中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


月島第二児童公園の紅(黄)葉

[ジミニー☆クリケット] 2017年12月 8日 18:00

月島第二児童公園」は、勝どき1丁目にある公園です

私は初めて来ましたが、広々とした中に各種遊具の設置されたきれいな公園です

tukidai2001.JPG

場所は、晴海通り清澄通りが交わった交差点からすぐのところです

都営大江戸線勝どき駅を出たところです。下の地図、赤〇の場所

daini000.jpg

高層ビルマンションに隣接していますが、ゆったりと作られており、私がうかがった日も、休日、子どもを遊ばせているお父さん同士が会話を交わしていたりして、のどかな雰囲気でした

tukidai2002.JPG

ここでも、公園内にあるモミジイチョウサクラ黄色しています

tukidai2003.JPG

噴水型遊水施設もあって、だと子供たちがを浴びて遊べるタイプのじゃぶじゃぶ池になっています。当然のことながら、この季節はお休みです

tukidai2004.JPG

公園内には、中央区まちかど展示館のひとつ、「勝どき・豊海歴史資料展示館」もあります

tukidai2005.JPG

 

 

築地本願寺に行ってきました!(動物探しのツアー)

[株式会社 彦晴] 2017年12月 8日 14:00

築地本願寺に行ってきました!皆さんもご存じの通り、現在の築地本願寺の本堂は、1923年(大正12)の関東大震災で焼失した後に1934年(昭和9)に再建されたものです。設計は東京帝都大学名誉教授伊藤忠太博士によるものです。この秋には境内整備が終了し、本堂正面左側にあった石碑類が新大橋通り側に移設されて、その跡地にカフェ&ブックストアを併設したインフォメーションセンターが新設されました。

IMG_0928.JPG IMG_0929.JPG IMG_0927.JPG

本堂へ真っすぐ進むと、そこには羽根の生えてライオンが私たちを迎えてくれます。本堂の外見は「古代インド様式」

の石造りとなってます。

IMG_0890.JPG IMG_0892.JPG IMG_0891.JPG

エントランスには幾何学模様のタイルと大理石の柱、扉の上にはステンドグラスが目に入ってきます。これだけを見ているとここが「お寺」だったことを忘れてしまいます。

本堂内は、桃山様式と言われていますが、シャンデリアがあったり、パイプオルガンがあったりでお寺の荘厳な雰囲気だけではなかった。また本堂の片隅にはX JAPANのhideさんの祭壇が設けられていて今でも世界各国からファンの方がお見えになるそうです。(hideさんの葬儀は築地本願寺であったそうです)

IMG_0889.JPG IMG_0887.JPG IMG_0886.JPG

IMG_0913.JPG IMG_0888.JPG

また、本堂の4本の柱には四神の彫刻がありました。

左から青龍・朱雀・白虎・玄武です。

IMG_0910.JPG IMG_0911.JPG IMG_0909.JPG IMG_0908.JPG

本堂2階から1階に下がる階段付近には、たくさんの動物たちが私たちを楽しませてくれます。

左から、鳥、猿、像です。これは「物事は全体を見渡すことが重要」という仏教説話「三畜評樹」をあらわしていると言われています。

IMG_0885.JPG IMG_0880.JPG IMG_0879.JPG

IMG_0884.JPG IMG_0883.JPG IMG_0882.JPG

左から牛、獅子、馬です。このようにたくさんの動物の彫刻が私たちを楽しませてくれます。

IMG_0894.JPG IMG_0914.JPG IMG_0896.JPG

それから鐘をつるしている鳳凰、(この鐘はいつ鳴らすのだろう?使用しているのか?と考えていたら、法要が始まる前に実際に鳴らしていました。音は本堂のどこにいても聞こえるくらいに響いていました)そしてグロテスクと呼ばれる珍獣がいます。グロテスクからは舌が伸びて、階段の手すりとなっています。なんと伊藤忠太博士は「妖怪研究」という本も出版しているそうです。博士は遊び心があった人だなあと感じました。

