影をすることができ、
老若男女問わず、昼夜問わず楽しめる空間となっています
お近くにお立ち寄りの際には、こちらでLet's play!

DSC_3313.JPG

■HERMÈS JINGLE GAMES!
期間:2018年12月7日(金)~12月25日(火)
時間:平日・土曜 18:00~22:00
   日曜・祝日 18:00~21:00
場所:銀座ソニーパーク(東京都中央区銀座5-4-1)
ウェブサイト:https://noel.maisonhermes.jp/ja/event/

 

 

観世能楽堂にて『東京大学観世会・東大観世OB会 合同自演会』

[達磨] 2018年12月10日 09:00

 能80.jpg

東京大学観世会70周年記念

『東京大学観世会・東大観世OB会 合同自演会』が開催されます。

 

 

〉 平成30年12月23日(日曜日)  開演  10時 (18時終演予定)

 入場無料 (招待状等をお持ちでない場合は、ご入場いただけない場合もあります)

〉 25世観世左近記念『観世能楽堂』・・・銀座6丁目GINZA SIX 地下三階

 

観せ能楽okok.jpg

 

今年は学生能「田村」(14時頃)ほか学生・OBの獅子、仕舞、素謡・・・東大の歴史ある能の活動!聴覚・視覚を楽しませていただきます。

来年度の東京大学観世会・東大観世OB会 合同自演会は2019年12月21日(土曜日)に観世能楽堂のおいて開催。

ホームページ・・・東京大学観世会

  

 

 

 

 

 

 

1:29:300とは? 建設現場で見つけました 軽微な事でも注意しましょう

[銀造] 2018年12月10日 09:00

1:29:300とは何か? 晴海でマンションの建設現場で見かけたパネルに表示していました。

DSCN2555 (400x300).jpg

 

1:29:300の法則とは、ハインリッヒの法則と呼ばれるものでした。

 1:29:300の法則とは、労働災害における経験則のひとつで、1件の重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというものです。この法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(Herbert William Heinrich)(1886年~1962年)に由来して、ハインリッヒの法則とも呼ばれています。
 アメリカの損害保険会社にて技術・調査部の副部長をしていたハインリッヒが1929年11月に、労働災害の発生確率を分析した結果を論文として発表したもので、1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏には300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が発生していたことを明らかにしました。

*私も生産現場で「ヒヤリ、ハット」する事象を分析して、労働災害を防止しようとしたISO活動を思い出しました。私は、一つの軽微な事象でも、見逃せば、沢山の事故に、大事故につながると思っています。風が強くなってきて、海の波が上がってくる。これは、嵐の予兆であったことも思い出しました。

企業の流通やサービス部門でも、この法則はビジネスにおける失敗発生率としても活用されているようです。

例えば1件の大失敗の裏には29件の顧客から寄せられたクレーム、苦情で明らかになった失敗があり、さらにその裏には、社員が「しまった」と思っているが外部の苦情がないため見逃している300件のケース、つまり認識された潜在的失敗が存在しているであろうとのことです。

 

 

人形町甘酒横丁の定点観測など

[にゃんボク] 2018年12月 9日 18:00

先日、中央区内のバスに乗った際に、人形町付近で「この辺の人形焼といえば、重盛、板倉屋、亀井堂...云々」ととある方が話をされているのが聞こえました。

 私は、「あれッ、亀井堂さんは閉店したはずだけど・・・亀井堂さんは「再挑戦」と掛詞になった「さいちょうせんべい(煎餅)」を売っていたぐらいだから、復活したのかな。」と思い、ひそかに確認をせねばと思っておりました。

 今は中央区など都心部ではいたるところでビル/マンションなどの工事をしており、本当に「気づいたらすっかり景観が変わっていた」ことも珍しくないと思います。

 私が持っている「あの日の日本橋(武揚堂)」等の冊子についても、当時は当たり前であったはずの日常の風景の一部を切り取ったものが、時を経て今となって見るとその時々の人々の装いや町の喧騒を雄弁に語っていることに気づき、「何気ないものこそ、新鮮で刺激的で貴重だ」と思えます。

 そんなことを思いながら、定点観測として人形町の甘酒横丁に早朝行ってまいりました。(人形町方面から、明治座のある浜町方面に向かいます)

 以前、100円ショップがあったところは建て替え中の模様。建設現場の囲いは付近の広告/案内版も兼ねていますね。
(カメラの腕の良さから見事に影が映りこんでしまいました、ご容赦下さい
amazake.jpg
 と、ここで、英国カフェのタイニートリアティールームさんが甘酒横丁通りに移ってきていることに気づきました。こちらのお店、英国の田舎をイメージしたカフェにて、おいしい紅茶やスコーン、ケーキなどがいただけます。私もクロテッドクリームとスコーン、紅茶、シフォンケーキ、バナナケーキなどを好んでいただいておりました。ちょっとお店が小さかったのですが、移転されてさらに拡張されたようです。

gaikan.jpg


日本橋三越や伊勢丹の英国フェアにも御呼ばれされていたので、「私もおいしいと思ってたけど、三越さんに呼ばれるんだから相当だ」(http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/09/post-5598.html)(お墨付きをもらったのは、このお店であって、私ではありませんが、ちょっと嬉しい)(早朝につき開店前でした)

kanban.jpg

明治座方面に向かって右側にあった亀井堂さんは、残念ながら閉店のままでした。(人形町の人形焼といえば、重盛永信堂さん、板倉屋さん、とアップデートされていない方がいらっしゃるようでしたら、ご参考まで)

 さて、最後は東京駅日本橋口にある、「2027年に完成予定の、あべのハルカスを超える日本一の超高層ビル(390メートル)」の建設地を上から見た写真です。
10年後、15年後はどうなっているでしょうね。すっかり装いが変わっていて、あれ、前はここは何だったっけ?と思ってしまうかもしれませんね。
zentai.jpg(建設現場のみを少し拡大 ↓)

tokiwabasi.jpg

 

 
<<前のページへ 1234567891011