IMG_0926.JPG

そして最後の1枚は像2匹が梁をささえている写真です。皆さんも築地本願寺で"動物探し"チャレンジしてみてください。

 

 

千代田神社 小伝馬町の鎮守様

[銀造] 2017年12月 8日 12:00

 東京メトロ小伝馬町駅から直ぐ近くに千代田神社があるのは、全然知りませんでした。

「日本橋北 内神田 両国濱町 明細絵図」を入手して、小伝馬町から江戸通り、郡代屋敷跡への道筋を見ていると、「千代田イナリ」の字が見えました。「中央区 観光ガイドマップ」を片手に歩いてみました。 千代田とあるのだから、千代田区の神社かと思っていましたが、東京メトロ小伝馬町の駅から江戸通りを歩いて3分、住所は日本橋小伝馬町9-1。小伝馬町郵便局の近くです。

1512209985741.jpg

 記されたご由緒を読んでみますと、次の通りです。

千代田神社は 長禄年間神靈に依り 太田持資道灌が御靈を千代田の御城に祭り鎭守とす   

德川綱吉の時 太田の旧臣長野亦四郎氏詞を奉じて小傳馬町に遷座す

是後奉仕せる社人窮困して他に社地を讓る 時に屢々異變あり  

神慮なりと畏れ 天明年間旧地に建立し現在に至る 

大正十二年九月震災にて燒失す 昭和二年區劃整理に依り 當所に替地を得て安鎭す然るに

昭和二十年二月戦禍にて再度燒失す 漸次再建せしも 今度諸人の力を致し浄財を受け 更に新殿を造立せり

茲に沿革を記す

 昭和三十三年十一月吉日

 小傳馬町 二丁目町会

まだまだ奥が深い日本橋です。楽しい探検はまだまだ続きます。

 

 

◆中央区 ここに歴史あり(68) 吉良上野介義央を治療した栗崎道有

[巻渕彰/写楽さい] 2017年12月 8日 09:00

年末になると元禄忠臣蔵に話題が集まる。江戸城内での刃傷事件(赤穂事件)で、浅野内匠頭長矩に斬りつけられた高家の吉良上野介義央を治療したのは外科医の栗崎道有といわれている。翌年、吉良義央は赤穂浪士らに討ち取られた。いま、この二人は同じ寺に葬られている。道有の屋敷は八丁堀にあったのだろうか。

   

0913_68_1712051yasiki.jpg栗崎道有(くりさき・どうう=万治3年(1660)~享保11年(1726))は、江戸中期の外科医。長崎系栗崎流の医家。伯父・正勝(2代道喜)の高弟鳥飼道節について栗崎流外科を全うし、幕府に召されて官医となる。道有を襲名、以後子孫は代々この名を襲名し、栗崎流は楢林、吉雄の両家と共に長崎外科の三家と称された。元禄14年(1701)、吉良上野介義央の殿中刃傷事件の際、応急の手当てをしたことで知られる。(『朝日日本歴史人物事典』から)

    

代々栗崎道有を襲名した拝領屋敷は八丁堀長沢町にあったとされる。江戸後期の切絵図復元図(添付図)には「外科医栗崎道有」とある。現在地は八丁堀3丁目で、新大橋通りと鍛冶橋通りの交差点付近である。


0913_68_1712052kira.jpg 0913_68_1712053kurisaki.jpg

   

吉良上野介義央墓(写真左)と栗崎道有墓(写真右)は、おなじ曹洞宗萬昌院功運寺(中野区上高田4-14-1)にある。同寺はもともと永田町にあり、市谷を経て、大正2年(1913)現在地に移った。吉良家の菩提寺で4代にわたる墓石がある。墓前には「吉良邸討死忠臣墓誌」があり、吉良義央とともに亡くなった家臣たちの死は「元禄15年12月15日討死」と刻まれている。@巻渕彰

 

 

お煎餅、1枚1枚手焼きです、大量生産ではありません。  ~ にんぎょう町草加屋 ~

[rosemary sea] 2017年12月 7日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をフォーカスして取材します、 rosemary sea です。

 

DSC03138a.jpg

人形町甘酒横丁のお煎餅屋さん、にんぎょう町草加屋(そうかや)さん には1年半ぶりのお伺いです。

昔ながらの製法と味を守り続けています。

前回のご紹介記事はこちら

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/07/post-3477.html

 

今回もお店のご主人 石川順道(いしかわよしみち)さんとその娘さんにお世話になりました。

ご主人、今日も心を込めて1枚1枚丁寧にお煎餅を焼いておられます。

DSC03135a.jpg

前回はお店の沿革をご紹介していませんでした。・・・

埼玉県の草加と言えば「お煎餅」と、皆さん名産品として挙げられますね。

その草加から昭和3年(1928年)、先代の石川とくさんがここ人形町にお店を開きました。

手焼きにこだわり続けて90年近く、この人形町で今も1枚1枚手焼きでお煎餅を焼いておられます。

お煎餅の生地は草加のご親戚の工場から届くそうです。

それを1日200~500枚、備長炭の炭火で焼いておられます。

表を通られる方も、お煎餅を焼く作業をご覧いただけます。

 

DSC01199a.jpg

こちらのメインのお品『手焼きせんべい』 、前回同様ロズマリ食リポ隊の試食です。

前回の3名より増やして、今回は8名です。

「醤油の味が煎餅とマッチしていて美味。」F雄さん。

「何枚も食べられる、後を引く美味しさ。」K子さん。

「香ばしく、おいしいです。」F川さん。

「堅過ぎず、味が染みていて美味しかったです。」I倉さん。

「子供の頃食べていたおせんべいの味がしていてなつかしかった。」S枝さん。

「煎餅の味しょうゆで決まりです。このしょうゆの味は絶品!」Oさん。

「見た目、かた焼きかと思ったが、丁度良い歯ごたえと、おしょう油味がおいしい。」S井さん。

「醤油の香ばしさがらまらない!後を引く美味しさ。」S山さん。

 

DSC03137a.jpgまた、前回もご説明させていただきましたとおり、にんぎょう町草加屋さんは東野圭吾さんの小説・テレビドラマ「新参者」のお煎餅屋さん『あまから』としてのモデル、そしてロケ地となっております。

残念ながら映画「麒麟の翼~劇場版・新参者~」ではシーン撮影したものの本編ではカットされてしまったようですが、 「新参者」としては小説でもドラマでもその第1章を飾る重要なお話の元となっております。

手焼きのお煎餅の魅力と、ご主人・娘さんのお人柄が、お煎餅を求めるお客様だけでなく小説やドラマ・映画の重要なアイテムと結びつくのですね。

 

【お知らせ】

来年1月27日公開予定の東野圭吾さん原作の映画「祈りの幕が下りる時」の撮影ロケが今年6~7月に全国各地で行われました。

原作と同様、中央区日本橋がお話のメインとなっています関係上、当然日本橋においても数々のロケ地が存在します。

そしてそして実は今回もにんぎょう町草加屋さん、このロケ地の1つにもなっています。

7月19日のロケでしたが、ご主人と娘さんより詳しくお話を伺っております。

このお話はとにかく後日、乞うご期待、です。

s_祈り_本B全ポスター.jpg

 (C)2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会

 

映画「祈りの幕が下りる時」の公式サイトはこちら

⇒ http://inorinomaku-movie.jp/

 

にんぎょう町草加屋

日本橋人形町2-20-5

甘酒横丁の交差点を明治座・浜町公園方面に数十メートル進んだ右手にあります。

03-3666-7378

営業時間  9:00~18:00

      土曜 10:00~17:00

定休日  日曜日、祝祭日

 

 

医学・薬学と中央区

[五月雨ジョージ] 2017年12月 7日 14:00

 日本医療の転換期となった江戸時代から現代にいたるまで、現在の中央区地域には様々な医療・医学・薬学の起点となった人や施設の痕跡を見ることができます。

 そして現代においても、中央区には医学・薬学に関連する多くの企業や施設が存在しています。

 主なところを写真に収めてきましたのでご紹介します。


(1)史跡


●玄冶店跡:三代将軍家光の痘瘡を全開させた幕府お抱えの名医・岡本玄冶の屋敷跡。(日本橋人形町)

n01_玄冶店跡01.JPG

●桂川甫周の屋敷跡:杉田玄白らとともに『解体新書』の翻訳作業に参加した蘭方医の屋敷跡。(築地)

k桂川甫周屋敷跡.JPG

●蘭学事始地碑:この地にあった中津藩奥平家の中屋敷で『解体新書』出版に取り組んだことに関する記念碑。(明石町)

r蘭学事始地碑.JPG

●土生玄碩の墓と石碑:シーボルトに眼科の治療法を学んだ蘭方医の墓と記念碑。(築地本願寺境内)

tb06_築地本願寺06_土生玄碩墓1.JPG


(2)医学関連


●順天堂発祥の地(東日本橋・薬研堀不動院境内)

tf14_薬研堀不動院5_順天堂発祥の地1.JPG

●東京慈恵会医科大学発祥の地(銀座)

gk03_東京慈恵会医科大学発祥の地.JPG


●漢方医学復興の地の石碑:明治後期、当時消滅しそうだった漢方医学の復興に努めた和田啓十郎医師の偉業をたたえる石碑。(日本橋浜町)

k漢方医学復興の地.JPG


●海軍軍医学校跡:明治期、海軍軍医を養成した医学校跡。(築地)

k海軍軍医学校跡.JPG


(3)その他


●シーボルト胸像:日本の蘭学発展に貢献したドイツ人医師の胸像。(築地)

tb13_シーボルト胸像2.JPG


●薬祖神社:大己貴命(おおなむじのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)を御祭神とし、無病健康・病気平癒をご利益とする神社。2016年9月に福徳の森に第三代目の薬祖神社が遷座。

y薬祖神社1.jpg


(4)現在、中央区に本社(本社機能)をおく主な製薬メーカー・団体など

kくすりミュージアム2.JPGt田辺三菱製薬2.jpgzゼリア新薬.jpgeエスエス製薬2.JPGaアステラス製薬1.JPG


・公益社団法人 東京薬事協会(日本橋本町)
・日本製薬株式会社(明石町)
・EAファーマ株式会社(エーザイ+味の素)(入船)
・大日本住友製薬株式会社(東京本社)(京橋)
・昭和薬品化工株式会社(京橋)
・明治製菓株式会社/Meiji Seika ファルマ株式会社(京橋)
・武田薬品工業株式会社(東京本社)(日本橋)
・山田製薬株式会社(日本橋)
・田辺三菱製薬株式会社(東京本社)(日本橋小網町)
・新日本薬業株式会社(日本橋小伝馬町)
・ゼリア新薬工業株式会社(日本橋小舟町)
・有機合成薬品工業株式会社(日本橋人形町)
・エスエス製薬株式会社(日本橋浜町)
・アステラス製薬株式会社(日本橋本町)
・岩城製薬株式会社(日本橋本町)
・興和株式会社(東京支店)・興和創薬株式会社(日本橋本町)
・第一三共株式会社(日本橋本町)
・鳥居薬品株式会社(日本橋本町)
・わかもと製薬株式会社(日本橋本町)
・日本ジェネリック製薬協会(日本橋本町)
・キッセイ薬品工業株式会社(東京本社)(日本橋室町)
・デンカ生研株式会社(日本橋室町)
・中外製薬株式会社(日本橋室町)
・トーアエイヨー株式会社(八丁堀)
・シオノケミカル株式会社(八重洲)

・・・・・

 

 
<<前のページへ 1234567891011